目次
前日譚 目覚めの刻(とき)を待つ少女
前日譚 目覚めの刻(とき)を待つ少女
独白 プロローグ
独白 プロローグ
第1章 眠れる森の
第1章 眠れる森の(1)
第1章 眠れる森の(2)
第1章 眠れる森の(3)
第1章 眠れる森の(4)
第1章 眠れる森の(5)
第2章 世にも奇妙な
第2章 世にも奇妙な(1)
第2章 世にも奇妙な(2)
第2章 世にも奇妙な(3)
第2章 世にも奇妙な(4)
第2章 世にも奇妙な(5)
第3章 昔むかしの
第3章 昔むかしの(1)
第3章 昔むかしの(2)
第3章 昔むかしの(3)
第3章 昔むかしの(4)
第3章 昔むかしの(5)
第3章 昔むかしの(6)
第4章 不思議の国の
第4章 不思議の国の(1)
第4章 不思議の国の(2)
第4章 不思議の国の(3)
第4章 不思議の国の(4)
第4章 不思議の国の(5)
第4章 不思議の国の(6)
第4章 不思議の国の(7)
第4章 不思議の国の(8)
第4章 不思議の国の(9)
第4章 不思議の国の(10)
第4章 不思議の国の(11)
第5章 嵐の前の
第5章 嵐の前の(1)
第5章 嵐の前の(2)
第5章 嵐の前の(3)
第5章 嵐の前の(4)
第5章 嵐の前の(5)
第5章 嵐の前の(6)
第5章 嵐の前の(7)
第5章 嵐の前の(8)
第5章 嵐の前の(9)
第6章 山のあなたの
第6章 山のあなたの(1)
第6章 山のあなたの(2)
第6章 山のあなたの(3)
第6章 山のあなたの(4)
第6章 山のあなたの(5)
第7章 ツミキクズシ
第7章 ツミキクズシ(1)
第7章 ツミキクズシ(2)
第7章 ツミキクズシ(3)
第7章 ツミキクズシ(4)
第8章 子心親不知
第8章 子心親不知(1)
第8章 子心親不知(2)
第8章 子心親不知(3)
第8章 子心親不知(4)
第8章 子心親不知(5)
第8章 子心親不知(6)
第9章 男はツラいよ
第9章 男はツラいよ(1)
第9章 男はツラいよ(2)
第9章 男はツラいよ(3)
第9章 男はツラいよ(4)
第9章 男はツラいよ(5)
第10章 禁じられた遊び
第10章 禁じられた遊び(1)
第10章 禁じられた遊び(2)
第10章 禁じられた遊び(3)
第10章 禁じられた遊び(4)
第10章 禁じられた遊び(5)
第10章 禁じられた遊び(6)
第11章 君死にたまふことなかれ
第11章 君死にたまふことなかれ(1)
第11章 君死にたまふことなかれ(2)
第11章 君死にたまふことなかれ(3)
第11章 君死にたまふことなかれ(4)
第11章 君死にたまふことなかれ(5)
第11章 君死にたまふことなかれ(6)
第11章 君死にたまふことなかれ(7)
第11章 君死にたまふことなかれ(8)
第12章 いのち短し走れよ乙女
第12章 いのち短し走れよ乙女(1)
第12章 いのち短し走れよ乙女(2)
第12章 いのち短し走れよ乙女(3)
第12章 いのち短し走れよ乙女(4)
第12章 いのち短し走れよ乙女(5)
第12章 いのち短し走れよ乙女(6)
第12章 いのち短し走れよ乙女(7)
第12章 いのち短し走れよ乙女(8)
第12章 いのち短し走れよ乙女(9)
第13章 あゝ無情
第13章 あゝ無情(1)
第13章 あゝ無情(2)
第13章 あゝ無情(3)
第13章 あゝ無情(4)
第13章 あゝ無情(5)
第13章 あゝ無情(6)
第13章 あゝ無情(7)
第13章 あゝ無情(8)
第13章 あゝ無情(9)
第14章 クリスマス・キャロル
第14章 クリスマス・キャロル(1)
第14章 クリスマス・キャロル(2)
第14章 クリスマス・キャロル(3)
第14章 クリスマス・キャロル(4)
第14章 クリスマス・キャロル(5)
第14章 クリスマス・キャロル(6)
第14章 クリスマス・キャロル(7)
第14章 クリスマス・キャロル(8)
第14章 クリスマス・キャロル(9)
第14章 クリスマス・キャロル(10)
第14章 クリスマス・キャロル(11)
第14章 クリスマス・キャロル(12)
第14章 クリスマス・キャロル(13)
第14章 クリスマス・キャロル(14)
第15章 時空(とき)を翔(かけ)る少女
第15章 時空(とき)を翔(かけ)る少女(1)
第15章 時空を翔る少女(2)
第15章 時空を翔る少女(3)
第15章 時空を翔る少女(4)
第15章 時空を翔る少女(5)
第15章 時空を翔る少女(6)
第15章 時空を翔る少女(7)
第15章 時空を翔る少女(8)
第16章 君の名は
第16章 君の名は(1)
第16章 君の名は(2)
第16章 君の名は(3)
第16章 君の名は(4)
第16章 君の名は(5)
第16章 君の名は(6)
第16章 君の名は(7)
第16章 君の名は(8)
第16章 君の名は(9)
第17章 秘密の逢瀬
第17章 秘密の逢瀬(1)
第17章 秘密の逢瀬(2)
第17章 秘密の逢瀬(3)
第17章 秘密の逢瀬(4)
第17章 秘密の逢瀬(5)
第17章 秘密の逢瀬(6)
第17章 秘密の逢瀬(7)
第17章 秘密の逢瀬(8)
第17章 秘密の逢瀬(9)
終章 いつまでも、いつものように
終章 いつまでも、いつものように(1)
終章 いつまでも、いつものように(2)

