閉じる


<<最初から読む

7 / 13ページ

51-60

51.目標は「打倒タイガーウッズ!」まずは浮気相手探しでいいのかな?

52.ゴルフは、選択、決断、反省の連続。

53.ドライバーとパターは、よく替えたくなる。

54.「絶好調!」が2日も続かないのがゴルフ。

55.「昨日はあんなに上手く打てたのに」

56.ゴルフボールを変えると、飛びそうな気がする。

57.アイアンセットを変えると、上手くなれそうな気がする。

58.原因はわかっている。でもなかなか直せないのが、ゴルフスイングの難しさ。

59.ゴルフスイングのイメージはプロ並み。ただイメージ通りに出来ないだけ。

60.ゴルフの知識は十分ある。しかし知識だけでは上手くならない。


61-70

61.ゴルファーは、愛読しているゴルフマンガが、一つはある。

62.ゴルファーは、ゴルフ漫画から人生の教訓を学ぶ。

63.「今度は絶対にベストスコアを出す!」という自信の根拠になるほどは、練習していない。

64.普段ほとんど練習していないゴルファーにだけは、負けたくない。

65.ゴルフの祭典マスターズは、毎年必ず見る。

66.ゴルフ好きは、過去のマスターズ優勝者を、最低10人は言える。

67.タイガー・ウッズの前は、グレグ・ノーマンが好きだった。

68.ゴルフファンは、グレグ・ノーマンにマスターズを勝たせてやりたいと思う。

69.ゴルフ好きは、「ビッグ・イージー」とは誰のことだか知っている。

70.アーニー・エルスの大きく、ゆったりしたゴルフスイングにあこがれる。


71-80

71.「OK」なんて要らない。最後までパッティングを楽しみたい。

72.本屋さんに行くと、必ずゴルフ雑誌をチェックする。

73.ゴルフ雑誌の連載マンガが好きだ。

74.「日本No.1ゴルファーは?」と聞かれると、迷わず「沖田圭介」と答える。

75.世界最強ゴルファーは、沖田圭介だと思っている。

76.ゴルフマンガに登場するプロゴルファーは、実在の人物と少しだけ名前が違う。

77.得意なゴルフクラブが1本はある。

78.沖田圭介は、なかなかメジャー大会に勝てない。最強の2位だ。

79.ゴルフファンなら、ベン・ホーガン(Ben Hogan)を知っている。

80.ベン・ホーガンの「モダン・ゴルフ」が家の本棚にある。


81-90

81.ゴルフは、下半身の筋肉を上手く使えるようになると、飛距離がアップする。全身の筋肉の70%は、下半身にあるのだから。

82.腕に力を入れると、飛距離が出ない。

83.「風の大地」、「千里の道も」は必ず読む。

84.スポーツ店のゴルフコーナーに行くと、ワクワクする。子供がオモチャ売り場に行く時と同じだ。

85.ロストボールだと、思いっきり打てる。

86.ゴルフ初心者は、ロストボールでもスコアが変わらない。

87.ロブショットにあこがれる。

88.ゴルフが上手い人ほど、転がしてアプローチする。

89.ティーショットからカップインまでは、無限のルートがある。

90.ゴルフは、イメージ力のゲームである。


91-100

91.ゴルフは、パターが一番確実。次に転がす。最後に上げることを考える。

92.ゴルフボールの転がりが計算できない時は、上げるのも手。

93.ゴルフは転がすほうが簡単。ミスも減る。

94.ゴルフは上級者ほど、まずは転がしてアプローチできるか考える。

95.ゴルフ雑誌を読んだ後は、上手くなったような気がする。

96.ゴルフはラウンド後の練習が、一番効果的。だけどやる人は少ない。

97.普段練習していない人は、ラウンドする日だけ、一生懸命練習する。

98.ゴルフスイングを真似たいプロゴルファーが、一人はいる。

99.ゴルフウェアは、好きなプロゴルファーに影響される。

100.新発売のドライバーを見ると、今度こそ飛びそうな気がする。

続きは「ゴルフの法則まとめサイト」で。



読者登録

pfmagさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について