目次
2017年の作品
空洞
2016年の作品
妹へ
Road to Vision2020
Mission
Check in the Spirit World
Change your worldview
My Little Story
Introduction
天下の宴
真実に生きる
2015年の作品
母の胎内へ
たった一人のチカラ
渋谷区から鳴り響く狂詩曲(ラプソディー)
#9 夜
#8 伝えたかったこと
#7 言葉
#6 無題
#5 時間を料理する
#4 無題
#3 寝起き
#2 無題
#1 無題
聖戦と天国
God Bless Japan
幸せの辛さ
復活の日
2014年の作品
出会い
あの大いなる月に抱かれて
魔法のカード
ホワイトデーは ホントにゴメンね
2013年の作品
生きる理由と生きる意味
この関係性
真の追慕
ミッションステートメント
三十年
夢じゃない世界に
生命の声
刃をおさめた男
臨月
二人の時間
銀のネックレス
幸せ
私の幸せ
ひかりに
命名
あの頃
それぞれの夢
ペンを走らせる
どっちなの?
神の秘密
ホワイトデーに
光あれ
人と国
ガラガラと
ここがダンスホールだったら
七か月後に
2012年の作品
夢を掘り続ける
それぞれの暮らしの中に
共に歌おう
ひとつの国へ
希望の種
妻のいないウチ
耳を傾けて
その御名(みな)を
新しい朝
神に選ばれた聖女
淵に横たわる貴方に
妻となった君の誕生日に
新生活
共に踊る場所
君と空の旅
新たな家族
愚かな歴史
気ままなシネマ
幸せな気分
逝かないでおくれ
今年の桜
新しい波
予言の言葉
やがてとける
三十の路(みち)
欲望の海
バースデー
新雪
塞がれた道
2011年の作品
特別な一年
寄り添う聖霊
再会の宴
二人の映画
Keep your strong spirit !
花火
結婚しよう
ぼくの空
うわの空を
ストールのように
せせらぎから
君の祈り
見届ける時
半月
希望の断崖
夜桜
夢想
Ten Poems 2011
おんぶ
この一年
二人の確信
当たり前の日々
父が見守る
こんな僕を
会話の交差点
ムーンリバー
約束の地
最後の一言
わが父へ
その日が
父の呼吸
真実の誓い
息子から
いつもの日々
2010年の未発表作品
天母山
猫君
風来坊
弔いの言葉
雲と心
メロディーのない歌
僕等の中に
永遠に 無限に
ダイヤモンドよりも
Ten Poems (2010年10月10日に婚約者へ贈った10編の詩集)
最初の詩
女神様
あなたとしたいこと
二つのメモリー
言葉だけでは
風雨月光
君のいない世界
真実の美
運命
あなたのすべて
統一教会信者への拉致監禁に抗議する詩
サウロたちよ
蝉たちの声
天と あなたと この魂
奥付
奥付

閉じる


2011年の作品

特別な一年

あなたと過ごした この一年

これまでの人生の中で 特別な一年

この特別な一年が 一年 一年…

当たり前に ならないように

来年も きっと 特別な一年

 

あなたと過ごす これからの一年

あなたを愛し あなたと歩く

特別な一年を

あなたと私

これからもずっと


寄り添う聖霊

冷たい父の背中を

擦りながら泣いた

 

卑しい自分を洗う

溢れ出る涙

 

聞こえない父の声が

鮮やかに浮かぶ

 

空虚な魂にそっと

寄り添う聖霊

 

あなたと共に

悶絶した父を想う

 

“私達は あなたの子供だ”

声にならない 思いを届ける

 

父の背中を擦る

 

頬は乾き

言葉が戻ってくる

 

この魂に寄り添う聖霊は

そっと…


再会の宴

一つの巣に

戻って来る

 

大きく旋回して

 

その羽ばたく姿は

昔も 今も 変わらない

 

力強く

この空を

どこまでも

 

どんなに高い壁も越えて

ここに降り立つ

 

巣を温めながら

天に歌おう

 

再会を祝う 宴備え

心から ラッパ吹き鳴らす

 

固い殻が割れる音

温められた巣に

大きく旋回して

その翼が見える

 

昔も 今も 変わらない

高らかな叫び声

一つの巣に響く

 

再会を祝う宴

 

天に歌う

 

 


二人の映画

これは 私たちの映画

私たち二人が主人公の映画

 

他に代役はいない

リハーサルもない

常に本番で

常に公開中の

私たち二人の映画

 

子供たちに語り聞かせたい

素敵な作品にしよう


Keep your strong spirit !

Keep your strong spirit !

生きる上で闘いは避けられない

逃げられない孤独な闘いは

常につきまとう 戸惑うな同志

自らの精神を正視し

正解かどうかは分からないドアを

思い切りノックせよ

 

Keep your strong spirit !

