閉じる


試し読みできます

 

 

 

高野聖(こうやひじり) 現代語訳

 

※以下の各電子書籍ストアなどでは、縦書き版をご提供しています。

Amazon Kindleストア

楽天ブックス(kobo)

BOOK☆WALKER

紀伊国屋ウェブストア

Sony Reader Store


試し読みできます

「陸軍参謀さんぼう本部が編纂へんさんした地図をまた開いて見るまでもないだろう―とは思ったけれども、あまりにひどい道じゃったから、手をれるのさえ暑くるしい、旅の法衣ころもそでをまくりあげて、折りたたまれ表紙の付いたその地図を引っ張り出した。
 そこは飛騨ひだから信州へ越え通じる山奥の道、それも本道からはずれた脇道で、ちょうど立ち止まって休むための一本の樹も無い、右も左も山ばかりの場所じゃった。手を伸ばせば届きそうなみねがあるかと思うと、その峰の上に別の峰が乗り、いただきおおかぶさって、飛ぶ鳥も見えなければ、雲のけらも見えなかった。
 道と空との間にいるのはただ一人自分だけ、正午頃と思われる位置にある極熱ごくねつの太陽から降り注ぐ、白いまでにえ切った光線を、頭に深々とせた一重ひとえ檜笠ひのきがさで何とか防いで、こんな風に地図を見た。」
 旅の僧はそう言って、二つの握りこぶしを両方まくらに乗せ、それでひたいささえながらうつむいた。
 私の道連みちづれになったこの上人しょうにんは、名古屋からこの越前敦賀えちぜんつるが旅籠屋はたごやに来て、今しがた枕にいた時まで、私が知る限り、あまり顔を上に向けることがなかった。つまり、尊大な態度で物を見るような性格の人物ではないのである。
 そもそもこの僧とは、東海道の掛川かけがわ宿場しゅくばから同じ汽車に乗り合わせたと記憶しているが、腰掛こしかけすみこうべれて、冷たくなった灰のようにひっそりと座っていたため、特に目にもとまらなかった。
 それが、尾張おわり停車場ステイションで他の乗客はみな言い合わせたように残らずりたので、車両の中には上人と私と二人だけになった。
 この汽車は新橋を昨夜九時半にって、今日の夕方に敦賀つるがに入る予定だったもので、名古屋ではちょうど正午だったから、昼飯ひるめし一折ひとおりすしを買った。旅の僧も私と同じくその鮨を買い求めたのだが、ふたを開けてみると、ばらばらと海苔のりがかかった、五目飯ちらしの下等な品だった。
