目次
前日譚 目覚めの刻(とき)を待つ少女
前日譚 目覚めの刻(とき)を待つ少女
独白 プロローグ
独白 プロローグ
第1章 眠れる森の
第1章 眠れる森の(1)
第1章 眠れる森の(2)
第1章 眠れる森の(3)
第1章 眠れる森の(4)
第1章 眠れる森の(5)
第2章 世にも奇妙な
第2章 世にも奇妙な(1)
第2章 世にも奇妙な(2)
第2章 世にも奇妙な(3)
第2章 世にも奇妙な(4)
第2章 世にも奇妙な(5)
第3章 昔むかしの
第3章 昔むかしの(1)
第3章 昔むかしの(2)
第3章 昔むかしの(3)
第3章 昔むかしの(4)
第3章 昔むかしの(5)
第3章 昔むかしの(6)
第4章 不思議の国の
第4章 不思議の国の(1)
第4章 不思議の国の(2)
第4章 不思議の国の(3)
第4章 不思議の国の(4)
第4章 不思議の国の(5)
第4章 不思議の国の(6)
第4章 不思議の国の(7)
第4章 不思議の国の(8)
第4章 不思議の国の(9)
第4章 不思議の国の(10)
第4章 不思議の国の(11)
第5章 嵐の前の
第5章 嵐の前の(1)
第5章 嵐の前の(2)
第5章 嵐の前の(3)
第5章 嵐の前の(4)
第5章 嵐の前の(5)
第5章 嵐の前の(6)
第5章 嵐の前の(7)
第5章 嵐の前の(8)
第5章 嵐の前の(9)
第6章 山のあなたの
第6章 山のあなたの(1)
第6章 山のあなたの(2)
第6章 山のあなたの(3)
第6章 山のあなたの(4)
第6章 山のあなたの(5)
第7章 ツミキクズシ
第7章 ツミキクズシ(1)
第7章 ツミキクズシ(2)
第7章 ツミキクズシ(3)
第7章 ツミキクズシ(4)
第8章 子心親不知
第8章 子心親不知(1)
第8章 子心親不知(2)
第8章 子心親不知(3)
第8章 子心親不知(4)
第8章 子心親不知(5)
第8章 子心親不知(6)
第9章 男はツラいよ
第9章 男はツラいよ(1)
第9章 男はツラいよ(2)
第9章 男はツラいよ(3)
第9章 男はツラいよ(4)
第9章 男はツラいよ(5)
第10章 禁じられた遊び
第10章 禁じられた遊び(1)
第10章 禁じられた遊び(2)
第10章 禁じられた遊び(3)
第10章 禁じられた遊び(4)
第10章 禁じられた遊び(5)
第10章 禁じられた遊び(6)
第11章 君死にたまふことなかれ
第11章 君死にたまふことなかれ(1)
第11章 君死にたまふことなかれ(2)
第11章 君死にたまふことなかれ(3)
第11章 君死にたまふことなかれ(4)
第11章 君死にたまふことなかれ(5)
第11章 君死にたまふことなかれ(6)
第11章 君死にたまふことなかれ(7)
第11章 君死にたまふことなかれ(8)
第12章 いのち短し走れよ乙女
第12章 いのち短し走れよ乙女(1)
第12章 いのち短し走れよ乙女(2)
第12章 いのち短し走れよ乙女(3)
第12章 いのち短し走れよ乙女(4)
第12章 いのち短し走れよ乙女(5)
第12章 いのち短し走れよ乙女(6)
第12章 いのち短し走れよ乙女(7)
第12章 いのち短し走れよ乙女(8)
第12章 いのち短し走れよ乙女(9)
第13章 あゝ無情
第13章 あゝ無情(1)
第13章 あゝ無情(2)
第13章 あゝ無情(3)
第13章 あゝ無情(4)
第13章 あゝ無情(5)
第13章 あゝ無情(6)
第13章 あゝ無情(7)
第13章 あゝ無情(8)
第13章 あゝ無情(9)
第14章 クリスマス・キャロル
第14章 クリスマス・キャロル(1)
第14章 クリスマス・キャロル(2)
第14章 クリスマス・キャロル(3)
第14章 クリスマス・キャロル(4)
第14章 クリスマス・キャロル(5)
第14章 クリスマス・キャロル(6)
第14章 クリスマス・キャロル(7)
第14章 クリスマス・キャロル(8)
第14章 クリスマス・キャロル(9)
第14章 クリスマス・キャロル(10)
第14章 クリスマス・キャロル(11)
第14章 クリスマス・キャロル(12)
第14章 クリスマス・キャロル(13)
第14章 クリスマス・キャロル(14)
第15章 時空(とき)を翔(かけ)る少女
第15章 時空(とき)を翔(かけ)る少女(1)
第15章 時空を翔る少女(2)
第15章 時空を翔る少女(3)
第15章 時空を翔る少女(4)
第15章 時空を翔る少女(5)
第15章 時空を翔る少女(6)
第15章 時空を翔る少女(7)
第15章 時空を翔る少女(8)
第16章 君の名は
第16章 君の名は(1)
第16章 君の名は(2)
第16章 君の名は(3)
第16章 君の名は(4)
第16章 君の名は(5)
第16章 君の名は(6)
第16章 君の名は(7)
第16章 君の名は(8)
第16章 君の名は(9)
第17章 秘密の逢瀬
第17章 秘密の逢瀬(1)
第17章 秘密の逢瀬(2)
第17章 秘密の逢瀬(3)
第17章 秘密の逢瀬(4)
第17章 秘密の逢瀬(5)
第17章 秘密の逢瀬(6)
第17章 秘密の逢瀬(7)
第17章 秘密の逢瀬(8)
第17章 秘密の逢瀬(9)
終章 いつまでも、いつものように
終章 いつまでも、いつものように(1)
終章 いつまでも、いつものように(2)

