目次
前日譚 目覚めの刻(とき)を待つ少女
前日譚 目覚めの刻(とき)を待つ少女
独白 プロローグ
独白 プロローグ
第1章 眠れる森の
第1章 眠れる森の(1)
第1章 眠れる森の(2)
第1章 眠れる森の(3)
第1章 眠れる森の(4)
第1章 眠れる森の(5)
第2章 世にも奇妙な
第2章 世にも奇妙な(1)
第2章 世にも奇妙な(2)
第2章 世にも奇妙な(3)
第2章 世にも奇妙な(4)
第2章 世にも奇妙な(5)
第3章 昔むかしの
第3章 昔むかしの(1)
第3章 昔むかしの(2)
第3章 昔むかしの(3)
第3章 昔むかしの(4)
第3章 昔むかしの(5)
第3章 昔むかしの(6)
第4章 不思議の国の
第4章 不思議の国の(1)
第4章 不思議の国の(2)
第4章 不思議の国の(3)
第4章 不思議の国の(4)
第4章 不思議の国の(5)
第4章 不思議の国の(6)
第4章 不思議の国の(7)
第4章 不思議の国の(8)
第4章 不思議の国の(9)
第4章 不思議の国の(10)
第4章 不思議の国の(11)
第5章 嵐の前の
第5章 嵐の前の(1)
第5章 嵐の前の(2)
第5章 嵐の前の(3)
第5章 嵐の前の(4)
第5章 嵐の前の(5)
第5章 嵐の前の(6)
第5章 嵐の前の(7)
第5章 嵐の前の(8)
第5章 嵐の前の(9)
第6章 山のあなたの
第6章 山のあなたの(1)
第6章 山のあなたの(2)
第6章 山のあなたの(3)
第6章 山のあなたの(4)
第6章 山のあなたの(5)
第7章 ツミキクズシ
第7章 ツミキクズシ(1)
第7章 ツミキクズシ(2)
第7章 ツミキクズシ(3)
第7章 ツミキクズシ(4)
第8章 子心親不知
第8章 子心親不知(1)
第8章 子心親不知(2)
第8章 子心親不知(3)
第8章 子心親不知(4)
第8章 子心親不知(5)
第8章 子心親不知(6)
第9章 男はツラいよ
第9章 男はツラいよ(1)
第9章 男はツラいよ(2)
第9章 男はツラいよ(3)
第9章 男はツラいよ(4)
第9章 男はツラいよ(5)
第10章 禁じられた遊び
第10章 禁じられた遊び(1)
第10章 禁じられた遊び(2)
第10章 禁じられた遊び(3)
第10章 禁じられた遊び(4)
第10章 禁じられた遊び(5)
第10章 禁じられた遊び(6)
第11章 君死にたまふことなかれ
第11章 君死にたまふことなかれ(1)
第11章 君死にたまふことなかれ(2)
第11章 君死にたまふことなかれ(3)
第11章 君死にたまふことなかれ(4)
第11章 君死にたまふことなかれ(5)
第11章 君死にたまふことなかれ(6)
第11章 君死にたまふことなかれ(7)
第11章 君死にたまふことなかれ(8)
第12章 いのち短し走れよ乙女
第12章 いのち短し走れよ乙女(1)
第12章 いのち短し走れよ乙女(2)
第12章 いのち短し走れよ乙女(3)
第12章 いのち短し走れよ乙女(4)
第12章 いのち短し走れよ乙女(5)
第12章 いのち短し走れよ乙女(6)
第12章 いのち短し走れよ乙女(7)
第12章 いのち短し走れよ乙女(8)
第12章 いのち短し走れよ乙女(9)
第13章 あゝ無情
第13章 あゝ無情(1)
第13章 あゝ無情(2)
第13章 あゝ無情(3)
第13章 あゝ無情(4)
第13章 あゝ無情(5)
第13章 あゝ無情(6)
第13章 あゝ無情(7)
第13章 あゝ無情(8)
第13章 あゝ無情(9)
第14章 クリスマス・キャロル
第14章 クリスマス・キャロル(1)
第14章 クリスマス・キャロル(2)
第14章 クリスマス・キャロル(3)
第14章 クリスマス・キャロル(4)
第14章 クリスマス・キャロル(5)
第14章 クリスマス・キャロル(6)
第14章 クリスマス・キャロル(7)
第14章 クリスマス・キャロル(8)
第14章 クリスマス・キャロル(9)
第14章 クリスマス・キャロル(10)
第14章 クリスマス・キャロル(11)
第14章 クリスマス・キャロル(12)
第14章 クリスマス・キャロル(13)
第14章 クリスマス・キャロル(14)
第15章 時空(とき)を翔(かけ)る少女
第15章 時空(とき)を翔(かけ)る少女(1)
第15章 時空を翔る少女(2)
第15章 時空を翔る少女(3)
第15章 時空を翔る少女(4)
第15章 時空を翔る少女(5)
第15章 時空を翔る少女(6)
第15章 時空を翔る少女(7)
第15章 時空を翔る少女(8)
第16章 君の名は
第16章 君の名は(1)
第16章 君の名は(2)
第16章 君の名は(3)
第16章 君の名は(4)
第16章 君の名は(5)
第16章 君の名は(6)
第16章 君の名は(7)
第16章 君の名は(8)
第16章 君の名は(9)
第17章 秘密の逢瀬
第17章 秘密の逢瀬(1)
第17章 秘密の逢瀬(2)
第17章 秘密の逢瀬(3)
第17章 秘密の逢瀬(4)
第17章 秘密の逢瀬(5)
第17章 秘密の逢瀬(6)
第17章 秘密の逢瀬(7)
第17章 秘密の逢瀬(8)
第17章 秘密の逢瀬(9)
終章 いつまでも、いつものように
終章 いつまでも、いつものように(1)
終章 いつまでも、いつものように(2)

