目次
2017年の作品
空洞
2016年の作品
妹へ
Road to Vision2020
Mission
Check in the Spirit World
Change your worldview
My Little Story
Introduction
天下の宴
真実に生きる
2015年の作品
母の胎内へ
たった一人のチカラ
渋谷区から鳴り響く狂詩曲(ラプソディー)
#9 夜
#8 伝えたかったこと
#7 言葉
#6 無題
#5 時間を料理する
#4 無題
#3 寝起き
#2 無題
#1 無題
聖戦と天国
God Bless Japan
幸せの辛さ
復活の日
2014年の作品
出会い
あの大いなる月に抱かれて
魔法のカード
ホワイトデーは ホントにゴメンね
2013年の作品
生きる理由と生きる意味
この関係性
真の追慕
ミッションステートメント
三十年
夢じゃない世界に
生命の声
刃をおさめた男
臨月
二人の時間
銀のネックレス
幸せ
私の幸せ
ひかりに
命名
あの頃
それぞれの夢
ペンを走らせる
どっちなの?
神の秘密
ホワイトデーに
光あれ
人と国
ガラガラと
ここがダンスホールだったら
七か月後に
2012年の作品
夢を掘り続ける
それぞれの暮らしの中に
共に歌おう
ひとつの国へ
希望の種
妻のいないウチ
耳を傾けて
その御名(みな)を
新しい朝
神に選ばれた聖女
淵に横たわる貴方に
妻となった君の誕生日に
新生活
共に踊る場所
君と空の旅
新たな家族
愚かな歴史
気ままなシネマ
幸せな気分
逝かないでおくれ
今年の桜
新しい波
予言の言葉
やがてとける
三十の路(みち)
欲望の海
バースデー
新雪
塞がれた道
2011年の作品
特別な一年
寄り添う聖霊
再会の宴
二人の映画
Keep your strong spirit !
花火
結婚しよう
ぼくの空
うわの空を
ストールのように
せせらぎから
君の祈り
見届ける時
半月
希望の断崖
夜桜
夢想
Ten Poems 2011
おんぶ
この一年
二人の確信
当たり前の日々
父が見守る
こんな僕を
会話の交差点
ムーンリバー
約束の地
最後の一言
わが父へ
その日が
父の呼吸
真実の誓い
息子から
いつもの日々
2010年の未発表作品
天母山
猫君
風来坊
弔いの言葉
雲と心
メロディーのない歌
僕等の中に
永遠に 無限に
ダイヤモンドよりも
Ten Poems (2010年10月10日に婚約者へ贈った10編の詩集)
最初の詩
女神様
あなたとしたいこと
二つのメモリー
言葉だけでは
風雨月光
君のいない世界
真実の美
運命
あなたのすべて
統一教会信者への拉致監禁に抗議する詩
サウロたちよ
蝉たちの声
天と あなたと この魂
奥付
奥付

閉じる


2015年の作品

母の胎内へ

母の胎内へ
入ってしまったような
温もりと安らぎ

 

胎内にいた記憶などないが
なぜか 懐かしい感覚

 

こんな気持ちを
人と人が 分かち合えれば
やがて 分かり合えるだろう

 

人は生まれ やがて
冷たく 厳しい世界で生きてゆく

人と人が 憎しみ合い 争い
やがて 別れてゆく世界で

 

誰かを疑い 誰かを憎み
その思いが さらに人々を
暗闇の世界へといざなう

 

人と人が 分かり合うために

 

母の胎内へ
入ってしまったような
あの 温もりと安らぎを

 

人と人は やがて 分かり合える

 

母の胎内へ
入ってしまったような
あの 温もりと安らぎで
きっと分かり合える

 

こんな気持ちを
ずっと持ち続けていたい

 

(2015年11月30日、清平にて)


たった一人のチカラ

たった一人で 何が出来るのか?

たった五人、十人で 何が出来るのか?

