目次
はじめに
1~30
スピーシーズ・種の起源
ゲッタウェイ
悪魔のような女
ウエストサイド物語
アルマゲドン
ジャッジ・ドレッド
模倣犯
心の旅路
エレファントマン
MI2
クリムゾンリバー
エントラップメント
砦なき者
呪怨
ゴッドファーザー
グリース
リーサルウエポン3
破線のマリス
スターウォーズ・帝国の逆襲
ターミネーター
踊る大捜査線THE MOVIE2・レインボーブリッジを封鎖せよ
ナインハーフ
ターミネーター2
動乱
ターミネーター3
少林サッカー
ソドムの市
ダーティハリー
ゴッドファーザーパートⅡ
スターウォーズ
31~60
A.I.
オーシャンズ11
さくや妖怪伝
ダーティハリー2
LAコンフィデンシャル
雲霧仁左衛門
ダブルボーダー
イレイザー
悪魔を憐れむ歌
マキシマム・リスク
黄金の七人
妖怪大戦争
バットマン
バトル・ロワイアル
ザ・ロック
アマデウス
吉原炎上
バットマンリターンズ
ホワイトアウト
12モンキーズ
ザ・ワン
京極夏彦「怪」・七人みさき
バットマンフォーエバー
ロストボーイ
バーティカルリミット
シャークテイル
シックスセンス
シックスデイ
ゾンビ
13日の金曜日
61~90
催眠
オールザットジャズ
ホワイトナイツ/白夜
将軍家光の乱心・激突
あずみ
必殺
オリエント急行殺人事件
そして誰もいなくなった
犬神家の一族
理由
悪魔の手鞠歌
ルームメイト
ウインドトーカーズ
タップ
ナイル殺人事件
里見八犬伝
皇帝のいない八月
情婦
大脱走
ウイロー
半落ち
ブロークン・アロー
燃えよドラゴン
片腕ドラゴン
イヤー・オブ・ザ・ドラゴン
新生トイレの花子さん
ピースメイカー
僕の彼女を紹介します
エンゼルハート
ヒート
91~120
スカーフェース
ミッドナイトクロス
スターウォーズ・ジェダイの復讐
スパイダーマン2
暗殺者
フロム・ダスク・ティル・ドウン
裏窓
ロープ
スネーク・アイズ
エネミー・オブ・アメリカ
メン・イン・ブラック
メン・イン・ブラック 2
ジュラシック・パーク
ロスト・ワールド ジュラシック・パーク
ジュラシックパーク3
少女たちの遺言
ラスト・アクション・ヒーロー
レイダース・失われた聖櫃
ディープブルー
パルプフィクション
ブギーポップは笑わない
パラサイト・イヴ
炎の少女チャーリー
クロスファイア
座頭市
シャイニング
キャリー
女王蜂(ネタバレ注意)
白昼の死角
ウルフェン
121~150
ブレイド
ロミオ・マスト・ダイ
フライトナイト
十二人の怒れる男
狼男アメリカン
トワイライトゾーン・超次元の体験・第一話
E.T.
トワイライトゾーン・超次元の体験・第二話
ハウリング
トワイライトゾーン・超次元の体験・第三話
マッドマックス
トワイライトゾーン・超次元の体験・第四話
ハリー・ポッターと賢者の石
フライトナイト2 バンパイアの逆襲
世にも奇妙な物語 映画の特別編 第一話 雪山
世にも奇妙な物語 映画の特別編 第二話 携帯忠臣蔵
世にも奇妙な物語 映画の特別編 第三話 チェス
世にも奇妙な物語 映画の特別編 第四話 結婚シミュレーター
ブレイド2
ジェイコブス・ラダー
危険な情事
ゲーム
プラトーン
インビジブル
エボリューション
フラットライナーズ
セブン
エイリアン3
パニック・ルーム
サドン・デス
スターウォーズ・エピソード2・クローンの攻撃
ペリカン文書
レッド・サン
シルミド
グレムリン
ダイヤルM
151~180
劇場版ポケットモンスターアドバンスジェネレーション・烈空の訪問者デオキシス
タワーリング・インフェルノ
ブルース・ブラザーズ
ウルトラマンティガ・ファイナルオデッセイ
レインメイカー
海猫
フェイス・オフ
トゥームレイダー
ゴッドファーザー PARTⅢ
ふたり
スターゲイト
ウォータ-ボーイズ
少林寺
スターウォーズ・エピソードⅢ・シスの復讐
キス・オブ・ザ・ドラゴン
親指スターウォーズ
親指タイタニック
タイタニック
ウォール街
スペース・バンパイア
ラストサマー
ダイハード3
火垂るの墓
マトリックス
イージー・ライダー
ラスト・ワルツ
レイジング・ブル
ラストサマー2
仁義なき戦い
仁義なき戦い・広島死闘編
181~210
仁義なき戦い・代理戦争
仁義なき戦い・頂上作戦
仁義なき戦い・完結編
GODZILLA・ゴジラ
その後の仁義なき戦い
機動戦士ガンダム
機動戦士ガンダムⅡ 哀・戦士編
機動戦士ガンダムⅢ めぐりあい宇宙編
ポルターガイスト
ウルフ
ザ・フォッグ
チャイルド・プレイ
ダイナソー
トリック・劇場版
K-19
着信アリ
直撃地獄拳・大逆転
ア・ホーマンス
スパイ・ライク・アス
ブレス・ザ・チャイルド
おこげ
48時間
誘う女
ゴジラVSキングギドラ
ウルトラマンティガ・ウルトラマンダイナ・光の国の戦士たち
アサシン
ニキータ
キンダーガートン・コップ
男たちの挽歌
魔女の宅急便
211~220
8mm
トゥモロー・ネバー・ダイ
黄泉がえり
バック・トゥ・ザ・フューチャー
D.N.A.
ザ・リング
レプリカント
東京タワー
ガメラⅢ・邪神(イリス)覚醒
明日に向かって撃て
インターバル

