目次
2017年の作品
空洞
2016年の作品
妹へ
Road to Vision2020
Mission
Check in the Spirit World
Change your worldview
My Little Story
Introduction
天下の宴
真実に生きる
2015年の作品
母の胎内へ
たった一人のチカラ
渋谷区から鳴り響く狂詩曲(ラプソディー)
#9 夜
#8 伝えたかったこと
#7 言葉
#6 無題
#5 時間を料理する
#4 無題
#3 寝起き
#2 無題
#1 無題
聖戦と天国
God Bless Japan
幸せの辛さ
復活の日
2014年の作品
出会い
あの大いなる月に抱かれて
魔法のカード
ホワイトデーは ホントにゴメンね
2013年の作品
生きる理由と生きる意味
この関係性
真の追慕
ミッションステートメント
三十年
夢じゃない世界に
生命の声
刃をおさめた男
臨月
二人の時間
銀のネックレス
幸せ
私の幸せ
ひかりに
命名
あの頃
それぞれの夢
ペンを走らせる
どっちなの?
神の秘密
ホワイトデーに
光あれ
人と国
ガラガラと
ここがダンスホールだったら
七か月後に
2012年の作品
夢を掘り続ける
それぞれの暮らしの中に
共に歌おう
ひとつの国へ
希望の種
妻のいないウチ
耳を傾けて
その御名(みな)を
新しい朝
神に選ばれた聖女
淵に横たわる貴方に
妻となった君の誕生日に
新生活
共に踊る場所
君と空の旅
新たな家族
愚かな歴史
気ままなシネマ
幸せな気分
逝かないでおくれ
今年の桜
新しい波
予言の言葉
やがてとける
三十の路(みち)
欲望の海
バースデー
新雪
塞がれた道
2011年の作品
特別な一年
寄り添う聖霊
再会の宴
二人の映画
Keep your strong spirit !
花火
結婚しよう
ぼくの空
うわの空を
ストールのように
せせらぎから
君の祈り
見届ける時
半月
希望の断崖
夜桜
夢想
Ten Poems 2011
おんぶ
この一年
二人の確信
当たり前の日々
父が見守る
こんな僕を
会話の交差点
ムーンリバー
約束の地
最後の一言
わが父へ
その日が
父の呼吸
真実の誓い
息子から
いつもの日々
2010年の未発表作品
天母山
猫君
風来坊
弔いの言葉
雲と心
メロディーのない歌
僕等の中に
永遠に 無限に
ダイヤモンドよりも
Ten Poems (2010年10月10日に婚約者へ贈った10編の詩集)
最初の詩
女神様
あなたとしたいこと
二つのメモリー
言葉だけでは
風雨月光
君のいない世界
真実の美
運命
あなたのすべて
統一教会信者への拉致監禁に抗議する詩
サウロたちよ
蝉たちの声
天と あなたと この魂
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

24 / 140ページ

God Bless Japan

神に祝福された日本よ

その祝福は 自国だけのものではない

世界の母なる国として 

さらなる発展を遂げよう

God Bless Japan

 

 

神に祝福された日本よ 

真実なる心と愛で

世界の国々を生かしてゆこう

平和を愛する国民として

願われる世界を築いてゆこう

God Bless Japan

 

 

神に祝福された日本よ

世界の母なる国として

さらに前進してゆこう

願われる世界へ

神に祝福された日本よ

God Bless Japan


幸せの辛さ

今、妻と子と離ればなれ

とっても寂しいよ

早く会いたいよ

 

今、やるべきことに集中するため

極力、電話もしないと決めた

子供の成長を楽しみに

私自身が成長する時

 

そんな中、妻からのメール

新たな生命の予感…

大事な時に

合わせたかのように

大事なことは起こるもの

 

「幸せな辛さ」という

妻からのメールにも

今、やるべきことに集中する

 

これもほんの小さな

幸せな辛さ


復活の日

今日 私の中で 聖和(逝去)され 復活されたあなた

  

あなたの聖和を 分かっているつもりだったのに

あなたのことを なにも知らなかった

 

あれからもう 一年以上経つのに

今日知ったあなたは

私の中で 静かに聖和され

私の中で 確かに復活された

 

 

私の億千万倍以上に 涙を流され

私の億千万倍以上に 嗚咽されたあなた

 

もうこの目で

あなたを見ることはできない

 

私は その涙の跡を忘れない

 

もう見ることのできないあなたは

いつも 私のそばにいる

 

 

今日 私の中で聖和され 復活されたあなた

 

今日から

あなたの大いなる愛に応えて

生きてゆく私になる

  

 

2015120


出会い

この出会いは

運命の悪戯(いたずら)か

神の導きか

 

出会いとは

運命のコンパスによって描かれた

幾つもの円が交わる 点と面だ

 

時間を共有し

五感で共感し

第六感で共鳴する

 

思いがけない 出会いに至る軌跡は

時に人智を超えた 美しい放物線を描く

 

もし 人の365日が 360度の円ならば

再会とは 何回転した際の縁なのか

回り回って 巡り巡って

再び交差し 始まる交際

 

これまで 数奇な人生の螺旋階段を

上って来たのか 下って来たのか

我々には分からない

 

人は出会い

また別れ

再会する

 

幾たびの別れもあろうが

再び出会うことの妙は

生きていくことの醍醐味だ

 

この出会いは

運命の悪戯か

神の導きか

我々には分からない

 

“縁”と言ってしまえば

一言で済んでしまう

幾つもの“円”の軌跡

この縁の奇蹟に 乾杯


あの大いなる月に抱かれて

あの大いなる月に抱かれて

今宵は安らかに

 

突然の旅立ちに戸惑い

狼狽(うろた)えたことだろう

 

されど 光の援軍来りて

天高く 人々を導いてゆかん

 

崇高な魂は 灰より出で

そのまばゆさは

この列島を照らす

 

今宵 浮かぶ月のまばゆさは

人々の 魂の輝き

涙で曇る 我等の心を照らす

生命(いのち)の光

 

 

あの大いなる月に抱かれて

今宵は安らかに

 

また 我等と共にゆこう

灰色の列島を照らす

まばゆい 光の群れとして  

 

106日、満月の綺麗な夜に)



読者登録

天詩人さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について