目次
はじめに
1~30
スピーシーズ・種の起源
ゲッタウェイ
悪魔のような女
ウエストサイド物語
アルマゲドン
ジャッジ・ドレッド
模倣犯
心の旅路
エレファントマン
MI2
クリムゾンリバー
エントラップメント
砦なき者
呪怨
ゴッドファーザー
グリース
リーサルウエポン3
破線のマリス
スターウォーズ・帝国の逆襲
ターミネーター
踊る大捜査線THE MOVIE2・レインボーブリッジを封鎖せよ
ナインハーフ
ターミネーター2
動乱
ターミネーター3
少林サッカー
ソドムの市
ダーティハリー
ゴッドファーザーパートⅡ
スターウォーズ
31~60
A.I.
オーシャンズ11
さくや妖怪伝
ダーティハリー2
LAコンフィデンシャル
雲霧仁左衛門
ダブルボーダー
イレイザー
悪魔を憐れむ歌
マキシマム・リスク
黄金の七人
妖怪大戦争
バットマン
バトル・ロワイアル
ザ・ロック
アマデウス
吉原炎上
バットマンリターンズ
ホワイトアウト
12モンキーズ
ザ・ワン
京極夏彦「怪」・七人みさき
バットマンフォーエバー
ロストボーイ
バーティカルリミット
シャークテイル
シックスセンス
シックスデイ
ゾンビ
13日の金曜日
61~90
催眠
オールザットジャズ
ホワイトナイツ/白夜
将軍家光の乱心・激突
あずみ
必殺
オリエント急行殺人事件
そして誰もいなくなった
犬神家の一族
理由
悪魔の手鞠歌
ルームメイト
ウインドトーカーズ
タップ
ナイル殺人事件
里見八犬伝
皇帝のいない八月
情婦
大脱走
ウイロー
半落ち
ブロークン・アロー
燃えよドラゴン
片腕ドラゴン
イヤー・オブ・ザ・ドラゴン
新生トイレの花子さん
ピースメイカー
僕の彼女を紹介します
エンゼルハート
ヒート
91~120
スカーフェース
ミッドナイトクロス
スターウォーズ・ジェダイの復讐
スパイダーマン2
暗殺者
フロム・ダスク・ティル・ドウン
裏窓
ロープ
スネーク・アイズ
エネミー・オブ・アメリカ
メン・イン・ブラック
メン・イン・ブラック 2
ジュラシック・パーク
ロスト・ワールド ジュラシック・パーク
ジュラシックパーク3
少女たちの遺言
ラスト・アクション・ヒーロー
レイダース・失われた聖櫃
ディープブルー
パルプフィクション
ブギーポップは笑わない
パラサイト・イヴ
炎の少女チャーリー
クロスファイア
座頭市
シャイニング
キャリー
女王蜂(ネタバレ注意)
白昼の死角
ウルフェン
121~150
ブレイド
ロミオ・マスト・ダイ
フライトナイト
十二人の怒れる男
狼男アメリカン
トワイライトゾーン・超次元の体験・第一話
E.T.
トワイライトゾーン・超次元の体験・第二話
ハウリング
トワイライトゾーン・超次元の体験・第三話
マッドマックス
トワイライトゾーン・超次元の体験・第四話
ハリー・ポッターと賢者の石
フライトナイト2 バンパイアの逆襲
世にも奇妙な物語 映画の特別編 第一話 雪山
世にも奇妙な物語 映画の特別編 第二話 携帯忠臣蔵
世にも奇妙な物語 映画の特別編 第三話 チェス
世にも奇妙な物語 映画の特別編 第四話 結婚シミュレーター
ブレイド2
ジェイコブス・ラダー
危険な情事
ゲーム
プラトーン
インビジブル
エボリューション
フラットライナーズ
セブン
エイリアン3
パニック・ルーム
サドン・デス
スターウォーズ・エピソード2・クローンの攻撃
ペリカン文書
レッド・サン
シルミド
グレムリン
ダイヤルM
151~180
劇場版ポケットモンスターアドバンスジェネレーション・烈空の訪問者デオキシス
タワーリング・インフェルノ
ブルース・ブラザーズ
ウルトラマンティガ・ファイナルオデッセイ
レインメイカー
海猫
フェイス・オフ
トゥームレイダー
ゴッドファーザー PARTⅢ
ふたり
スターゲイト
ウォータ-ボーイズ
少林寺
スターウォーズ・エピソードⅢ・シスの復讐
キス・オブ・ザ・ドラゴン
親指スターウォーズ
親指タイタニック
タイタニック
ウォール街
スペース・バンパイア
ラストサマー
ダイハード3
火垂るの墓
マトリックス
イージー・ライダー
ラスト・ワルツ
レイジング・ブル
ラストサマー2
仁義なき戦い
仁義なき戦い・広島死闘編
181~210
仁義なき戦い・代理戦争
仁義なき戦い・頂上作戦
仁義なき戦い・完結編
GODZILLA・ゴジラ
その後の仁義なき戦い
機動戦士ガンダム
機動戦士ガンダムⅡ 哀・戦士編
機動戦士ガンダムⅢ めぐりあい宇宙編
ポルターガイスト
ウルフ
ザ・フォッグ
チャイルド・プレイ
ダイナソー
トリック・劇場版
K-19
着信アリ
直撃地獄拳・大逆転
ア・ホーマンス
スパイ・ライク・アス
ブレス・ザ・チャイルド
おこげ
48時間
誘う女
ゴジラVSキングギドラ
ウルトラマンティガ・ウルトラマンダイナ・光の国の戦士たち
アサシン
ニキータ
キンダーガートン・コップ
男たちの挽歌
魔女の宅急便
211~220
8mm
トゥモロー・ネバー・ダイ
黄泉がえり
バック・トゥ・ザ・フューチャー
D.N.A.
ザ・リング
レプリカント
東京タワー
ガメラⅢ・邪神(イリス)覚醒
明日に向かって撃て
インターバル

