目次
はじめに
1~30
スピーシーズ・種の起源
ゲッタウェイ
悪魔のような女
ウエストサイド物語
アルマゲドン
ジャッジ・ドレッド
模倣犯
心の旅路
エレファントマン
MI2
クリムゾンリバー
エントラップメント
砦なき者
呪怨
ゴッドファーザー
グリース
リーサルウエポン3
破線のマリス
スターウォーズ・帝国の逆襲
ターミネーター
踊る大捜査線THE MOVIE2・レインボーブリッジを封鎖せよ
ナインハーフ
ターミネーター2
動乱
ターミネーター3
少林サッカー
ソドムの市
ダーティハリー
ゴッドファーザーパートⅡ
スターウォーズ
31~60
A.I.
オーシャンズ11
さくや妖怪伝
ダーティハリー2
LAコンフィデンシャル
雲霧仁左衛門
ダブルボーダー
イレイザー
悪魔を憐れむ歌
マキシマム・リスク
黄金の七人
妖怪大戦争
バットマン
バトル・ロワイアル
ザ・ロック
アマデウス
吉原炎上
バットマンリターンズ
ホワイトアウト
12モンキーズ
ザ・ワン
京極夏彦「怪」・七人みさき
バットマンフォーエバー
ロストボーイ
バーティカルリミット
シャークテイル
シックスセンス
シックスデイ
ゾンビ
13日の金曜日
61~90
催眠
オールザットジャズ
ホワイトナイツ/白夜
将軍家光の乱心・激突
あずみ
必殺
オリエント急行殺人事件
そして誰もいなくなった
犬神家の一族
理由
悪魔の手鞠歌
ルームメイト
ウインドトーカーズ
タップ
ナイル殺人事件
里見八犬伝
皇帝のいない八月
情婦
大脱走
ウイロー
半落ち
ブロークン・アロー
燃えよドラゴン
片腕ドラゴン
イヤー・オブ・ザ・ドラゴン
新生トイレの花子さん
ピースメイカー
僕の彼女を紹介します
エンゼルハート
ヒート
91~120
スカーフェース
ミッドナイトクロス
スターウォーズ・ジェダイの復讐
スパイダーマン2
暗殺者
フロム・ダスク・ティル・ドウン
裏窓
ロープ
スネーク・アイズ
エネミー・オブ・アメリカ
メン・イン・ブラック
メン・イン・ブラック 2
ジュラシック・パーク
ロスト・ワールド ジュラシック・パーク
ジュラシックパーク3
少女たちの遺言
ラスト・アクション・ヒーロー
レイダース・失われた聖櫃
ディープブルー
パルプフィクション
ブギーポップは笑わない
パラサイト・イヴ
炎の少女チャーリー
クロスファイア
座頭市
シャイニング
キャリー
女王蜂(ネタバレ注意)
白昼の死角
ウルフェン
121~150
ブレイド
ロミオ・マスト・ダイ
フライトナイト
十二人の怒れる男
狼男アメリカン
トワイライトゾーン・超次元の体験・第一話
E.T.
トワイライトゾーン・超次元の体験・第二話
ハウリング
トワイライトゾーン・超次元の体験・第三話
マッドマックス
トワイライトゾーン・超次元の体験・第四話
ハリー・ポッターと賢者の石
フライトナイト2 バンパイアの逆襲
世にも奇妙な物語 映画の特別編 第一話 雪山
世にも奇妙な物語 映画の特別編 第二話 携帯忠臣蔵
世にも奇妙な物語 映画の特別編 第三話 チェス
世にも奇妙な物語 映画の特別編 第四話 結婚シミュレーター
ブレイド2
ジェイコブス・ラダー
危険な情事
ゲーム
プラトーン
インビジブル
エボリューション
フラットライナーズ
セブン
エイリアン3
パニック・ルーム
サドン・デス
スターウォーズ・エピソード2・クローンの攻撃
ペリカン文書
レッド・サン
シルミド
グレムリン
ダイヤルM
151~180
劇場版ポケットモンスターアドバンスジェネレーション・烈空の訪問者デオキシス
タワーリング・インフェルノ
ブルース・ブラザーズ
ウルトラマンティガ・ファイナルオデッセイ
レインメイカー
海猫
フェイス・オフ
トゥームレイダー
ゴッドファーザー PARTⅢ
ふたり
スターゲイト
ウォータ-ボーイズ
少林寺
スターウォーズ・エピソードⅢ・シスの復讐
キス・オブ・ザ・ドラゴン
親指スターウォーズ
親指タイタニック
タイタニック
ウォール街
スペース・バンパイア
ラストサマー
ダイハード3
火垂るの墓
マトリックス
イージー・ライダー
ラスト・ワルツ
レイジング・ブル
ラストサマー2
仁義なき戦い
仁義なき戦い・広島死闘編
181~210
仁義なき戦い・代理戦争
仁義なき戦い・頂上作戦
仁義なき戦い・完結編
GODZILLA・ゴジラ
その後の仁義なき戦い
機動戦士ガンダム
機動戦士ガンダムⅡ 哀・戦士編
機動戦士ガンダムⅢ めぐりあい宇宙編
ポルターガイスト
ウルフ
ザ・フォッグ
チャイルド・プレイ
ダイナソー
トリック・劇場版
K-19
着信アリ
直撃地獄拳・大逆転
ア・ホーマンス
スパイ・ライク・アス
ブレス・ザ・チャイルド
おこげ
48時間
誘う女
ゴジラVSキングギドラ
ウルトラマンティガ・ウルトラマンダイナ・光の国の戦士たち
アサシン
ニキータ
キンダーガートン・コップ
男たちの挽歌
魔女の宅急便
211~220
8mm
トゥモロー・ネバー・ダイ
黄泉がえり
バック・トゥ・ザ・フューチャー
D.N.A.
ザ・リング
レプリカント
東京タワー
ガメラⅢ・邪神(イリス)覚醒
明日に向かって撃て
インターバル

