目次
5月の星座 うみへび座
ゴールデン・ウィークは、和製英語
八十八夜の別れ霜・泣き霜
5月5日の菖蒲湯
端午の節句
風の香り
新緑の風薫る季節
藤の歴史と魅力
油断できない5月の天気
5月のこよみ
強い低気圧メイストーム
雷にご用心
低気圧の通過
「事」を先送りしてませんか?
星座になったギリシア神話「ヘルクレス座」
アサリは女性の味方
体調が悪い時の食事
目を使うと血液を消耗する!?
夢で分かるあなたの体調
気に関する養生法「肺気を高める」
現代医療の落とし穴
生命力遺伝子
痛みの見分け方と養生
ストレスと風邪
アロマセラピー?アロマテラピー?
ピンクの呼吸法
山菜で春の身体にチェンジ!
庶民も楽しんだ会席料理
フードファディズムに陥らないために
日本で最初にラーメンを食べたのは?
食の不安と安心について
おばあちゃんのご飯
焼肉発祥は日本?韓国?
肝を補う酸味の食材
子宝養生学
ヨウ素過剰症を防ぐ組み合わせ
甘いものの食べ過ぎと胃アトニー
皮膚は、もっとも大きな解毒代謝機構
水道水はそんなに悪いの?
(電子レンジレシピ)「白菜のナムル」
(電子レンジレシピ)「そら豆の塩ゆで」
(電子レンジレシピ)「フキの下ゆで」
(電子レンジレシピ)「「超簡単」--目玉焼き (卵1個分)」
(電子レンジレシピ)「超速・浅漬け」
ハーブ寿司
果実酒(酢)を楽しむ
個人用の箸と茶碗を分ける食文化
ちょっとお茶でも…
天皇家のお食事
整理整頓BOX
フレッシュ・ストロベリー・ティー
入れ歯が変わる 
「ボケ」と「ズレ」
独楽吟と車輪吟
働かないアリ
橋について考える
人に優しい、「土佐藩」
無用の用ならぬ無能の能
戦いには勢いが必要
学年不要論
福澤諭吉は勝海舟が嫌いだった?
権限が集中することの危険と効用
高級レストランでのマナー
犬に残飯をあげる是非
国旗ってなに?
なんでもデジタル 
簡単に始まってなかった武士の時代
『古事記』の神々(その2)
「情けが仇」の見本?
低燃費車が人気沸騰
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

67 / 71ページ

試し読みできます

簡単に始まってなかった武士の時代

 織田信長を特集した雑誌の中に、信長を評して「近代への扉をこじ開けた男」という紹介が為されていたことがありましたが、そこには続けて、「日本の歴史の中でも他にこういう人物を探すとすれば平 清盛くらいしかいない」ということが書いてありました。

その意味では、信長が近代なら、清盛は「中世への扉をこじ開けた男」と言えるのでしょうが、一方で、米タイム誌が「2000年までの千年紀(ミレニアム)に偉大な功績を残した人物」として採りあげた中で日本人で唯一、そこに載ったのが源 頼朝だった・・・という話があります。

 確かに、「革命」という物を単なる権力闘争ではなく、階層の流動化という意味での階級闘争と定義づけたなら、日本の歴史上では明治維新よりもむしろ鎌倉幕府開闢の方が適当だとさえ言えるわけで、その意味では頼朝が日本人で唯一、そこに載るのはそれほどおかしな話でもないでしょう。

 ただ、一口に、「明治維新まで700年間続いた武士の時代」などといいますが、それは頼朝が鎌倉の地に武士の政権を樹立した段階でいきなり確立したわけではなく、具体的には、頼朝の時点では源平合戦で勝利を収めたとはいえ、その勢威はかつての奥州藤原氏と同様に東国に割拠した地方政権の趣が強く、むしろ、頼朝の死後、権力を掌握した執権・北条義時によって承久の乱において朝廷方の討幕軍が逆に鎌倉方に撃破されたことの方が武士の全国支配という意味ではエポック・メイキング的な出来事だったように思えます。

 その意味では、後の戦国乱世が、信長・秀吉・家康という英傑三代によってようやく収斂していったように、武士の時代の始まりも清盛が切り開き、頼朝が基盤を作り、義時によって一応の確立を見た・・・というべきで、その意味では、武士の時代の始まりは清盛にこそ求められるのではないでしょうか。

ちなみに、その100年以上後に、再び朝廷権力の再復を目指した後醍醐天皇によって鎌倉幕府が倒れたことを思えば、朝廷の勢威がいかに根強かったかがわかるでしょうか。

もっとも、皮肉なことに、そのことが武士の時代の定着をいよいよ後押ししたと言え、即ち、後醍醐天皇を吉野に追い新たな権力者となった足利尊氏は、反対を押し切り、鎌倉ではなく京都に幕府を開きますが、このことにより武家政権という物はようやく全国区になり得たわけで、その後、その孫の三代将軍・足利義満の時代になり、朝廷は全国の荘園や公領からの税の徴収を自ら行えず、幕府に依存したことで、朝廷の弱体化は誰の目にも明らかになり、ここに名実ともに武士の時代が成った・・・と。

つまり、「ローマは一日にしてならず」と言いますが、清盛、頼朝の時代からここまで実に200年以上の歳月が流れていたわけで、そう考えれば、やはり、武士の時代の最初の扉を開けた・・・という点では清盛にこそ、高い評価を与えるべきだと思います。

(小説家 池田平太郎)2012-05


試し読みできます

「情けが仇」の見本?

