目次
2017年の作品
空洞
2016年の作品
妹へ
Road to Vision2020
Mission
Check in the Spirit World
Change your worldview
My Little Story
Introduction
天下の宴
真実に生きる
2015年の作品
母の胎内へ
たった一人のチカラ
渋谷区から鳴り響く狂詩曲(ラプソディー)
#9 夜
#8 伝えたかったこと
#7 言葉
#6 無題
#5 時間を料理する
#4 無題
#3 寝起き
#2 無題
#1 無題
聖戦と天国
God Bless Japan
幸せの辛さ
復活の日
2014年の作品
出会い
あの大いなる月に抱かれて
魔法のカード
ホワイトデーは ホントにゴメンね
2013年の作品
生きる理由と生きる意味
この関係性
真の追慕
ミッションステートメント
三十年
夢じゃない世界に
生命の声
刃をおさめた男
臨月
二人の時間
銀のネックレス
幸せ
私の幸せ
ひかりに
命名
あの頃
それぞれの夢
ペンを走らせる
どっちなの?
神の秘密
ホワイトデーに
光あれ
人と国
ガラガラと
ここがダンスホールだったら
七か月後に
2012年の作品
夢を掘り続ける
それぞれの暮らしの中に
共に歌おう
ひとつの国へ
希望の種
妻のいないウチ
耳を傾けて
その御名(みな)を
新しい朝
神に選ばれた聖女
淵に横たわる貴方に
妻となった君の誕生日に
新生活
共に踊る場所
君と空の旅
新たな家族
愚かな歴史
気ままなシネマ
幸せな気分
逝かないでおくれ
今年の桜
新しい波
予言の言葉
やがてとける
三十の路(みち)
欲望の海
バースデー
新雪
塞がれた道
2011年の作品
特別な一年
寄り添う聖霊
再会の宴
二人の映画
Keep your strong spirit !
花火
結婚しよう
ぼくの空
うわの空を
ストールのように
せせらぎから
君の祈り
見届ける時
半月
希望の断崖
夜桜
夢想
Ten Poems 2011
おんぶ
この一年
二人の確信
当たり前の日々
父が見守る
こんな僕を
会話の交差点
ムーンリバー
約束の地
最後の一言
わが父へ
その日が
父の呼吸
真実の誓い
息子から
いつもの日々
2010年の未発表作品
天母山
猫君
風来坊
弔いの言葉
雲と心
メロディーのない歌
僕等の中に
永遠に 無限に
ダイヤモンドよりも
Ten Poems (2010年10月10日に婚約者へ贈った10編の詩集)
最初の詩
女神様
あなたとしたいこと
二つのメモリー
言葉だけでは
風雨月光
君のいない世界
真実の美
運命
あなたのすべて
統一教会信者への拉致監禁に抗議する詩
サウロたちよ
蝉たちの声
天と あなたと この魂
奥付
奥付

閉じる


2012年の作品

夢を掘り続ける

夢を 掘り続ける

呆れた男たちの

まっすぐな道

 

信念と情熱を注ぐ

美酒に酔いしれ

冷たい波風を

耐え忍ぶ

 

いつか いつの日か

諦めなかった男たちの

まっすぐな道が

開かれる

 

 

夢を 掘り続け

夢よ 掘り進め

神と人類との塞がれた道よ

まっすぐな道よ

いつか いつの日か

開け

 

それまで

呆れた男たちは

諦めなかった男たちは

まっすぐな道を

夢を

掘り続ける


それぞれの暮らしの中に

それぞれの暮らしの中に

木枯らし吹いて

身を寄せ合い

温め合う

 

理想だけでは

空しい

現実は常に

つきまとう

 

忘れることのできない

ドラマ

人知れぬ

弱音

吐いて

吐き散らかして

木枯らし吹いて

 

今は空しい

理想と現実を抱いて

泣いてもいい

 

弱音吐いて

木枯らし吹いて

身を寄せ合い

温め合う

 

それぞれの暮らしの中にある

つながりと

ぬくもり

確かめ合う


共に歌おう

共に歌おう

この歌声が 響くよう

耳も心も 澄まそう

 

共に歌おう

この歌声が 一つになるよう

人や国も 一つになれる  

 

兄さん 姉さん 弟たちよ

家族を超えた 家族に

兄さん 姉さん 妹たちよ

民族を超えた 民族に

 

共に歌おう

この歌声が 一つになるよう

人や国も 一つになれる  

 

共に歌おう

この歌声が 一つになるよう

人や国も 一つになる

 


ひとつの国へ

左手と右手を合わせて

ひとつの祈りを捧げよう

 

左足と右足をそろえて

ひとつの大地を踏みしめよう 

 

南も北もない

上も下もない

ひとつの国へ

 

 

左手と右手を合わせて

ひとつの祈りを捧げよう

 

左足と右足をそろえて

ひとつの大地を踏みしめよう 

 

我らは祈り

我らは歩き

ひとつの国へ

 

南も北もない

上も下もない

ひとつの国へ

 

