twitterアカウントでログイン

カテゴリー 趣味・生活・芸術 写真 作者 siroh.net
価格 無料
タグ 上海写真風景照片路地裏中国
ダウンロード

ファイルをダウンロードする

PDF

ePub

MOBI

150 ダウンロード

Kindleに送信

Kindleに送る

状態 完成 ページ数 15ページ (Web閲覧)
16ページ (PDF)
評判 ブクログ

レビューをみる

ブログパーツ

この本をブログで紹介する

外部連携
上海の路地裏を撮影したスナップ写真集第1弾!!


中国の経済がにわかに日本のニュースを賑わせ始めた頃、
ボクは社会人になりたての若造で、
転勤も出張もない会社で、平々凡々とサラリーマンをしていた。

ところがそこでの単調な仕事が嫌で嫌でたまらなく、
とにかく、その場から逃げ出したかった。

中国の発展のニュースを見たり聞いたりするたびに、
その流れに、少しでもあやかりたいと思っていた。

といえばかっこ良く聞こえるかもしれないが、
要は辛抱の効かない軟弱若造だったのだ。

そして誰から見ても悪い条件ではあったけれども、
とりあえず、中国駐在という仕事を得ることができ、
海を渡り、数年そこで仕事をした。

今では日本に戻り、普通のサラリーマンをしている。

中国駐在という経験を経たことで、
自分が変われた、とは思っていないけれども、
貴重な時期に貴重な体験ができた、
という想いは確かに残っている。

その頃歩き回った上海。
観光名所も物珍しくて嫌いではなかったが、
どちらかと言えばボクは、
路地裏や生活臭のする場所に興味を持った。

普段着の人々が行き交い、食事をし、買い物をするところ。
そんなところが好きだった。

急速に開発が進む上海では、住んでいた近所でも次々に
青空市場がなくなり、きれいなビルに替わっていった。
路地裏の屋台がなくなり、ショッピングモールが生まれた。

発展、というものは、そんなものかもしれない。

ただ、日本人ゆえだからなのだろうか。
その消え行く風景に、はかなさと美意識を
感じられずにはいられなかった。

これは、そんな、いつなくなってもおかしくない
上海の路地裏を撮った、スナップ写真集です。

普段のニュースで見る上海とは
ひと味違った風景をお楽しみください。

この本は無料です

この本を開く

旧バージョンで読みたい方はこちら 

パブーのおすすめ

この本を開く

人は神さまに逆らって色のついた羊を造りはじめる・・・*アルファポリスの絵本ひろばでは「R」が付いてい...

この本を開く

青年海外協力隊、モザンビークボランティア隊員による機関紙3号です。

この本を開く

へんてこ地方の紙の野に、おっとり絵描きが住んでいました。名前はミオリ、色のないひと。(2018年1月...

この本を開く

日々の中で、人はさまざまな想いをいたします。しかし、想いは想いでそのままにしておけば、初冬の風に吹か...

もっとみる