『やあまいった、人参にんじん干瓢かんぴょうばかりだ。』とかるはずみに絶叫ぜっきょうした私の顔を見て、旅の僧は、こらえられなかったようで、くっくっと笑い出した。もとより二人だけなので、これをきっかけとして近付きになったのだが、聞けばこれから越前えちぜんへ行って、宗派しゅうはは違うが永平寺えいへいじに人を訪ねる、ただしその前に敦賀つるがに一泊する―とのこと。
 若狭わかさへ帰省する私も同じところで泊まらねばならないので、それなら一緒に、と同行の約束ができた。
 彼は高野山こうやさんせきを置くという、としころ四十五六の、柔和にゅうわでどこも変わったところのない人物で、好感の持てる、おとなしそうな風貌ふうぼうをしていた。羅紗織らしゃおりの角袖かくそで外套がいとうを着て、白のふらんねるの襟巻えりまきをしめ、土耳古形トルコがたの帽子をかぶり、毛糸の手袋をはめ、白足袋しろたびに歯の低い日和下駄ひよりげたいており、一見、僧侶そうりょというよりも、俳諧はいかい茶道さどう花道かどうなどのお師匠ししょうさんといったものに思われる。いや、それよりもさらに平凡というべきかもしれない。
『お泊まりはどちらですかな、』と聞かれたから、私は一人旅で宿やどに泊まるつまらなさを、ため息まじりにしみじみとなげいた。まず、ぼんを持ったまま女中が居眠いねむりをするし、番頭が口先だけのお世辞せじを言うし、廊下を歩くとじろじろ見られる。何より最もがたいのは、晩飯ばんめしむと、すぐにあかりを薄暗い行燈あんどんえられ、『お休みなさい、』と命令されることだ。私は夜がけるまで寝ることができない性質たちなので、その間の気分といったらどうにもやりきれない。特にこの頃は夜が長いので、東京を出る時から一晩ひとばんの泊まりが気になって仕方しかたなかったくらい。そこで、『差しつかえがなければ、御僧おんそうとご一緒させていただけないでしょうか、』と申し入れたのである。
 旅の僧はこころようなずいて、北陸地方を修行しゅぎょうめぐり歩くさいにはいつもつえを休める香取屋かとりやというのがある。もとは一軒の旅籠屋はたごやだったが、評判の一人娘が亡くなってから商売をめた。けれども昔からしたしく付き合ってきた者はことわらずに泊めて、年寄り夫婦がひかえめに世話をしてくれる。―『よろしければそこへ、そのわり、』と言いかけて、僧はすしおりを下に置いて、
『ご馳走ちそう人参にんじん干瓢かんぴょうだけじゃよ。』
 とからからと笑った。つつしぶかそうな外見よりは気の軽い人らしい。


