目次
もくじ
もくじ
1.新しい文学の形と新しい文章
1.新しい文学の形と新しい文章
2.ライトノベルと識字率
2.ライトノベルと識字率
3.書評:『きらきらひかる』江國香織著
3.書評:『きらきらひかる』江國香織著
4.神とはヒトの口癖である (前編・後編)
4.神とはヒトの口癖である(前編)
4.神とはヒトの口癖である(後編)
5.再現とは、でっちあげること (全5章)
再現とは、でっちあげること (1)
再現とは、でっちあげること (2)
再現とは、でっちあげること (3)
再現とは、でっちあげること (4)
再現とは、でっちあげること (5)
6.ブリコラージュ状思考態って何ですか?
6.ブリコラージュ状思考態って何ですか?
7.「作家デビュー」
7.「作家デビュー」
8.なぜ、江國香織さんなのか?
8.なぜ、江國香織さんなのか?
9.小説か、エッセイか?
9.小説か、エッセイか?
10.書き手の孤独
10.書き手の孤独
11.江國香織さんと夏目漱石
11.江國香織さんと夏目漱石
12.読まなきゃあ、詠めない
12.読まなきゃあ、詠めない
13.短命に終わったブログの復元
13.短命に終わったブログの復元
奥付
奥付

閉じる


8.なぜ、江國香織さんなのか?

8.なぜ、江國香織さんなのか?

※以下はAmebaブログの記事です。この本に掲載したので、ブログ記事は削除しました。

なぜ、江國香織さんなのか?

2012-07-02 11:35:39
テーマ:創作について

このところ、江國香織さんの小説ばかりを読んでいる。江國さんの作品を読むようになったのは、私の読書歴のなかでは比較的最近のことである。

読むようになった切っ掛けを思い出そうとしているのだが、わからない。

そう言えば、妙な経験をしたことがある。短編集である『つめたいよるに』(新潮文庫)を読んでいて、いわゆる「既視感=デジャヴュ」を覚えたのだ。

絶対に読んだことはないはずだ――。そう思っていただけに不思議でたまらなかった。短編集のうちの一編だけなら、デジャヴュだったのだろうと思い直せばいい。

ところが、何編かの短編を読みながら、「あれっ!?」という具合に何度も既視感を覚えた。そのため、きっと以前に読んだことがあるにちがいないと結論づけるしかなかった。

いつ読んだのだろう? 未だに謎だ。

     *

私は小説を書いている。一人の書き手として江國さんの作品を読むと、文章のうまさと小説としてのさまざまなテクニックのさえに感心する。

とりわけうまいと思うのは、過去と現在の入り混じった文章の構成の巧みさと、視点の転換を処理する時の手際の良さだ。

自分には物語をつくる才能がないと、私は以前から思っている。たとえば、テレビドラマでも、映画でもいい。見た直後に、そのあらすじを尋ねられると、とたんに困ってしまう。要約できないのだ。

もちろん、小説のあらすじも満足に語ることができない。

テレビドラマや映画や小説のあらすじを臨場感たっぷりに語れる人がいる。つまり、ストーリーの根幹を外さず、きれいにまとめてくれるのである。

私には絶対にできないことだ。さらに言うなら、小説家を志す者としては致命的な欠点であろう。

     *

江國さんの小説の醍醐味は、いわゆる「ストーリー展開」ではないと思う。ストーリーテラーではないと言えば、江國さんには大変失礼な言い方になる。

たとえば、宮部みゆきさんが優れたストリーテラーであることを否定する人は、ほとんどいないだろう。「ストーリーテラー」という言葉は、ほめ言葉なのである。

江國さんの作品においては、ストーリー自体にそれほど重点が置かれてはいない。つまり、ミステリーやサスペンスといったジャンルの小説を書いているわけではない。

では、何に重点が置かれているのかといえば、シチュエーション(状況・場面)だと私は思う。

     *

「広義のミステリー」と呼ばれるジャンルで読者が求めるのはストーリーの展開である。

And then? And then? : それで? それからどうしたの?

という具合に、読者の目は結末をめざしてせわしく文字を追う。

     *

一方、江國さんの多くの小説においては、今起こりつつあることと過去に起こったこととが、入れ代わり立ち代わり記述されている。現在と過去が交錯するとも言えるだろう。

正確に言えば、現実と回想と空想とが交錯するのである。そうした小説では、「And then? And then? : それで? それからどうしたの?」という直線的なストーリーの展開は採用されない。

というか、そもそも小説の構造自体が直線的ではないために、読者はストーリーの進行と行き先にそれほど関心を払わないのである。

広義のミステリーを楽しみたい人であれば、現実と回想と空想とが入り混じった文体、あるいは文学理論でいう「意識の流れ」をつづった小説などには見向きもしないであろう。

     *

かつては私も広義のミステリーをめざして創作に励んだ時期があった。今は違う。

ストーリーの進行や展開を重視した作品よりも、シチュエーション(状況・場面)をじっくりと味わえる作品を書こうと努めている。言い換えると、読者がストーリーを追うのを楽しめるような工夫や文体を用いるのではなく、ストーリーの過程そのものを楽しめるような書き方の習得をめざしている。

江國さんの作品で、お気に入りの小説を何度も読んだと言うファンがきわめて多いのには驚く。広義のミステリーのファンで、そう言う人は少ないのではないだろうか。私は何度も読めるような小説が好きだし、また自分でも書いてみたいと思う。

だから、江國香織さんなのである。