目次
下巻説明
目次1
目次2
4ページ
5ページ
6ページ
7ページ
8ページ
9ページ
10ページ
11ページ
12ページ
13ページ
14ページ
15ページ
16ページ
17ページ
18ページ
19ページ
20ページ
21ページ
22ページ
23ページ
24ページ
25ページ
26ページ
27ページ
28ページ
29ページ
30ページ
31ページ
32ページ
33ページ
34ページ
35ページ
36ページ
37ページ
38ページ
39ページ
40ページ
41ページ
42ページ
43ページ
44ページ
45ページ
46ページ
47ページ
48ページ
49ページ
50ページ
51ページ
52ページ
53ページ
54ページ
55ページ
56ページ
57ページ
58ページ
59ページ
60ページ
61ページ
62ページ
63ページ
64ページ
65ページ
66ページ
67ページ
68ページ
69ページ
70ページ
71ページ
72ページ
73ページ
74ページ
75ページ
76ページ
77ページ
78ページ
79ページ
80ページ
81ページ
82ページ
83ページ
84ページ
85ページ
86ページ
87ページ
88ページ
89ページ
90ページ
91ページ
92ページ
93ページ
94ページ
95ページ
96ページ
97ページ
98ページ
99ページ
100ページ
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

100 / 101ページ

試し読みできます

100ページ

☆無調音楽とダイナミック純正律(16)      ☆音名コード(16)      ☆ダイナミック純正律と144平均律との関係(17)      ☆ピタゴラス律と純正律を144平均律音で代替時の対応表(17)      ☆144平均律の短音階(21)      ☆誤差の補正(23)      ☆144平均律の利点(24)      ☆144平均律のまとめ(25)      ☆シャープ系・フラット系ではなく、コンマ増加系・コンマ減少系(25)      ☆調は何個あると考えるのがよいのか?(25)      ☆1オクターブ=1440セント表示(26)      ☆音名の表示方法まとめ(26)      ☆平均律、ピタゴラス律、純正律の3音律での振動周波数の関係(26)      ☆弦楽器の場合の純正律とピタゴラス律の関係(26)      ☆ダイナミック純正律の振動周波数の関係(27)      ☆音程表示まとめ(27)      ☆協音程・不協音程について(28)      ☆ダイナミック純正律と弦楽器の指の位置(29)

 

◎6章  新しい記譜法

☆新しい楽譜の書き方(31)      ☆12音譜では対応できない場合(33)      ☆音符表記方法(33)      ☆実際の音符の説明(34)      ☆144平均律の音符表記方法(38)      ☆楽譜の表わし方の詳細(43)      ☆調号を指定する2つの明示方法(47)      ☆全ての調に対応のため、ダイナミック純正律の144平均律代替へ(47)

 

◎7章  全体まとめ

☆新方式の利点(60)      ☆全体まとめ(61)      ☆・参考1  中全音律及び関連調律方法(72)      ☆・参考2  +6△pと-6△pの2通りの音(ファソ音)(72)      ☆新規性がある項目のまとめ(73)

 

補足説明

☆12音譜      (上巻1章12ページ:12音譜の楽典を説明)  (75)

Ⅰ.基本12音      Ⅱ.本方式の音名と従来の音名      Ⅲ.音名のコード表示      Ⅳ.音部記号      Ⅴ.調号      Ⅵ.調号と音符の位置関係      Ⅶ.各調のドレミファソラシド      Ⅷ.音符と休符の表わし方      Ⅸ.大譜表と対応する鍵盤      Ⅹ.音程の数え方      ⅩⅠ.転調      ⅩⅡ.装飾音の表示      ⅩⅢ.和音のコード表示      ⅩⅣ.コード呼称について      ⅩⅤ.色音名について      ⅩⅥ.まとめ


100
最終更新日 : 2012-03-17 11:44:53

試し読みはここまでです。続きは購入後にお読みいただけます。

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格500円(税込)

読者登録

夏山澄夫さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について