閉じる


<<最初から読む

23 / 24ページ

毎度毎度、ご覧いただきまして……

 ありがとうございます!! 一応、作者です。これは10歳代の時に、エルガイムが「ヘビーメタル」ならば、リップスは「ライトムーヴァー」だ!! という単なる思いつきから始まった軍記物です。ファンタジックヒーロー物とでもいいましょうかねえ。広大なハードディスクのどこかに、文章の残渣が残っていないかどうか、現在、鋭意確認中なんですけどもねえ……。

 

 そもそも、架空の大陸の、架空の国同士のいさかいを想像至らしめることは、容易ならざる行為だと思います。やっててつくづくそう思います。ご覧になられている方は、もっと難しいことでしょう。図解をするか……。絵にした方がずっとわかりやすいのですが、如何せん小説ですので、そこは推し量ってください。

2010年10月1日 93ダウンロード、443ページビュー、ありがとうございます!!

 どこかの誰かのiPad端末やパソコンで読まれているかと思うと、恥ずかしくもあり、嬉しくもあります。では、作者でした。

 

2011年1月9日 謹賀新年!!

 

 あけましておめでとうございます。今年もよろしくです。紅葉野日記に煮詰まったのと、姓名の順を、日本風にしたこと。(これは前に、名→姓というふうに、欧米風にしろというアドバイスがあったが、違和感があり、その後、そのアドバイスしてくれた人も消えたことから日本風に)姓→名の順にしました。初期設定がそれだからね。じゃあ、他を書きます!!

 

2011年9月20日 お久しぶりです!!

 

 お久しぶりです、作者です。このお話は、東欧の民主化(チャウシェスク政権だとか)に刺激されて書き始めたものです、そもそもが。そして、世界観を勝手に変えていった結果、どうなったかというと、西ビザリナ(バイザル公国)と東ビザリナ(ビザリナ共和国)の戦いという具合に戦況は悪化して行きます。のんびりキャラバンをやってきたみんなも、侵略してくる勢力に対しては、戦いを挑まざるを得なくなります。

 

2011年10月3日 内部的に章を立てました

 

 どうも、作者です。内部的に章を立てました。バイザル皇国が滅びるまでを書こうとしたら、結構なボリュームになりましたので、リップス2を作る必要があるのかなと。

 

2011年10月5日 Lipsという名の女性ファッション雑誌ができました

 

 こら! 勝手に盗ってんじゃない! マガジンハウスめ! http://lipsmagazine.jp/

 

2011年10月16日 こうやって一年はあっという間に過ぎて行くものなのですね

 

 597ダウンロード、ありがとうございます。少しずつ手を入れていっています。さて、どこに伏線を張り、どんなハプニングを入れようか考え中です。書きながら考える。

 

2012年3月24日 ああ、越年してしまった

 年を越してしまいました。が、忘れたわけではありませんよ。舞台設定をいかに分かりやすく簡潔に正確に書けるか、が問題ですね。正しいイメージを持っていただけるような文脈。何も考えていないようで、案外アタマを使っているものなのですよ。

 

2012年3月25日 おまけのストーリーを後部に移動させました

 本編と紛らわしいので、校正の時も大変なので、そうしました。章やページは予告なく変更する場合があります。

 

2013年3月17日 本格始動?していますので、合間を見て書きます。

 

2013年4月27日 フラン・ドレイク首相……では「共和国」としてはおかしいだろう、と思って、「大統領」に直しました。首相はその下位にあるので、別な名前を考えないと……。

 

 ラノベ入門の本、ラノベを書いたことがある人の書籍がいいな。amazonで見繕うか。あんまりお金ないけど。これ以上使うと、来月の公共料金&食費に影響するからねー。

 

 ライトニングケーブル(iPhone5用)を、間違えて0.5mのを買ってしまって、届いた品物を開けてびっくり。短すぎた……。1mで良かったんだ……。また散財してしまった……。

 

 迷った挙げ句、アマゾンで冲方丁さんの文庫本2冊を買って(たぶん読んでいて頭痛がしないだろうから)明日か明後日に着くと思います。運送会社さんお疲れさまです。実際にラノベを書いた人にしか分からないこともあるかと思うんです。榎本秋さんごめんなさい。今回はパスです。