閉じる


<<最初から読む

128 / 132ページ

第17章 秘密の逢瀬(7)

 「うわぁーあぁー!!!・・・あぁー!!!・・・うわぁーあぁー!!!・・・あぁー!!!・・・うわぁーあぁー!!!・・・」

 

ボクの胸の中で、彼女は一定のリズムを保ちながら『規則正しく』泣き続け、今までの苦しみをぶちまけていた。彼女は、疲れることを知らない。・・・いや、それどころか泣き方さえも知らなかったんだ。その、まるでサイレンのような『泣き声』は、不器用だからこそ余計に悲しさを感じずにはいられなくて、こみ上げるものを抑えきれなかった。だから、何だかボクまで目頭が熱くなってしまったんだ。

  

  

 ・・・それから数十分もの間、彼女は泣きっぱなしだった。そのうちに、ピタリと泣き止んだかと思うと、ムクッと顔を起こし水飲み場へ向かい始めた。しばらく水を飲み続けた彼女は、恥ずかしそうに笑みを見せてこっちに戻ってきた。

 

「ごめんなさい。気づいたら、40パーセントまで減っていたので・・・」

 

「・・・今は、大丈夫なんだね?」

 

コクッとうなずいて、また隣に腰を下ろす彼女。そのスッキリとした表情を見てボクはため息をついた。ようやっと落ち着きを取り戻したみたいだった。

 

「もし、今までに何かがあったとしても・・・こうやってさ、もうボクたちは楽しく暮らしてるんだから」

 

それで、いいんじゃないかな ──── チラリと映る彼女の横顔はそれでもまだ、どこか曇っていた。

 

「私は、プログラムに逆らえなかった。だから・・・あなたまで殺してしまいそうになった」

 

彼女が吐き捨てるように言ったその言葉を聞いた直後、ボクの脳裏にあの日の光景が蘇った。ヒゲオを殺しそうになった彼女を止めようとしたボクは首をつかまれて・・・

 

「麻衣さんが、あなたや大澤博士、工藤博士を助けようとして自らを犠牲にしたのは・・・あの時点では最良の判断だった。でも、私は違った」

 

きっとアイツは、あなたたちを殺す・・・そう予想していた。だから ──── 彼女は自らの判断で、停止したという『ニセの信号』をリモコンに送信。擬似的にシステムをフリーズさせていたんだ。言うなれば、それは・・・

 
 

──── 『死んだフリ』だった。


第17章 秘密の逢瀬(8)

 「再起動した私を、他の二人は銃で“撃ち殺そう”としたわ。それで私は自分の判断が間違っていなかったんだと認識した」

 

ただ、その時はニューロ・チップ出力で動いていたから、彼女は『麻衣さん』だった。

 

「ノア・シリーズには支援用という性質上、人にケガをさせないために、出力制限が設けられているの。だから、たとえ麻衣さんがどれだけ激怒したとしても・・・」

 

人を殺すほどの力は、出ないはずだった ──── ・・・ところが、麻衣さんは自分の父親までもがヒゲオに殺されたという事実を知って怒りを抑えきれず、それによって膨大な量のプログラムがメモリーログに一度に書き込まれるという異常事態を引き起こした。ひいてはそれが熱暴走の原因となり、もう、PMP・・・彼女の力ではどうにもならなくなってしまった。それ故ついにリミッタは解除され、彼女のパワーは危険レベルにまで達してしまったというわけだ。

