目次
5月の星座 うみへび座
ゴールデン・ウィークは、和製英語
八十八夜の別れ霜・泣き霜
5月5日の菖蒲湯
端午の節句
風の香り
新緑の風薫る季節
藤の歴史と魅力
油断できない5月の天気
5月のこよみ
強い低気圧メイストーム
雷にご用心
低気圧の通過
「事」を先送りしてませんか?
星座になったギリシア神話「ヘルクレス座」
アサリは女性の味方
体調が悪い時の食事
目を使うと血液を消耗する!?
夢で分かるあなたの体調
気に関する養生法「肺気を高める」
現代医療の落とし穴
生命力遺伝子
痛みの見分け方と養生
ストレスと風邪
アロマセラピー?アロマテラピー?
ピンクの呼吸法
山菜で春の身体にチェンジ!
庶民も楽しんだ会席料理
フードファディズムに陥らないために
日本で最初にラーメンを食べたのは?
食の不安と安心について
おばあちゃんのご飯
焼肉発祥は日本?韓国?
肝を補う酸味の食材
子宝養生学
ヨウ素過剰症を防ぐ組み合わせ
甘いものの食べ過ぎと胃アトニー
皮膚は、もっとも大きな解毒代謝機構
水道水はそんなに悪いの?
食事からのホルモンについて
(電子レンジレシピ)「白菜のナムル」
(電子レンジレシピ)「そら豆の塩ゆで」
(電子レンジレシピ)「フキの下ゆで」
(電子レンジレシピ)「「超簡単」--目玉焼き (卵1個分)」
(電子レンジレシピ)「超速・浅漬け」
ハーブ寿司
果実酒(酢)を楽しむ
個人用の箸と茶碗を分ける食文化
ちょっとお茶でも…
天皇家のお食事
アメリカの食文化
整理整頓BOX
フレッシュ・ストロベリー・ティー
入れ歯が変わる 
「ボケ」と「ズレ」
独楽吟と車輪吟
働かないアリ
令和元年
橋について考える
人に優しい、「土佐藩」
無用の用ならぬ無能の能
戦いには勢いが必要
学年不要論
福澤諭吉は勝海舟が嫌いだった?
権限が集中することの危険と効用
辛抱のチンギス・ハン 
高級レストランでのマナー
犬に残飯をあげる是非
国旗ってなに?
なんでもデジタル 
簡単に始まってなかった武士の時代
『古事記』の神々(その2)
「情けが仇」の見本?
低燃費車が人気沸騰
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

21 / 75ページ

試し読みできます

現代医療の落とし穴

高血圧、糖尿、アトピー性皮膚炎、ガン・・・等、見かけ上なかなか改善しない病気。こんなにも現代医学は発展しているのに、何故治すことができないのだろうか?

それは、治す方向がずれているから・・・。

例えば、風邪! 風邪は体力の低下、冷え、度重なるストレスなどで免疫力が低下したときにもらってしまう。

従って、十分に体を休め、胃腸をいたわる食事をすれば、自然に回復し、風邪をひかない体質を作ってゆける。

風邪をひいたときの発熱は、ウイルスをやっつけるための体の防衛反応であり、鼻水や咳もウイルスを排泄するための反応。

ところが、人間はこれをイヤなもの、あってはならないものとして、忌み嫌ってしまったのですね。

だから治療家は、民の声に応え、不快な発熱は解熱剤で抑え鼻水や咳は無理矢理に止めてしまう。不快感が消えれば治ったとする。それで、自力で治る機会を失うわけです。

高血圧にしても、糖尿にしても、ガンにしても、皆同じ。原因が判らないのに表に出ている所を消そうと必死になっている。

何で体は血圧をあげているのか?どうして血圧を上げなくてはならない状況なのか?という事を無視して、ただ無理矢理に症状を抑えこもうとする!だから治らないわけです。

これは、医療者ばかりを攻めても仕方がないです。もともと自力で養生する!という医療教育が我が国にはありません。

だから病気になったら即病院に行って、治してもらうのが当たり前!

不快な症状がとれれば、病気が治ったという錯覚!

