目次
はじめに
1~30
スピーシーズ・種の起源
ゲッタウェイ
悪魔のような女
ウエストサイド物語
アルマゲドン
ジャッジ・ドレッド
模倣犯
心の旅路
エレファントマン
MI2
クリムゾンリバー
エントラップメント
砦なき者
呪怨
ゴッドファーザー
グリース
リーサルウエポン3
破線のマリス
スターウォーズ・帝国の逆襲
ターミネーター
踊る大捜査線THE MOVIE2・レインボーブリッジを封鎖せよ
ナインハーフ
ターミネーター2
動乱
ターミネーター3
少林サッカー
ソドムの市
ダーティハリー
ゴッドファーザーパートⅡ
スターウォーズ
31~60
A.I.
オーシャンズ11
さくや妖怪伝
ダーティハリー2
LAコンフィデンシャル
雲霧仁左衛門
ダブルボーダー
イレイザー
悪魔を憐れむ歌
マキシマム・リスク
黄金の七人
妖怪大戦争
バットマン
バトル・ロワイアル
ザ・ロック
アマデウス
吉原炎上
バットマンリターンズ
ホワイトアウト
12モンキーズ
ザ・ワン
京極夏彦「怪」・七人みさき
バットマンフォーエバー
ロストボーイ
バーティカルリミット
シャークテイル
シックスセンス
シックスデイ
ゾンビ
13日の金曜日
61~90
催眠
オールザットジャズ
ホワイトナイツ/白夜
将軍家光の乱心・激突
あずみ
必殺
オリエント急行殺人事件
そして誰もいなくなった
犬神家の一族
理由
悪魔の手鞠歌
ルームメイト
ウインドトーカーズ
タップ
ナイル殺人事件
里見八犬伝
皇帝のいない八月
情婦
大脱走
ウイロー
半落ち
ブロークン・アロー
燃えよドラゴン
片腕ドラゴン
イヤー・オブ・ザ・ドラゴン
新生トイレの花子さん
ピースメイカー
僕の彼女を紹介します
エンゼルハート
ヒート
91~120
スカーフェース
ミッドナイトクロス
スターウォーズ・ジェダイの復讐
スパイダーマン2
暗殺者
フロム・ダスク・ティル・ドウン
裏窓
ロープ
スネーク・アイズ
エネミー・オブ・アメリカ
メン・イン・ブラック
メン・イン・ブラック 2
ジュラシック・パーク
ロスト・ワールド ジュラシック・パーク
ジュラシックパーク3
少女たちの遺言
ラスト・アクション・ヒーロー
レイダース・失われた聖櫃
ディープブルー
パルプフィクション
ブギーポップは笑わない
パラサイト・イヴ
炎の少女チャーリー
クロスファイア
座頭市
シャイニング
キャリー
女王蜂(ネタバレ注意)
白昼の死角
ウルフェン
121~150
ブレイド
ロミオ・マスト・ダイ
フライトナイト
十二人の怒れる男
狼男アメリカン
トワイライトゾーン・超次元の体験・第一話
E.T.
トワイライトゾーン・超次元の体験・第二話
ハウリング
トワイライトゾーン・超次元の体験・第三話
マッドマックス
トワイライトゾーン・超次元の体験・第四話
ハリー・ポッターと賢者の石
フライトナイト2 バンパイアの逆襲
世にも奇妙な物語 映画の特別編 第一話 雪山
世にも奇妙な物語 映画の特別編 第二話 携帯忠臣蔵
世にも奇妙な物語 映画の特別編 第三話 チェス
世にも奇妙な物語 映画の特別編 第四話 結婚シミュレーター
ブレイド2
ジェイコブス・ラダー
危険な情事
ゲーム
プラトーン
インビジブル
エボリューション
フラットライナーズ
セブン
エイリアン3
パニック・ルーム
サドン・デス
スターウォーズ・エピソード2・クローンの攻撃
ペリカン文書
レッド・サン
シルミド
グレムリン
ダイヤルM
151~180
劇場版ポケットモンスターアドバンスジェネレーション・烈空の訪問者デオキシス
タワーリング・インフェルノ
ブルース・ブラザーズ
ウルトラマンティガ・ファイナルオデッセイ
レインメイカー
海猫
フェイス・オフ
トゥームレイダー
ゴッドファーザー PARTⅢ
ふたり
スターゲイト
ウォータ-ボーイズ
少林寺
スターウォーズ・エピソードⅢ・シスの復讐
キス・オブ・ザ・ドラゴン
親指スターウォーズ
親指タイタニック
タイタニック
ウォール街
スペース・バンパイア
ラストサマー
ダイハード3
火垂るの墓
マトリックス
イージー・ライダー
ラスト・ワルツ
レイジング・ブル
ラストサマー2
仁義なき戦い
仁義なき戦い・広島死闘編
181~210
仁義なき戦い・代理戦争
仁義なき戦い・頂上作戦
仁義なき戦い・完結編
GODZILLA・ゴジラ
その後の仁義なき戦い
機動戦士ガンダム
機動戦士ガンダムⅡ 哀・戦士編
機動戦士ガンダムⅢ めぐりあい宇宙編
ポルターガイスト
ウルフ
ザ・フォッグ
チャイルド・プレイ
ダイナソー
トリック・劇場版
K-19
着信アリ
直撃地獄拳・大逆転
ア・ホーマンス
スパイ・ライク・アス
ブレス・ザ・チャイルド
おこげ
48時間
誘う女
ゴジラVSキングギドラ
ウルトラマンティガ・ウルトラマンダイナ・光の国の戦士たち
アサシン
ニキータ
キンダーガートン・コップ
男たちの挽歌
魔女の宅急便
211~220
8mm
トゥモロー・ネバー・ダイ
黄泉がえり
バック・トゥ・ザ・フューチャー
D.N.A.
ザ・リング
レプリカント
東京タワー
ガメラⅢ・邪神(イリス)覚醒
明日に向かって撃て
インターバル

