目次
5月の星座 うみへび座
ゴールデン・ウィークは、和製英語
八十八夜の別れ霜・泣き霜
5月5日の菖蒲湯
端午の節句
風の香り
新緑の風薫る季節
藤の歴史と魅力
油断できない5月の天気
5月のこよみ
強い低気圧メイストーム
雷にご用心
低気圧の通過
「事」を先送りしてませんか?
星座になったギリシア神話「ヘルクレス座」
アサリは女性の味方
体調が悪い時の食事
目を使うと血液を消耗する!?
夢で分かるあなたの体調
気に関する養生法「肺気を高める」
現代医療の落とし穴
生命力遺伝子
痛みの見分け方と養生
ストレスと風邪
アロマセラピー?アロマテラピー?
ピンクの呼吸法
山菜で春の身体にチェンジ!
庶民も楽しんだ会席料理
フードファディズムに陥らないために
日本で最初にラーメンを食べたのは?
食の不安と安心について
おばあちゃんのご飯
焼肉発祥は日本?韓国?
肝を補う酸味の食材
子宝養生学
ヨウ素過剰症を防ぐ組み合わせ
甘いものの食べ過ぎと胃アトニー
皮膚は、もっとも大きな解毒代謝機構
水道水はそんなに悪いの?
(電子レンジレシピ)「白菜のナムル」
(電子レンジレシピ)「そら豆の塩ゆで」
(電子レンジレシピ)「フキの下ゆで」
(電子レンジレシピ)「「超簡単」--目玉焼き (卵1個分)」
(電子レンジレシピ)「超速・浅漬け」
ハーブ寿司
果実酒(酢)を楽しむ
個人用の箸と茶碗を分ける食文化
ちょっとお茶でも…
天皇家のお食事
整理整頓BOX
フレッシュ・ストロベリー・ティー
入れ歯が変わる 
「ボケ」と「ズレ」
独楽吟と車輪吟
働かないアリ
橋について考える
人に優しい、「土佐藩」
無用の用ならぬ無能の能
戦いには勢いが必要
学年不要論
福澤諭吉は勝海舟が嫌いだった?
権限が集中することの危険と効用
高級レストランでのマナー
犬に残飯をあげる是非
国旗ってなに?
なんでもデジタル 
簡単に始まってなかった武士の時代
『古事記』の神々(その2)
「情けが仇」の見本?
低燃費車が人気沸騰
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

9 / 71ページ

試し読みできます

油断できない5月の天気

5月と言えば、「さつき晴れ」、

「風薫る5月」、そんなことばをとっさに連想される方も多いでしょう。

 しかし、その穏やかでさわやかなイメージとは裏腹になかなか油断できない時期なんですよ!

 特に農業をされている方は、「5月の遅霜」に注意が必要です。

「星がたくさん見えるときは冷え込む」というお天気のことわざを聞いたことはないでしょうか? 冬場の方がよく使う表現です。これは「放射冷却現象」と言って、雲のない夜に、地表付近の熱が空気中に逃げ出してしまう現象のせいなのです。逆に雲が出ている夜は、地面と雲とが熱を反射し合って暖め合うために地表の気温はさほど下がらないのです。(掛け布団と敷布団のイメージです)

 ついでに言いますと、霜の出やすい条件は同時に霧も発生しやすい条件なので、霧にも注意しましょう!

 また、雲がないということは、太陽が出てから気温が上がりやすいということですので、日中は暑くなることが多いです。

 もう一点、5月の天気で重要なことがあります。それは「メイストーム」。「メイ」は「5月」、「ストーム」は「嵐」。そう、「5月の嵐」のことなのです。

 5月は、日本付近で低気圧が急速に発達することが多い時期に当たっています。ですから、大雨や洪水なども過去に観測された時期ですので、油断は禁物です!

 とは言え。一年に何度もない大型連休のある五月。空には穏やかにしていてもらって、楽しく過ごしたいものですね。

(気象予報士 チャーリー/絵:吉田たつちか)
2004-05
 


試し読みできます

5月のこよみ

 五月の二十四節季にはまず立夏(りっか)があります。初候「蛙始鳴 かわずなきはじめる 蛙が鳴き始める」次候「蚯蚓出 みみずいずる みみずが地上に這い出る」末候「竹笋生 たけのこしょうず 竹の子が生えてくる」。

 もう一つは小満(しょうまん)で、初候「蚕起食桑 かいこおきてくわをはむ 蚕が桑を食べ始める」次候「紅花栄 べにばなさかう 紅花が咲き誇る」末候「麦秋至 むぎのときいたる 麦秋となる」。

 五月五日ごろ、立夏のころは雑節でいう八十八夜のすぐあとです。今の暦に照らすなら、会社勤めをされている方がゴールデンウィークを利用して田植えをする、ようやく水の張られた田んぼでオタマジャクシが蛙になり鳴き始めて、夏の訪れを告げるといった風情でしょうか。