閉じる


<<最初から読む

123 / 132ページ

第17章 秘密の逢瀬(2)

 彼女の温もりを、この腕で、体じゅうで確かめながら、ボクはふと彼女の頭を見下ろしていたのに気づいた。いつの間にか、ボクは彼女の背丈を追い越していたんだ。

 

「4年前とは、逆だね」

 

「ん?・・・どうしたの?」

 

何気なく耳元にささやいた一言にも、周りの静けさは遠慮を知らない。・・・そうだった。ボクを見上げる彼女のキラキラした純真無垢な瞳は、あの瞬間を覚えていないんだ。

 
 

ふたりの唇が、そっと優しく触れた・・・あの瞬間を ──── 。

 
 

ボクは顔を上げて、周りを見回した。その時にはもう陽平の姿もなく、辺りには少なくともボクたち以外の『人間』はいなかった。何故かドキドキしていた1人のオトコの不可解な行動を、彼女は不思議そうに笑みを浮かべながらいつまでも見つめている。

 

「あっ・・・そうだ、まだ部活の途中だったんだ!ねえ、もう少しで終わるからさ・・・一緒に帰ろ?」

 

「うんっ!じゃあ麻衣、お兄ちゃんのブカツが終わるまで、さっきのクラブハウスの

ところで待ってる!!」

  

  

 それから1時間ほど経って、部活を終えたボクは彼女と二人で『あの公園』に来ていた。

 

「・・・だから麻衣、勉強大変だったんだよ?」

 

丸太のベンチに腰を下ろして他愛のない話に花を咲かせていたら、話題はいつしか『ヘンニュー』の話に。記憶の欠落は、当然のように学力の低下も招いていた。彼女の話では、高1までに必要な8年分の学力をたった8日ですべて補ったんだそうだ。・・・何か、ちょっとうらやましいな。

 

「そっか・・・頑張ったんだね」

 

「うんっ!だって、麻衣もお兄ちゃんと一緒に一緒のガッコー行きたいもん!!」

 

「じゃあ明日から、ふたりで一緒に学校行こうか?家まで迎えに行ってあげるよ」

 

「ううん、麻衣がお兄ちゃんちまで迎えに行くー!!」


第17章 秘密の逢瀬(3)

 ──── 2013年5月13日午後7時39分、公園。

  

  

・・・なんて、ほかにも色んな話をしたけれど、よく覚えていない。そうしてそろそろ話のネタも尽き、ふと二人の間に沈黙が訪れた時だった。彼女は、じっと大きな噴水を見つめていた。

 

「麻衣、あの噴水・・・見た事ある」

 

「えっ・・・」

 

『もし、このスイッチを押しても・・・壊れたりしないんだよね』『もちろんだよ。・・・ハハ、そんなに心配しなくても。もう大丈夫、麻衣はずっと俺たちと一緒さ』 ──── 今、この時しかないと思ったんだ。ボクは意を決して『腕時計』のフタを開け、そっと何気なく『管理者認証』を終えた。

  

  

 「ねえ、麻衣さん」

 

「なぁに、お兄ちゃん」

 

「目つぶって、10数えて」

 

「かくれんぼするの!?」

 

「ううん、かくれんぼは・・・しないよ」

 

「え・・・?」

 

「・・・そうすれば、『もうひとりの君』に会えるんだ。だから ──── 」

 

