目次
目次
目次
大友の姫巫女 人間関係図
夢 大友二階崩れ 第一幕
夢 大友二階崩れ 1
夢 大友二階崩れ 2
夢 大友二階崩れ 3
夢 大友二階崩れ 4
夢 大友二階崩れ 5
夢 大友二階崩れ 6
夢 大友二階崩れ 7
夢 大友二階崩れ 8
夢 大友二階崩れ 9
夢 大友二階崩れ 10
夢 大友二階崩れ 11
夢 大友二階崩れ 12
夢 大友二階崩れ 13
夢 大友二階崩れ 14
夢 大友二階崩れ 15
夢 大友二階崩れ 16
夢 大友二階崩れ 17
夢 大友二階崩れ 第二幕
夢 大友二階崩れ 18
夢 大友二階崩れ 19
夢 大友二階崩れ 20
夢 大友二階崩れ 21
夢 大友二階崩れ 22
夢 大友二階崩れ 23
夢 大友二階崩れ 24
夢 大友二階崩れ 25
夢 大友二階崩れ 26
夢 大友二階崩れ 27
夢 大友二階崩れ 28
夢 大友二階崩れ 29
夢 大友二階崩れ 30
夢 大友二階崩れ 31
城井内紛
城井内紛 地理説明
城井内紛 1
城井内紛 2
城井内紛 3
城井内紛 4
城井内紛 5
城井内紛 6
城井内紛 7
城井内紛 8
城井内紛 9
城井内紛 10
城井内紛 11
城井内紛 12
城井内紛 13
城井内紛 14
城井内紛 15
城井内紛 16
城井内紛 17
城井内紛 18
城井内紛 19
城井内紛 20
城井内紛 21
土佐のおじゃるに堺のボンバーマン
土佐のおじゃるに堺のボンバーマン 1
土佐のおじゃるに堺のボンバーマン 2
土佐のおじゃるに堺のボンバーマン 3
土佐のおじゃるに堺のボンバーマン 4
土佐のおじゃるに堺のボンバーマン 5
土佐のおじゃるに堺のボンバーマン 6
土佐のおじゃるに堺のボンバーマン 7
土佐のおじゃるに堺のボンバーマン 8
土佐のおじゃるに堺のボンバーマン 9
土佐のおじゃるに堺のボンバーマン 10
土佐のおじゃるに堺のボンバーマン 11
土佐のおじゃるに堺のボンバーマン 12
土佐のおじゃるに堺のボンバーマン 13
土佐のおじゃるに堺のボンバーマン 14
土佐のおじゃるに堺のボンバーマン 15
土佐のおじゃるに堺のボンバーマン 16
剣豪将軍
剣豪将軍 1
剣豪将軍 2
剣豪将軍 3
剣豪将軍 4
剣豪将軍 5
剣豪将軍 6
剣豪将軍 7
剣豪将軍 8
剣豪将軍 9
尾張の姫巫女
尾張の姫巫女 1
尾張の姫巫女 2
尾張の姫巫女 3
尾張の姫巫女 4
尾張の姫巫女 5
尾張の姫巫女 6
尾張の姫巫女 7
尾張の姫巫女 8
尾張の姫巫女 9
尾張の姫巫女 10
尾張の姫巫女 11
尾張の姫巫女 12
尾張の姫巫女 13
尾張の姫巫女 14
尾張の姫巫女 15
尾張の姫巫女 16
尾張の姫巫女 17
尾張の姫巫女 18
尾張の姫巫女 19
尾張の姫巫女 20
尾張の姫巫女 21
尾張の姫巫女 22
尾張の姫巫女 23
永禄八年 美濃 稲葉山城
永禄八年 美濃 稲葉山城 1
永禄八年 美濃 稲葉山城 2
永禄八年 美濃 稲葉山城 3
永禄八年 美濃 稲葉山城 4
永禄八年 美濃 稲葉山城 5
永禄八年 美濃 稲葉山城 6
永禄八年 美濃 稲葉山城 7
あとがき
あとがき 1
あとがき 2
あとがき 3
奥付
奥付

閉じる


試し読みできます

目次

目次

 

人物紹介

夢  大友二階崩れ

一  城井内紛

二  土佐のおじゃるに堺のボンバーマン

三  剣豪将軍

四  尾張の姫巫女

永禄八年 美濃 稲葉山城

 

あとがき

 

 

 

 

 

 

 

人物紹介

 

