閉じる


第1章.図書館の現状分析

第1章.図書館の現状分析

 戦後の日本の図書館の歴史を大まかにみると、学生の勉強部屋時代、貸出サービス中心時代、滞在型時代と推移するとともに、図書館数や来館者数、貸出冊数は時代とともに飛躍的に増えてきています。最近ではインターネットの普及で、情報通信技術を取り入れたサービスを実施している図書館もあります。ビジネス支援、健康・情報サービスなどに取り組む課題解決型図書館というものも出てきています。

 議論の中で、私たちのメンバーは図書館勤務年数が短いためか「課題解決型図書館」を標榜しているわりには、現在の図書館界が抱えている課題を解決していないのに課題解決を掲げるのはおこがましいのではないかという意見が出ました。

 身近なところでは、サービス対象の偏り、新規サービスがなかなか現れない、施設の老朽化、IT技術への対応の遅れ、資料費削減など、図書館が抱えている問題を列挙するだけでため息が出ます。

 

 このような現状を踏まえ、今回は以下のように設定しました。

 ある自治体で4年後に開館する図書館(小規模な地域館)の館長公募があり、20代のA氏が応募したところ、抜擢人事で図書館長に就任することになりました。A氏は準備室を立ち上げてチームを作り、1週間後、関係者に対して館長としてのビジョンとプランを示すことになりました。

2章以降は、チームが1週間後に関係者に示すプランです。

 

【ある自治体の概要】

人口:13万人。

就業構造:工場や研究所が近隣の自治体より多く、住んでいる人の就業率が高い。

年齢特徴:年齢別人口は35歳から39歳までが最も多い。

地理的・歴史的な特徴:城跡や古墳などがあり、土器や石器が出土することもある。

交通:鉄道やバスなどの公共交通機関が充実している。東京(新宿)には40分程度で着く。

環境:開発が進んでいるが、できるだけ自然を残そうとしている。

財政力指数:1.5

経常収支比率:88%。

図書館の現状:中央図書館と5つの地域館の6館で構成。年間図書館利用者数はのべ25万人、蔵書数55万冊。画一的な蔵書構成になっており、それぞれの地域性がアピールされていない。地域資料、寄贈資料の収集、保存、提供体制が整っていない。今回は蔵書数10万冊予定。

利用者の特性:ビジネスマン、主婦の利用で占められている。