目次
2017年の作品
空洞
2016年の作品
妹へ
Road to Vision2020
Mission
Check in the Spirit World
Change your worldview
My Little Story
Introduction
天下の宴
真実に生きる
2015年の作品
母の胎内へ
たった一人のチカラ
渋谷区から鳴り響く狂詩曲(ラプソディー)
#9 夜
#8 伝えたかったこと
#7 言葉
#6 無題
#5 時間を料理する
#4 無題
#3 寝起き
#2 無題
#1 無題
聖戦と天国
God Bless Japan
幸せの辛さ
復活の日
2014年の作品
出会い
あの大いなる月に抱かれて
魔法のカード
ホワイトデーは ホントにゴメンね
2013年の作品
生きる理由と生きる意味
この関係性
真の追慕
ミッションステートメント
三十年
夢じゃない世界に
生命の声
刃をおさめた男
臨月
二人の時間
銀のネックレス
幸せ
私の幸せ
ひかりに
命名
あの頃
それぞれの夢
ペンを走らせる
どっちなの?
神の秘密
ホワイトデーに
光あれ
人と国
ガラガラと
ここがダンスホールだったら
七か月後に
2012年の作品
夢を掘り続ける
それぞれの暮らしの中に
共に歌おう
ひとつの国へ
希望の種
妻のいないウチ
耳を傾けて
その御名(みな)を
新しい朝
神に選ばれた聖女
淵に横たわる貴方に
妻となった君の誕生日に
新生活
共に踊る場所
君と空の旅
新たな家族
愚かな歴史
気ままなシネマ
幸せな気分
逝かないでおくれ
今年の桜
新しい波
予言の言葉
やがてとける
三十の路(みち)
欲望の海
バースデー
新雪
塞がれた道
2011年の作品
特別な一年
寄り添う聖霊
再会の宴
二人の映画
Keep your strong spirit !
花火
結婚しよう
ぼくの空
うわの空を
ストールのように
せせらぎから
君の祈り
見届ける時
半月
希望の断崖
夜桜
夢想
Ten Poems 2011
おんぶ
この一年
二人の確信
当たり前の日々
父が見守る
こんな僕を
会話の交差点
ムーンリバー
約束の地
最後の一言
わが父へ
その日が
父の呼吸
真実の誓い
息子から
いつもの日々
2010年の未発表作品
天母山
猫君
風来坊
弔いの言葉
雲と心
メロディーのない歌
僕等の中に
永遠に 無限に
ダイヤモンドよりも
Ten Poems (2010年10月10日に婚約者へ贈った10編の詩集)
最初の詩
女神様
あなたとしたいこと
二つのメモリー
言葉だけでは
風雨月光
君のいない世界
真実の美
運命
あなたのすべて
統一教会信者への拉致監禁に抗議する詩
サウロたちよ
蝉たちの声
天と あなたと この魂
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

93 / 140ページ

ぼくの空

君の声の聞こえない空

ぼんやり

ぼやいた雲からは今にも

しずくがこぼれそう

 

外は天気がいいのに

この窓が 曇ってる

曇ってる

 

窓を開けると

ひんやりとした空気と

君の声が聞こえた

雲もうっすらと

笑う

 

ぼくの空も

ぼんやり

笑う


うわの空を

雨の街を 一人歩いても

どこへ行くのでもなく

ただ 歩いている

うわの空を 濡らす雨

 

「待ってる」と言っても

待ち切れない心

会いたいのに 会えないもどかしさを

これからも 何度味わうのだろう

 

雨の街を 一人歩いても

どこへ行くのでもなく

ただ 歩いている

うわの空を 濡らす雨

 

君に逢えたら 乾くのに

君に逢えたら 晴れるのに

うわの空を 濡らす雨

早くあがれ


ストールのように

ストールのように

あなたを

 

一枚の 薄手の

ストールでも

冷たい風から

あなたを

 

一枚の 薄手の

ストールでも

温かい日差しに

あなたを

 

あなたを巻いて

あなたに巻かれて

一枚の 薄手の

ストール

 

あなたを守り

あなたを彩る

 

ストールのように

あなたを

 


せせらぎから

いつもとは違う道を歩いたら

見えないモノが見えてきた

 

小川の輝きが 君を待っている

光のちょっとした具合で

世界がまるで 変わって見える

 

小川のせせらぎが 君を呼んでいる

風のちょっとした具合で

世界がまるで 変わって聞こえる

 

小川のせせらぎが 君に歌っている

ケセラセラ ケセラセラ

せせらぎから ケセラセラ…

せせらぎから ケセラセラ…


君の祈り

君を泣かせて

ここにいる

 

泣きたいのに

祈る 君がいる

そこに今

飛んでゆきたい

 

僕は一人

ここにいる

君を泣かせて

ここにいる

 

これから二人は…

 

 

泣きたいのに

祈る 君がいるから

僕は ここにいられる

祈る君のもとにも

飛んでゆける

 

君が祈り終える時

僕ら二人は

共にいる



読者登録

天詩人さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について