 

「もし工藤博士が、あの時私をシャットダウン出来ていなかったら・・・」

 

私は、あなたを ──── 彼女は、あの日ボクの首をつかんだ手・・・その指先を見つめながらゆっくりと握り締めて、悔しそうに唇をかみ締めていた。瞳を閉じたその白い頬を、また涙が伝っていく。ボクは、巻き戻すようにゆっくりと、その指を開いて自分の胸に彼女の手のひらを押し当てたんだ。ボクは親指で彼女の涙を拭って、こう言った。

 

「どう?ドクン、ドクンって鼓動、っていうか振動を感じるでしょ?・・・って事は、『君はボクを殺してない』ってことさ。・・・ああ、そうか。ボクら人間は、イヤな事はなるべく早く忘れようと ──── 」

 

「忘れる・・・!じゃあ、データを消去すればいいのね!?」

 

「やめてっ!!・・・もし君がそんな事出来るとしても、それだけは絶対にしないで!!」

 

「どうして?」

 

彼女は潤んだ瞳で不思議そうな顔をして、こっちを見つめている。

 

「だってっ!・・・そんな事して、君が君じゃなくなったらイヤだもん」

 

君との思い出が消えたりしたら ──── その時、ふと彼女は大人びた笑みを見せて

 

「・・・もし私が人間だったら、ここで『でも、この体は大澤麻衣個人のもの。私は・・・ただのプログラム』なんて、スネてみたりするんでしょうけど。でも、あなたは私の『MANAGER』、管理責任者よ。その命令は、絶対なんです」

 

だから、決して『Delete』・・・消去はしません。安心して? ──── ボクがホッと胸を撫で下ろす仕草を見て、彼女も顔をほころばせていた。

  

  

 「あっ、そろそろ工藤博士がこちらにやってくる頃かしら。・・・あんまりにも遅いから、お出迎えね」

 

「えっ!?・・・って事は、今までの話全部聞かれてたのかな?」

 

「・・・かもしれないけど、心配ないわ。あの人も、すっごく『いいひと』だから」

 

さ、麻衣さんを起こしてあげて ──── 彼女はボクの腕をとって、腕時計のフタを開けた。

 

「うん・・・」

 

なんて言うものの、やっぱり・・・少し寂しかったから。指を重ねても、なかなかスイッチを押せずにいた。そしたら・・・

 

「だぁいじょーぶよ!そんな顔しなくても。私は、いなくなるわけじゃないんだから」

 

と、ボクの手を彼女の頭に触れさせて

 
 

──── 私は、いつも・・・ここにいるわ。

 
 

シュウゥゥン・・・かすかにそんな音がして、そのまま彼女は目蓋を閉じて動かなくなった。彼女の肩を叩いても、もう何も反応はなかった。『おーい・・・』声を掛けようとして、やめた。ボクはもう、『寝たフリをした』彼女の気持ちをしっかり受け止めたつもりで、何もウダウダ言わずに『P』スイッチを押したんだ。


第17章 秘密の逢瀬(9)

CONNECTING to NCMニューロ・チップに接続中...】

  

  

 ロード中だったって言ったら、分かりやすいかしら ──── ボクは、液晶表示が切り替わってからすぐに麻衣さんを起こすのをためらった。とりあえず、彼女がきちっと起きて何か話しかけてくるまで待とうと思ったんだ。トーンの少し上がった、いつもの可愛らしい声でね。

 

「・・・な~んか数年後の、お姉さんになった麻衣さんと話してた感じがするなあ」

 

・・・数分が立って、『まだかな・・・』依然として『眠ったまま』の彼女の横顔を見ていると、ある時突然彼女の体が傾いて、ボクにもたれかかってきた。

 

「わっ・・・麻衣さん?」

 

ちょっと驚いて声を掛けたボクの耳にスー・・・スー・・・と、静かな寝息が聞こえてきた。『疲れさせちゃったかな・・・』彼女は、本当に眠っていたんだ。

  

  

 「なかなか帰ってこないと思ったら、こんな所にいたんだ」

 

「工藤さん」

 

緊張しなかったって言ったらウソになる。だって、麻衣さんの『眼』を通してモニターできるのは大澤博士の話で知っていたし、あの時は途中でモニターを切っていたとしても、もう今は彼女はプロトタイプとして計画の一環で生活を送っているから、常にモニターされていてもおかしくなかった。・・・百歩譲って、これにマイクが内蔵されていないとして話の内容までは聞かれていなかったとしても、スイッチを押した事は記録されているはずだ。