何も出来ないと思ったら

何も出来はしない

 

たった一人の 

言葉のチカラ 行動するチカラ

たった一人のチカラが 社会や世界を動かす

そう固く信じる人が

一人、二人、三人… 集まれば

何でも出来ると思わないか?

 

たった一人の 

言葉のチカラ 行動するチカラ

たった一人のチカラを信じ

自らを動かし

まずは目の前の人を

動かすことが出来るか?

 

一人の人を動かすことが

社会や世界までも動かす

 

たった一人で 何が出来るのか?

何でも出来ると思わないか?

同志たちよ


渋谷区から鳴り響く狂詩曲(ラプソディー)

この国で 男と男が 女と女が

結婚する日が やって来るかもしれない

 

そのように歓喜するカップルが

ファンファーレを鳴り響かせ

また パレードをすることだろう

 

太古より今に続く 男と女の結婚

男と女が家庭を築き 子女が誕生する

 

子女は成長し 結婚し家庭を築き

子々孫々 現在の我々にまで至っている

 

子供が産めないからと 

同性の結婚を 批判はできない

 

男女の結婚による 男女の家庭が 破綻している現代

古き良き家庭など もはや 懐かしいメロディー

 

聴いたこともないメロディーより

今盛大に響くファンファーレに 

耳を奪われてしまう若者たち

 

男と男は 女と女は 

ただ 自分たちの幸せを願う

 

この国の行く末や 人類の未来に思いを馳せる時

男女による結婚と家庭は今 挑戦を受けている

 

渋谷区から鳴り響くラプソディー

男女による結婚と家庭の真価が 

今問われている

 

美しい音色を響かせなければ 

決して拍手など起こらない

 

渋谷区から鳴り響くラプソディー

我々はこれからも 耳が離せない


#9 夜

灯りを見つめながら

眠れない夜を過ごしてきた

数千万の人たち

  

誰もが一人 悩みながら

夜と呼吸してきた

そんな仲間たち

見ず知らずの

名前も知らない

明るみになることもない

数多くの人たちの

生きた証が 星空の光

  

明日からの未来も

眠れない夜を過ごす

数多くの人たちが

灯りを見つめている

 

夜空には 星が光る


#8 伝えたかったこと

217

この日 私は一体 何を伝えたかったんだろう?

何を描きたかったんだろう?

そんなものが私に 見えていたんだろうか?

 

空白をただ埋めるだけの言葉を重ね

脳裏をよぎるイメージを紡いでも

そこに伝えたかった 描きたかった

何かがあっただろうか?

 

空しく発散する愚かな人類よ

私もその一人で

精根尽きるまで 言葉を吐き続ける

言葉で犯した罪は 言葉で償う

  

何を伝える訳でも 何を描く訳でもない

そんな ぼんやりとした日を

ここで締めくくろう


#7 言葉

思考を言葉にする

口から出た言葉が

思想にフィードバックする

 

見たものを言葉にする

聴いた音を言葉にする

人は言葉を生業とする

  

この言葉を誰かに伝えようとする

誰かにではなく あなたに伝えようとする

あなたの心の奥底に届けようとする

それは拒絶されることもある

途中で消失してしまうこともある

  

この言葉に何ができるのか

沈黙する方が良いこともある

それでも思考を言葉にする


#6 無題

覚醒し続ける 新人類

その意識は どこまでゆくのか

神の領域を侵犯しようとする野心が

自らの精神を麻痺させ

自らを審判しないように


#5 時間を料理する

午後22227

その瞬間から5秒過ぎてしまった…

 

つまらない時に囚われてしまう私たち

「時間の囚人」などと

つまらないことは言わないようにしよう

 

母親が夕食のために

何かの野菜を刻むように

私たちの いのちの時間も刻まれていく

 

その時間を刻んでいるのは

神に違いない

  

私たちを生かし

私たちを殺そうとするのか?