試し読みできます

 岐阜ぎふではまだ青空が見えていたけれども、そのあとはよく知られた北国空ほっこくぞらだ。米原まいばら長浜ながはま薄曇うすぐもりで、かすかにして、寒さが身にみると思っていたら、柳ヶ瀬やながせでは雨となり、汽車の窓が暗くなるに従って、白いものがちらちらとじってきた。
『雪ですよ。』
 という私の言葉に、上人しょうにんは、
『そうじゃな。』と言っただけで別に気にめず、顔を上げて空を見ようともしない。この時に限らず、私が『賤ヶ岳しずがたけが見えますよ、』と言って、古戦場をした時も、琵琶湖の風景をかたった時も、旅の僧はただうなずいただけである。
 敦賀つるがで身の毛がよだつほどわずらわしいのは宿やどの客引きの悪習だ。その日も懸念けねんしたとおり、汽車を下りると停車場ステイションの出口から町の入り口へかけて、宿の名前を書いた提灯ちょうちんかさの堤防がきずかれており、くぐり抜ける隙間すきまもないほど旅人を取り囲んで、それぞれがやかましく自分の店の屋号やごうを呼び立てている。中でもひどいのになると、素早すばやく手荷物を引っ手繰たくって、『へい、お泊まりありがとうございます、』と食らわしてくる。頭痛持ちには頭に血がのぼるほど耐えがたいものだが、例のとおり下を向いて悠々ゆうゆうてきぱきと通り抜ける、その旅の僧のそでを引く者は誰もいなかったから、私はこれさいわいとそのあとに付いて町へ入って、ほっと安堵あんどの息をいた。
 雪は間断かんだんなく降り続き、今は雨もじらず乾いた軽いのがさらさらと顔を打ち、まだよいだというのに門をざした敦賀つるがの通りはひっそりとして、一すじ二すじ縦横たてよこに、つじかどには広々と、白く雪の積もった中を、八町はっちょうほど歩いたところで、上人の言う香取屋の軒下のきした辿たどり着いた。
 そこは、とこにも座敷ざしきにもかざりというほどのものは無いが、柱構はしらがまえの見事みごとな、畳のかたい、の大きな古い家で、炉の上にり下がっている自在鉤じざいかぎの飾りのこいは、うろこ黄金こがねつくられているのかと思われるつやを備えていた。さらに、素晴すばらしいへッついが二つ並び、十升じゅっしょうめしけそうな巨大なかまかかっていた。
 家の亭主は頭の天辺てっぺんのくぼんだ法然頭ほうねんあたまで、木綿もめん筒袖つつそでの中へ両手の先を引っ込めたまま、火鉢ひばちの前でも手を出さない、ぬうっとした親仁おやじ。女房の方は愛嬌あいきょうのある、ちょっと愛想あいそのいい婆さんで、例の人参と干瓢の話を旅の僧が持ち出すと、にこにこ笑いながら、縮緬雑魚ちりめんじゃこと、かれい干物ひものと、とろろ昆布こんぶの味噌汁とで夕食のぜんを出してきた。物を言う様子や応対など、いかにも上人とは特別親しい間柄あいだがらと見えて、連れの私も居心地いごこちのよさはこれ以上ない。
 そのうち、二階に寝床ねどこべてくれた。天井てんじょうは低いが、うつばり二抱ふたかかえもありそうな丸太で、屋のむねから斜めに渡されて座敷のはしひさしのところでは頭がつかえそうになっている、頑丈がんじょうつくりだ。これなら裏の山から雪崩なだれが来てもびくともしないだろう。
 そのうえとこ炬燵こたつに接してかれたから、私はうれしくなってすぐそこへ入った。寝床ねどこはもう一組おなじ炬燵にいてあったが、旅の僧はここにはず、その横に枕を並べて、火の気のない寝床に寝た。
 寝る時、上人はおびかなかった。もちろん衣服も脱がずに、それを着たまままるくなってうつむいた格好かっこうで腰からすっぽりととこに入り込み、肩に夜具やぐそでを掛けると手を突いて姿勢を正した。その寝る様子は我々と反対で、顔を枕に乗せるのである。
 もなくあたりはひっそりとして上人も眠りに入りそうなので、私は、『汽車の中でもり返し言ったのはこのこと、私は夜がけるまで寝ることができない。あわれと思ってもうしばらく私につきあって、そして諸国を修行でめぐり歩いた中でのおもしろい話を聞かせて欲しい、』と人懐ひとなつっこく子どものようにねだった。
 すると上人はうなずいて、『わしは中年の頃から仰向あおむけに枕にかないのがくせで、寝る時もこのままではあるけれども、目はまだすっかりえている、すぐに寝付けないのはお前様と同じじゃろう。出家しゅっけの言うことでも、教えだの、いましめだの、説法だけに限ったものではない。若い方、お聞きなさい、』と言ってかたり出した。あとで聞くと、彼は宗派しゅうはでも高名こうめいな説教師で、六明寺りくみんじ宗朝しゅうちょうという大和尚だいおしょうであったそうだ。


