twitterアカウントでログイン

カテゴリー 小説・ノンフィクション ノンフィクション , ヒューマンドラマ 作者 nobvko《水野暢子》
価格 無料
タグ 赤毛のアンL.M. モンゴメリモンゴメリブロンテシャーロット・ブロンテエミリー・ブロンテアン・シャーリー村岡花子アン
ダウンロード

ファイルをダウンロードする

PDF

ePub

MOBI

417 ダウンロード

Kindleに送信

Kindleに送る

状態 完成 ページ数 27ページ (Web閲覧)
49ページ (PDF)
評判 ブクログ

レビューをみる

ブログパーツ

この本をブログで紹介する

外部連携
世界で読み継がれている『赤毛のアン』。
モンゴメリはなぜアン・シャーリーを結婚させ、家庭婦人にしたのか。
エミリーシリーズでは何を描こうとしたのか。
モンゴメリが描いた至高の女性像の元型を探ります。
(2012.9.2 改訂)

コメント一覧

檀原さん、 拙論をご購入頂きありがとうございました!  檀原さまの取材力には遥かに及びませんが、欧米のモンゴメリ研究者の間でも未だ指摘されていない、既成のものとはやや異なるモンゴメリ像を、私なりに浮き彫りに出来たと思っております。 檀原さまからのコメントは、とても励みになりました。 重ねてお礼申し上げます。ありがとうございました。
nobvko《水野暢子》 : 2011-08-28 09:11:05

水野さんの新発見なのか、あるいは海外では既に知られた新説なのかは分かりませんが、「読もう」という気にさせられました。「パブー」で有料商品を購入しましたのは、初めてです。
スタジオ天神橋 : 2011-08-27 12:41:54

目から鱗の新発見(?)満載で、「赤毛のアン」ファンならずとも興味深く読める内容ですね。モンゴメリの他のシリーズや、ブロンテの作品を読んでみたくなりました。
宗倉 徹 : 2011-05-06 06:49:24

facebook コメント一覧