大友珠(おおとも たま) この物語の主人公。

大友義鎮(おおとも よししげ)豊後国の戦国大名。珠の父親。

比売大神(ひめの おおかみ)宇佐八幡宮の主神。珠の母。宇佐八幡宮を守る為に珠を産む。

奈多夫人(なだ ふじん)大友義鎮の正室。珠の養母。

佐田隆居(さだ たかおき)宇佐衆筆頭。珠の爺。

佐田鎮綱(さだ しげつな)佐田隆居の息子。珠の執事。

林麟(はやし りん)珠の護衛。珠が『麟姉』と呼んでなついている。

由良(ゆら)遊女。姉御肌で同性からの人気が高い。白貴の友人。

白貴(しらたか)遊女。下腹部に彫物あり『二杏葉の白貴』と呼ばれる。白菊と呼ばれていた。

島井茂勝(しまい しげかつ)珠の御用商人。博多遊郭を差配する。

田原親賢(たばる ちかかた) 大友義鎮の寵臣。それゆえに他の家臣と軋轢がある。

吉岡長増(よしおか ながます)大友家の長老。

毛利元就(もうり もとなり)西国六カ国を支配する戦国大名。大友義鎮や珠と激しく争う。


試し読みできます

大友の姫巫女 人間関係図

大友の姫巫女 人間関係図

 

 

               比売大神

                 ├─────大友珠 (主人公)

  大内義興の娘         │

   │             │

   ├────────────大友義鎮

   │             │

│             ├─────長寿丸 (後の大友義統)

├──大内義長     ┌奈多夫人 (奈多家は他紋衆)

│ (大内家養子)    │

│           └田原親賢 (田原家分家養子 奈多夫人の兄)

┌大友義鑑           

 │  │

│  ├─塩市丸

│  女

 └菊池義武

 (菊池家養子)

 

 

大友家家臣団の色分け

 

 一門  大友一族で宗家のみが使用。

     当主以外の兄弟は分家するか養子によって大友姓から外れて同紋衆となる。

 

 同紋衆 大友一族を祖に持つ譜代衆。

     義鎮の代では最高意思決定機関である加判衆は彼らからしか選ばれなかった。

 

 他紋衆 一門・同紋衆以外全ての国人衆の総称。

     それゆえ、内部が一枚にまとまっていない。

     豊後国には佐伯家を頂点とする大神系国人衆がおり、大友家と対立していた。

     また、豊後国には大神系以外の国人衆も勢力を持っていた。

 


試し読みできます

夢 大友二階崩れ 1

夢 大友二階崩れ

 

 夢を見ている。

 見るのはあの夢。

 全てが始まり、全てが狂ったあの夢。

 残り少ない命をかけて父が家督を譲る事を言ったあの場の夢。

 大友二階崩れ。

 それは大友義鎮の罪の夢。

 九州・四国八カ国を治める大大名大友義鎮にはひとつ幼き頃からの困ったくせがある。

 供を連れずにふらりと出かけ、そのまま帰ってこないのだった。

 家臣が総出で探しに出ると、朝にふらりと戻ったりするので女遊びと共に大いに家臣を心配させていた。

 この癖は娘の珠にしっかりと受け継がれ、ため息と共に「あの父の娘だ」と納得されたとか。

 そんな彼が珠の母の比売と出会ったのも、一人馬上で月照らす波音に耳をよせていた時の事。

 夜中に一人で馬を走らせるのが、大友義鎮の数少ない楽しみ。

 彼には母がいない。

 幼き頃に病で死んだのだが、それゆえに弟塩乙丸(後の大友晴英 おおとも はるふさ)と共に残されたと言っても過言ではない。

 彼らの母は大内義興(おおうち よしおき) の娘で室町幕府の管領代となって将軍の後見人となり、周防・長門・石見・安芸・筑前・豊前・山城の七ヶ国の守護職を兼ねた戦国時代前期の大大名大内家との政略結婚であった。

 大友家と大内家の関係は、元々豊前や筑前をめぐって対立関係にあったが、この政略結婚によって休戦状態になり、大友家は領内の整備に力を注いで戦国大名として歩み始める。

 その状況が一変したのが、大内義興の死後に後を継いだ大内義隆(おおうち よしたか) による豊後侵攻。

 天文三年(1534 年) に起こった勢場ヶ原( せいばがはる) 合戦である。

 この合戦で辛うじて大内軍の豊後侵攻を防いだが、一門・重臣の多くが討ち取られ、大内家との関係は最悪になる。

 大友義鎮はそんな冷え切った両家の関係の真っ只中である享禄三年(1530 年) に生を受けた。

 それゆえ、家中での風当たりは強く、常に周囲から孤立した生活をせざるを得なくなり、傅役である重臣入田親誠(にゅうたちかざね)を心配させる日々が続いたのである。

 彼は既に元服していたにも関わらず政治に関与できず、戦にも出る事も無く、こうして馬を一人進ませる事ぐらいしかできなかったのである。

 彼とて愚か者ではない。


試し読みできます

夢 大友二階崩れ 2

 むしろ文武両道として名が通っており、肥後国守護の官を授かった父大友義鑑(おおとも よしあき) の使者として京都にあがった義鎮は、後奈良天皇に参内した時に『雪中早苗』(苗は五月に植えるものであり、「早苗田」は初夏の季語。それが雪の中にある情景を詠め)という難題を出され、

