目次
はじめに
page 1
いきなりですけど、管理者最新の情報です!
コロンブスの卵的発想が効果をもたらす!
第1章 誰も評価しない身体の状態
健康なときと病的な状態では、身体には決定的な変化がある!
目に見えない状況が身体には起きている!
page 3
お客様には自分の身体に何が起きているのかは判断がつかないことばかり!
なぜ廃用症候群はリハビリの評価対象とならないのか?
リハビリ評価は急性期のものしか使用されていない!
リハビリにおいて廃用症候群を評価できない理由!
廃用症候群を評価しなくても、それで何とかなっている世界観とは?
人の身体の状態を理解しようとすることとは、再現化に過ぎないはず!
第2章 見えないことを見ようとしましょう!
お客様の評価結果をどのように説明するかで、印象はまったく変わるはず!
目の前のお客様の症状所見は紛れもない真実と認識する!
身体が重い、、軽い、、という感覚を理解する!
身体が重いまま、軽い状態、あなたならどちらを選ぶのか?
身体が重いのであれば筋力強化で効率よく動けるようになるのか?
たとえばマッサージで身体がラクに動かせる、それは身体に何が起きたのかを考えるべき!
動きやすいすなわち重心移動がスムースに行えること!
スムースに動けるのであれば、何でもあり!
問題は重心移動をさせにくくする事柄の理解と対応にある!
第3章 鍵は機能的な姿勢の理解にある!
リハビリが理想として姿勢って何か違っていると思います!
機能的な姿勢はリハビリで対応されにくくなっているだけ!
機能的な姿勢構築のための条件!
筋肉のことはわかっているのかも知れませんけど、、、
関節運動制限の原因を追求その1 動かさなくなるということ!
関節運動制限の原因を追求その2 誰が考えても重力の影響が強大である!
破壊され続けている障害者、その最たる原因とは?
車椅子やベッドなどの責任は一切無視されている理由!
大抵のお客様には、リハビリを含む医療・福祉環境が姿勢不良に加担しているはず!
原点に戻った対応を行うということが肝要! その1
原点に戻った対応を行うということが肝要! その2
原点に戻るということ その3
第4章 直接の症状や所見、その原因、答えはどこにある?
治療側には、いつも思い込みでの判断が支配されている!
環境が人を変えることを理解すると、、、?
たとえば起き上がりが困難なとき、それをどのように分析できるのか?
要するに全身の力が円滑に伝わらないことを解放するだけ!
では、逆のベクトルとはどのように評価されているのか?
お客様に、既存の検査を強引に適用しても無駄!
重心移動をスムースにさせるためには筋トレは逆効果である!
お客様の所見をその発生メカニズムから解き明かす!
姿勢不良が環境によって作られているのは自明の理である!
第5章 下位検査に意味があるのか?
下位検査に振り回されるととんでもないことになる!
下位検査そのものがもっともよい結果を引き出すには?
下位検査をきちんと実施するためには?
下位検査には順序があると思うんですね。
お客様本位の下位検査の流れ
奥付
奥付

閉じる


試し読みできます

こんにちは。

片麻痺ブログではかなり知名度の高い管理者夫太加寅です。

SEOにおいても、かなりマイナーなカテゴリーでは

上位のランクインを果たしているんですけど。

それでも、リハビリの世界というのは、旧態依然とした状況にあると思います。

 

管理者は作業療法士として27年目になりますけど

今は、とある山あいのデイケアで所長を兼ねて仕事をしております。

で、それだけなんですけど。リハビリの仕事をしていますと

お客様にはとんでもない身体機能の状態に改善がみられます。

????

 

そもそも、そのようなことが当たり前と思う人は、何もわかっていないということで

管理者は一蹴したいんですね。

いったい、リハビリって

お客様は、病院でよくなるものではないのでしょうか?

おかしいですよね。

、、、、

え、おかしくない!

、、、、

ま、大抵の人は、そうやって感覚が麻痺していると思うんですね。

まして、医療の領域ですから、普通は知見を持たないですからね。

しかし、実際には、介護保険に移行しているお客様で

つまりは発症から3年でも5年でも経過するのに

それでも良くなるという人がいくらでもおられるということです。

 

これが、管理者の勤務する施設だけの事象であるはずはありませんが

しかし、そういうことを皆さんにしっかりと認知していただくには

きちんと、詳しく示す必要があると思っております。

 

ただ、リハビリの業界はすでに腐敗しております。管理者の持論のようなことを

真に受けて真摯に検証しようとはきっとするはずがありません。

ですから、一般の人の見解として、今のリハビリの世界が間違っているという

そういうことを、問題にしてほしいわけですね。

 

管理者は2008年からブログを開始しまして、そのようなことを

あちこちのブログを通じて発信してきました。

まだまだ、手ごたえを感じるということはありませんけど

この48歳オヤジ管理者の考えに追随してくれる人が

ぼちぼちとおられるようになっているのです。

 

ということで、さらに草の根的に、夫太加寅の見識が広がるように

ここでいろいろな知見を紹介したいと考えております。


1
最終更新日 : 2011-08-28 22:53:39

試し読みできます

いきなりですけど、管理者最新の情報です!