閉じる


<<最初から読む

32 / 228ページ

A.I.

2001年アメリカ映画

製作・監督・脚本 スティーヴン・スピルバーグ

主演 ハーレイ・ジョエル・オスメント、ジュード・ロウ、ウィリアム・ハート


未来社会。

地球温暖化の影響で世界じゅうの多くの都市が水没。

飢餓が訪れている。

都市部では産児制限が行われ、生活レベルを確保している。

こうなると資源を使用しないロボットが社会を運営することになると、そういう世界が舞台。

重病の男の子がいる。

父も母もその子の看病の疲れ果てている。

ロボット関連の会社で働いている父は、精神的に参りはじめている母のために、試作品の子供のアンドロイド、オスメントさまのモニターになります。

オスメントさまは母を思う子の心を刷り込まれ、本物の子供のように母を思いはじめる。

しかし重病の子供が奇跡的に回復したあたりからおかしくなりはじめます。

子供はオスメントさまをいじめたりしはじめる。

しかし父母はそれがわからない。

子供が回復したせいでオスメントさまが暴走しはじめたと勘違いし、オスメントさまを「ヘンゼルとグレーテル」のように森に置き去りにする。

そこで遭遇するロボット狩り。

捕われたオスメントは「ロボットぶっこわしショー」の会場で、ジゴロ・アンドロイドのロウさまと出会い、自分を人間に変えてくれるピノキオの「青の妖精」を探す旅に出ます。

こういうの、童話とSFの幸せな融合、とでもいうのでしょうか。
なんかねえ、中盤からどんどんせつなくなってくる。

「ロボット」も「母」もいろんな言葉や意味に置き換えることができる。

オスメントさま、やたら巧い。

後半なんか涙うるうるでまともに見られなかったです。

どうしようもないせつないラスト。

あかんって。こんな映画作ったら。

しかし問題がひとつ。

「シックス・センス」をみたころは、お笑いのチャドさまをみたらオスメントさまに似てるって思ってたんだけど、この映画をみるころにはそれが逆転しちゃって、オスメントさまってチャドさまに似てるって思うようになってしまいました。

映画ファン的にはまずい逆転です。

 