しかし患者さんが「とにかく痛みを早く何とかしてくれ!」と訴えているのに、「今の症状は治るための、大切な治癒反応!もうしばらくの辛抱です。・・・となれば、おそらくその病院は潰れてしまいますよね・・・。

安保先生は大多数の常識を覆すようなこの事実を、「辛抱強く啓蒙してゆく必要があるね!」とおっしゃっていました。

私の薬局には、病院に長年かかっても良くならず「何かおかしい!」という気づきがあった方ばかりが訪れます。(中途半端な気持ちの方はわざわざご遠方からやってこられませんから・・・)

世の中の9割以上の方が「漢方は、高い!効き目が遅い!怪しい!養生なんてなまぬるい!面倒だ!そんなもので病気が治るか!」と思っておられるので、ごく僅かの気づきがあった方のみしか、わざわざやってこられません。

ですので、こちらも真剣になって養生の仕方をアドバイスすることができ、皆さん真から元気になってゆかれます。

多くの方が体の反応を知り、それを助ける漢方や養生と出会えば、治癒する病気が山ほどあるのに、残念ですね。

ただ、これ以上患者さんが増えると、丁寧なアドバイスができなくなるので、このくらいでよいのかも(笑)啓蒙するには、養生をアドバイスできる治療家も増やさないといけませんね。(安保先生との対談から③)

(薬剤師、薬食同源アドバイザー   高田理恵/絵:吉田たつちか)
2008.05


試し読みできます

ストレスと風邪

ストレスでイライラしていると、思わぬ風邪をこじらせてしまうことがあります。

ストレスは、体の中の気を塞ぐため、のどの部分やお腹の部分に風船玉のようなガス溜まりを作りやすくなります。

すると、胸が塞がった感じ、お腹が張る、やたらとおならやげっぷが出る、脇腹が痛むなどの症状が現れます。

女性では、さほどストレスを感じていなくても、排卵時や月経前~月経中にかけて、お腹にガスが溜まりやすくなります。これは、骨盤内が充血して、腸を圧迫しやすくなるためです。

このような体調の時に、たまたま風邪をひくと、かなりこじらせることがあります。

通常、風邪をひいたときには、最初は体表面から邪気が侵入し、悪寒発熱、体表の痛み、頭痛などが現れ次第に内部へ侵入してゆきます。

邪気が内部に進むと、肺や胃腸などの臓腑に炎症を起こすようになります。

病気を治す順序としても、邪気が体表にあるうちは、汗をかかせたりして、解表して追い出す方法をとり、少し中へ進むと、寒熱補瀉のバランスを調整する和解法をとり、さらに中へ進めば、便や尿に下して積極的に邪気を追い出してゆきます。

ところが、ストレスなどで、体にガス溜まりができていると、風邪の邪気が正常なルートで侵入できなくなります。

つまり、幹線道路をガスで塞がれているため、小さな脇道を使ってあちこちから体の奥に侵入します。

多くのお薬は、幹線道路に対応して作られているので、脇道に侵入されると、とてもやっつけにくくなります。

あれこれと手をこまねいているうちに、肺炎を起こしてしまったり髄膜炎を起こしたり・・・と最悪な結果にもなりかねません。

正常な経絡をガスで塞がれると、このような横道から、ウイルスが脳に入る可能性も出てきます。

このようなことにならないよう、もしもガス溜まりがあって風邪をひいてしまったら、みかん、グレープフルーツ、伊予柑などの柑橘類やジャスミン茶などを飲んで、ガスの通りをよくしてください。

イモ類、ゴボウ、豆類などは、ガスを同時に溜めやすいので、これらの食品をとったときは、デザートに柑橘類をもってくるのがよいですね。

(薬剤師、薬食同源アドバイザー   高田理恵/絵:吉田たつちか)2007.05 
 


試し読みできます

アロマセラピー?アロマテラピー?

ここ数年注目を集めている「アロマ」。けれども、ものによって「アロマセラピー」と表示してあったり「アロマテラピー」と書いてあったり・・ 皆さんの中にはこの違いに疑問を持つ方も多いのではないでしょうか。

アロマセラピー(aromatherapy)は「香り(aroma)

