目次
2017年の作品
空洞
2016年の作品
妹へ
Road to Vision2020
Mission
Check in the Spirit World
Change your worldview
My Little Story
Introduction
天下の宴
真実に生きる
2015年の作品
母の胎内へ
たった一人のチカラ
渋谷区から鳴り響く狂詩曲(ラプソディー)
#9 夜
#8 伝えたかったこと
#7 言葉
#6 無題
#5 時間を料理する
#4 無題
#3 寝起き
#2 無題
#1 無題
聖戦と天国
God Bless Japan
幸せの辛さ
復活の日
2014年の作品
出会い
あの大いなる月に抱かれて
魔法のカード
ホワイトデーは ホントにゴメンね
2013年の作品
生きる理由と生きる意味
この関係性
真の追慕
ミッションステートメント
三十年
夢じゃない世界に
生命の声
刃をおさめた男
臨月
二人の時間
銀のネックレス
幸せ
私の幸せ
ひかりに
命名
あの頃
それぞれの夢
ペンを走らせる
どっちなの?
神の秘密
ホワイトデーに
光あれ
人と国
ガラガラと
ここがダンスホールだったら
七か月後に
2012年の作品
夢を掘り続ける
それぞれの暮らしの中に
共に歌おう
ひとつの国へ
希望の種
妻のいないウチ
耳を傾けて
その御名(みな)を
新しい朝
神に選ばれた聖女
淵に横たわる貴方に
妻となった君の誕生日に
新生活
共に踊る場所
君と空の旅
新たな家族
愚かな歴史
気ままなシネマ
幸せな気分
逝かないでおくれ
今年の桜
新しい波
予言の言葉
やがてとける
三十の路(みち)
欲望の海
バースデー
新雪
塞がれた道
2011年の作品
特別な一年
寄り添う聖霊
再会の宴
二人の映画
Keep your strong spirit !
花火
結婚しよう
ぼくの空
うわの空を
ストールのように
せせらぎから
君の祈り
見届ける時
半月
希望の断崖
夜桜
夢想
Ten Poems 2011
おんぶ
この一年
二人の確信
当たり前の日々
父が見守る
こんな僕を
会話の交差点
ムーンリバー
約束の地
最後の一言
わが父へ
その日が
父の呼吸
真実の誓い
息子から
いつもの日々
2010年の未発表作品
天母山
猫君
風来坊
弔いの言葉
雲と心
メロディーのない歌
僕等の中に
永遠に 無限に
ダイヤモンドよりも
Ten Poems (2010年10月10日に婚約者へ贈った10編の詩集)
最初の詩
女神様
あなたとしたいこと
二つのメモリー
言葉だけでは
風雨月光
君のいない世界
真実の美
運命
あなたのすべて
統一教会信者への拉致監禁に抗議する詩
サウロたちよ
蝉たちの声
天と あなたと この魂
奥付
奥付

閉じる


空洞

この空洞を
ぼんやりと 眺めている
外はすっかり 秋の気配
この体感温度は
今の私の 体温なのかもしれない

 

決して寂しくはない
だが 情熱のマグマが
湧き上がっている訳でもない

 

煮え切らない料理
日々は慌ただしく流れ
私たちは 目的地に
近づいたのか 遠ざかったのか
誰もわからない旅を
今も続けている群れ

 

到達地点までの明解な地図を
誰かが あからさまに示してほしいと
そう思っている内は
私が前進することなどない

 

私に 何ができるのか?
群れるだけでは 答えは得られない 

 

この空洞を 埋める答えなんて
見つからないのかもしれない
無理に埋める必要なんて
ないのかもしれない 

 

ぽっかりと空いた穴に
涼やかな秋の風 

 

止まることはできない
忘れることなんてできない 

 

きっと 秋の満月を見れば
こんな心も安らぐだろう

 

時に 頭を冷やし 心を温め
自らの中に 熱をたくわえて 

 