オーシャンズ11

2001年アメリカ映画

監督 スティーブン・ソダーバーグ

主演 ジョージ・クルーニー、ブラッド・ピット、ジュリア・ロバーツ、アンディ・ガルシア、マット・ディモン


そもそもはかなり古い映画のリメイクです。1960年の映画。

当時人気絶頂だったフランク・シナトラさま。

シナトラ一家とも言うべきファミリーたちを大挙起用して作ったクライムサスペンスが「オーシャンと11人の仲間」。

めちゃいなたいタイトルでんなあ。

サミー・デイビス・ジュニアさまだとか、ディーン・マーチンさまだとかが出てました。

んで「オーシャンズ11」。

とんでもないスーパースターの皆さんが大挙ご出演。

ジョージ・クルーニーさまとジュリア・ロバーツさまとアンディ・ガルシアさまが同一画面におさまってたり、ジョージ・クルーニーさまとブラッド・ピットさまとマット・ディモンさまがしかめっ面でエレベーターに乗ってたり。とっても豪華に、とっても楽しそうに物語が進んでいきます。
舞台はラスベガス。

有名ホテルの有名カジノを経営するのはガルシアさま。

その恋人がロバーツさま。

ロバーツさまの元夫で、カジノの金庫の大金を狙うのが主人公ダニー・オーシャン。演ずるはジョージ・クルーニーさま。

つい先日まで服役していたクルーニーさまは、映画スターにお遊びポーカーを教えている元仲間のピットさまに声をかけ、スポンサー(エリオット・グールドさまではありませんか)、爆破のプロ、ドライバー、老詐欺師、軽業師など、今回の仕事に必要なメンバーを集めていきます。

メンバーの中で一番若いのがスリのディモンさま。

画面を見ているだけでとってもゴージャス。

スターさんが集まるととっても華やかですなあ。

なんでもこの映画、クルーニーさまが仲良しのスターさんたちと共演したいからってノリで企画をスタートさせ、友達関係フル活用で驚くような安いギャラでこれだけの面子を集めたそうです。

それにしてもみんな楽しそう。

続編の「オーシャンズ12」も面白かったなぁ。 


さくや妖怪伝

2000年トワーニ作品

監督 原口智生

主演 安藤 希、松坂慶子、丹波哲郎、嶋田久作、藤岡 弘


最初にはっきりさせておこう。私は妖怪が大好きだ。って、別に宣言しなくてもいいんですが。

妖怪好きのとっかかりはやっぱり大映映画の「妖怪大戦争」あたりです。

あの映画はとっても魅力的な映画でございました。

これに関しては近いうちに必ずとりあげようと思っておりますが。
だから戦隊ヒーローものでも、「カクレンジャー」が妙に好きだし、さらにさかのぼると西洋妖怪を敵キャラに据えた「変身忍者嵐」なんかも大好きでしたです。

んで推理小説では京極夏彦さんが大好き。とにかく好き。

妖怪好きがこうじて妖怪小説なんて書いてしまうようなおばかさんです。私は。
んで「さくや妖怪伝」でございます。

主演の安藤 希ちゃんがカワユイ。

「公儀妖怪討伐士、榊 咲夜」ってかわいい声で言ったりなんかします。

最初に見た、深夜放送の「恐怖コレクション・顔泥棒」とかではあんまりかわいいとは思わなかったんだけど、今回はとってもいいです。なんかこの子、Vシネっぽい恐怖映画にいろいろ出てるみたいですが、かわいいんだから普通にテレビとかにも出ればいいのに。
安藤さま演ずる榊 咲夜は、公儀の妖怪討伐士、榊一族の血をひく少女。まあ幕府の命で妖怪を退治する人です。父は藤岡 弘さま。妖怪討伐の命を下す大老が丹波さま。安藤を助ける隠密が嶋田さま。

咲夜=安藤さまの父、藤岡さまは河童退治に失敗して命を落とす。

安藤さまは父の命を奪った河童退治で妖怪討伐士デビューを果たす。

公儀妖怪討伐士となった安藤さまは、化け猫とか女郎蜘蛛とか怨霊武者とかを退治し、やがてボスキャラ、土蜘蛛の女王と対決することになります。

土蜘蛛の女王を演ずるのは松坂慶子さま。

かわいそうすぎ。日本アカデミー賞女優に妖怪のボスキャラやらせたらあかんやろ。なんか魔女みたいなメイクして、しかも巨大化します。

松坂慶子さまの顔のまんまで。
かわいそうすぎ。せめて全身モンスターに変身させたりんかい。顔は隠したりんかい。

と、画面をみながらつっこんでしまいましたです。

 