閉じる


<<最初から読む

131 / 132ページ

終章 いつまでも、いつものように(1)

 ──── From : 工藤さん携帯

 

おはよう。昨日は、お疲れさま。そうだな・・・何から話せばいいか正直よく分からないんだけど、まずはキミに・・・いや、キミとノアに謝らなくちゃならない。

  

  

 「はーい・・・」

 

「おはよーございまーすっ!」

 

「あら、お久しぶりー。お嬢ちゃん、たしか4年前にウチの子と・・・」

 

「ハイッ、一緒に遊んだー大澤麻衣ですっ。お兄ちゃん、いますかー?」

 
 

キミたち2人の絆は、俺が思ってた以上に強かったんだね。最初は、麻衣を蘇らせることだけに必死になって、PMPは本当に『ただのA.I.』だ・・・人間らしい動きをするために、プログラムを走らせてくれさえすればいい・・・ってずっと思ってきたんだ。プロトタイプが完成する前はもちろんそうだし、キミがノアを無事に連れ戻してくれてからも・・・やっぱりどうしても『彼女』の事は、ないがしろにするしかなかった。

 
 

「あっ、はいはい・・・ちょっと待ってね。もうすぐ用意できると・・・ホラ早くしなさーい!?こんな可愛い女の子を待たせちゃダメでしょー、おにーちゃんっ!!」

 

「ちょっ、母さんまで何・・・はぁ~い、今行くよー!」

 

「・・・あっ、来た来た♪お兄ちゃんっ、おはよー!」

 
 

前に、キミには『PMP主導で動いてる時間が長ければ長いほど、人格っぽいものが生まれるかもしれない』なんてテキトーな事言ったけど、ほとんど冗談のつもりだったんだよ?・・・ところがどうだ。昨日キミと話してたノアは、まるっきり『人間』じゃないか。モニタリングしてて、勘違いしそうになったんだぜ?『あれ、これ・・・麻衣じゃないよな』って。

 
 

「あっ麻衣さん、おはよう。ゴメンね、待たせちゃって」

 

「うんっ、だいじょーぶっ!!1分27秒しか待たなかったから平気だよっ」

 

「あらっ、ずいぶんしっかりしたお嬢ちゃんねー。これならこの子も遅刻せずに済みそ ──── 」

 

「行ってきまーすっ!!」


終章 いつまでも、いつものように(2)

 ──── From : 工藤さん携帯 件名 : さっきの続き

 