閉じる


<<最初から読む

12 / 228ページ

クリムゾンリバー

2000年フランス映画

監督 マチュー・カウヴィッツ

主演 ジャン・レノ、ヴァンサン・カッセル

原作 ジャン・クリストフ・グランジェ

 

フランス映画です。

映画を見た人はみんな口をそろえて「面白い」って言いまして、ずっと機会を待っていたのですが、かなり経ってから見ました。
フランスの辺鄙な山奥で死体が発見されます。

死体は近くの大学の研究生で、地上五十メートルの崖の上で胎児のような姿勢で見つかります。

身体には生きながら拷問にかけられたような傷。

この事件を捜査するのがジャン・レノさまです。

んでヴァンサン・カッセルさまは、それとは全く別の事件を捜査している警察官。

この二人がある場所で出会う。

やがて閉鎖的な村社会というか大学社会というか、そういう悪しき地域システムが事件の根幹にあるのではないかと二人は気づきます。
犯人はアッと驚く人物。

そしてアッと驚くトリック。

しかしながら「なんじゃ、こりゃあああああ」って感じ。
それはないやろ、と思ってしまいました。

うん。

ありはありなんですが、映画的物語的にはちょっと違うんじゃないかなって犯人でございました。

ヴァンサン・カッセルさまってひょっとして…って思って調べてみましたら、やっぱり往年の名優、ジャン・ピエール・カッセルさまの息子さんでした。

衝撃の問題作「アレックス」とか、最近では「ブラック・スワン」なんかにも出演しておられます。

「アレックス」見たけど、ヴァンサン・カッセルさまがこの映画に出演してた役者さんだってこと、完璧に忘れておりました。


エントラップメント

1999年アメリカ映画

監督 ジョン・アミアル

主演  ショーン・コネリー、キャサリン・ゼタ・ジョーンズ

 

