目次
2017年の作品
空洞
2016年の作品
妹へ
Road to Vision2020
Mission
Check in the Spirit World
Change your worldview
My Little Story
Introduction
天下の宴
真実に生きる
2015年の作品
母の胎内へ
たった一人のチカラ
渋谷区から鳴り響く狂詩曲(ラプソディー)
#9 夜
#8 伝えたかったこと
#7 言葉
#6 無題
#5 時間を料理する
#4 無題
#3 寝起き
#2 無題
#1 無題
聖戦と天国
God Bless Japan
幸せの辛さ
復活の日
2014年の作品
出会い
あの大いなる月に抱かれて
魔法のカード
ホワイトデーは ホントにゴメンね
2013年の作品
生きる理由と生きる意味
この関係性
真の追慕
ミッションステートメント
三十年
夢じゃない世界に
生命の声
刃をおさめた男
臨月
二人の時間
銀のネックレス
幸せ
私の幸せ
ひかりに
命名
あの頃
それぞれの夢
ペンを走らせる
どっちなの?
神の秘密
ホワイトデーに
光あれ
人と国
ガラガラと
ここがダンスホールだったら
七か月後に
2012年の作品
夢を掘り続ける
それぞれの暮らしの中に
共に歌おう
ひとつの国へ
希望の種
妻のいないウチ
耳を傾けて
その御名(みな)を
新しい朝
神に選ばれた聖女
淵に横たわる貴方に
妻となった君の誕生日に
新生活
共に踊る場所
君と空の旅
新たな家族
愚かな歴史
気ままなシネマ
幸せな気分
逝かないでおくれ
今年の桜
新しい波
予言の言葉
やがてとける
三十の路(みち)
欲望の海
バースデー
新雪
塞がれた道
2011年の作品
特別な一年
寄り添う聖霊
再会の宴
二人の映画
Keep your strong spirit !
花火
結婚しよう
ぼくの空
うわの空を
ストールのように
せせらぎから
君の祈り
見届ける時
半月
希望の断崖
夜桜
夢想
Ten Poems 2011
おんぶ
この一年
二人の確信
当たり前の日々
父が見守る
こんな僕を
会話の交差点
ムーンリバー
約束の地
最後の一言
わが父へ
その日が
父の呼吸
真実の誓い
息子から
いつもの日々
2010年の未発表作品
天母山
猫君
風来坊
弔いの言葉
雲と心
メロディーのない歌
僕等の中に
永遠に 無限に
ダイヤモンドよりも
Ten Poems (2010年10月10日に婚約者へ贈った10編の詩集)
最初の詩
女神様
あなたとしたいこと
二つのメモリー
言葉だけでは
風雨月光
君のいない世界
真実の美
運命
あなたのすべて
統一教会信者への拉致監禁に抗議する詩
サウロたちよ
蝉たちの声
天と あなたと この魂
奥付
奥付

閉じる


2013年の作品

生きる理由と生きる意味

この子のためなら

死んでもいい と

思える時がある


だが

この子のために

絶対に死ねない

死ぬことなど

絶対に出来ない


たとえ死んでも

あの世から

この子の成長を

見守るだろう


だが

絶対に死ねない

この世で

この子の成長を

必ず見届ける



生きる理由と

生きる意味に

大きな変化をもたらした

小さくて 大きな存在


この関係性

眠っている

永遠の存在

見つめている

永遠の関係


これから

どんなに時が流れても

決して変わることのない

この関係性


これから

何度も何度も

眠って

目覚めて

見つめ合って


たとえ

離れてしまっても


永遠の存在

永遠の関係



眠って

目覚めて

見つめ合って


この関係性


永遠

永遠の

この関係性


真の追慕

追慕されることなど

望んでいない

 

我々の前進こそが

あなたを鼓舞し

 

我々の勝利こそが

あなたを安堵させる

 

 

地上と天上

二つの世界を

隔てることなく

 

現在と未来

己の限界を

決めることなく

 

あなたと共に前進し

あなたと共に勝利する

 

 

あなたは

追慕されることなど

望んでいない

 

真の追慕

それは

我々の前進

我々の勝利にあり


ミッションステートメント

私たちの“ミッション”とは何か?