まだ、何から書こうかと思っているところですけど

せっかく読んでいただいている方もおられるようですので

ひとつ、トピックスを書いておきましょうね。

 

、、、、

 

最近のデイケアのお客様に、こういう方がおられるんですね。

いわゆる下垂足のような所見を認める方なんですけど

病院で装具療法も薦められてきたのを、拒否され

やむなく、ソフトなアンクルライトというサポーター的に足首を

やや固定するものを使用してきたお客様ですけど

 

それが、デイケアに来られるようになってからは、数回は使用して

いただいたんですけどね。だんだんと本人が自分ではつけられないという

単純な理由もあるんですけど、結局、自宅に戻られてからは

一度も使わないでも、家の中では、何とか歩けるという状況になっていて

もう、2ヶ月以上になりますけど、実際にアンクルライトはつけないで

過ごしておられます。

 

????

そんなことで大丈夫なのか?

って思われますでしょうけど、何とか大丈夫でおられます(笑)。

 

しかし、デイケアでの歩行については、だんだんと足先のひっかかり

靴のつま先が床との摩擦で、どうしても引っかかるようになっています。

ま、かなり危険な状態ともいえるわけですけど。

それでも、ま、リハビリ的対応というものは、管理者流として

きちんと行っている結果、この方の下肢全体の随意性というものは

徐々に改善傾向にあるわけです。

 

、、、、

それで、どうしたのか?

ってなりますけど。こういうことを管理者は対応しているわけです。

 

非麻痺側の足の踵のところに、補高を行っています。

????

要するに、踵と靴の間に、わずかですけどね、滑り止めマットがありますけど

それを畳んで、当てただけなんですけど。

おわかりでしょうか?

多少でも、麻痺側のつま先が引っかかるのを減らすという手法です。

 

ま、自宅とは異なり施設内での移動は、かなりの距離があるためなんですね。

ですから、多少でも、ストレスになることは減らしていくというのが

管理者流儀になっていますけど。そのためには、手段を選ばないわけです。

 

、、、、

で、こういうことは、意外とリハビリの世界では対応しないと思っております。

 

なーんだ、そんなことか?

って思わないでくださいね。

実は、この事例の方を参考にして、他のお客様に似たような調整をおこなっている

という、さらなる発展系があるのです。それはこの次に書きましょう。


2
最終更新日 : 2011-08-28 22:53:39

試し読みできます

コロンブスの卵的発想が効果をもたらす!

前回の続きの記事ですけど、とにかく、この管理者のやることなすこと

ハプニング続きでして、今も、キーボードがフリーズしました。

ま、その前に、ニコニコ動画でドラゴンボールを子供とみていたんですけど

ま、話がフリーザだけに、フリーズしたのではないかと、、、(笑)

 

さて、前回の記事では、非麻痺側の踵に高さ調整したお客様のことを書きました。

で、今度は、他のブログでもしばしば紹介していたお客様のことなんですね。

 

で、そのお客様は、どちらかといえば、痙性足といってしまったほうが

読者の方にはイメージしやすいと思いますけど。

で、この方にも管理者は、ある調整を最近行っていたんですね。

それは、プラスチック装具の内側に、つま先側ですけどね

くさびのように、つまり、つま先がさらに背屈するような調整を

滑り止めマットを畳んではさむように行ってきておりました。

 

これって、装具の業者には申し訳ないんですけど、不良品の調整のような対応です。

 

ま、その調整も、お客様にしてみれば、

なんだ、そんなちょっとのことで、どうして歩きやすくなるんだ!

って、ほとんど怒られているように、言われるんですけどね。

そのくらい、人の身体の重心が前に移動すると言う感覚は、足関節のわずかな

背屈でも、調整できるものなんです。

しかし、この方は、膝の緩みがほとんどない歩き方、つまり、言い換えれば

伸展パターンという歩行でしたので、10歩くらいの間で、やっぱりつま先が

ときどき引っかかるという状況だったんですね。

 

で、前回のお客様の調整を行ってから、はたと気が付きまして

同じ調整をさらに試みております。

案の定でしたね。つま先が引っかかるということが激減してしまいました。

 

これって、非常に大事な発想であると思っておりますけど。

意外と、リハビリの世界では行うことが少ない調整であると思います。

ただ、小手先のような調整と思われるかも知れませんけど

実は、どこまでも良くなっていくということでは、ほんの通過地点での

一時的な調整であるとして、実行しているんですね。

 

ま、この方の状況については、週明けから、また、歩行スピードとか耐久性とか

今までとの比較をしてみて、皆さんにお知らせできると思いますけど。

ま、このくらいにしておきましょう。是非、参考にしていただきたいと思います。


3
最終更新日 : 2011-08-28 22:53:39

試し読みはここまでです。続きは購入後にお読みいただけます。

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格400円(税込)

読者登録

寅加太夫 さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について