 

 デイビット・ロッジさんの「小説の技巧」を以前図書館で借りて読み、アマゾンで売ってましたが、外国の作品を出されてもピンと来なかったので、今回は注文しませんでした。

 

 ブクログのパブーで書いていると、書きかけでバレてしまう。一太郎創で書いたらどうだろう。折角あるんだし。何ならメモ帳でもいいんですが。プレーンテキストなので。それよりも、このWindows VistaからHDDとOSを入れ替えて使っているHP Compaqのパソコンの寿命が心配。

 

 一太郎「承」(2012年)でした。一太郎8の頃から始めて、バージョンアップ版を続けて来た結果、現在の「承」になるわけですが、ワープロなので、そう画期的に機能が良くなるわけでもなく、2~3年に1度は買い換えているという案配です。それよりも、Office2007の後継を。

 

 ほんの少し「リップス」が進んだ。この世にもあの世にもない地名や固有名詞をひねり出すだけでも頭が痛い。地球に似た全く違う大陸棚なので、よけいにややこしい。しかも、ビザリナ共和国はダウンアンダーの(オーストラリアのような)場所にある。これをどうスムーズに説明するかですね。

 

2013年5月2日 ゴールデンウィークを利用して、小説を一太郎で書きまくるので、パブーで進めずに、一太郎承で進める予定です。これは自分自身との闘いだ。……おにぎりとコーヒーだけでは、お腹が空くなあ……。

 

2013年5月18日 ちょっとだけネタバレになるけれど、キャラクター設定に肉付けしました。

 

2013年5月24日 日曜日はおいらの43歳のバースデー。ワイフはいないけどね(涙)。18歳の頃からずっと20年ばかり働いてきて、いまは病気療養中です。このリップスは、エルガイムの頃からずっと考え続けて来た代物で、時流に合わないだろうけど、面白いので完結させたい小説です。伊丹市立図書館に行ってラノベのいろいろな指南本をまた借りて来て読んでいます。遅咲きのデビューになりそうですね。が、しかーし、物書きに定年などないのであった! 今日は風邪気味で作業所を休んだけど、まだまだ頑張ります!

 

2013年8月18日 しばらく前に、市立伊丹病院の糖尿病内科に3週間ほど入院してました。友人が大荷物で困っている時に、病院までクルマを出してもらい、無事帰りました。さて、コンビニの書棚を見るともなく見ていたら、「クリエーターとプレイヤーのためのファンタジー事典」(笠倉出版社)をゲットしました。

 

これが剣と魔法のファンタジーバイブルだ!

 

……というわけで、これを読み込んで、設定に活かして行きたいと思います。半分ぐらいは知っていたものの、半分は(RPGをやらない人なので)知らなかったです。はい。

 

2013年11月4日 811ダウンロード、5906ページビュー。これは「世界設定が解りにくい」「もう少し頑張れよ」という、皆さんの意思表示だと思っています。架空の大陸、ダウンアンダー、姿の見えないバイザル皇国軍、物事がこれからはとんとん拍子で進まなくなるなど、これからのリップスに期待して頂きたいものです。意外な戦死者が出て、意外な人物が報復する、などのメンバーの活躍というか、悲喜こもごもが展開されて行く予定です。

 

2014年10月10日 高校生の頃に書いたノートが出て来まして、ジョマ・グリシアがむかし、ジョル・ビパーツであることが書かれていました。これを利用しない手はない、というわけで、登場人物設定では、バイザル皇国版リップス、という立場で、解放戦線協議会という民兵組織のリーダーという設定を加えました。


奥付



リップス -The cosmic navigator-


http://p.booklog.jp/book/2484


著者 : 田所稲造
著者プロフィール:http://p.booklog.jp/users/inazotaddy/profile


感想はこちらのコメントへ
http://p.booklog.jp/book/2484



電子書籍プラットフォーム : パブー(http://p.booklog.jp/)
運営会社:デザインエッグ株式会社




この本の内容は以上です。


読者登録

田所稲造さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について