」を使った「療法(therapy)」-つまり芳香療法のことです。セラピーは英語読み、テラピーはフランス語読みからこの違いはきています。イギリスとフランスではアロマで使われる精油(エッセンシャルオイル)の使い方が異なります。フランスでは薬に比べて副作用の少なく自然治癒力を高める精油を一部の医者が薬の代わりに使って治療することがあります。イギリスでは病気の予防や医者に見せるまでもないちょっとした体の不調やスキンケア、メンタルケアのバランスをとるためにアロマを日常生活に取り入れています。日本では精油は薬として認められていません。いくら同じ植物を同じ畑から採取しても天候の具合によって毎年成分が微妙に変わり常に薬のように一定ではないからです。ですのでどちらも正しい言い方ですが、日本で皆さんがやっているアロマは「アロマセラピー」というこになります。新生活も始まり緊張などで心や体のバランスが崩れやすい時期です。そんな時はアロマセラピーを日常生活に取り入れてみてはいかがでしょうか。

(コラムニスト TOKO/絵:吉田たつちか)
2005-05


試し読みできます

ピンクの呼吸法

春になると必ず目にするのがピンク!

洋服・メイク・お店のディスプレー、そして自然界など私たちの身の回りにもピンクはあふれています。

ピンクには不思議な力があります。

ピンクはもともと愛情や優しさを表す色です。

気持ちがやさしくなり、慈悲の心も生まれます。

人は幸せな時にピンクを選ぶ傾向があります。

彼氏・彼女とうまくいっている時、何かいい事があった時は、ピンクに惹かれます。

また、ピンクはホルモンバランスを整えるので、婦人科系の病気を緩和させる効果もあります。

そして若返りの色です。

そこで、今日は「ピンクの呼吸法」というものを紹介したいと思います。

アメリカでは盛んに行われている方法で、ピンクをイメージして若返りをはかることができるんです。

「カラーブリージング」と言われています。

やり方は、まず、ゆったりと座って、リラックスしてください。

次に、ピンク色のものを見ながら、もしくはピンクをイメージして、「自分がピンク色に包まれている、ピンク色が体に入って全身を満たしている。」と思いながら鼻から大きく息を吸います。

そして、それまで体の中にあった汚れた色・濁った色をすべて吐き出すイメージで口から息を吐いてください。

それまで体の中にあった、濁った色を口から吐き出します。

そうすると、シミ・しわが消えて、若返っていくのです。

1日に数回行うのが効果的だといわれてます。

これは、ちゃんと実証もされているんですよ。

みなさんも試してみてくださいね☆

何かイライラするとか落ち着かないという時は、淡いピンクの室内にすると気持がリラックスしてやさしい気分になれます。

その意味でも、ピンクは癒しの色とも言えます。

(カラーコンサルタント 山田美帆/絵:吉田たつちか)
2005-05


試し読みできます

山菜で春の身体にチェンジ!

気温の変動の激しい4月に比べ、暖かくさわやかな5月。しかしなぜか体調不良の人も多いのがこの季節です。特に過去最大の飛散量になった今年のスギ花粉による花粉症や入学,就職,転勤などで新しい環境に変わったことによるストレスからくる5月病。 寒い冬から暖かい春への身体の切り替えがうまくいっていないと、春先に身体のバランスが崩れてしまいます。

 この硬くなった身体を程よくほぐすために、春の食材を適量摂ることがお勧めです。春の食材といえば山菜です。時々、つくしやワラビに含まれる発ガン性物質の危険性が取りざたされますが、これは体重の何倍もの量の生の山菜を長期間とりつづけた場合の動物実験の結果です。春のほんの限られた時期にだけ食べられる山菜は、そのほとんどが芽生えたばかりの新芽であり、ミネラル,ビタミンが豊富で、また十分な繊維質もふくむため、春先の体調不良の改善に一役買ってくれます。また日本人が昔から受け継いできたあく抜きをきちんとすれば、ビタミンを破壊する酵素は熱処理で分解され、水溶性の発ガン性物質は溶出してしまうので,何ら心配はありません。

 アブラナ科の各種の菜花もつぼみのうちに油いためやおひたしなどで食すことができます。花にはおしべにある花粉が含まれています。(花粉はあの栄養価のたかいローヤルゼリーの原料でもあります)これもビタミン、ミネラル、各種ホルモンを含むので、同様の効果が期待できます。

 お休みの日に、できれば朝日のあたる時間帯、のんびりと野山で山菜をつんだり、春の花をみながら散歩すると、よりいっそう身体のリセットに役立つでしょう。

(コラムニスト ブルック/絵:吉田たつちか)
2005-05


試し読みできます

庶民も楽しんだ会席料理

日本料理を代表するものに、『会席料理』いうものがあります。『本膳料理』の流れを汲むもので、『懐石料理』が、茶を楽しむための質素なものであるのに対して『会席料理』は酒を楽しむものですから、宴席や饗応に使われた豪華なものになります。