閉じる


<<最初から読む

5 / 228ページ

ウエストサイド物語

1961年アメリカ映画

監督 ロバート・ワイズ、ジェローム・ロビンス

主演 ナタリー・ウッド、リチャード・ベイマー、ジョージ・チャキリス

 

歴史的ミュージカル映画の傑作でございます。

すごい映画です。はじめて見たときびっくりしました。

有名なフィンガースナップのトップシーンから画面にくぎ付けです。

不良が町を闊歩するシーンから乱闘シーン、不良同士のおいかけっこ。

これが全てダンス。

主役から端役に至るまで、立ち位置から立ちかたまで全てが計算され尽くされている。映像的に美しい。

すごい映画です。

「アメリカ」での群舞の素晴らしさがあったかと思うと、「トゥナイト」ではしっとりじっくりと聴かせてくれます。

ジョージ・チャキリスさま、ナタリー・ウッドさま、リチャード・ベイマーさま、リタ・モレノさまが主演。

物語の基本構造は、ロミオとジュリエット。対立しあう二つの不良組織の間に生まれてしまった恋って物語です。

ただ、ジョージ・チャキリスさまはロミオじゃない。

これに気づいたときはびっくりしました。

ジョージ・チャキリスさまって四人目のクレジットなんですよね。

なんか「ウエストサイド物語」って「主演、ジョージ・チャキリス」ってイメージだったですが。

しかし。

うむむ。

物語の中でいきなり歌を歌うミュージカルってのはどうしても私の皮膚感覚にあいません。

普通に話してたかと思うと、いきなり「なんやかんやぁぁぁぁ」って歌いだすという。

昔は劇団でミュージカルやってたんですが、私。

普通あんなにいきなり歌わへんやろ。変なの。

あの曲入りのなんともいえない気まずさだけなんとかなれば、ミュージカルってもっと見られると思うのですが、こんな映画のみかたするのって、ひょっとして私だけでしょうか。


アルマゲドン

1998年アメリカ映画

監督 マイケル・ベイ

主演 ブルース・ウィリス、ベン・アフレック、リブ・タイラー

 