我らは祈ろう

我らは歩こう

ひとつの国へ


 

 


希望の種

今はまだ

暗く寂しいこの道

自ら進みたくもないだろう

 

派手やかな所も

よく見てみるといい

その華やかさの陰には

残酷なぐらいの暗闇がある

 

 

今はまだ

暗く寂しいこの道

やがて 自ら進んでゆき

希望の種を植える

 

自ら進みゆく自分と

この道を進もうとする人に 

希望の種を植える

 

 


妻のいないウチ

妻のいないウチは

人のいない天国

 

妻のいないウチは

香りのないコーヒー

 

妻のいないウチは

魂のないジャズ

 

 

妻のいないウチに帰る

見つかることのない「自分」を探す旅

 

妻のいないウチに帰る

パジャマで宇宙を遊泳する

 

妻のいないウチに帰る

バクテリアと私だけ

 

 

妻のいないウチ

早く帰って来ておくれ


耳を傾けて

ささくれの痛み

叫び その声に

耳を傾けているかい?

 

一見 耳ざわりな

ささやき その声に

耳を傾けているかい?

 

己(おの)が耳と

己が心を澄まし

 

ささくれの叫び

耳ざわりなささやきに

耳を傾けて

 

ささくれの痛み 痛み


その御名(みな)を

その御名を聞いたのは

今からおよそ9年前…

 

 

その御名を聞く者は多く

その御名を知る者は多い

 

されど その御名をたたえ

その御名に従う者は いかばかりか

 

その御名を聞いた自らが

その御名を知った自らが

いかに生きてゆくのかにより

その御名の真価が 証明される

 

その御名をたたえるだけでなく

自らの生き様により

その御名をたたえよ

 

 

今からおよそ9年前

その御名を聞いた

 

その御名を胸に

これからも生き続ける

 


新しい朝

満月の 輝いた夜が終わり

これから 新しい朝を迎える

 

白く霞んだ月が

見守り続ける

この大地のために

これからも 汗を流そう

 

荒んだ空気を吹き飛ばし

荒い鳥たちを追い払う

 

その眼は 今を

どのように見つめているのか?

 

 

白く霞んだ月が

見守り続ける

 

満月の 輝いた夜が終わり

これから 新しい朝を迎える

 

人々よ

目覚めの時だ

 


神に選ばれた聖女

死神に弄ばれた淑女

ついに その鎌に手をかける

 

今も震えが止まらない手

黒い刻印が浮かぶ

 

黄泉から誘う亡者たちの声に

耳を貸さず

この地で

生きることに専念せよ

 

その十字架が

消えるなどという

幻想に囚われず

 

その十字架を

共に負う

汝の救い主と

家族を信ぜよ

 

 

死神に弄ばれた淑女は

神に選ばれた聖女

 

いつか 震えは止まり

光る刻印が浮かぶ

 

その十字架を

共に負う

汝の救い主と

家族を信ぜよ

 

そして この地で

生きることに専念せよ

 

 


淵に横たわる貴方に

淵に横たわる貴方に

贈る詩

 

やがて

苦しみの波は引き

死のざわめきは遠のく

 

固く閉ざされたまぶたに兆し

いつもの息吹が聞こえる

 

安堵する日は

安着する日

 

また 貴方の言葉が

こだまする時まで

 

共に我等は

汗を流そう

 

 

やがて

苦しみの波は引き

死のざわめきは遠のく

 

共に安堵し

安着する日

 

その日まで我等は

共に汗を流そう

 

 

淵に横たわる貴方に

贈る詩

 

また 貴方の言葉が

こだまする

こだまする


 

 


妻となった君の誕生日に

妻となった君の誕生日に

一人 石巻で月を見上げた

 

電話ができて

誕生日をお祝いできる

 

離れていても

運命の二人が

共に生きているということ

 

お誕生日おめでとう

君のことを愛している

 

来年こそは 目の前で伝えよう

妻となった君の誕生日に

 

お誕生日おめでとう

この一年も 君のことを

愛しているよ

 


新生活

頂いた野菜

粋な皿もなく

彼女の腕前も

これから

 

やっと手にした

二人の生活に

乾杯

シュワワ…

 

こんな穏やかな夜を

こんな柔らかな灯りを

ずっと見つめ合っていたい

ずっと見つめ合っていたい

 

ここは僕等の宝島

輝く未来に

乾杯

シュワワ…

 

こんな穏やかな夜に

ずっと見つめ合っていたい

ずっと見つめ合っていたい

  

やっと手にした

二人の生活に

乾杯

シュワワ…

 

 


共に踊る場所

死者が踊る場所で

生者は語らい

盃(さかずき)を傾ける

 

彼女の仕草や

彼の風格

面影 浮かんでは消える

 

別れたことで

結ばれたモノ

失ったことで

得られたモノ

 

互いに再会を待ち望み

空で語らう

 

死者が踊る場所で

生者は語らい

盃を傾ける

 

いつか

共に語らい

共に踊る場所

 


君と空の旅

君の寝顔を見ながら

僕は空を飛ぶ

 