それは
神様が太初に願われた
幸福な家庭と
幸福な世界を築くこと

ただ 私だけが
幸せを感じるのではない
私の家族 親族
私たちの暮らすこの社会
この国 この世界の
すべての人たちが
幸せを感じる
そんな世界を築くこと

それが 私たちのミッション

神様が 願われるミッション

三十年

三十年という年月は

あなたを
女性にし
妻にした

これからの
三十年という年月は
あなたを
母にする

これからの
三十年という年月を
わたしたちは
夫婦として
父母として
共に成長する

三十年という年月を
振り返るとき
“悔いはない”
と言える
人生を送る

夫婦として三十年
父母として三十年

三十年という年月を今
喜びで迎える

夢じゃない世界に

慕わしい人が

夢に現れたなんて

素晴らしいじゃないか

 

私はしばらく

夢を見ていない

 

目を覚まして

これから先の

そのずっと先を

見つめている

 

そう

私達の

慕わしい人が

ずっと

見つめている先

 

夢じゃない世界

素晴らしい世界を

見つめている

 

そこに向かって

目を覚まして

ずっと

進んでゆく

 

 

慕わしい人が

夢に現われたなんて

素晴らしいじゃないか

 

これからも共に

進んでゆこう

 

私達の

慕わしい

人と共に

 

夢じゃない世界に


生命の声

鼓動は聞こえないが

確かに 動いている心臓

 

生まれてくることを

切望している

ようにも見える

 

人間の意志など

関係なしに

生きようとする命

 

これが

与えられし

創られし

生命

 

あきらめることや

途方に暮れることを

知らない生命

 

既に

強い意志を示す生命

 

人間の意志など

関係なしに

確かに 動いている心臓

 

鼓動は聞こえないが

生命の声が

確かに 聞こえる…


刃をおさめた男

憎悪の刃を

おさめた男

 

軋み続けた

悲しみの歯車が

動きをやめた

 

和解という

人の 最も美しい姿に

涙が溢れる

 

人類を拘束してきた

愛憎の二重螺旋から

解き放たれる道

 

 

あの男のように

刃をおさめ

大義の 種を埋める

自ら 和解の 大使となる

 

悲しみの歯車は

いつの間にか

清らかな水に廻る

水車になる


臨月

クラっとするような

暑い日―

付き添いで

ホスピタル

 

既に母となった

女性たち

これから母となる

女性たち

 

これから父となる男は

こんなくだらない

詩を綴っている

 

まだ 壮絶な瞬間を

想像もできない

 

逃げ腰の男はこれから

自らを奮い立たせる

 


これから母となる

これから父となる

私たちへ

 

ほんのささやかな

エールを

ホスピタルから

 

私たちはいよいよ

「父母」となるのだ


二人の時間

これから

3人になっても

4人になっても

いづれ

二人の時間

 

この時間で

決まってしまう

永遠という時間

 

3人になっても

4人になっても

結局

二人の時間

 

談笑も

沈黙も

味わう

 

苦悩も

感激も

分かつ

 

二人の時間

 

永遠に

流れてゆく

二人の時間よ

 


銀のネックレス

大切な人から

大事なものを頂いた

 

それは

銀のネックレス

 

あまりの嬉しさに

大泣きすると

目が覚めた

 

首には

銀のネックレスは

なかった

 

それでも

大切な人から頂いた

大事なものは

 

今も

この心と体に

宿っている

 

新たな生命として


幸せ

不意に

「幸せ」とたずねた

夫が答えた

「君と○○○がいるから

 幸せだよ」

 

私はしばらく

幸せにうずくまっていた


私の幸せ

幸せを

掴むことはできない

代わりに あなたを

抱きしめることができる

 

 

あなたの吐息は

幸せの息吹

 

あなたといると

「幸せ」なんて

忘れている

 

 

あなたが

私の幸せ


ひかりに

かぞくの

 

ちいきの

 

にほんの

 

せかいの

 

じんるいの

 

みらいの

 

ひかりに


命名

命につける名前

 

命を吹き込む

 

込めた祈り

 

光り出す命

 

悲願の生命

 

光り輝く


あの頃

あの頃を

忘れていないか?