ショーン・コネリーさまは怪盗というか泥棒というか、絵画や芸術品を狙う大泥棒です。

キャサリン・ゼタ・ジョーンズさまは保険会社の調査員。

コネリーさまを追っています。

で、コネリーさまに泥棒の仲間として接近し、彼を捕らえようと考えます。

そのためには泥棒としての自分を信用させなきゃってことで…

まずは美術館で公開中の秘宝のマスクを失敬し、次にはクアラルンプールで銀行に潜入。

コンピュータープログラムに不正アクセスし、巨額の送金をするプログラムをインストールしようとする。

コネリーさまの相棒というかワル仲間はヴィング・レイムスさま。

「ミッション・インポッシブル」の天才ハッカー役の人。

しかししかし。

次第にキャサリン・ゼタ・ジョーンズさまがよくわからなくなってきます。

コネリーさまの味方として本当に大金を狙っているのか、保険会社の調査員としてコネリーさまをはめようとしているのか。

コネリーさまもよくわからない。

ジョーンズさまを信用してるのか疑っているのか。

ジョーンズさまの上司も、彼女を信用しているのか疑っているのかわからない。

ってところでいよいよ大仕事。成功するのか失敗するのか。
ラストにドンデン返しあり。
しかあし。

一応、推理作家志望なんすよね、私。

推理ものを書く者の性でしょうか。こういう作品を見ていますと、様々な結末のパターンを物語中盤から予測してしまいます。

意外だと評判のラストも残念ながら予想の範囲内でした。

もうひとひねり欲しかったです。

 


砦なき者

2004年テレビ朝日製作のテレビドラマです。

監督 鶴橋康夫

主演 役所広司、妻夫木 聡、鈴木京香

原作・脚本 野沢尚 

音楽 宇崎竜堂

 

野沢 尚さまのかなり後期の作品です。

野沢さまのファンだったので、長い間見る気持ちにならなかった思い出の二時間ドラマです。

野沢さまの作品、すごく好きでけっこう応援していましたので、DVD化もされていることですし、ドラマではありますが、あえてご紹介します。

冒頭、テレビ局の編成会議の場面があります。

役所広司さま、大杉漣さま、塩見三省さま、田山涼成さま、内野聖陽さま、近藤芳正さまなどのちょっと重い芸達者たちが罵り合いながら会議する。この場面だけでお腹いっぱいになりました。

野沢さまお得意のマスコミ現場内幕ものです。

女子高生売春組織の特集をしたニュースキャスターが役所さま。担当ディレクターが鈴木さま。この番組のオンエア直後に売春組織の元締めとされた女子高生が自殺します。

この少女の恋人が妻夫木さま。妻夫木さまの告発によって役所さまは番組を降ろされます。で、妻夫木さまはこの件でマスコミの寵児になります。

しかしこれを不審に思った鈴木さまが妻夫木さまを調べます。

調べた結果、妻夫木さま、マスコミの報道によって自殺に追いやられた父の復讐のためにそのマスコミを利用しているのではないかという疑いがもたれはじめます。同時に彼は自分の野望達成のためには手段を選ばない男だということがわかります。過去に彼に殺されたっぽい人物や、重傷を負わされた人なんかが浮かび上がってくる。

やがてテレビ局は役所さまと妻夫木さまの直接対決の番組を仕組みます。

そのために役所さまがとった行動とは…

そしてその結末は…

役所さま、妻夫木さまが素晴らしい。鈴木さまもなかなかいいです。編成部長役の内野さまも良い。時期的には映画「黒い家」あたりの時期の作品になるのではないでしょうか。

ちなみに私、長い間、この作品が野沢さまの遺作だと思っていましたが、このあと映画「深紅」って作品がありまして、そちらが遺作ってことになっているようです。

また、亡くなったときに手がけておられた連続ドラマがありまして、脚本のほうでは未完ながらそちらが遺作だそうです。

もっと野沢さまの作品、見たかったです。


呪怨

2003年日本映画

監督 清水崇

主演 奥菜恵、津田寛治

 

