目次
はじめに
1~30
スピーシーズ・種の起源
ゲッタウェイ
悪魔のような女
ウエストサイド物語
アルマゲドン
ジャッジ・ドレッド
模倣犯
心の旅路
エレファントマン
MI2
クリムゾンリバー
エントラップメント
砦なき者
呪怨
ゴッドファーザー
グリース
リーサルウエポン3
破線のマリス
スターウォーズ・帝国の逆襲
ターミネーター
踊る大捜査線THE MOVIE2・レインボーブリッジを封鎖せよ
ナインハーフ
ターミネーター2
動乱
ターミネーター3
少林サッカー
ソドムの市
ダーティハリー
ゴッドファーザーパートⅡ
スターウォーズ
31~60
A.I.
オーシャンズ11
さくや妖怪伝
ダーティハリー2
LAコンフィデンシャル
雲霧仁左衛門
ダブルボーダー
イレイザー
悪魔を憐れむ歌
マキシマム・リスク
黄金の七人
妖怪大戦争
バットマン
バトル・ロワイアル
ザ・ロック
アマデウス
吉原炎上
バットマンリターンズ
ホワイトアウト
12モンキーズ
ザ・ワン
京極夏彦「怪」・七人みさき
バットマンフォーエバー
ロストボーイ
バーティカルリミット
シャークテイル
シックスセンス
シックスデイ
ゾンビ
13日の金曜日
61~90
催眠
オールザットジャズ
ホワイトナイツ/白夜
将軍家光の乱心・激突
あずみ
必殺
オリエント急行殺人事件
そして誰もいなくなった
犬神家の一族
理由
悪魔の手鞠歌
ルームメイト
ウインドトーカーズ
タップ
ナイル殺人事件
里見八犬伝
皇帝のいない八月
情婦
大脱走
ウイロー
半落ち
ブロークン・アロー
燃えよドラゴン
片腕ドラゴン
イヤー・オブ・ザ・ドラゴン
新生トイレの花子さん
ピースメイカー
僕の彼女を紹介します
エンゼルハート
ヒート
91~120
スカーフェース
ミッドナイトクロス
スターウォーズ・ジェダイの復讐
スパイダーマン2
暗殺者
フロム・ダスク・ティル・ドウン
裏窓
ロープ
スネーク・アイズ
エネミー・オブ・アメリカ
メン・イン・ブラック
メン・イン・ブラック 2
ジュラシック・パーク
ロスト・ワールド ジュラシック・パーク
ジュラシックパーク3
少女たちの遺言
ラスト・アクション・ヒーロー
レイダース・失われた聖櫃
ディープブルー
パルプフィクション
ブギーポップは笑わない
パラサイト・イヴ
炎の少女チャーリー
クロスファイア
座頭市
シャイニング
キャリー
女王蜂(ネタバレ注意)
白昼の死角
ウルフェン
121~150
ブレイド
ロミオ・マスト・ダイ
フライトナイト
十二人の怒れる男
狼男アメリカン
トワイライトゾーン・超次元の体験・第一話
E.T.
トワイライトゾーン・超次元の体験・第二話
ハウリング
トワイライトゾーン・超次元の体験・第三話
マッドマックス
トワイライトゾーン・超次元の体験・第四話
ハリー・ポッターと賢者の石
フライトナイト2 バンパイアの逆襲
世にも奇妙な物語 映画の特別編 第一話 雪山
世にも奇妙な物語 映画の特別編 第二話 携帯忠臣蔵
世にも奇妙な物語 映画の特別編 第三話 チェス
世にも奇妙な物語 映画の特別編 第四話 結婚シミュレーター
ブレイド2
ジェイコブス・ラダー
危険な情事
ゲーム
プラトーン
インビジブル
エボリューション
フラットライナーズ
セブン
エイリアン3
パニック・ルーム
サドン・デス
スターウォーズ・エピソード2・クローンの攻撃
ペリカン文書
レッド・サン
シルミド
グレムリン
ダイヤルM
151~180
劇場版ポケットモンスターアドバンスジェネレーション・烈空の訪問者デオキシス
タワーリング・インフェルノ
ブルース・ブラザーズ
ウルトラマンティガ・ファイナルオデッセイ
レインメイカー
海猫
フェイス・オフ
トゥームレイダー
ゴッドファーザー PARTⅢ
ふたり
スターゲイト
ウォータ-ボーイズ
少林寺
スターウォーズ・エピソードⅢ・シスの復讐
キス・オブ・ザ・ドラゴン
親指スターウォーズ
親指タイタニック
タイタニック
ウォール街
スペース・バンパイア
ラストサマー
ダイハード3
火垂るの墓
マトリックス
イージー・ライダー
ラスト・ワルツ
レイジング・ブル
ラストサマー2
仁義なき戦い
仁義なき戦い・広島死闘編
181~210
仁義なき戦い・代理戦争
仁義なき戦い・頂上作戦
仁義なき戦い・完結編
GODZILLA・ゴジラ
その後の仁義なき戦い
機動戦士ガンダム
機動戦士ガンダムⅡ 哀・戦士編
機動戦士ガンダムⅢ めぐりあい宇宙編
ポルターガイスト
ウルフ
ザ・フォッグ
チャイルド・プレイ
ダイナソー
トリック・劇場版
K-19
着信アリ
直撃地獄拳・大逆転
ア・ホーマンス
スパイ・ライク・アス
ブレス・ザ・チャイルド
おこげ
48時間
誘う女
ゴジラVSキングギドラ
ウルトラマンティガ・ウルトラマンダイナ・光の国の戦士たち
アサシン
ニキータ
キンダーガートン・コップ
男たちの挽歌
魔女の宅急便
211~220
8mm
トゥモロー・ネバー・ダイ
黄泉がえり
バック・トゥ・ザ・フューチャー
D.N.A.
ザ・リング
レプリカント
東京タワー
ガメラⅢ・邪神(イリス)覚醒
明日に向かって撃て
インターバル