 結婚式などの正式料理として出される会席料理は、公家たちの宴席料理であった本膳料理の流れを汲んでいますが、この会席料理が成立したのは江戸時代中期から後期にかけての時代でした。

 江戸時代は、庶民がのびのびし出すと武士が「改革」と称する“倹約令”を出したのですがその“庶民がのびのびとした時代”に料理が発達し、政治家が“改革”や“倹約”と言い出すと、贅をつくした料理もまた倹約の対象となるため発達を止めねばなりません。

 なんだかバブル時代に“美食グルメブーム”が来たのと似ていますね。

 会席料理は「寛政の改革」を行なった松平定信という老中が解任されたあとの文化文政時代に、茶のための懐石料理から、酒や宴会のための会席料理へと分離成立したものです。

 会席料理は本膳料理や懐石料理のように、あまり作法にうるさくないというもの、庶民には入りやすかったのかも知れません。

 会席料理の“会席”とは俳句や連歌などの寄り合いの席という意味です、識字率が高かった庶民は、農民や商人も俳句や連歌を楽しみ、そして会席料理も楽しんだのでした。

 江戸、大阪、京都という都市で流行った料理は、そういった地方や郊外の趣味人たちにも伝わっていったといいます。

 日本の……、特に江戸時代の食文化は、支配者階級よりも、庶民が大きく発展させた世界的にもめずらしい食文化なのでした。

(食文化研究家 巨椋修/絵:そねたあゆみ)2013-05


試し読みできます

フードファディズムに陥らないために

 フードファディズム(food faddism )という言葉をご存知でしょうか。フードは食品で、ファディズムは「流行傾れ(かぶれ)」という意味です。要は、健康法や健康食品を過大評価し、ある種の信仰のように過信してしまうことですが、流行に敏感な日本人という民族は、このフードファディズムに特に陥りやすい民族のようです。

 テレビで「納豆が○○にいい」、あるいは「バナナが△△にいい」と言われれば、翌日にはスーパーの店頭から納豆やバナナがたちまちなくなってしまうという状態がよくみかけられます。

 フードファディズムが蔓延する背景にはマスコミの視聴率偏重主義や商業主義が深く関わっています。放送中止に追い込まれたテレビ番組「あるある大事典」のように、センセーショナリズムを追及する余り、ついには捏造にまで手を染めてしまい、社会問題にまで発展するということがありました。

 フードファディズムに陥らないためにはメディアリテラシーを磨くことが重要であるといわれています。氾濫する情報の中から本物を見極める目「メディアリテラシー」を養うことができれば、偽ものを掴まされることも少なくなることでしょう。

 しかし、一方ではフードファディズムという言葉が逆に健康食品などへの過度のバッシングに使われているのではないかと感じることもあります。かなり昔の話ではありますが、「買ってはいけない」というタイトルの批判本が爆発的に売れ、有名メーカーの食品や医薬品など多岐にわたる商品を槍玉に挙げて徹底的に糾弾するというスタイルが脚光を浴びました。また、食品添加物=悪の前提で書かれた「食品の裏側-みんな大好きな食品添加物-」は、2006年の大ベストセラーになりました。しかし、幸いなことに「買ってはいけない」は、その内容が余りにも揚げ足取り的

で科学的な事実からは逸脱したものであったため、この批判本を批判する『「買ってはいけない

」は嘘である』や『「買ってはいけない」は買ってはいけない』などという本が続々と出版され

るという事態になりました。「食品の裏側」は、本の中では悪玉扱いしている食品添加物にどの

ような害があるのか一切ふれられていないという矛盾が批判を浴びています。せっかく画期的な

健康法や健康食品が発掘されても、フードファディズムの名の下に不当にバッシングされ、埋も

れてしまうこともあるのではないかと危惧します。

科学的な原理とか真理というのは、時代と共に発展し、以前は定説として信じられた学説が科学

の進歩によって塗り替えられ、180度変わるということはよくあることです。かつては胡散臭いと

敬遠されていたものが、その後の研究により科学的に証明されて日の目をみるということも多々

あります。いくらメディアリテラシーを磨いても、前提となる科学的根拠が誤っていては見破り

ようもありません。

(医学博士 食品保健指導士 中本屋幸永)2012-05



読者登録

atecさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について