閉じる


<<最初から読む

28 / 228ページ

ソドムの市

1975年イタリア映画

監督 ピエル・パオロ・パゾリーニ

原作 マルキ・ド・サド

主演 パオロ・ボナチェッリ、アルド・パレッティ、ジョルジュ・カタルディ

 

これって、私には幻の映画でした。封切り当時は中学生。映画好き中学生だった私は、「スクリーン」とか「ロードショー」とかで新作映画をチェックしておりました。

「エマニエル夫人」「O嬢の物語」、そしてこの「ソドムの市」あたりの文芸系ポルノっていうんでしょうか。このへんの映画は、年齢制限にひっかかって見られなかったもんで、幻の映画でした。「インモラル物語」とか「ディープ・スロート」なんかも見たかった。そりゃあさあ、性への興味津々の中学生ですもん。その頃はビデオなんてものなかったわけだし。

で、そういう映画見ることができる年齢になったころはAV花盛りで、あえて難しいいやらしい映画見なくても…ねぇ。

難しくないいやらしい作品選ぶじゃないですか。そんなこんなですっかり見る気をなくしてましたねえ。で、あるときレンタルビデオ屋さんでこの「ソドムの市」を見つけて、レンタルして見ました。
感想。

見なきゃよかった。理解できなかったです。最初から最後まで。

パゾリーニ監督は、「王女メディア」とかの芸術性の高い作品を撮る監督でした。ただ、この人、有名な同性愛者だったんですね。で、この映画を撮った直後に同性の恋人に殺されてしまいました。なんかそっち系のトラブルだったと記憶しております。

この映画はそんなパゾリーニ監督がそういう趣味全開で撮った映画です。多分。

原作はそれなりに古い時代の本。サドさまってフランス革命とか、その頃の人。それを第二次大戦の頃のイタリアに置き換えています。原作は確か、フランス貴族が平民の若い男女を金で買って、好き勝手するって話だったような記憶があります。とはいってもこの本は長い間完訳されてなかったですが。