閉じる


<<最初から読む

15 / 228ページ

呪怨

2003年日本映画

監督 清水崇

主演 奥菜恵、津田寛治

 

呪怨。

とっても怖いです。

ビデオで1・2、映画でも1・2がありまして、アメリカ版リメイクは1・2・3。

そのあと、「呪怨・黒い少女」「呪怨・白い老女」なんて新作も発表され、いまだ呪怨ワールドは増殖中でございます。

本当は一番怖いのはビデオ版の1です。

この作品、「怖すぎる」って理由で発売禁止になりそうになったとか。

ただ、2は映画もビデオもちょっとわけわからなくなってきます。
とりあえずパルプフィクションみたいに時系列を無視して、登場人物ごとのエピソードを積み重ねていくという手法をとっています。

だから時間が前後したり、物語途中で死んだ人が後になって出てきたりとかしますです。

描かれているのがどの時間の話で、誰を主人公にしているのかをしっかりつかまえておかないとあれれとか思うかもしれません。
ノイローゼ気味のイラストレーターの男が、妻が浮気したと思い込んで妻と子供を殺します。

かなり残酷な方法で。

で、妻は夫だけではなく、自分をとりまく世界そのものを激しく恨みながら死んでいく。

その子供は行方不明ってことになっていますが、恐らく死んでいるでしょうね。

で、妻と子供の霊が家に出入りする全ての人と、その周囲の人を呪うわけです。

奥菜 恵さまは空家になった家の次の持ち主の家庭のおばあちゃんを介護しにやってきたヘルパーさん。

呪われます。

津田寛治さまはその借り主。

呪われます。

って感じで、どんどん呪われる人が増えていきます。

どこまでいくねんって感じです。

とりあえず映画版を見ていただいて、物足りなかったらビデオ版って順番がよろしいかと思います。

ハリウッド版は怖さ的にはイマイチかな。

 


ゴッドファーザー

1972年アメリカ映画

監督 フランシス・フォード・コッポラ

主演 マーロン・ブランド、アル・パチーノ、ダイアン・キートン、ジェームズ・カーン、ロバート・デュバル

音楽 ニノ・ロータ

 

やっぱりこの作品は避けて通れない。というか、スタッフキャストとも、資料とか全く見ずに書けました。最近の映画だとこうはいかない。
ニューヨークで一大勢力をもつマフィアのコルレオーネ・ファミリーの物語。

このファミリーのドンがマーロン・ブランドさま。長男がジェームズ・カーンさま、次男がジョン・カザールさま、三男がアル・パチーノさま。

物語はブランドさまの末娘の結婚式から始まります。こういう席ではファミリーの力を頼っていろいろな人が集まってきます。映画の主役をとりたいと言って泣きついてくる人気歌手だとか、レイプされた娘の仇をとってくれと言ってきた葬儀屋だとか。