  

そうではない

この世界で 私たちを料理し

最高の料理を 提供しようというのだ

  

今も刻まれている

私たちの運命


#4 無題

小便に行きたいのを我慢して

書かれる詩の価値

 

くすんだ黄金色

嫌なことを想像しないでおくれよ

 

排泄することの気持ち良さと

ただ書きなぐった言葉

 

小便器を見て

誰が無価値だなんて言えるんだい?


#3 寝起き

私は起きている

妻は寝ている

娘も寝ている

母は起きている

  

父は眠ったままだ

  

妻が目を覚まし

娘はまだ寝ている

 

私は眠りたい

娘が目を覚まそうとしている

  

家族みんなが目を覚まし

家族みんなが眠りつく

 

父は眠ったまま

私はそろそろ眠りたい

 

目を覚まして

家族をリードしたい

父に代わって

私も父として

 

そして 眠りたい


#2 無題

ペンをにぎり

しわくちゃな壁を見つめ

 深く一息

 

絡まり合ったコードと

一本の毛髪

外には車が行き交う

 

静かな部屋に顔を伏して

明日など見えていない


#1 無題

 “し”とは何かを

 かぜで横たわりながら考えた

 

“ち”と“せい”

 

自分が この地を去る時まで

問い続ける ものごと

 

時間は確かに 刻まれてゆく


聖戦と天国

聖なる戦いとは

武力と恐怖によるものか?

否、愛と祈りによるものである

 

天の国とは

人々の犠牲によるものか?

否、自らの愛と犠牲によるものである

 

汝等の振る舞いを

汝等の親 汝等の主は

どのように見つめておられるか?

 

 

我等がなすべき聖なる戦いとは

平和を生む行いであり

我等が向かうべき天の国とは

人々が愛し合う王国である

 

己を武力と恐怖から解き放ち

己を愛と祈りによって治めよ

 

汝等の愛は 憎しみを生み

汝等の祈りは 呪いを生んでいる

 

 

まことの愛と祈りにより

平和を生む行いこそが

聖なる戦いであり

自らの愛と犠牲により

人々が愛し合う王国こそが

天の国である

 

己を武力と恐怖から解き放ち

まことなる聖戦と

まことなる天国を

目指そうではないか 

兄弟たちよ

 

※ この詩は、アラビア語に翻訳することを想定して書いています。


God Bless Japan

神に祝福された日本よ

その祝福は 自国だけのものではない

世界の母なる国として 

さらなる発展を遂げよう

God Bless Japan

 

 

神に祝福された日本よ 

真実なる心と愛で

世界の国々を生かしてゆこう

平和を愛する国民として

願われる世界を築いてゆこう

God Bless Japan

 

 

神に祝福された日本よ

世界の母なる国として

さらに前進してゆこう

願われる世界へ

神に祝福された日本よ

God Bless Japan


幸せの辛さ

今、妻と子と離ればなれ

とっても寂しいよ

早く会いたいよ

 

今、やるべきことに集中するため

極力、電話もしないと決めた

子供の成長を楽しみに

私自身が成長する時

 

そんな中、妻からのメール

新たな生命の予感…

大事な時に

合わせたかのように

大事なことは起こるもの

 

「幸せな辛さ」という

妻からのメールにも

今、やるべきことに集中する

 

これもほんの小さな

幸せな辛さ


復活の日

今日 私の中で 聖和(逝去)され 復活されたあなた

  

あなたの聖和を 分かっているつもりだったのに

あなたのことを なにも知らなかった

 

あれからもう 一年以上経つのに

今日知ったあなたは

私の中で 静かに聖和され

私の中で 確かに復活された

 

 

私の億千万倍以上に 涙を流され

私の億千万倍以上に 嗚咽されたあなた

 

もうこの目で

あなたを見ることはできない

 

私は その涙の跡を忘れない

 

もう見ることのできないあなたは

いつも 私のそばにいる

 

 

今日 私の中で聖和され 復活されたあなた

 

今日から

あなたの大いなる愛に応えて

生きてゆく私になる

  

 

2015120