閉じる


<<最初から読む

40 / 101ページ

040

 

040

 

星があまりに綺麗だったから並木道をいつもよりも長く散策していたらコンビニで買った肉まんもすっかり冷えてしまった。夜になって冷えるから当たり前といえば当たり前か。そんな事も気にしなくなるほど夜道の散歩に久しぶりに熱中していた。不意に見つけた流れ星は君からの手紙かな。#twnovel

 

 


041

 

041

 

休みに入り少し豪華なランチに行こうと出かける。この人の多さだ。予約は済ませた。昼間だということもあるが僕はいつも食事を水だけで済ませる。我慢しているんじゃない。お酒は苦手なんだ。そんな僕を君は草食系だとからかう。なんだよ、と言いながら恋してるんだ。知っているだろ?#twnovel

 

 


042

 

042

 

遊びに来た遊園地で君とはぐれてしまった。夜も深い。そんな時のために僕らは約束していた。はぐれた時はあの時計台で待ち合わせしよう、と。その場所に行くとやっぱり君はいた。その瞬間、時計の針が0時を差す。シンデレラなら魔法が解ける時間。だけど僕らの魔法はここから始まる。#twnovel

 

 


043

 

043

 

二人で出かけるため玄関へ向かう。君が靴を履いていると、いきなり何かを見つけ床にひっぱたいた。なにかいたの?と聞くとどうやら季節外れの蚊がいたらしい。手の平には見事に奴がいた。手を洗ってくるねとまた戻り、そうこうしているうちにいい時間だ。そういうとこ嫌いじゃない。#twnovel

 

 

 


044

 

044

 

さよならと口唇だけで言った帰りの路地裏で、君は何を思ったのだろうか。そう思いを巡らしても僕のサヨナラが消える訳じゃない。消える訳じゃない、なのに。何度も君の心を想像してはかき消している。オレンジ色の町に雪が舞う。その様子がとても綺麗過ぎて、雪にならない涙が流れた。#twnovel

 

 



読者登録

瑠冠さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について