目次
結果発表
結果発表
各賞発表・審査員講評
一次通過作品
【大賞】萱島雄太『鼻』
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
【佳作】灰木辰也『蠅』
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
【佳作】萩谷尚子『イワンのパパ』
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
【佳作】NOIE『鮪の茶漬け』
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
【ゲスト作品】うめ『悶悶日記』
page 1
page 2
page 3
page 4
【ゲスト作品】柴田純与『種田山頭火~青春応用編~』
page 1
page 2
page 3
page 4
【ゲスト作品】カモン『大神くんとナインの甲子園』
page 1
page 2
page 3
page 4
【ゲスト作品】野村宗弘『でたらめ小林一茶』
page 1
page 2
page 3
【ゲスト作品】オカヤイヅミ『しるこ』
page 1
page 2
page 3
page 4
【ゲスト作品】オオタガキフミ『夢にみる空家の庭の秘密』
page 1
page 2
page 3
page 4
【ゲスト作品】武富健治『KとT』
page 1
page 2
page 3
page 4
page 5
page 6
【ゲスト作品】衿沢世衣子『小説』
page 1
page 2
page 3
page 4
【青空文庫】芥川龍之介『鼻』
page 1
【青空文庫】横光利一『蠅』
page 1
【青空文庫】トルストイ『イワンの馬鹿』
page 1
page 2
【青空文庫】北大路魯山人『鮪の茶漬け』
page 1
【青空文庫】太宰治『悶悶日記』
page 1
【青空文庫】グリム兄弟『おおかみと七匹のこどもやぎ』
page 1
【青空文庫】萩原朔太郎『夢にみる空家の庭の秘密~「青猫」より~』
page 1
【青空文庫】平山千代子『小説』
page 1
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

88 / 90ページ

夢にみる空家の庭の秘密(『青猫』より)

萩原朔太郎




その空家の庭に生えこむものは松の木の類
びはの木 桃の木 まきの木 さざんか さくらの類
さかんな樹木 あたりにひろがる樹木の枝
またそのむらがる枝の葉かげに ぞくぞくと繁茂するところの植物
およそ しだ わらび ぜんまい もうせんごけの類
地べたいちめんに重なりあつて這ひまはる
それら青いものの生命いのち
それら青いもののさかんな生活
その空家の庭はいつも植物の日影になつて薄暗い
ただかすかにながれるものは一筋の小川のみづ
夜も晝もさよさよと悲しくひくくながれる水の音
またじめじめとした垣根のあたり
なめくぢ へび かへる とかげ類のぬたぬたとした氣味わるいすがたをみる。
さうしてこの幽邃な世界のうへに
よるは青じろい月の光がてらしてゐる
月の光は前栽の植込からしつとりとながれこむ。
あはれにしめやかな この深夜のふけてゆく思ひに心をかたむけ
わたしの心は垣根にもたれて横笛を吹きすさぶ
ああ このいろいろのもののかくされた祕密の生活
かぎりなく美しい影と 不思議なすがたの重なりあふところの世界
月光の中にうかびいづる羊齒しだ わらび 松の木の枝
なめくぢ へび とかげ類の無氣味な生活
ああ わたしの夢によくみる このひと住まぬ空家の庭の祕密と
いつもその謎のとけやらぬおもむき深き幽邃のなつかしさよ。


 


底本:「萩原朔太郎全集 第一卷」筑摩書房
   1975(昭和50)年5月25日初版発行
底本の親本:「青猫」新潮社
   1923(大正12)年1月26日發行
※底本では一行が長くて二行にわたっているところは、二行目が1字下げになっています。
入力:kompass
校正:門田裕志、小林繁雄
2005年6月14日作成
青空文庫作成ファイル:
このファイルは、インターネットの図書館、青空文庫(http://www.aozora.gr.jp/)で作られました。入力、校正、制作にあたったのは、ボランティアの皆さんです。