呪怨。

とっても怖いです。

ビデオで1・2、映画でも1・2がありまして、アメリカ版リメイクは1・2・3。

そのあと、「呪怨・黒い少女」「呪怨・白い老女」なんて新作も発表され、いまだ呪怨ワールドは増殖中でございます。

本当は一番怖いのはビデオ版の1です。

この作品、「怖すぎる」って理由で発売禁止になりそうになったとか。

ただ、2は映画もビデオもちょっとわけわからなくなってきます。
とりあえずパルプフィクションみたいに時系列を無視して、登場人物ごとのエピソードを積み重ねていくという手法をとっています。

だから時間が前後したり、物語途中で死んだ人が後になって出てきたりとかしますです。

描かれているのがどの時間の話で、誰を主人公にしているのかをしっかりつかまえておかないとあれれとか思うかもしれません。
ノイローゼ気味のイラストレーターの男が、妻が浮気したと思い込んで妻と子供を殺します。

かなり残酷な方法で。

で、妻は夫だけではなく、自分をとりまく世界そのものを激しく恨みながら死んでいく。

その子供は行方不明ってことになっていますが、恐らく死んでいるでしょうね。

で、妻と子供の霊が家に出入りする全ての人と、その周囲の人を呪うわけです。

奥菜 恵さまは空家になった家の次の持ち主の家庭のおばあちゃんを介護しにやってきたヘルパーさん。

呪われます。

津田寛治さまはその借り主。

呪われます。

って感じで、どんどん呪われる人が増えていきます。

どこまでいくねんって感じです。

とりあえず映画版を見ていただいて、物足りなかったらビデオ版って順番がよろしいかと思います。

ハリウッド版は怖さ的にはイマイチかな。

 


ゴッドファーザー

1972年アメリカ映画

監督 フランシス・フォード・コッポラ

主演 マーロン・ブランド、アル・パチーノ、ダイアン・キートン、ジェームズ・カーン、ロバート・デュバル

音楽 ニノ・ロータ

 

やっぱりこの作品は避けて通れない。というか、スタッフキャストとも、資料とか全く見ずに書けました。最近の映画だとこうはいかない。
ニューヨークで一大勢力をもつマフィアのコルレオーネ・ファミリーの物語。

このファミリーのドンがマーロン・ブランドさま。長男がジェームズ・カーンさま、次男がジョン・カザールさま、三男がアル・パチーノさま。

物語はブランドさまの末娘の結婚式から始まります。こういう席ではファミリーの力を頼っていろいろな人が集まってきます。映画の主役をとりたいと言って泣きついてくる人気歌手だとか、レイプされた娘の仇をとってくれと言ってきた葬儀屋だとか。

人気歌手に主役をとらせるためにファミリーがとる方法が実はえげつないんですが。

さてさて、コルレオーネ・ファミリーは別のファミリーと抗争しております。この抗争でブランドさまが撃たれる。海軍に従軍していた三男のパチーノさま。ファミリーの事業に無関心だった彼ですが、父を撃った男とその黒幕を手打ちの席で殺し、シシリーに逃げます。

パチーノさまは婚約者のダイアン・キートンさまをほったらかして現地の娘と結婚。

しかし対立組織の巻き返しが始まる。

長男のジェームズ・カーンさまはマシンガンで蜂の巣にされ、パチーノさまは車に爆弾を仕掛けられて妻が爆死。
ブランドさまは対立組織と和平を結び、パチーノさまはニューヨークに呼び戻されます。パチーノさまは兄カーンさま亡きあと、役たたずの次男カザールさまをすっとばして、ファミリーを継承する決意をします。

やがて父ブランドさまは大往生を遂げる。ここでパチーノさまは一気に対立組織を壊滅させる作戦に出ます。

敵組織と通じていたファミリー幹部をまず始末する。そして次兄を馬鹿にしたカジノの実力者だとか、対立組織のボスだとかを一気に片付けます。そして兄殺しの片棒をかついでいた妹の夫をも殺す。映画の冒頭で結婚した妹の夫です。

説明が前後しますが、トップシーンでドンに復讐を願い出た葬儀屋にカーンさまの死体をきれいにすることを頼んだりとか、細部で縦横に物語が交錯しています。

三時間という物語の長さを感じさせない構成も素晴らしい。

歴史的名作であります。



読者登録

磐田 匠さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について