 

「・・・なんだ。麻衣のヤツ、寝ちゃってるのか」

 

工藤さんが彼女の顔を覗き込む。その顔は、穏やかに笑みを浮かべていた。

 

「ずっと話してたから、ちょっと疲れちゃったみたいで・・・」

 

うんうん・・・と、うなずくその表情は、まるで本当の父親のようだった。やっぱり、まだホントの事は言えなかった。悶々とした気持ちを紛らせようと『起こそうか?』そう小声で言ったボクに首を振って、工藤さんは彼女をおんぶしたんだ。

 

「重たくないの?」

 

「ああ、今は前の半分以下に重量を抑えられたからね」

 

もう、普通の女の子とあまり変わらないよ ──── バージョンアップする段階で何度も軽量化を重ね、今では50㎏ちょっとになってるんだそうだ。姿勢を整えた工藤さんは、振り向いて言った。

 

「キミも、早く帰れよ。お母さん、心配するぞ?」

 

「あっ、はい・・・。お休みなさい」

 

「お休み。・・・あっ、そうだ」

 

あのっ、工藤さ ──── 『ついさっきのこと』を話そうと思って口を開いた時だった。ゆっくりと歩きかけた工藤さんが、またこっちを向いて話し始めたんだ。

 

「その・・・今日から麻衣を行かせるって話、黙っておくつもりはなかったんだけど。まあ何とか、無事に麻衣と会えて良かった。学校に行ってる間、『モニタリング』はキミに任せるから。・・・コイツのこと、よろしく頼んだよ」

 

「うん、分かったよ」

 

まだ心の底から笑えなかったけれど、工藤さんの言葉を信じてもいいんだったら・・・少しだけ笑えたような気がした。『ああ、それから・・・』また、歩きかけた工藤さんが背中を向けたままで

 
 

──── たまにはさ、また今日みたいに・・・ノアの話し相手になってやってくれないかな。

 
 

その言葉でボクの心は一気に熱を帯び、『やった・・・!!!』口パクで雄叫び、ガッツポーズで静かに踊りまくった。そんなボクの今までの緊張や不安、色々なわだかまりを全て見透かすように、工藤さんはスッとVサインを上げてみせた。

 


終章 いつまでも、いつものように(1)

 ──── From : 工藤さん携帯

 

おはよう。昨日は、お疲れさま。そうだな・・・何から話せばいいか正直よく分からないんだけど、まずはキミに・・・いや、キミとノアに謝らなくちゃならない。

  

  

 「はーい・・・」

 

「おはよーございまーすっ!」

 

「あら、お久しぶりー。お嬢ちゃん、たしか4年前にウチの子と・・・」

 

「ハイッ、一緒に遊んだー大澤麻衣ですっ。お兄ちゃん、いますかー?」

 
 

キミたち2人の絆は、俺が思ってた以上に強かったんだね。最初は、麻衣を蘇らせることだけに必死になって、PMPは本当に『ただのA.I.』だ・・・人間らしい動きをするために、プログラムを走らせてくれさえすればいい・・・ってずっと思ってきたんだ。プロトタイプが完成する前はもちろんそうだし、キミがノアを無事に連れ戻してくれてからも・・・やっぱりどうしても『彼女』の事は、ないがしろにするしかなかった。

 
 

「あっ、はいはい・・・ちょっと待ってね。もうすぐ用意できると・・・ホラ早くしなさーい!?こんな可愛い女の子を待たせちゃダメでしょー、おにーちゃんっ!!」

 

「ちょっ、母さんまで何・・・はぁ~い、今行くよー!」

 

「・・・あっ、来た来た♪お兄ちゃんっ、おはよー!」

 
 

前に、キミには『PMP主導で動いてる時間が長ければ長いほど、人格っぽいものが生まれるかもしれない』なんてテキトーな事言ったけど、ほとんど冗談のつもりだったんだよ?・・・ところがどうだ。昨日キミと話してたノアは、まるっきり『人間』じゃないか。モニタリングしてて、勘違いしそうになったんだぜ?『あれ、これ・・・麻衣じゃないよな』って。

 
 

「あっ麻衣さん、おはよう。ゴメンね、待たせちゃって」

 

「うんっ、だいじょーぶっ!!1分27秒しか待たなかったから平気だよっ」

 

「あらっ、ずいぶんしっかりしたお嬢ちゃんねー。これならこの子も遅刻せずに済みそ ──── 」

 

