閉じる


<<最初から読む

77 / 101ページ

077

 

077

 

夜の屋上で君が語る姿は、まるで水を得た魚だという例えがぴったりだった。日常で感じた悲しい思いも苦しい思いも隠しながら、ただひたすらに悲しみに追いつかれないように君は話し続ける。僕はただ頷いて聞いていた。それなのに、君はふと悲しい顔をして。僕はその瞬間、恋に落ちた。#twnovel

 

 


078

 

078

 

遊園地でハンバーガー。よくある流れだという思考は君の笑顔で吹き飛ぶ。座っていると君がドリンクは何がいいの?と僕に聞く。焦ったせいでコーラを選ぶ。いつもは飲まないのにそれしか思い浮かばなかった。そして君はまた買い出しに戻る。一人きりで待つ時間がやけに長く感じられた。#twnovel

 

 

 


079

 

079

 

夜の屋上で君と星空を眺めていた。夏の季節には丁度花火が見えるそんな屋上。秋の今は自販機で買ったペットボトルを空けながら他愛もない話を重ねる。時々照れ隠しにペットボトルのお茶をぐい、と飲んで紛らわしていた。でも結構楽しかったりするんだ。君の横顔を一人占めできるから。#twnovel

 

 


080

 

080

 

コンビニ前の駐車場で自分の車に乗り込んだ後買いたてのおにぎりを食べようとする。かじろうと思った瞬間携帯のメール着信音が鳴る。もう少しで朝ご飯にありつけたのにと思いながらメールを確認する。君からだった。苛立ちも忘れて貪るように読んだ。僕はこうして君からの愛情を貪る。#twnovel

 

 


081

 

081

 

傘を忘れた僕らは非常階段を降りたところで足止めを食らった。雨だ。深夜の空から秋雨が注ぎ二人の行く手を阻んでいる。困ったね、と君の方を振り向くと不意に噛みつくように君は僕に口づけた。雷が遠くから轟いている音は僕の心の高鳴りを表現するように何度も雷光を繰り返していた。#twnovel

 

 



読者登録

瑠冠さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について