 歳時記では竹の子(筍)も夏の季語になっています。桑は春に美しく芽吹き始めるということでそれ自身では春の季語です。今では桑の葉も蚕も紅花も、滅多に見られませんが、桑を食べて成長した蚕が紡いだ生糸を紅花の赤で染めていた昔の暮らしぶりが目に浮かぶようです。

 そうして五月の末。五月の初めに植えられた稲が青々と大きくなってきたころ、逆に麦は黄金色に実り、収穫の時期を迎えるのですね。

「五月(さつき)晴れ」ということばがよく使われます。確かに五月は晴れておだやかな日が多い印象がありますが、元はこれは旧暦の五月のこと、つまり今で言う梅雨の合間の晴天を指すことばです。

 その一方で。日本の気象には「メイ・ストーム」という用語があります。ことばどおり、「五月の嵐」です。暦の上では夏を迎えても、季節はそんなに人間の思いのままに

は移ってはくれません。「五月晴れ」が続くと言って油断をしていたら、台風並みの暴風雨をともなって低気圧がやってくるのはよくあることです。

 また「五月の遅霜(おそじも)」というのもせっかく出た新芽を枯らしてしまう原因になります。

 五月はまだまだ寒暖が安定しない時期です。農作物には直接関わりのない方々も、交通機関への影響や健康管理には充分にお気を付け下さい! そうして何より、この月の

気温が、あとの季節の野菜の値段にも反映されてくることをくれぐれもお忘れなく!!

(気象予報士 チャーリー)2012-05


試し読みできます

強い低気圧メイストーム

風薫る五月。楽しいゴールデン・ウィークを過ごされる方も多いでしょう。  

五月は、八月と同じくらい日照時間が長いというデータがあるほど、安定した晴れの日が続きます。暑い日になると、日中の最高気温が25度を超える夏日になることもたびたびです。しかし、本当の夏は梅雨のあとにやってくるもの。五月といえどもまだまだ冬の名残が悪さをするのです。  

前述のとおり、五月は晴れる日が多く気温も上がります。

が、上空にはまだ寒気の名残がやってくることがあります。上空に強い寒気を伴った強い低気圧を 「メイストーム」と言います。意味はそのまんま、「五月の嵐」です。  

一般に、地表付近と上空との気温の差が大きければ 大きいほど、大気の状態は不安定になります。また、 その条件は低気圧を発達させるのにも好都合で、北日 本や日本海を発達しながら台風並みに成長して日本列島に嵐を巻き起こします。この場合は大雨、突風、落雷といった現象に注意が必要です。竜巻が起きる可能性も充分にあります。  

休日に、山や海でレジャーをしているときにメイストームに遭遇すると大変なことになります。山は土砂災害の危険がありますし、まだ雪が残っているところでは雪崩の恐れもあります。海は高波が押し寄せ、満潮と重なると低地に浸水することも予想されます。 「まさか五月に天気が荒れることはないだろう」 と油断せずに、レジャーに出かける前にはちゃんと天気予報をチェックしておいて下さい。  

また、ことわざにもあるように、本当に、「山の天 気は変わりやすい」です。急な雷雨で河川が増水する こともありますので、くれぐれもご注意を!

(気象予報士 チャーリー/絵:吉田たつちか)2007.05


試し読みできます

雷にご用心

5月はさわやかで過ごしやすい季節です。が、上空にはたまに冬の寒気が居座って、メイストームという荒れたお天気になることもあります。そんなときに油断できないのが、雷です。

一番身近な雷は、寒冷前線の通過によるものです。これは5月に限らず一年中発現の可能性があります。

また、積乱雲が発達したときも、落雷のおそれがあります。積乱雲と言えば夏というイメージが強いですが、テレビ等でよく耳にする「冬型気圧配置に伴う筋状の雲」あの正体も、実は列を為した積乱雲で、よって冬の日本海側の地域では非常によく雷が発生します。

積乱雲というのは、上空寒冷下層暖湿、つまり上層と下層の温度差が大きければ大きいほど、その差を解消するために対流が活発になり、発達します。積乱雲の中で、-10℃くらいの層は負の電気を帯びており、それより上の-30℃くらいの層と-10℃くらいの層では正の電気があり、これが雷の原因になります。

さて、雷鳴とはどういう現象かご存知でしょうか? 