●表記について
  • このファイルは W3C 勧告 XHTML1.1 にそった形式で作成されています。
  • [#…]は、入力者による注を表す記号です。
  • 「くの字点」をのぞくJIS X 0213にある文字は、画像化して埋め込みました。
  • 傍点や圏点、傍線の付いた文字は、強調表示にしました。

小説

平山千代子




 私つて、まあ、一体どういふんだらう。
 本がよみたいけど、何か本をかして下さらない? ツて言つたので、お母様が明治大正文学全集の森鴎外をかして下さつた。
 文章がきれいだから、ワケなんか考へずに、大ザツパによんでごらんなさいとおつしやる。
 仰せかしこみて棒ヨミにずら/\とやつてみた。だけどワケがわかんないのだから、一寸も面白うない。ア――小説ツて何てつまんないもんだろ。
 そこで、ほかのワケのわかる様なのをよんだ。
 ワケはわかつたが、今度は胸がわるくなつた。思はず四、五回つゞけてついた溜息と共に、追ひ出さうとしたが、まだあまりいゝ気持になれなかつた。
 どうも性にあはないらしい。
 私は小説なるものをあまり読んだことがない。たまによんでも、途中で例によつてフーツと吐き出してしまふ。どうして人はこんなのが面白いのかと思ふ。ナゼつて、つまんないじやないの。第一よんで気持がいゝのかしら。私なんかよんでも一寸も気持よくなんかならないどころか、後が「イヤーあな」気持になつてしまふ。
 節ちやんはこれを評して「本によまれちやふのね」といつた。さうかもしれない。そこへ行くと童話はいゝよ。よんだつて、いくらよんだつて、いやな気持にはならない。お伽話もいゝな。よんだあとがとてもいゝ気持だもの。
 だけど私だつて赤んぼぢやないから、そんなのばつかしよんでるんじやないのよ。私の好きな本をあげれば、第一に「君たち」それから「人類の進歩」。「日本世界名作選」の中の二、三をのぞいて「小公子」。「善太と三平」。「トルストイ童話集」。よまないけど『愛の一家』の類。それから――あとは、歴史や地理に関したもの、それ位。「これからの青年」なんかもとつても好きだつた。「青い鳥」。「フランダースの犬」も。
 一体、私にはどんなのがいゝのかしら。自分でもわかんなくなつちやつた。けれど、私は正直のところ、小説が毛虫の様にきらひなのじやない、決して。さうかと云つても好きなのではない。要するに物好きなのだらうと思ふ。のぞいてみたい気もする。そして、公然と許されてゐる本でも内しよで悪いことをするみたいにビクビクしながらよんでみる。
 よんでみてから、フーツと溜息をつく。そして、とつても悪い事をしてしまつた様に、みてならないものをみてしまつた様に、「イヤーあな」気持に閉じこめられて苦しむ。
 苦労しながら本をよむなんて、何てバカらしいんだらう。私はやつぱりよまない方へ傾きさうだ。





底本:「みの 美しいものになら」四季社
   1954(昭和29)年3月30日初版発行
   1954(昭和29)年4月15日再版発行
入力:鈴木厚司
校正:林 幸雄
2008年2月27日作成
青空文庫作成ファイル:
このファイルは、インターネットの図書館、青空文庫(http://www.aozora.gr.jp/)で作られました。入力、校正、制作にあたったのは、ボランティアの皆さんです。




●表記について
  • このファイルは W3C 勧告 XHTML1.1 にそった形式で作成されています。
  • 「くの字点」は「/\」で表しました。

奥付



【無料版】ブクログのパブー 青空文庫漫画コンテスト アンソロジー


http://p.booklog.jp/book/27724


著者 : パブー 他
著者プロフィール:http://p.booklog.jp/users/puboo/profile


発行所 : ブクログのパブー(http://p.booklog.jp/
運営会社:株式会社paperboy&co.


感想はこちらのコメントへ
http://p.booklog.jp/book/27724

ブクログのパブー本棚へ入れる
http://booklog.jp/puboo/book/27724

有料版はこちら



この本の内容は以上です。


読者登録

パブーさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について