映画ではイタリア人の変態高級軍人や変態政治家が、ユダヤ人を拉致して好き勝手するって話。なんか、最初から最後までそんな調子。スカトロジーありSMあり同性愛あり。

で、普通に男女のエッチした人は銃殺されちゃうとか。わけわからん。

最後はなんか処刑場みたいなところに捕虜を連れ出して、レイプとかしてその後、拷問みたいなことして何人かの人を殺して、んで何故か兵隊がワルツ踊って終わる。わけわからん。
パゾリーニさまとゴダールさまは理解できませんです。見てかなりどんよりした作品。

どんより度は「アレックス」「レクイエム・フォー・ドリームズ」、難解度は「気狂いピエロ」、おぞまし度は「ブレイン・デッド」に匹敵します。

見たことをかなり真剣に後悔した作品でございます。


ダーティハリー

1971年アメリカ映画

監督 ドン・シーゲル

主演 クリント・イーストウッド、ハリー・ガーディノ、アンディ・ロビンソン

 

「ダーティハリー」でっせ。

クリント・イーストウッドさま、マカロニウェスタンから出てきた人ですよね。

「荒野の用心棒」とか「夕陽のガンマン」とかがマカロニ時代の代表作。

このへんの作品はまた機会を改めて書きますです。

そこからちょこっと作品に恵まれない時期が続きます。

「白い肌の異常な夜」とか「シノーラ」とか「荒鷲の要塞」とかに出演されてましたが、もひとつパッとしなかったって印象です。

「ダーティハリー」に出会ってブレイクした、と私は理解しております。

ダーティハリーは全部で五作作られました。

作品として一番好きなのは2ですね、やっぱり。

すごく構造がねじれていて、面白かった。

3以降はハリー・キャラハンってキャラが一人歩きをはじめて、製作側がその後ろからついていく感じがしてあんまり好きじゃないです。

もちろんこの第一作も傑作。

スコルピオという異常犯罪者を追うキャラハン刑事の物語。

スコルピオという男、少女誘拐とか無差別狙撃とかスクールバスジャックとか、とんでもないことをする異常者系の悪党ですな。

無差別狙撃を阻止しようとするハリーとスコルピオの銃撃戦とか、少女誘拐の身代金を運ぶ役を買ってでたハリーが町じゅうを走り回る場面とかが印象に残っています。

しかし何といってもトップシーンとラストシーンで使われる台詞。

「この銃は44マグナムといって、お前の頭くらいふっとばすことが出来る。ところがさっきの撃ちあいで弾丸が残っているかどうか数えるのを忘れちまった」

銃撃戦の後、犯人に銃を向けたハリーが言います。

かっこええ。

冒頭とクライマックス。冒頭でこのセリフを言われるのは、黒人の銀行強盗。

この役者さん、「ダーティハリー2」では中盤、犯人に射殺されるポン引きを演じておられた人です。

クライマックスでは、同じセリフが凶悪犯スコルピオ=アンディ・ロビンソンさまに向かって言われます。

弾丸が残っていたのかいなかったのかはDVDでお確かめください。


ゴッドファーザーパートⅡ

1974年アメリカ映画

監督 フランシス・フォード・コッポラ

主演 アル・パチーノ、ロバート・デ・ニーロ、ロバート・デュバル、ダイアン・キートン、ジョン・カザール、リー・ストラスバーグ

 

映画の最後に、なんとジェームス・カーンさまが特別出演しています。

私は三部作のなかでこの話が一番好き。ドラマ的に多層構造になっています。

パチーノさま演ずるマイケルがファミリーを拡大していく様子と、デ・ニーロさま演ずるその父がファミリーの基盤を築く様子が時間を超えて並行して描かれます。

それでいながらブリッジ部分の編集にも意味というものが感じられます。

例えば、家族の問題で悩むパチーノの向こうに、彼を見つめるようにデ・ニーロがオーバーラップして過去に物語が推移するとか。そういう演出です。

ファミリーを拡大していきながら家族の絆を作り上げていくデ・ニーロさま。逆に家族の絆を失っていくパチーノさま。マフィアのボスの孤独。

とってもやるせない。

今回、パチーノさまと対立するのはバハマの大ボス、演ずるはリー・ストラスバーグさま。

ストラスバーグさまはかの有名なアクターズ・スタジオの主宰者です。いわばジェームス・ディーンさまやマーロン・ブランドさまやパチーノさまやデ・ニーロさまの師匠。

すげえすげえ。こんな人が出てる映画なのですじゃ。

パチーノさまはファミリーを守るため、再び血の粛清を決意します。そして最後に粛清されるのは実の兄カザールさま。義兄で弁護士のデュバルさまもファミリーの仕事から締め出し、妻ダイアン・キートンさまも彼のもとを去る。