 「新平家物語」のDVDを見る機会がありました。

若き日の仲代達矢扮する平清盛の乾坤一擲の気迫と、斜陽化してからの、やることなすことすべてが裏目に出るという閉塞状態が強烈に焼き付いております。

「清盛は頼朝を助けたばかりに、頼朝は平家を滅ぼしてしまった」という、巷間、言われる「情けが仇」の見本のように言われることについてですが、私は清盛が源氏の幼子を助けたというのは、決して間違っていなかったと思います。

なぜなら、保元・平治の乱という熾烈な権力闘争の後、人々は新しく権力者になった平家という武力新興階級に対し、どのような人たちなのか不安があったはずで、それに対する不安感を払拭し、政権発足早々の人心掌握に意味があったと思うからです。

私が学生時代に愛読した本の著者である大橋武夫氏も「平家の滅亡の原因は、よく敵に情けを掛けたことのように言われるがこれは違う。平家の滅亡の大きな要素は清盛亡き後、平家の側に清盛に代わる柱石がいなかったことだ。その意味では、清盛の長男で、器量人、重盛の早逝が惜しまれる。その証拠に、現に平家を都から追ったのは頼朝でも義経でもなく、木曽義仲なのである。」と書いておられました。

たしかに義仲の将帥としての能力は非常に高く、大橋氏は「義経よりは上」とさえ言っておられたほどで、頼朝や義経、範頼ら義朝の子らがいなかったとしても、木曽義仲(それがだめだったとしてもあるいは他の勢力)によって、結局は滅んでいただろうと思います。

もっとも、ここまではいいとして、ここで私が疑問に思うのは、命を助けるのはともかく、なぜ伊豆になど流したのか?ということです。関東はもともと源氏の地盤であり、今は平家に靡いているとはいえ、湿った火薬庫に、火の気を投げ込むようなものではなかったでしょうか?私なら、頼朝は京に留め置きます。

さらにベストの選択は貴族制に代わる武家政権の樹立という源平共通の利害目的を掲げ、その上で、一門の娘をあてがい(義経らも仏門になど入れず)、平家一門(武家側と言いかえても)に取り込みます。

それができないのなら、やはり殺すべきで、それをやらないなら、源氏の基盤である東国ではなく、平家の基盤である西国へ流すべきだったと思います。

(小説家 池田平太郎絵:吉田たつちか)2007.05


試し読みできます

低燃費車が人気沸騰

地球温暖化問題がクローズアップされている。最近の異常気象もこれが原因と推測されており、温暖化の原因の一つとして、自動車の排出ガスが槍玉にあがっている。

かくて、自動車メーカー各社は低燃費自動車の開発競争に突入、これの成否がシエアにも反映している。ハイブリッド車や軽自動車の販売シエアが伸びているのだ。

最近、国土交通省と民間のIT会社(アイ・アール・アイ コマースアンドテクノロジー)から、あいついで「低燃費車ランキング」が発表された。

国交省は、自動車ユーザーの省エネルギーへの関心を高めるとともに、燃費性能の優れた自動車の開発・普及を図るため毎年、現在販売されている自動車の燃費性能を整理した冊子「自動車燃費一覧」を作成するとともに、燃費の良いガソリン乗用車ベスト10を公表。(詳細は下記サイト参照)

平成17年末現在販売されている自動車のうち、最も燃費の良いガソリン乗用車は小型・普通乗用車ではインサイト(ホンダ)、軽乗用車ではミラ(ダイハツ)だった。

後者の調査はインターネットと携帯電話を使って調査しているもので、マイカー情報管理サービス『e燃費』(http://e-nenpi.com/)の2006年1月~ 12月の1年間における燃費データベース分析結果をまとめたもの。e燃費は、ケータイでマイカーの健康管理ができる便利サービス。簡単な入力でオイルなど消耗品の交換時期がわかったり、他のユーザーと燃費を比較したり、最新のクルマニュースを画像満載で毎日更新するなど、楽しくて便利なサービスだ。無料版と有料版があるが、とりあえず無料版を試してみよう。

これによると、国産乗用車部門では、プリウス(トヨタ)、シビックハイブリッド(ホンダ)、マーチ(日産)の順。調査方法が異なるものの、ハイブリイド車が上位を独占している。

小生も、昨年、プリウスを購入したが、注文してから納車まで4ケ月以上もかかった。担当セールスの話では、ガソリン価格の高とまりの影響で、特に米国での需要が急進しており、米国輸出を優先しているとのこと。発売当初、1台売るたびに数10万円損したというプリウスだが、今や同社の稼ぎ頭だ。損して得取れとはこのことだ。ちなみに、国交省やメーカーデータでは35.5(km/l)、e燃費調べでは23.4(km/l)、小生の車では21.4(km/l)だ。

(国土交通省)http://www.mlit.go.jp/kisha/kisha06/09/090328_.html

(ジャーナリスト 井上勝彦/絵:吉田たつちか)2007.05


試し読みはここまでです。続きは購入後にお読みいただけます。

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格100円(税込)

読者登録

atecさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について