ダーティハリー2

1973年アメリカ映画

監督 テッド・ポスト

主演 クリント・イーストウッド、ハル・ホルブルック、デビッド・ソウル


「ダーティハリー2」。シリーズ最高傑作だと思っています。
前作では異常者スコルピオと対決したハリー刑事、今回は「現代のアメリカ版仕置人」みたいな奴らとの戦い。

金の力で裁判での無罪を勝ち取るような悪党実業家。

麻薬密売グループのボス。

ポン引き。

法の目をかいくぐるように悪事を重ねる悪党たちがどんどん殺されていく。犯人は白バイに乗り、警察官の格好をした男。

この「仕置人グループ」との対決が描かれます。

白バイグループのリーダーがデビッド・ソウルさま。

若い人はわからないかもしれませんが、「スタスキー・アンド・ハッチ」っていうアメリカものの刑事ドラマがあって、そのドラマで主演したのがデビッド・ソウルさまです。

ハリー刑事、いきなりやってくれます。

ハンバーガーを食べに空港のバーガーショップに行くと、そこで何やらもめている。

何じゃ?って感じで行くと、何とハイジャック事件が発生中。

ハリー刑事、機長に変装してハイジャック機に乗り込み、犯人たちを鎮圧してしまう。冒頭いきなりの大サービスです。

ここからは「謎の仕置人グループ」とハリーの戦いが描かれていきますが、途中、射撃の名手のソウルさまとイーストウッド演ずるハリー刑事が射撃大会で優勝を争ったり、後半にはバイクチェイスがあったりと、物語全編に見どころがちりばめられています。

以下はネタバレ。

 

警察官の仕置人グループを指揮していたのはハリーの上司のハル・ホルブルックさま。

彼はハリーに仲間になるよう誘いますが、ハリーは断る。

そこから仕置人グループとのバイクでの激闘があって、最後に大ワルをやっつける。

シリーズ最高傑作だと思っております。
ところでハリーさん、確か前作ラストで警官バッジを川に投げ捨てたはず。

あの描写の意味は何だったんでしょう。

今回ハリーは刑事として普通に登場。

この作品以降もバンバン登場します。

「え?ハリーって警察やめたんと違うの?」って思ったのは私だけではないはず。

 


LAコンフィデンシャル

1997年アメリカ映画

監督 カーティス・ハンソン

主演 ケヴィン・スペイシー、ラッセル・クロウ、ガイ・ピアース、キム・ベイシンガー

 

資料によると、原作はかなり長い期間の物語らしいです。

昔のロサンゼルス。

ギャング時代、53年のロサンゼルスだそうですが、ギャングは出てこない。

それっぽい人は出てきますけど。

レストランで大量殺人事件が発生、元刑事を含む6人が殺されます。

被害者の相棒だった刑事クロウさま。この人はなかなかの暴力デカでございます。

彼は、ベテラン刑事スペイシーさまと事件を追う。

ピアースさまはかなり上昇志向が強い刑事。

出世のためにクロウさまがしでかした暴行事件の証人役を買ってでて、仲間たちから総スカンを食うような男。

ピアースさまの活躍で犯人が逮捕され、事件は解決したと思いきや、証人の嘘が発覚し事件は振り出しへ。

刑事どうしの確執とか、娼婦ベイシンガーさまをめぐってピアースさまとクロウさまが殴りあいしたり、とにかくいろいろな事件が起こります。

最終的にはクロウさまとピアーズさまは手を組んで犯人を逮捕しようとするが、狡猾な犯人の罠にはまってしまいます。

しかし…

いかにもいかにもな犯人。

こいつが犯人やったらがっかりやなあ、と思ってたらやっぱりそいつが犯人でした。

とほほやわ。

しかもごひいきの役者さん、中盤で殺されちゃうし。

見直したのはラッセル・クロウさまです。

こんなに雰囲気のある役者さんだとは思わなかった。

ラッセル・クロウさま、ガイ・ピアースさま、ケヴィン・スペイシーさまそれぞれにいい雰囲気だしてます。犯人役のキャスティングが惜しまれます。



読者登録

磐田 匠さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について