試し読みできます

「そのうちもう一人、ここへ来て寝るそうじゃよ。若狭わかさの者でり物の旅商人たびあきんど、お前様と同郷じゃな。いや、この男などは若いのに感心にも実直じっちょくい人間じゃが。
 わしが今しがた話のまくを開いた、その飛騨ひだの山越えをやった時の、ふもとの茶屋で一緒いっしょになった富山とやまの薬売りというやつは、いまいましい、ねじねじしたいやな若い者でな。
 それは、いよいよこれからとうげにかかろうという日の、早朝のことじゃ。もっとも前夜泊まったところはせいぜい三時ぐらいにはって来たので、すずしいうちに六ほど、その茶屋まで足を進めていたのじゃが、朝晴れでじりじり暑くなった。
 みち欲張よくばって大急ぎで歩いたからのどかわいてしようがない、早速さっそく茶を飲もうと思ったが、まだ湯がいていないという。
 確かに日の出るのが早いその時季だからといって、めったに人通りのない山道じゃ、朝顔の咲いているうちに火を起こして煙が立つわけもない。
 腰掛台こしかけだいの前には冷たそうな小さな流れがあったから、手桶ておけで水をもうとしてちょっと気がついたことがある。
 それというのが、季節柄きせつがら暑さのため、恐ろしい悪いやまい流行はやっていて、実際、先に通ったつじなどという村は、どこも一面、消毒のための石灰せっかいだらけだったではないか―ということじゃ。
『もし、ねえさん。』と言って茶店ちゃみせの女に、
『この水は、これは井戸のでございますか。』と、きまりも悪いので、もじもじしながら聞くとな、
『いいえ、川の水でございます。』と言う。わしは、どうもあやしいなと思った。
『山の下の方ではだいぶ流行病はやりやまいが出ているようでございますが、この水は何とかいうところ、そう、辻の方から流れて来るのではありませんか。』
『そうではありません。』と女は何気なにげなく答えた。わしがとりあえず良かった、とうれしく思うとな、お聞きなさいよ。
 この茶店にいて、さっきから休んでいたのが、始めに言った薬売りじゃ。このまた万金丹まんきんたん売りのしたというやつは、ご存じの通り、お決まりの風体ふうてい。細い縦縞模様たてじまもよう単衣ひとえ小倉織こくらおりの帯を締め、近頃はそこに時計をはさんでいます。下はというと、脚絆きゃはん股引ももひき、それにもちろん草鞋履わらじばき。千草ちぐさ色の木綿もめん角張かどばった風呂敷包ふろしきづつみを首に結んで、桐油紙とうゆがみ合羽かっぱを小さく畳み、こいつを真田紐さなだひもでその風呂敷包みにつけるか、こまかい弁慶縞べんけいじまの木綿の蝙蝠傘こうもりがさを一本たずさえている。一見したところ、いやどれもこれも正直しょうじき分別ふんべつのありそうな顔をしているが。
 ところが、実はこれが、宿屋やどやに着くと大形の浴衣ゆかたに変わって、帯をだらしなくゆるめた姿で焼酎しょうちゅうをちびりちびりやりながら、旅籠屋はたごやの女のふとったひざすねを乗せようとする連中じゃ。その薬売りが、
『これこれ、煩悩坊主ぼんのうぼうず。』
 などと、頭から馬鹿ばかにしたように言ってきた。
みょうなことを聞くようだが、何かね、こので女ができないと話がきまって、すっぱりと坊主になっても、やっぱり命はしいのかね。不思議じゃねえか、煩悩はかくせないもんだな。ねえさん見てみろ、あれでまだ未練みれんのあるところがいいじゃねえか、』と言って店の女と顔を見合わせて二人でからからと笑った。
 年はまだ若かったし、お前さん、わしは真っになって、手にんで持っていた川の水を飲みかねて躊躇ためらっているとね。
 薬売りはポンと煙管きせるはたいて、
『なに、遠慮えんりょしないでびるほど飲みねえ、命が危なくなったら、薬をやるよ。そのためにおいらがついてるんだぜ、なあ姉さん。おい、だからといってただじゃだめだぜ、何と言ってもよくく万金丹、一包み三百だ、欲しけりゃ買いな。こちとらまだ坊主に金を寄進きしんしなけりゃならないようなつみおかしちゃいないんだ。それともどうだ、お前がわりに、俺のいうことをきくか。』と言って茶店の女の背中をたたいた。
 わしはあわてて早々そうそうに逃げ出した。
 いや、ひざだの、女の背中だのと、いい年をした和尚おしょう罰当ばちあたりなことを言って恐縮きょうしゅくじゃが、何分なにぶん話が話なのでそこはよろしく大目おおめにみてくだされ。」


