twitterアカウントでログイン

カテゴリー 小説・ノンフィクション ファンタジー 作者 文豪堂
価格 無料
タグ 笑い小説奇想天外ナンセンスドタバタコメディー
ダウンロード

ファイルをダウンロードする

PDF

ePub

MOBI

56 ダウンロード

Kindleに送信

Kindleに送る

状態 完成 ページ数 23ページ (Web閲覧)
24ページ (PDF)
評判 ブクログ

レビューをみる

ブログパーツ

この本をブログで紹介する

外部連携
ちまたに雨の降るごとく 地蔵のあたまに雨が降る。ああ、地蔵の心に恋をもたらせし麗しのその人は、村立文化財保護調査研究所の夏目民子、人呼んで寝落ちのお民。
おかげで妖怪・笠地蔵は現れるわ、地蔵=菌類説が飛び出るわ、文豪先生は人生相談を持ちかけられるわ、現実と鶴の恩返しがごちゃごちゃになるわ、「地蔵は民子に惚れちょるばーい」とやけになった文豪先生。小学生のノリで地蔵を冷やかす。
さて 地蔵と民子を取り持つキウピッドは現れるやら現れぬやら。
文豪先生第4回 怒濤の絶賛連載中!

コメント一覧

この本へのコメントはまだありません。

facebook コメント一覧