電圧十億ボルトの雷が、本来絶縁体で電気を通さない空気をぶち破る音なのです。「ゴロゴロと雷鳴が聞こえてくるのは10kmから」と言われています。よく知られているように、雷は高いものをめがけて落ちます。

雷鳴が聞こえたら、たとえそれが遠くても、姿勢を低くし、いち早く建物の中に逃げ込んで、雷鳴が聞こえなくなるまで用心して避難していて下さい。また、直撃を受けた物や人から近くにいる人に放電する「側撃」ということもあります。集団で登下校する子どもには要注意です。

5月というレジャーシーズン、サーフィンやゴルフでも、雷には充分にご注意の上お楽しみ頂きたいと思います。

(文:気象予報士 チャーリー/絵:吉田たつちか)

2011-05


試し読みできます

低気圧の通過

中緯度帯に位置する日本では、梅雨前線等の前線が停滞する時期以外はおおむね、高気圧と低気圧が、西から東へ交互に通り過ぎ、日々のお天気を変えています。

高気圧の前面は下降気流域になっているため、それそのものによるお天気の崩れはほとんどありません。

しかし高気圧後面から低気圧前面にかけては上昇流域になり、空には高いところに雲が現れ始めます。気温も上がります。

このころ、しとしとと雨が降ることがありますが、それは温暖前線が通過することによるものです。そのあとは南よりの風が吹き込んでさらに気温は上がりますが、空は次第に暗く、厚い雲に覆われるようになってきます。

やがて雲が低くたちこめるようになってくると、激しい雨になります。これが寒冷前線の通過です。このとき、場合によっては、雹(ひょう)が降ったり落雷が起こったりすることもあります。

そして雨が上がると、急激に風向きが北寄りに変わり、風速も強くなり、気温も一気に下がります。

しかしそのころには低気圧の下降流域に入っていて、次の高気圧につながっていくので、次第に風お天気ともに安定してきます。

そうしてまた高気圧の中心が過ぎると空高くに雲が現れて……、と、それを繰り返して日本のお天気や、大きく言えば季節は変化を繰り返していくのです。

高気圧や低気圧の進行速度は、上空を流れる偏西風・ジェット気流の速度に影響されます。上層から下層までの風や湿度等の要素を考慮して週間天気予報などが毎日発表されているのです。

「風の向くまま」とか「風にまかせて」ということばもあるように、お天気の移り変わりにもおおらかでありたいと願います。

(気象予報士 チャーリー/絵:吉田たつちか)
2008.05


試し読みできます

「事」を先送りしてませんか?

 現代日本人の多くは、「明朝、目が覚めても、これまでと変わらない日常が続いている。」と思いこんでいるように思えるのです。で、その根拠は何なのでしょうか?昨日まで、ピンピンしていた人が突然、亡くなるなんて話、別に無い訳じゃないですよね。昨日まで普通にしていた人が、翌朝、脳梗塞だったかで目の前で倒れられたのを見たことがあります。その方は、そのまま、救急車で運ばれましたが、一週間ほどして、亡くなりましたよ。

 また、百歩譲って、仮に病気でなかったとしても、事故という可能性もあるわけでしょう?これだけ、車が走っているんです。

自分が気をつけていても、交通事故に巻き込まれるってこともありますよね?私自身、検査手術で日帰り入院したところ、初歩的な医療ミスで、あと少しで死ぬところだった・・・という経験がありますよ。(妙なもので、このとき、病院に行く前に、ちらっと一瞬、「人間って、案外、こんな何でもないことで死んだりしてね・・・」って頭をよぎりました。でも、すぐに、「いくら何でも、検査手術なんだから、そんなことあるはずがないよな」と思い直し、そのまま、病院に向かいましたが、そのとき、心底にあったものは、間違いなく「まさか、俺が・・・」という根拠のない思いこみでした。)

さらに言えば、地震もまた然り。今回の東日本大震災で亡くなった方々は、誰もが翌朝も、翌々朝も、目覚めると同じ日常が続いていると、信じて疑われなかったのではないでしょうか?

そう考えれば、藤堂高虎のような戦国武者で無くとも、今日、布団に入るときに明日も同じ生活が続いていると考えることは、単なる思いこみに過ぎないのではと思えて成りません。

・・・何だか、保険の勧誘みたいになってきましたね(笑)。

もっとも、そう、イチイチ気にしていたのでは、到底、生きていけないのも、また、現代社会の動かし難い現実です。

(ユリウス・カエサルは、数々の暗殺の危険に対し、「怯えて生きるよりも死んだ方がマシ」と意に介さなかったとか。)

私が言いたいのは、別に保険の心配をしろということではなく、「事」を先送りしてませんか?ということです。

先送りとは、明日も、明後日も、いつもと変わらない日常が続いていることが前提なのですから・・・。

「この世に生を受けたるは事を成すが為にあり」と言います。

その意味で、藤堂高虎のこの言葉は、平和社会に生きる現代人に、「刹那刹那を疎かにすることなく生きる」ことの意義を問いかけているように思えて成りません。

ということで、一献、誘うなら今ですよ、御同輩・・・。

(小説家 池田平太郎/絵:吉田たつちか)
2011-05



読者登録

atecさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について