君の横顔の隣は青空

 

たとえこの壁がなくなっても

君の手は離さない

 

轟音にかき消される吐息…

 

 

君の寝顔を見ながら

僕は空を飛ぶ

 

この空との間に

君の手を握る


新たな家族

新たな命を見つめる

家族の喜び

 

新たな家族を迎える

家族の喜び

 

ここにはいない父も

喜んでいるのを感じる

 

これから

新たな命を見守る

家族の喜び

 

これから

新たな家族に宿る

新たな命

 

この家族に

また新たな喜びが

生まれる


愚かな歴史

愚かな歴史を繰り返す

愚かな人々の 二の舞になるな

 

愚かにも 優雅に踊る

愚かな歴史を 繰り返すな

 

その煮えたぎる愚かさを

よく冷ませ

 

 

愚かな 愚かな 愚かな

血は流れ 脈打つ

 

我々は 愚かな人間

 

もう 愚かな歴史は 繰り返さない

 

振り返れ 愚かな歴史

 

振り向くな 愚かな人々を

 

もう 愚かな歴史を 繰り返さない


気ままなシネマ

気ままなシネマ

のんびりと

コーヒーでも一杯

 

期待はせずに

思いがけない

涙を笑う

 

観客二人

のんびりと

まずは一杯

 

コーヒー香る

気ままなシネマ

 

今週も上映予定…


幸せな気分

春と一緒に

自転車をこぐ

 

憂いを颯爽と抜け

 

花びら追いかける

 

待ち遠しい日々よ

 

もう 冬を追い越す

 

 

春と一緒に

自転車をこぐ

 

春に幸せ

分けてもらう

 

春と一緒に

自転車をこぎながら

幸せな…

 

なんて

幸せな気分…


逝かないでおくれ

逝かないでおくれ

 

生きる道は

いくらでもある

 

その手で掴み

その足で歩む

生きる道は

いくらでもある

 

はぐれてもいい

離れてもいい

いつの日か

分かり合える

許し合える

そんな道が

必ずある

 

逝かないでおくれ

 

生きる道は

いくらでもある

だから

逝かないでおくれ

  

大切な人よ

逝かないでおくれ

 

逝かないでおくれ


今年の桜

あの人も

今年の桜を

見上げている

 

あなたのそばで…

 

 

宿る思い

花びら運ぶ

 

あなたのそばに…

 

 

あの人も

今年の桜を

見上げている

 

あなたのそばで…

 

 

今年は

花びらと舞う

 

あの人と共に…


新しい波

新しい波が

この国から

世界へ

 

体験した者にのみ

与えられる

使命――

 

その使命を胸に

 

新しい波が

この国から

世界へ

 

この国は

決して沈まない

日出ずる国

 

その使命を胸に

 

この国から

世界へ

 

新しい波を


予言の言葉

未来は 己がつくる

他の誰でもない

未来は 己がつくる

 

これは 予言の言葉

未来に必ず成就する

予言の言葉

 

超能力ではない

己の能力と行動力で

実現せよ

 

未来を予言せよ

己の未来を予言せよ

必ず成就する 己の言葉

他の誰でもない

未来は 己が実現せよ


やがてとける

赦された気がした

いつの間にか そっと隠した

決して消える訳ではない

あやまち

 

この雪も やがてとけるように

そのあやまちも やがて

赦されよう

 

思いがけぬ雪が

そっと隠すように

そのあやまち

白く

とける


三十の路(みち)

我等 三十

この路に立つ

 

今は一人

この路を 確かに歩まば

必ず再会す

 

今は一人

迷い 立つ

三十の路

 

我等 三十

共に立つ

再会果たす

この路


欲望の海

際限のない 欲望の海にのまれ

もがいて もがいて もがいて

一瞬 浮き上がるも

また のまれる

 

もう この底知れぬ海に

もぐるのはよそう

 

希望の大地へ這い上がり

そして そこでもがけ

 

欲望の海を 遥か彼方に望み

この地で もがく もがく もがく


バースデー

あなたと迎える 二度目のバースデー

 

私の誕生に 意味を与えるのは あなた

 

もう二度と あなたのいない バースデーは来ない

そう確信し 今日を迎える

 

心の中で

バンザイ

あなたの手を握って

バンザイ

あなたと迎える 二度目のバースデーに

バンザイ

あなたと迎える これからのバースデーに

バンザイ

 

バンザイ

私たちのバースデー


新雪

新雪 しんしんと

狂騒の時代も

息を殺す

 

春はまだ 夢の先

梅香る 園は幻

神の光が

すべてを 照らすまで

 

新雪 しんしんと

凍える時代は終わる

神の光が照らす

梅香る園

夢のような

春は 遠からず


塞がれた道

もがいても

もだえても

動かぬ

塞がれた道

 

このまま 朽ちてゆくのか

 

痛みを忘れ 甘え

薄れてゆくのか

動かぬ

己の意志

 

このまま 朽ちてゆくのか

 

塞がれた道を

もがいて もだえて

 

己の意志のみが

塞がれた道を

突き破る