「麻衣が・・・ふたりになっちゃうの?お兄ちゃん、何か・・・そんなの何かコワいよぉ」

 

「大丈夫、ボクが手を握っててあげるから。・・・さあ」

 

彼女はギュッと目蓋を閉じて、手を握ってきた。ボクは、もう片方の手をそっと上へ重ねる。

 

「どこにも行かないでね?・・・いなくなっちゃヤだよ・・・!!」

 

「ああ、ずっと君のそばにいる。・・・さ、数えて」

 

少し不安げながらも、コクッとうなずいて数え始める彼女。そのやや明るめのトーンが、余計にボクを緊張させる。

 

「・・・ろーく、なーな、はーち・・・」

 
 

──── 1回だけだから。・・・許して、工藤さん。

 
 

・・・とうとうボクはカウント・テンを待たずに、あの『P』スイッチを押してしまったんだ。


第17章 秘密の逢瀬(4)

 スイッチを指で押した瞬間に腕時計の液晶画面にCONNECTING to PMPPMPに接続中...】と表示され、それと同時に瞳を閉じた彼女の表情から、何ていうか・・・

 
 

──── 熱が、失くなった。

 
 

そんな風に見えたんだ。

 

「麻衣さん?」

 

「私は、大澤麻衣のNCMを動作させるために組み込まれたPMP・・・です」

 

スッと目を開けて、クッとこっちに首を動かした彼女は真顔でそう言った。

 

「えっ・・・」

 

その機械的な口調とツンとした態度は、たしかに懐かしかった。ただ、懐かしすぎて・・・何となく、また振り出しに戻った気分になって正直なところ少し気落ちしてしまったのも事実だった。

 

「ボクのことは、覚えてるよね?」

 

「あなたは・・・『ノア計画』プロジェクト№001、管理責任者№000です。登録日時は2013年3月17日午後2時7分です」

 

基本的には、ありえない ──── 頭の中で、工藤さんの言葉が何度も繰り返す。やっぱり、あの日ボクを病院に連れていってくれた彼女との会話は『ただのいい夢』だったのかな・・・。

 

「あん・・・その・・・あのっ、もうずいぶん前の事だけど!ボクを、助けてくれてありがとう」

 

「・・・」

 

どちらにしても、とにかくボクは『彼女』にきちんとお礼が言いたかったから。・・・ひょっとして理解できなかったかもしれないけれど、それはそれでも構わなかった。

 

「もしあの時、君が病院に連れていってくれなかったら・・・たぶんボクは、死んでたと思う」

 

ホントに・・・ありがとう ──── 何か気恥ずかしくて、目の前・・・風に揺れるブランコばかり見ていた。

 

「・・・どういたしまして。でも私は、与えられた命令を遂行した・・・ただ、それだけの事です」

 

だから ──── 少し黙っていた彼女は、不意に穏やかな口調でそうつぶやくように言ったんだ。驚いて顔を見ると、かすかに微笑んでいるようにも見えた。

 
 

──── お礼を言うなら、俊ちゃ・・・いえ、工藤博士に。


第17章 秘密の逢瀬(5)

 フッ、『俊ちゃん』だって。私がそんな風に言ったら・・・怒られちゃうわね ──── そう振り向いた少し寂しげな笑顔は、『夢』じゃないのなら(手の甲をつねってみた・・・)、痛いっ!・・・だとしたら、やっぱり彼女は『彼女』だった。

 

「私にとってあの人は、あくまでも『製作者』であって・・・『幼なじみ』じゃないんだから」

 

その表情の柔らかさは、さっきとはまるで違っていた。ん?・・・じゃあ、どうして

 

「・・・びっくりさせないでよ」

 

「何の事でしょう?」

 

「最初さ、ロボットみたいな喋り方してたじゃん・・・」

 

「だって、ロボットですもの♪」

 

目をクルッとさせて、いたずらっぽく笑顔を見せる彼女。・・・その行動で、もはや決定的になった。ロボットは、プログラムされなければ、動く事も話す事も出来ない。・・・こうやって可愛らしく笑う事も、しかり。全ての動作がプログラムされたものであるとするならば、ひょっとすると彼女は・・・気の遠くなるほど膨大な量のプログラムによって

 
 

人格を形成されたんじゃないか ────

 
 

そう思えてならないんだ。

 

「いや、そういう意味じゃなくて ──── 」

 

「全てのデータを呼び出すのって、案外時間が掛かるものよ。『Now Loading...』・・・ロード中だったって言ったら分かりやすいかしら。それでも、データ量の多さに比べればずいぶん速いほうだと思うけど」

 

「5分も掛からなかったみたいだしね。・・・ボク、せっかちなのかな」

 