試し読みできます

「わしも腹立はらだまぎれじゃから、無暗むやみに急いで、それからどんどん山のふもとを進んで田圃道たんぼみちへかかった。
 そこを半町はんちょうばかり行くと、みちがこう急に高く、のぼりになっているのが一ヶ所いっかしょ、横からよく見えた。弓形ゆみなりで、まるで土で勅使ちょくしを迎えるための橋をかけたような具合ぐあいじゃ。そのたもとへ来て、上を見ながら、これへ足を踏み掛けた時、先ほどの薬売りがすたすたやって来てわしに追いついたのじゃが。
 別に言葉をわすこともなく、またかりに向こうが何か言ったとしても、返事をする気はこっちにもない。どこまでも人を馬鹿にしたような薬売りは、見下みくだすようにわしをちらりとながめ、わざとらしく通り越して、すたすた前へ出て、ぬッと小山のようになっている路の頂上へ蝙蝠傘こうもりがさを突いて立ち止まったが、そのまま向こう側へ下りて見えなくなる。
 その後からわしも少しずつ上り、間もなく同じように太鼓たいこどうのような路のいただきへ体が乗ったかと思うと、すぐにまたくだりじゃ。
 薬売りはすでに先へ下りていたが、立ち止まってしきりにあたりを見回している様子。さては執念しゅうねん深く何かたくらんでいるのかと、不快に思いながら後に続いたが、さてよく見ると理由があるのじゃった。
 みちはここで二股ふたまたに分かれて、一本はここからすぐ急な上り坂になって、草も両方からしげっている。そして、路傍みちばたのそのかどの所にある、それこそ四抱よかかえ、いや五抱いつかかえもあろうと思われる一本のひのきうしろ、切り出されたような大岩がふたツと並びかさなっているその向こうへ、曲がりくねりながら通じている。だが、わしが見当けんとうをつけて、辿たどるつもりだったのはこっちではなく、やっぱり今まで歩いて来たそのはばの広いなだらかな方が間違いなく本道、あと二里らず行けば山にさしかかって、それからが峠になるはず―と思った。
 何気なく見ると、どうしたことか、今言ったそのひのきじゃが、まわりに何もない路を横切って、果てしなく広がる田圃たんぼの上の空に、まるでにじのように見事みごとに突き出ている、その根元のところの土がくずれて、大鰻おおうなぎからみ合わせたような根が何本も地面の上に露出ろしゅつし、その根から一筋ひとすじの水がさッと落ちて、わしが進もうとするその道の真ん中に流れ出し、あたり一面が水浸みずびたしになっているではないか。
 田圃が湖にならないのが不思議なほど、どうどうと急な流れを作っていて、前方に見える一叢ひとむらやぶのところまで、およそ二町ほどの間はまるで川じゃ。小石がばらばらと飛び石のように並び、ひょいひょいと大股にずっと伝っていけそうに見えるが、これはきっと人の手で並べられたものに違いない。
 もちろん、着物を脱いで渡るほどの水かさではないが、とても馬などが歩くことはできそうもなく、本街道ほんかいどうとしては少し通るのが大変すぎることは間違いない。
 薬売りもこのありさまを見て迷ったのだろうと思っているうち、やっこさんは思い切りよく向きを変えて右の坂をすたすたと上りはじめた。そしてあっという間にひのきの枝の下をくぐり抜けると、わしの体の上あたりへ出てこちらを向き、
『おいおい、松本へ出る路はこっちだよ、』と言いながらまた五六進む。
 そして今度は岩の上へ半身はんみを乗り出して、
『ぼんやりしてると、木精こだまさらわれるぜ、昼間だって手加減てかげんはしてくれねえよ。』とあざけるように言いてたが、すぐに岩のかげへ入って高いところにえている草の中に姿が消えた。
 しばらくすると見上げるほど高いあたりへ蝙蝠傘こうもりがさの先が出たが、それもすぐに木の枝とすれすれになってしげみの中に見えなくなった。
 そのとき、
『どッこいしょ、』と暢気のんきな掛け声と一緒に、目の前の流れの石の上を飛び飛びに伝って来たのは、茣蓙ござ尻当しりあてをした、何にもつけない天秤棒てんびんぼうを片手でかついだお百姓ひゃくしょうじゃ。」



読者登録

白水銀雪さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について