パチーノは一人、兄弟たちととった懐かしい夕食を思い出す。ここでジェームス・カーンさまが登場。

強烈な演出。過去の映像が暖かければ暖かいほど、現在の孤独が鮮烈に表現されます。

そして物語はより辛辣なラストをもつパートⅢへ続きます。


スターウォーズ

1977アメリカ映画

監督 ジョージ・ルーカス

主演 マーク・ハミル、キャリー・フィッシャー、ハリソン・フォード、アレック・ギネス、ピーター・カッシング

 

「スターウォーズ」を見返すといつも思うのですが、物語の中での時間って、びっくりするほど流れていない。

言い換えると、すごく短い時間の間にいろんな事件が凝縮されたドラマになっています。

物語はエピソード3の続きってことになっています。

我々が最初に見たスターウオーズはエピソード4・新たなる希望。

冒頭の流れるタイトルにちゃんと書いてありました。
帝国軍から新型要塞デススターの設計図を盗んで逃げるレイア姫。

それを追うダースベイダー。

レイア姫はロボットR2D2にメッセージを託し、ロボットだけを脱出させて囚われてしまう。

そのロボットを拾うのがルークという青年。

ロボットには「オビ・ワン・ケノビ、助けて」というホログラムのメッセージが。

ルークは今ではベン・ケノビの名乗っている老人にその映像を見せます。

レイアを助けに行くことになる二人。

酒場で二人に雇われる宇宙船乗りがハン・ソロ。

ここから宇宙大活劇が始まります。

かなり昔の映画なのに特撮とかもすごくよくできています。

家族揃って楽しめる一作であります。


A.I.

2001年アメリカ映画

製作・監督・脚本 スティーヴン・スピルバーグ

主演 ハーレイ・ジョエル・オスメント、ジュード・ロウ、ウィリアム・ハート


未来社会。

地球温暖化の影響で世界じゅうの多くの都市が水没。

飢餓が訪れている。

都市部では産児制限が行われ、生活レベルを確保している。

こうなると資源を使用しないロボットが社会を運営することになると、そういう世界が舞台。

重病の男の子がいる。

父も母もその子の看病の疲れ果てている。

ロボット関連の会社で働いている父は、精神的に参りはじめている母のために、試作品の子供のアンドロイド、オスメントさまのモニターになります。

オスメントさまは母を思う子の心を刷り込まれ、本物の子供のように母を思いはじめる。

しかし重病の子供が奇跡的に回復したあたりからおかしくなりはじめます。

子供はオスメントさまをいじめたりしはじめる。

しかし父母はそれがわからない。

子供が回復したせいでオスメントさまが暴走しはじめたと勘違いし、オスメントさまを「ヘンゼルとグレーテル」のように森に置き去りにする。

そこで遭遇するロボット狩り。

捕われたオスメントは「ロボットぶっこわしショー」の会場で、ジゴロ・アンドロイドのロウさまと出会い、自分を人間に変えてくれるピノキオの「青の妖精」を探す旅に出ます。

こういうの、童話とSFの幸せな融合、とでもいうのでしょうか。
なんかねえ、中盤からどんどんせつなくなってくる。

「ロボット」も「母」もいろんな言葉や意味に置き換えることができる。

オスメントさま、やたら巧い。

後半なんか涙うるうるでまともに見られなかったです。

どうしようもないせつないラスト。

あかんって。こんな映画作ったら。

しかし問題がひとつ。

「シックス・センス」をみたころは、お笑いのチャドさまをみたらオスメントさまに似てるって思ってたんだけど、この映画をみるころにはそれが逆転しちゃって、オスメントさまってチャドさまに似てるって思うようになってしまいました。

映画ファン的にはまずい逆転です。

 



読者登録

磐田 匠さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について