 

ゆっくりと

歩いていた

あの頃を

 

全速力で

駆け抜けた

あの頃を

 

忘れていないか?

 

 

忘却が

思い出を

追い越さぬように

 

あの頃の

あの声を

 

あの頃の

あの心を

 

忘れない

あの頃を


それぞれの夢

隣で眠る妻は

夢を見ているのだろうか?

 

お腹の中の子供も

夢を見ているのだろうか?

 

私は一人

目覚めている

 

二人のことを

考えながら

 

これからの

夢を見ている


ペンを走らせる

トヨさん

真民さん

何気なく借りた詩集から

立ち上がる 二つの魂

 

言葉に接し

魂に触れる

 

そして こうして

ペンを走らせる

 

届くことを

信じた言葉が

伝えることを

諦めなかった魂が

こうして

ペンを走らせる

 

私も

会ったこともない魂を

目覚めさせる

そんな 魂になりたい

 

そして こうして

ペンを走らせる


どっちなの?

どっちでも構わないが

そろそろ知りたい

どっちなのかが…

 

じらさないで

教えておくれ

どっちでも構わないさ

でも そろそろ

どっちなのかが

知りたいんだ

 

ねぇ どっちなのかな?

じらさないで

教えておくれよ


神の秘密

「神秘」という言葉で

片づけたくない

 

宿った命は

たくましく鼓動する

 

「当然」という言葉で

片づけるな

 

命が宿り

命が躍動すること

 

神の秘密に

踏み込む機会

 

 

「神秘」という言葉で

「当然」という言葉で

片づけないで

 

神の秘密に

あと一歩踏み込む


ホワイトデーに

ホワイトデーに

「Why ?」と問う

 

なぜボクは

アナタを愛するのか?

 

それは

アナタだから

 

ボクはアナタを

愛しているから

 

 

ホワイトデーに

愛を込めて…


光あれ

家族は光

明るく温かい

優しい光

 

「光あれ」と

神様も云われた

 

この世を照らす

優しい光

明るく温かい

家族は光

 

光あれ


人と国

国をまたいでも

まばたきをする

呼吸をする

片言でも 言葉を交わす

 

国の言葉は違えども

まみえることのできる

人と人 国と国

 

同じくまばたきをし

同じく呼吸をする

それぞれが

国を代表した人間

 

まずは一緒に

まばたきをしながら

呼吸をしながら

片言でも 言葉を交わす

 

国と国を結ぶのは結局

人と人


ガラガラと

ガラガラと

音を立てて崩す

自分のカベ

色々なカベ

ガラガラと

 

見慣れたカベに

色を塗る

色々な色

混ぜ合わせて

 

そろそろ

カラカラの心にも

みずみずしい

未来への希望を

注ぎ込もう

 

カラカラに乾いた

見慣れたカベ

ガラガラと

音を立てて崩れる

 

色々な色を塗った

自分のカベ

また崩して

また築く

 

ガラガラと

ガラガラと


ここがダンスホールだったら

ギュウギュウできゅうきゅうとする

行き場のない思いまで

押し潰されてしまう

 

漏れる音楽やら

鳴り響く着信音

そう ここがダンスホールだったら

もう エキサイティング

 

 

ギュウギュウできゅうきゅうとする

満員電車の中で

顔や心まで

押し潰されないで

 

くだらないことでも考えて

そう ここがダンスホールだったら

もう エキサイティング

 

ギュウギュウでも

きゅうきゅうでも

もう エキサイティング


七か月後に

七か月後に

会うきみに

 

私は今

ただ待つだけ

 

まだ見ぬきみに

せめて 声をかけ

そして 祈るだけ

 

七か月後に

きみに会えたら

泣いて

泣いて

喜ぼう

 

私たちの最初で

最高の出会いに