閉じる


<<最初から読む

45 / 101ページ

045

 

045

 

まだ人の気配のない早朝から書庫に用があった僕はお目当ての文献を一通り漁り終わると外に雨が降っている事に気がついた。強い雨を呆然と見上げていると横から赤い傘が差しだされた。驚いてその方向を見ると憧れの人の姿。私は書庫に用があるからとそのまま傘を手渡し行ってしまった。#twnovel

 

 

 


046

 

046

 

比較的待ち時間が長時間に感じる昼のエレベーターを一人待つ。ほとんど全ての人が昼休みを終えているのだから無理はない。かといって階段を使う気にもなれなかった僕だったが、不意に誰かからの視線を感じた。ああ、分かってる。君だという事は。誰も気づいていない。僕らの関係。#twnovel

 

 

 


047

 

047

 

何かから逃げるかのように僕は料理に熱中していた。君から届いた手紙の内容を忘れるために。何が書いてあったかは僕だけが知っているだけで充分だろう。意味があろうがなかろうがそんな事はかまわない。こうでもしなけりゃやってられない。涙さえ流れない時は何かに没頭していたい。#twnovel

 

 


048

 

048

 

出張先のホテルで一人朝を迎えた。眠る時には外していた眼鏡をして携帯を見る。君からのおはようメール。もう孤独を貪っていた頃の僕はここにはいない。小さなことでも人間は幸せを感じられると君に出会って初めて知ったよ。ここにいるのは確かに僕一人だけれど、一人じゃなかった。#twnovel

 

 


049

 

049

 

雨の屋上で黙って傘を差しだされるだけで優しさが伝わってくるようだった。君の赤い傘が僕の記憶に鮮明に残る。愛の形は別に一つじゃなくてもいい。僕がそう感じればそれは間違いなく心の中で宝物になるだろう。一人泣きに来た屋上で僕の心の中に光差した。僕は涙を隠し顔をそむけた。#twnovel

 

 



読者登録

瑠冠さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について