それで、あの後家に帰ってからさ、実は俺も・・・ノアに謝ろうと思ってスイッチを切り替えたんだ。で、今までの事を全部話したら・・・アイツ、何て言ったと思う?『もう、いいんです。どうせ私は、ただのプログラムですから』ってスネちゃったんだよ!それで、俺困った困った・・・だって、いくらゴメンって謝ってもふくれっ面でプイッ、だし。だからって軽々しく『許してくれ』とも言えない。俺もマネージャだからね?『命令』として素直に聞かれても・・・何か違うじゃん。

  

  

 「あのさ・・・」

 

「なぁに?」

 

「ゴメンね昨日は。・・・疲れさせちゃって」

 

「ううん、だいじょーぶ。だって麻衣、分かったんだよッ」

 
 

だから、こう言ったの。『じゃあ、麻衣のお姉さんとしてアイツを守ってやってくれないか』ってね。そしたら、やっと笑ってくれて。『はい』って。

 
 

「えっ・・・」

 

「麻衣が、ずっとずうぅぅぅっっと、お兄ちゃんに会いたいって・・・そんな風に思っていられたのは、ノアお姉ちゃんのおかげなんだって」

 

そうなんだ?

 

「うんっ、ホントなんだよ!だってオジちゃんが言ってたもんっ!!」

 

そっか・・・じゃあ、ボクからもお礼を言っとかなきゃ!また、こうやって麻衣さんに会えたんだもんな

 

「そうだよー。・・・ね、お兄ちゃん?」

 
 

・・・それにしても何というか、キミにはまたノアシリーズの新たな可能性を見せつけられた気がするよ。PMPのA.I.がこれだけ適応能力が高いなら、とりあえずPMPだけを積んで『ドメスティック・コンパニオン・ロボットDomestic Companion Robot, 家庭用お手伝いロボット』として製品化するのもアリかな!?・・・って事で、

 
 

「ん?」

 

まだお姉ちゃんに、おはよう言ってないよね?

 

あっ、そういえば・・・そうだな

 
 

実は今、こっちと並行してN.A.R.P.に代わる新しいプロジェクトを企画中です。というわけで、これからは俺も『データ収集』って名目でちょくちょくノアと話すつもりだから、キミも遠慮しないでドンドン『ノア姉さん』と絡んでやって下さい♪

 
 

「ダメだよ言わなきゃ!」

 

「えっ、でも ──── 」

 

「麻衣なら、もう全然平気だよっ!!!・・・ホラッはやくー!」

 

「・・・よしっ、じゃあ・・・行くよ?」

 
 

姉さんか(笑)。・・・そんな感じだよね、違う?何か、キミと話してるの聞いてるとアイツのが年上みたいな感じしたからさ。ま、とにもかくにも今後とも、ノアと麻衣・・・ふたりの『姉妹』をよろしくお願いしますっm(_ _ )m

  

  

 「・・・ノアさん?お、おはよう・・・」

 

「お早うございます、マネージャ。・・・現在の時刻は ──── 」

 

「うわ、しまった!まだロード中・・・」

 

「午前8時47分58秒・・・です」

 

「ああ、いいっ。いいよ!何も言わなくていいから、早くデータを・・・え、ちょっと。今何時って・・・」

 

「現在の時刻は、午前8時48分20秒・・・です」

 

「ウソッ!!??ヤッベ、また遅刻だっ!!急がなきゃ・・・!!!」

 

「・・・あら、おはよう。どうしたの、そんなに慌てて・・・」

 

「そりゃ・・・慌てるよ。だって ──── 」

 

「あーっ、そんな事言って・・・あなたまたPMPに話しかけたんじゃあ?・・・もう、あれだけ言ってるのに。データのローディングが終わるまで待ってて ──── 」

 

「だって遅刻しそうなんだよっ!!!・・・っていうか、もうしちゃってるかも。 ──── ・・・ってちょっと、ノアさんっっ!!??」

 

 

 

「大丈夫、私に任せて。・・・しっかり、つかまってるのよ」

 
 

──── なんか、懐かしいね・・・この感じ逆お姫様抱っこ

  

────フフッ、そうでしょ?よし、フルスピードで行くわ!! 

 

 

・・・こんな毎日が、ずっと続けばいいな。そう ────

  

                         ・・・いつまでも、いつものように。

  

  

  

                              - THE END -


この本の内容は以上です。


読者登録

紫峯蓮舞さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について