固く閉ざされたアナタのドアを開けるのは

紛れもないアナタ

アナタにしかできない

たった一人の闘いを

神は

応援している


花火

一人、花火を見上げるより

二人、花火を見上げよう

 

これからの闇世に

愛と創造の

火花を散らす

たった一人の人と

見上げよう二人

大輪の花火を

 

二人の花火

弱々しくも

華々しく

光り続ける

 

やがて消える

一人の花火

決して消えぬ

二人の花火

 

一人、花火を見上げるより

二人、花火を見上げよう

 

これからの闇世に

決して消えぬ

大輪の花火を

結婚しよう

本当なら 今日にでも

今すぐにでも

結婚しよう

 

大好きな君と

結婚したいんだ

 

結婚しよう

来年には必ず

 

結婚しよう

僕と必ず

 

結婚しよう

この指輪はその 証だから

 

○○さん

結婚しよう

 

僕と

結婚しよう


ぼくの空

君の声の聞こえない空

ぼんやり

ぼやいた雲からは今にも

しずくがこぼれそう

 

外は天気がいいのに

この窓が 曇ってる

曇ってる

 

窓を開けると

ひんやりとした空気と

君の声が聞こえた

雲もうっすらと

笑う

 

ぼくの空も

ぼんやり

笑う


うわの空を

雨の街を 一人歩いても

どこへ行くのでもなく

ただ 歩いている

うわの空を 濡らす雨

 

「待ってる」と言っても

待ち切れない心

会いたいのに 会えないもどかしさを

これからも 何度味わうのだろう

 

雨の街を 一人歩いても

どこへ行くのでもなく

ただ 歩いている

うわの空を 濡らす雨

 

君に逢えたら 乾くのに

君に逢えたら 晴れるのに

うわの空を 濡らす雨

早くあがれ


ストールのように

ストールのように

あなたを

 

一枚の 薄手の

ストールでも

冷たい風から

あなたを

 

一枚の 薄手の

ストールでも

温かい日差しに

あなたを

 

あなたを巻いて

あなたに巻かれて

一枚の 薄手の

ストール

 

あなたを守り

あなたを彩る

 

ストールのように

あなたを

 


せせらぎから

いつもとは違う道を歩いたら

見えないモノが見えてきた

 

小川の輝きが 君を待っている

光のちょっとした具合で

世界がまるで 変わって見える

 

小川のせせらぎが 君を呼んでいる

風のちょっとした具合で

世界がまるで 変わって聞こえる

 

小川のせせらぎが 君に歌っている

ケセラセラ ケセラセラ

せせらぎから ケセラセラ…

せせらぎから ケセラセラ…


君の祈り

君を泣かせて

ここにいる

 

泣きたいのに

祈る 君がいる

そこに今

飛んでゆきたい

 

僕は一人

ここにいる

君を泣かせて

ここにいる

 

これから二人は…

 

 

泣きたいのに

祈る 君がいるから

僕は ここにいられる

祈る君のもとにも

飛んでゆける

 

君が祈り終える時

僕ら二人は

共にいる


見届ける時

現実が今、立ちはだかっている

目を閉じてはいけない

夜明けの太陽を

見届ける時だ

 

瓦礫の山は崩れ

花の香りが誘う

新たな祖国を

見届ける時だ

 

 

現実が今、立ちはだかっている

瓦礫の山

目を閉じてはいけない

夜明けの太陽を

新たな祖国を

今、見届ける時だ

 


半月

ちょうど真上に月が…

 

半月だった…

 

君を思った…

  

 

僕の半分の

半月

 

欠けているということは

補えるということ

 

冷たい風を浴びながら

月がそう ささやいた

 

 

僕の半分の

君を思った…

 

君の半分の僕は今

月を見上げている…


希望の断崖

浮かんでは消える 根無し草

こんな世界に一体、何が残るの?

ただ産み落とされた訳ではないと

苛立ちと希望の狭間を行き交い

気付けばそこは 断崖絶壁

 

飛び降りるのは簡単さ

こんな世界に一体、何が残るの?

 

出会いは軋轢の前触れ

狂った福音の風が吹き抜ける

 

希望が立たされた断崖から

見える風景に言葉を失う

 

 

こんな世界に一体、何が残るの?

浮かんでは消える 根無し草

苛立ち それでも

希望の断崖へ


夜桜

足を止めて

夜桜

眺めて

春と君

どちらに早く

会えるだろう?

 

思いがけない

夜桜

空しい

春を一人

眺めてる

 

足を止めて

春を眺めて

君と夜桜

 


夢想

まどろむ私を起こすのは

あなた

待ちわびる春の陽気より

あなたを…

 

時間を無視して言葉は

静まる夜を彩る

あなたを待ちわびて

発酵した言葉は香り

あなたを酔わせる

 

電子的な肌と肌の戯れを

夢想する

 

まどろむ私を起こすのは

あなた

 

あなたを待ちわびて

 

あなたを夢想する