 

富士うつる 田子の浦わの 里人は 雪の中にも 早苗とるなり

(駿河国、田子浦近くの水田には、まだ頂上に雪が残る富士山が水面に映る。里の者は、その田に映る富士の雪を愛でながら、早苗の手入れをしているのだろう)

 

という奉答して賞賛を受けたという逸話が残っているぐらいである。

 そんな彼が大友家の政治に参加できない事それ自体が当時の武家としても異例であり、それゆえにもう一つの数少ない楽しみである女遊びに拍車がかかることになる。

 一色義清(いっしき よしきよ) の娘を妻としてもらったが離縁し、婚姻を経て女の味を覚えた若き彼の体は他にする事が無い無聊感も相まって女の柔肌を求め続けたのだった。

 月が綺麗な静かな夜だった。

 波打ち際を行く当ても無く馬の気の向くままに進めさせていた大友義鎮の視野に、一糸纏わぬ姿のままその女は立っていた。

 最近府内で噂になっていた歩き巫女。

 求められれば誰にでも身体を開き、身分に関係なく自らを抱く男全てを愛する女。

 男だけではなく、戯れに連れてこられた犬や馬まで愛し、愛されるとすら言われていた。

 全身に男達の欲望を浴び、その股間からはたっぷりと注ぎ込まれた子種が滝のように脚を伝い落ちているにも関わらず妖艶さと同時に清楚さをも併せ持った女。

 その淫靡さに心奪われたが、女は波で子種を洗い流そうとしているのか、後ろから見ている義鎮にまだ気づかない。

 月の姿が波で揺れるわずかな時間が過ぎた。

 ゆっくりと女が振り向き、馬に乗ったままの義鎮を見つめ微笑む。

「あら、まだ居たの?」

 そう言うなり砂浜へ戻ると腰を下ろし、あっけらかんとした表情で義鎮に向けて子種が滴り落ちる股を開いたのであった。

 それは大友家嫡男という肩書きも武士という身分も無関係な、一人の男に対しての態度。

 自分の胎内に子種を注ぎ込む大勢の男の一人、たったそれだけの価値でしか見ていない。

 そして目の前にいる女はまったくの自然体でそういう態度を取っていた。

 身分と立場に縛られ、苦悩していた義鎮にとってその態度だけで惚れるに十分過ぎるものであった。 


試し読みできます

夢 大友二階崩れ 3

 神に仕える歩き巫女、と言えば聞こえは良いがその実態は娼婦である。

 まして金も取らずに男達に抱かれる目の前の女は、最底辺の民達から敬われもするが同時に蔑まされる存在でもあった。

 身体を差し出すという行為を敬われ、犬や馬にまでその身体を差し出す姿を蔑まされ、幾人もの男達から同時に抱かれてもまったく闇を見せぬ女。

 だからこそ、義鎮は己の闇を打ち消す女だと本能的に感じ取っていたのかもしれない。

 そんな義鎮が彼女に対して取った行動。

「お前、俺を知らないのか?」

 一応確認の言葉を入れる。

 身なりを見て、ひとかどの武士であろうとは分かるだろう。

 ましてやこういう確認を取る事自体で彼が確認を取らねばならぬ身分、大友家の縁者であるという事を暗に示しているのにかかわらず。

「だって、裸の付き合いに身分なんて必要ないでしょ」

 その一言に負けた。

 今まで悩んでいた身分や己の背負うものを一切無視し、裸の男という本質だけを見た女の物言いに見事なまでに打ち崩された。

「ああ、抱かせてくれ。たのむ」

 それは見事な程の土下座であった。

 己の立場も身分もかなぐり捨てて一人の女を口説こうとする、大友家嫡男という肩書きも何もかも捨てた義鎮という男の素の姿。

 そんな義鎮を見てくすりと笑い、自らの秘所を両手で割り開いて艶かしい姿を見せ付ける。

 どれほどの男達とまぐわっていたのか、その秘所からは白く濁った液体が次から次へと流れ出し、砂浜に小さな泉を作っていく。

 常であれば汚らわしいとすら感じたであろうその光景ですら、今の義鎮にとっては彼女の姿を彩る装飾品に見えていた。

 そして、月明かりの下で男女は生まれたままの姿となり、獣のように互いの体を貪った。

 その日から、府内にこんな流れる。

「大友の若様が、誰にでも股を開く歩き巫女に狂っているらしいぞ」

と。

 

豊後国 別府

 

 古よりの湯治場であり、宿場町ができていた一角に大友義鎮の私邸がある。

 義鎮はそこに歩き巫女を連れ込み、一月ばかりの間外にも出ずに歩き巫女の体を貪ったのだった。



読者登録

北部九州在住さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について