人気歌手に主役をとらせるためにファミリーがとる方法が実はえげつないんですが。

さてさて、コルレオーネ・ファミリーは別のファミリーと抗争しております。この抗争でブランドさまが撃たれる。海軍に従軍していた三男のパチーノさま。ファミリーの事業に無関心だった彼ですが、父を撃った男とその黒幕を手打ちの席で殺し、シシリーに逃げます。

パチーノさまは婚約者のダイアン・キートンさまをほったらかして現地の娘と結婚。

しかし対立組織の巻き返しが始まる。

長男のジェームズ・カーンさまはマシンガンで蜂の巣にされ、パチーノさまは車に爆弾を仕掛けられて妻が爆死。
ブランドさまは対立組織と和平を結び、パチーノさまはニューヨークに呼び戻されます。パチーノさまは兄カーンさま亡きあと、役たたずの次男カザールさまをすっとばして、ファミリーを継承する決意をします。

やがて父ブランドさまは大往生を遂げる。ここでパチーノさまは一気に対立組織を壊滅させる作戦に出ます。

敵組織と通じていたファミリー幹部をまず始末する。そして次兄を馬鹿にしたカジノの実力者だとか、対立組織のボスだとかを一気に片付けます。そして兄殺しの片棒をかついでいた妹の夫をも殺す。映画の冒頭で結婚した妹の夫です。

説明が前後しますが、トップシーンでドンに復讐を願い出た葬儀屋にカーンさまの死体をきれいにすることを頼んだりとか、細部で縦横に物語が交錯しています。

三時間という物語の長さを感じさせない構成も素晴らしい。

歴史的名作であります。


グリース

1978年アメリカ映画

監督 ランダル・クレイザー

主演 ジョン・トラヴォルタ、オリヴィア・ニュートン・ジョン

 

高校生くらいのときに見た映画です。映画としては、本当にどうってことないです。この映画を青春の一本に選んでいる方がもしおられたら申し訳ないのですが。

「サタデイ・ナイト・フィーバー」で一躍時代の寵児となったトラヴォルタさまが、人気の女性シンガー、オリヴィア・ニュートン・ジョンさまと共演。おおすごい。僕も私も見なきゃ、って感じの映画。

ビートルズの「ヘルプ」や「レット・イット・ビー」を人生のベストワン映画にあげる人はいるでしょうが、マッチさま明菜さまの「傷だらけの純情」だとかマッチさまの「嵐を呼ぶ男」とかチェッカーズの「タンタンタヌキ」とか、ましてやフォーリーブスの「急げ若者」とかをベストワン映画に選ぶ人、少ないと思うんですよ。

なんか人気あるから映画撮ろうよ、みたいな感じが見え見えで。ねえ。
「グリース」もそういうとこある映画です。でも時代を懐かしむのにはいい映画。

トラヴォルタさまは不良高校生。でもいいとこのぼっちゃんのふりをしていかにもいいとこのお嬢さんとひと夏の恋をする。この相手がオリヴィアさま。

で、オリヴィアさまがトラヴォルタさまの高校に偶然転校してきます。トラヴォルタさま、慌てる。

最初のうちはネコかぶっていい子ぶったりするんですが、結局本性晒してしまって、トホホ、俺の恋は終わったあ、みたいな感じになりますが、最後にオリヴィアさまがいかにもロックンロールねえちゃん風不良ファッションで登場。メデタシメデタシ。

