twitterアカウントでログイン

カテゴリー 小説・ノンフィクション ファンタジー 作者 文豪堂
価格 無料
タグ 笑い小説奇想天外ナンセンスドタバタコメディー
ダウンロード

ファイルをダウンロードする

PDF

ePub

MOBI

56 ダウンロード

Kindleに送信

Kindleに送る

状態 完成 ページ数 23ページ (Web閲覧)
24ページ (PDF)
評判 ブクログ

レビューをみる

ブログパーツ

この本をブログで紹介する

外部連携
ちまたに雨の降るごとく 地蔵のあたまに雨が降る。ああ、地蔵の心に恋をもたらせし麗しのその人は、村立文化財保護調査研究所の夏目民子、人呼んで寝落ちのお民。
おかげで妖怪・笠地蔵は現れるわ、地蔵=菌類説が飛び出るわ、文豪先生は人生相談を持ちかけられるわ、現実と鶴の恩返しがごちゃごちゃになるわ、「地蔵は民子に惚れちょるばーい」とやけになった文豪先生。小学生のノリで地蔵を冷やかす。
さて 地蔵と民子を取り持つキウピッドは現れるやら現れぬやら。
文豪先生第4回 怒濤の絶賛連載中!

この本は無料です

この本を開く

旧バージョンで読みたい方はこちら 

パブーのおすすめ

この本を開く

方子さんはどうしようもない方向音痴です。名前が悪かったのでしょうか。当人は至ってお気楽なのですが、周...

この本を開く

熟年夫婦の危機が巷では深刻に……彼らも例外ではありません以前書いたものを落語仕立てにしてみましたお心...

この本を開く

なまずくの耐震事件簿の第1.5話と第2話。耐震診断情報を整理して診断書を作成し報告に行きます。果たし...

この本を開く

平成時代に台湾に住んでいたからこそ縁があって知り合えた人たちによる文集です。皆さんから台湾に対する思...
400円
路地裏流・繁盛店の創り方

この本を開く

全国の路地裏で、商売を成功させている方はたくさんいます。悪条件は考え方次第で好条件になる、というモノ...

もっとみる