宇宙系のSF作品を続けてガガっと見たら、あとになって思い出した場面がどの映画のものだったかさっぱりわからなくなった、てえことがよくあります。

昨日、会社で女子社員のおばちゃんたちがあーだこーだと映画の話をしていましたので、どの映画の話か聞いてみたところ、「インデペンデンス・デイ」と「アルマゲドン」と「ザ・デイ・アフター」と「デイ・アフター・トゥモロー」あたりがごっちゃになっていたようです。
私もここいらの映画はきわめて弱い。

ただ、アルマゲドンは比較的印象が強烈だったので、けっこう記憶が鮮明でした。
主演はブルース・ウイリスさま。

映画を見た当時はそれ以外の役者さんわからなかったです。

いやあ、最近の若い役者の名前や顔はわからんですたい。

なんて頑固じいさまみたいなリアクションしている場合ではない。

ベン・アフレックさまもリブ・タイラーさまもぜんぜん知らなかったです。

私、見る映画がアクション系に偏ってますので、リチャード・ギアさまとかメグ・ライアンさまとかジュリア・ロバーツさまとかヒュー・グラントさまとか、全然見ないんですよ。

ちょい昔だと、デ・ニーロさま、パチーノさまはめっちゃ見たけどホフマンさまはパピヨンでしか知らないとか。

ま、こういう話はおいといて。

アルマゲドン。

地球にとんでもない大きさの隕石が接近する。衝突を回避する方法はない。

NASAは隕石にシャトルを着陸させ、隕石にドリルで穴をあけて核爆弾を埋め込み、爆発させるという手段を選びます。

で、油田堀りのプロであるブルース・ウィリスさま率いるチームが宇宙に飛ぶことになるって話です。

ちょっと設定に無理があるような気がしますね。

当然ミッション遂行にあたっていろんな事件事故が起こるわけですが。

ウィリスさま、果たして人類を救えるか。

音楽がいいですね。エアロスミスの曲が全編に流れます。

「カム・トゥゲザー」とか「スイート・エモーション」とか。んで「アイ・ドント・ウォント・トゥ・ミス・ア・シング」が流れる。なんかこの曲が流れるだけでお腹いっぱいになっちゃいました。

 


ジャッジ・ドレッド

1995年アメリカ映画

監督 ダニー・キャノン

主演 シルヴェスター・スタローン、ダイアン・レイン、ジョアン・チェン、マックス・フォン・シドウ

 

近未来のアメリカ。

核戦争かなんかの後、社会システムが崩壊して、秩序維持のために生まれた警察官・検察官・裁判官・死刑執行人などの権限を集中させたジャッジってえ治安維持部隊の物語。

スタローンさまはそのジャッジの一人。名前はドレッド。だからジャッジドレッド。

別にドレッドヘアなわけではありません。

そんな世界の説明が、「スター・ウォーズ」みたいに冒頭の字幕で説明される。

楽でいいですよね。こういうのありだと。

この世界に終身刑の囚人として監禁されている男がおります。こいつが脱獄する。

そしてスタローンさまの格好で暗殺とかするわけです。

で、スタローンさまがつかまって、有罪になって、飛行機で護送される途中、突然登場したならず者が飛行機を撃墜。そいつらに捕われて、逆にそいつらをやっつけて、町に戻って濡れ衣を晴らすためにワルと対決するという話。

「ランボー」と「デモリッション・マン」と「ロボコップ」足して三で割ったみたいです。

途中、スタローンさまが有能な裁判官とか検察官とかのDNAを合成されて生まれただとか、その実験で生まれたもう一人がワルのボスだったりとか、ロボコップみたいに敵ロボットが登場したりとか、やたらサービス精神が旺盛ですが、そこまで無理やり話を複雑にしなくてもいいんじゃないって感じです。
なんでお前がこんな映画に出るねん、みたいな人も出ています。