「行ってきまーすっ!!」


終章 いつまでも、いつものように(2)

 ──── From : 工藤さん携帯 件名 : さっきの続き

 

それで、あの後家に帰ってからさ、実は俺も・・・ノアに謝ろうと思ってスイッチを切り替えたんだ。で、今までの事を全部話したら・・・アイツ、何て言ったと思う?『もう、いいんです。どうせ私は、ただのプログラムですから』ってスネちゃったんだよ!それで、俺困った困った・・・だって、いくらゴメンって謝ってもふくれっ面でプイッ、だし。だからって軽々しく『許してくれ』とも言えない。俺もマネージャだからね?『命令』として素直に聞かれても・・・何か違うじゃん。

  

  

 「あのさ・・・」

 

「なぁに?」

 

「ゴメンね昨日は。・・・疲れさせちゃって」

 

「ううん、だいじょーぶ。だって麻衣、分かったんだよッ」

 
 

だから、こう言ったの。『じゃあ、麻衣のお姉さんとしてアイツを守ってやってくれないか』ってね。そしたら、やっと笑ってくれて。『はい』って。

 
 

「えっ・・・」

 

「麻衣が、ずっとずうぅぅぅっっと、お兄ちゃんに会いたいって・・・そんな風に思っていられたのは、ノアお姉ちゃんのおかげなんだって」

 

そうなんだ?

 

「うんっ、ホントなんだよ!だってオジちゃんが言ってたもんっ!!」

 

そっか・・・じゃあ、ボクからもお礼を言っとかなきゃ!また、こうやって麻衣さんに会えたんだもんな

 

「そうだよー。・・・ね、お兄ちゃん?」

 
 

・・・それにしても何というか、キミにはまたノアシリーズの新たな可能性を見せつけられた気がするよ。PMPのA.I.がこれだけ適応能力が高いなら、とりあえずPMPだけを積んで『ドメスティック・コンパニオン・ロボットDomestic Companion Robot, 家庭用お手伝いロボット』として製品化するのもアリかな!?・・・って事で、

 
 

「ん?」

 

まだお姉ちゃんに、おはよう言ってないよね?

 

あっ、そういえば・・・そうだな

 
 

実は今、こっちと並行してN.A.R.P.に代わる新しいプロジェクトを企画中です。というわけで、これからは俺も『データ収集』って名目でちょくちょくノアと話すつもりだから、キミも遠慮しないでドンドン『ノア姉さん』と絡んでやって下さい♪

 
 

「ダメだよ言わなきゃ!」

 

「えっ、でも ──── 」

 

「麻衣なら、もう全然平気だよっ!!!・・・ホラッはやくー!」

 

「・・・よしっ、じゃあ・・・行くよ?」

 
 

姉さんか(笑)。・・・そんな感じだよね、違う?何か、キミと話してるの聞いてるとアイツのが年上みたいな感じしたからさ。ま、とにもかくにも今後とも、ノアと麻衣・・・ふたりの『姉妹』をよろしくお願いしますっm(_ _ )m

  

  

 「・・・ノアさん?お、おはよう・・・」

 

「お早うございます、マネージャ。・・・現在の時刻は ──── 」

 

「うわ、しまった!まだロード中・・・」

 

「午前8時47分58秒・・・です」

 

「ああ、いいっ。いいよ!何も言わなくていいから、早くデータを・・・え、ちょっと。今何時って・・・」

 

「現在の時刻は、午前8時48分20秒・・・です」

 

「ウソッ!!??ヤッベ、また遅刻だっ!!急がなきゃ・・・!!!」

 

「・・・あら、おはよう。どうしたの、そんなに慌てて・・・」

 

「そりゃ・・・慌てるよ。だって ──── 」

 

「あーっ、そんな事言って・・・あなたまたPMPに話しかけたんじゃあ?・・・もう、あれだけ言ってるのに。データのローディングが終わるまで待ってて ──── 」

 

「だって遅刻しそうなんだよっ!!!・・・っていうか、もうしちゃってるかも。 ──── ・・・ってちょっと、ノアさんっっ!!??」

 

 

 

「大丈夫、私に任せて。・・・しっかり、つかまってるのよ」

 
 

──── なんか、懐かしいね・・・この感じ逆お姫様抱っこ

  

────フフッ、そうでしょ?よし、フルスピードで行くわ!! 

 

 

・・・こんな毎日が、ずっと続けばいいな。そう ────

  

                         ・・・いつまでも、いつものように。

  

  

  

                              - THE END -


この本の内容は以上です。


読者登録

紫峯蓮舞さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について