この空洞を認めながら 歩いてゆく
私の中の月が 光を失わない限り

 

余計な力を抜いて
秋の風を感じて

 


妹へ

辛く 悲しい思いを抱えたあなたに

面と向かっては 何も言ってあげられないから

こうして 思いをつづることにする

この言葉が ほんの少しでも

あなたの力になればと願う

 

今回 あなたが失うものは

あまりにも大きいし

あなたの負う 痛み苦しみは

僕には想像もできない

 

ただ あなたは

あなたを愛する人々の思いを

改めて 実感したことだろう

 

あなたの周りには

あなたを愛する 家族がいる

夫がいる 両家の両親がいる

姉がいる 妹がいる

僕の娘たちもいる

その他にも あなたのことを心配し

あなたのことを愛する 多くの人々がいる

 

そしてもちろん あなたを誰よりも愛する

天の父母様と真の父母様が

あなたのそばにいる

 

 

やがて 絶望の淵にも 希望の光が射す

未来が あなたを待っている

新しい生命が あなたを待っている

 

未来を信じて 希望を絶やさず

これからも 力強く生きてほしい

 

近い将来 あなたは 新しい生命と

喜びの涙で 対面することになる

僕はそう確信し 

これからも家族ぐるみで

ほんの少しでも あなたの力になりたい

 

やがて 絶望の淵にも 希望の光が射す

未来を信じて 希望を絶やさず

これからも 力強く生きてほしい

 

新しい生命があなたを 待っているのだから

 

 

兄より


Road to Vision2020

2020年へのビジョン掲げ 走り抜け 目指す先は遥か遠く

一つの通過点 立ち止まることなく 確かな成果を手中に収め

目立つことに満足することなく やるべきこと淡々と

持続的なリズム刻む 時代のビートにも合わせ

社会や世界で優雅に踊ることも忘れず

悠久な歴史の一コマ 時に思い切ってサイコロ振る

運も味方する 運動かどうかを確かめる必要もなく

運河を渡る船乗りのように 周囲に冷静に気を配り

大気の変化を注意深く見極める

極める各々の道 導きの手を決して放さず

離れた亡霊の怨念に惑わされず 憐みの心抱き 

雨上がり 太陽の光がすべてを照らし出すのを信じる

まぶたの裏に焼き付ける 見えない紋章

選ばれた者たちに授けられた 誇り高き勲章

開かずの扉を開け放つ力

自らの限界超え 人智を超える戦略を信じろ

小賢しい頭 いくつ並べたって さもしい作戦なら大した意味もねぇ

小細工はなしだ 正面から堂々と勝負だ

勝機ある戦に挑むのだ

勝ちにこだわり 勝つための布陣を配備せよ

 

2020年へのビジョン掲げ 走り抜け 目指す先は遥か遠く

一つの通過点 立ち止まることなく 確かな成果を手中に収め

いよいよ来るべき時代の到来 拍手喝采

万歳で迎えられる群れとなれ

枯れ木にも水をやれ 若木だけじゃ物足りねぇ

根っこを深くはれ ハレルヤ 天晴れ 未来の空は晴れ晴れ

 

小細工はなしだ 正面から堂々と勝負だ

勝機ある戦に挑むのだ

勝ちにこだわり 勝つための布陣を配備せよ

2020年へのビジョン掲げ 走り抜け 目指す先は遥か遠く

一つの通過点 立ち止まることなく 確かな成果を手中に収めよ


Mission

何かの存在意義 Wikiでは分からない意味

キミの ミッションって何? ってかテメェの団体 何が目的?