「偉大なる生涯の物語」「エクソシスト」のマックス・フォン・シドウ大先生とか、「ラストエンペラー」のジョアン・チェンさまとか。

いや、こういう映画が悪いとは言いませんよ。しかし…なんかアメコミ風アクション映画にこういう人を起用するのって、いかがなものかって思ってしまいます。

なんか見てはいけないものを見てしまった感じ。

「孔雀王」に緒形 拳さまが出演されているのを見てしまったような気まずさです。

スタローンさまは主役だからいいんだけど。


模倣犯

2002年「模倣犯」制作委員会作品

監督 森田芳光

原作 宮部みゆき

主演 中居正広、木村佳乃、津田寛治、藤井隆、山崎努、寺脇康文、小池栄子、爆笑問題

 

邦画もとりあげまっせぇ。

うむむむむむ。コメントしにくい映画です。森田監督の映画、苦手です。

「家族ゲーム」もそうだし、「39」も「黒い家」も苦手だったです。なんか、独特な世界を構築する方ですが、それにしても個性が強すぎです。

えっとですねえ。この映画って、推理ものですから、犯人とか筋書きとかあまり書いちゃいけない。

ただ、ビデオジャケットとか映画の予告編とかで犯人は知ってるでしょ?

まああえて書きませんが。

とりあえず、都内の公園で切断された女性の腕と鞄が発見される。

これが事件の発端なわけです。

やがて第二の被害者が発見され、連続殺人事件になります。

犯人はマスコミに犯行声明を送るとか、生放送のニュース番組に生電話をかけるとかをはじめる。

やがて公開殺人ライブをネット配信するからそれをテレビ中継しろとか言い出す。

このライブ中継の最中、一台の車が事故で崖から落ちて爆発炎上します。

運転席、助手席の男が死にますが、トランクから死体が発見されたからさあ大変。

ここまでが前半部です。

で、いきなり物語は事件発生前に戻る。

そこから時間をもう一度なぞりながら、犯人の立場からもう一度物語が進む。

で、車が崖から転落して中盤部が終了。

後半、物語は犯人・被害者・マスコミの三つの視点をからませながら最終局面にむかいます。
原作はすごく面白いんだろうと思います。

でも、私はとても普通の映画ファンなので、森田監督のように特殊な映像手法で攻めてこられると、それを味わう以前に拒否反応が先行してしまいます。

正直、集中できなかった作品でございます。

 


心の旅路

1942年アメリカ映画

監督 マーヴィン・ルロイ

主演 ロナルド・コールマン、グレア・ガースン

 

私が劇団をしていた頃の話。

とあるCMの撮影現場で知り合ったプロデューサーの方と、そのCMの待ち時間中に映画の話をしていまして。

私は「カサブランカ」とか「第三の男」が好きだと言いました。

その頃はまだ「天井桟敷の人々」は見ていなかったです。

で、そのプロデューサーさんの生涯ベストワンの映画は「心の旅路」だったそうです。

主演はロナルド・コールマンさまとグレア・ガースンさま。

絶対に見なさいと言われて、もしその人と別の現場でいっしょになったら困るから、慌てて見ましたです。

ロナルド・コールマンさまは軍人さん。砲撃のショックで記憶喪失になってしまいます。

そんなコールマンさまが知り合ったのは、踊り子のガースンさま。

二人は恋におち、結婚します。で。ありがちなパターン。

コールマンさまは今度は交通事故にあって頭を打ち、砲撃のショックで失った記憶を取り戻すかわりに、砲撃から交通事故までの記憶を失ってしまうわけですな。

コールマンさまは実は大会社の御曹司で、それを知ったガースンさまは彼の会社に秘書として雇われまして、彼を見守る…

ってな話。

物語後半のポイントは、コールマンさまがいつガースンさまのことを思い出すか、に尽きます。結局思い出すんですよ。絶対。

でもその思い出すのがいつなのかって話ですから。

で、その思い出す場面だけを待ちながらヤキモキしながら映画を見てしまうってことになるわけですな。

すごく面白いとは思わなかったですが、なんかほんのりといい映画だったっす。

ちなみに「コールマン髭」って髭の形があるんですが、その言葉は、このロナルド・コールマンさまの髭が語源です。

 



読者登録

磐田 匠さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について