まあ途中にいろいろ事件とかあるっちゃああるんですが。

グリースってのは不良のリーゼントに使うグリスのことですなあ。お分かりかと思いますが。

いちおうミュージカル仕立てで、トラヴォルタさまもオリヴィアさまも歌います。

トラヴォルタさま、若いです。トラヴォルタさまはこの後、「ステイン・アライブ」みたいなダンスものに出て、その後演技派に転向。

デ・パルマ監督の「ミッドナイト・クロス」とかに出演。

しばらく死んだふりしてましたが、「フェノミナン」「パルプ・フィクション」あたりで息を吹き返し、「ブロークン・アロー」「フェイス・オフ」で見事に名悪役の仲間入り。

この人がこんなに悪役の似合う役者だとは思わなかったです。


リーサルウエポン3

1992年アメリカ映画

監督 リチャード・ドナー

主演 メル・ギブソン、ダニー・グローバー、ルネ・ロッソ、ジョー・ペッシ

撮影、なんとヤン・デ・ボン


1、2のこと書いてないのになんで3のこと書くんでしょう。答えは簡単。この本の元になったブログ書いたころに見たからです。

こういうブロークンな流れ、慣れてください。

個人的には4が一番好きな「リーサル・ウェポン」シリーズです。

これも答えは簡単、ごひいきのジェット・リーさまがでているからでございます。

さて今日は3のお話。
メル・ギブソンさま演ずるリッグス刑事、すっかり明るくなりましたね。

パート1では自殺未遂の常習者って設定でしたが。冒頭いきなり爆発物処理に失敗して、ビルを吹っ飛ばします。

この失敗でギブソンさま・グローバーさま両名は交通課に飛ばされる。

ここで二人は現金輸送車襲撃現場に居合わせ、襲撃犯を逮捕する。しかしこの犯人が警察署内で殺されてしまう。殺人犯は凄腕の元警官。

内部調査に来ていた女性警官がルネ・ロッソさま。

犯人の逮捕に協力する不動産屋がジョー・ペッシさま。

ロッソが調べていたのは警察内部の裏切り者。

押収した銃をギャングに横流ししていたのが例の殺人犯だったわけです。

大胆不敵な犯人は警察官を人質に署に入り、倉庫の銃や弾丸をまたまた強奪。

これに気づいたギブソンさま・グローバーさま・ロッソさまと壮絶な銃撃戦とカーチェイス。

とり逃がすが、ペッシさまの情報でアジトに突入し…
ロッソさまのキャラがいいです。

ギブソンさまと古傷を見せ合い、自慢しながら結果的に服を脱いでいく。そこからいちゃいちゃが始まる。それでいて格闘場面になるとカンフーアクション。物語後半ではすっかり恋人どうし。いいなあ、リッグス刑事、幸せそうで。


破線のマリス

2000年「破線のマリス」製作委員会作品

監督 井坂 聡

主演 黒木 瞳、陣内孝則、白井 晃、筧 利夫、篠田三郎、中尾 彬

野沢 尚さまが江戸川乱歩賞を受賞した作品の映画化。当然脚本は野沢 尚さまです。テレビ局の内幕もの。やりての女性編集マン黒木さまが、犯罪告発のために自らが仕掛けた映像の罠に自分自身がはまりこんでいくって作品。

マリスってのは敵意・悪意・犯意って意味です。

冒頭いきなり中村敦夫さまと鳩山邦夫先生のニュース番組での生放送トーク。そのオンエアの最中、次のコーナーのビデオを編集する黒木さま。捏造すれすれの映像を作り、それをオンエア。疑惑の人物を犯人とイメージづけようとします。

黒木さま演ずる女性編集マンは日常的にこういうことをやっているテレビウーマン。よくありますよね。警察より先にマスコミが犯人つくってしまう。恐い恐い。

マスコミによってつくられる犯人は陣内さま。

陣内さまは郵政省の官僚。黒木さまが編集して映像によって、彼は郵政省の疑惑を追っていた弁護士殺害の犯人と目される男にされてしまいます。

情報画像の提供者はその後、姿を消す。ちなみに黒木さまは離婚した夫との間に十歳の子供がいます。

やがて陣内さまは黒木さまをつけまわすようになる。放送局や自宅近くで黒木さまを待ち伏せしたりします。

やがて自宅に侵入者の気配。

寝顔をビデオ録画され、そのテープが届けられる。んで、黒木さま、自分の生活を脅かす影との対決を決意します。

何が正しいのか。何が間違っているのか。

黒木さまがはまりこむ映像の罠とは何か。

何が起こっていて何が起こっていないのか。

さすが映像畑出身の乱歩賞作家の作品であります。

意外な結末が用意されています。残念ながら、原作では私は作家・野沢 尚さまが仕掛けたトリック、見抜いてしまいました。途中のたった一つの文のおかげ。でもその一文を見逃してしまっていたらトリックを見抜くのは無理だったかも。巧みな伏線というもののお手本のような作品です。

結末を知っていてもラストは泣ける。

映画のラストは特に秀逸。

すべての謎がラストたった三分の映像で解けてしまう。すごい種明かしってこういう映画のことを言うのでしょうね。



読者登録

磐田 匠さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について