世界征服 ならマジ無理 ってか無意味

意義ある志 指し示す未来への意志

いにしえからの啓示 堅持すべき Initiation

我らの Nation どうあるべきか suggestion

無論ただの Nationalismや 机上の空論じゃねぇ

グローバルでヒストリアル リアルな理論さ

 

さあ我らHuman being What should be

美化した人生じゃ びた一文にもなりゃしねぇ

死へのカウントダウン 免れぬ誰しも

何度も 自らのミッション 向き合わねばならねぇっしょ

言葉で誤魔化さず 行動で show you

そういう 我らの使命を共有 to you

 

最初から最後まで変わらない目的

アルファからオメガまで同じ目的

小さな人間の 小さな願望超え

太初から神様願う 人間の生き様

それが果たされぬまま まんまと悪魔の罠

抜け出せずあえぐ 憐れな 人様の illな姿さ

 

さあ我らHuman being What should be

美徳と言われることを疑え

ビートに乗れ ノリノリの音の波を乗りこなせ

 

さあ我らHuman being What should be

太初から神様願う 人間の生き様

死へのカウントダウン 免れぬ誰しも

何度も 自らのミッション 向き合わねばならねぇっしょ

言葉で誤魔化さず 行動で show you

そういう 我らの使命を共有 to you


Check in the Spirit World

心の存在 ぞんざい に扱う人 そう多くない

目に見えぬ存在 案外 信じる人 少なくない

でもね「霊界」って言うと 「オカルトかい」って 引く人多そう

死後の世界 まさか今の自分に 関係なさそう

死なんてまだまだ だいぶ先のこと 今はこの世のこと で頭一杯?

でもね ニュースで見る死亡事故 まさか本人 死ぬなんて決して思わない

いつお迎えが来るかなんて 誰にも分らない

だから仕事のこと だけじゃなく 死後のこと 今から考えてみない?

 

「オカルトかい」って 真実から目をそらす態度 科学的じゃない

心の存在 神の存在 死後の世界の存在 なんて 今の科学じゃ証明できやしない

それでも疑わない 心の存在 目に見えぬ存在

死後を見据えること すなわち この生を見つめ直すこと

この思考が変わらない限りは 人は死んだって 変わりはしない?

身体なんて この地上のせいぜい80年位の 仮の宿に過ぎない?

本質はその心 あなたの人格そのもの

問われるのはそう 生前の精神そのもの? 

 

決して見えない 霊界に行きたくないかい?

そこは遊園地のように 愉快に行きたい と選択できない世界?

こっちは有限な世界 あっちは幽玄な世界 無限な世界?

行ってみないと分からない世界

もちろん俺も行ったことのない世界

霊界があるかないかのこの問いの 正解は死んだ後に了解?

正解の生き方 なんてあるかないかは分からない

もし不正解の生き方なら 霊界の奈落の底にさいなら?

きっと今頃 淀川長治さん 黄泉の川のほとりで映画三昧?

そこは映画の世界 超える世界? 最高の世界なら万々歳

 

「人生は一度きり」って言うけど それって本当?

人生が永遠 だったら本望?

「心の持ち様 次第」って言うけど 終着点 みんな一緒?

一生 楽しく暮らしたいなら 永遠の住み家を考えよう

一生 楽して暮らしたいなら 苦労の意味 その味わいを知ろう

いつまでも人生の素人ではなく 玄人のFlowを聴こう

 

遅かれ早かれ 人は旅立つ

思い立つ のは早いに越したことはない

人生は一度きり ギリギリの綱渡りのようなLife

見直すのに 遅過ぎることはない

目の前に広がる この光景のさらに奥に 先にある世界に

行ってみないと分からない世界に

今の科学じゃ証明できやしない世界に

映画の世界 超える世界に

遅かれ早かれ 人は旅立つ

 

人生は一度 人生は永遠

身体なんて この地上のせいぜい80年位の 仮の宿に過ぎない

Check in the spirit world

人は死んだって 変わりはしない

本質はその心 あなたの人格そのもの

問われるのはそう 生前の精神そのもの

 

人生は一度 人生は永遠

Check in the spirit world

行ってみないと分からない世界を 探求せよ



読者登録

天詩人さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について