「じゃあ、黙ってて」

 

フッと伏し目がちにそう言った彼女の口調が、何となく苛立ってる感じがして・・・少し怒られた気になってしまったボクは、うつむくしかなかった。

 

「・・・ねえ、怒ってる?さっきの話。ロボットみたいだって ──── 」

 

「そんなくらいで、どうして怒るのよ?ちょっと理解不能だわ。・・・ううん、違う。私が言いたいのは、『私が、あなたに話しかけるまで』黙ってて・・・ってこと。ね?こうやって・・・」

 

目を開けて・・・あなたの顔を、しっかり見て ──── と、いきなりボクは両肩をつかまれて、体ごと彼女のほうへ向かされてしまった。深い茶色をした瞳、その真剣な眼差しに吸い込まれそうになって、思わずドキッとした。彼女は茶目っ気たっぷりに、ちょっと低い声色を作って

 

「あっ、久しぶりー、元気してた?・・・って言ったら、それが」

 
 

──── 『ロード完了』の、合図だから。

 
 

彼女は明るく笑って、ボクの頭をくしゃくしゃと撫でていた。


第17章 秘密の逢瀬(6)

 「・・・懐かしいな。ここの公園」

 

ゆっくり辺りを見回しながらそう言った彼女は、やっぱり噴水に目を留めた。

 

「とにかく水を補給しなきゃ・・・って、あそこの。噴水に入ったら」

 

「オジさんに怒られちゃったんだっけ」

 

彼女は微笑んでうなずいた。

 

「何であんな事されたか、未だによく分からないんだけど・・・」

 

『水浴び』も、しちゃダメなのかしら ──── クルッと興味深げにこっちを向いてきた彼女。さあ、来た。きっと今、彼女の制御システムは『学習機能』をオープンさせている。つまり・・・

 

プログラムの入力待ち

 

なんじゃないかな。・・・よし、じゃあなるべく柔軟な回答を。

 

「そうだな・・・たぶん、怒るのはあのオジさんだけだと思うけど。でもホラやっぱり『水浴びしていいですよー』とか、何も書いていないところじゃあんまりやらないかな」

 

「という事は、どちらかと言えば『目で見て楽しむ』・・・そんな感じね?」

 

「そうそう!」

 

ボクは平静を装って相槌を打ってはいたけれど、彼女に内蔵されたA.I.の性能の高さにビックリしていた。これなら、常識的な事は何を話しても問題はなさそうだ。

 

「それで、あなたに教えられたのよね」

 

『水を飲むなら、あそこだ』って ──── 彼女はスッと水飲み場を指差した。

 

「行列んなっちゃって、大変だったけど」

 

「あの時は、最低でも60パーセントは確保しておきたかったの。どこにいるかも分からない大澤博士を捜すためには、それくらいは必要だと判断したから」

 

・・・彼女によれば、現在は『麻衣さん』が普通に食事を摂ってくれるから、常に6割以上のエネルギーは蓄えられているらしい。

 

「じゃあ安心だ。・・・良かったね」

 

彼女は嬉しそうに笑っていた。でも、フッとうつむいたその瞳から、その時突然・・・

 

「ごめんなさい・・・」

 

一筋の涙が零れ落ちたんだ。

 

「どうしたの!?急に・・・」

 

ボクは、涙を流せないはずの彼女が泣いたという『事実』より、その『理由』が分からなくて戸惑ってしまった。その行動は、いったいどんなプログラムから起因しているんだろう。寂しさ?・・・悲しさ。それとも、悔しさなのか。

 

「ロボットである私は、プログラムでしか動けない。プログラムには、逆らうことが出来ない・・・!!!」

 

膝に手を乗せたまま、言葉を失くして俯いていた彼女の涙は止め処なく流れていた。『麻衣さん』そう声を掛けそうになったけれど、彼女は『彼女』であって、麻衣さんじゃない。ボクはたまらず肩を抱き寄せてしまった。

 

「あんまり泣いたら、エネルギーがなくなっちゃうよ?」

 

「ここには、水飲み場があるわ。・・・いざとなったら、そこで補給します。だから、お願い・・・」

 
 

──── 今は思いきり、泣かせて・・・。

 
 

とうとう彼女は、ボクの胸に顔をうずめてワーワー大泣きし始めた。『麻衣さん』の時でさえ、こんなに泣いた事はなかった。ヒックヒック体を引きつらせる事もなく、おとなしく泣き叫ぶ彼女の姿は、まるでこの世の全ての機械たちの悲痛な声のようにボクの心に突き刺さっていた。



読者登録

紫峯蓮舞さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について