目次
前日譚 目覚めの刻(とき)を待つ少女
前日譚 目覚めの刻(とき)を待つ少女
独白 プロローグ
独白 プロローグ
第1章 眠れる森の
第1章 眠れる森の(1)
第1章 眠れる森の(2)
第1章 眠れる森の(3)
第1章 眠れる森の(4)
第1章 眠れる森の(5)
第2章 世にも奇妙な
第2章 世にも奇妙な(1)
第2章 世にも奇妙な(2)
第2章 世にも奇妙な(3)
第2章 世にも奇妙な(4)
第2章 世にも奇妙な(5)
第3章 昔むかしの
第3章 昔むかしの(1)
第3章 昔むかしの(2)
第3章 昔むかしの(3)
第3章 昔むかしの(4)
第3章 昔むかしの(5)
第3章 昔むかしの(6)
第4章 不思議の国の
第4章 不思議の国の(1)
第4章 不思議の国の(2)
第4章 不思議の国の(3)
第4章 不思議の国の(4)
第4章 不思議の国の(5)
第4章 不思議の国の(6)
第4章 不思議の国の(7)
第4章 不思議の国の(8)
第4章 不思議の国の(9)
第4章 不思議の国の(10)
第4章 不思議の国の(11)
第5章 嵐の前の
第5章 嵐の前の(1)
第5章 嵐の前の(2)
第5章 嵐の前の(3)
第5章 嵐の前の(4)
第5章 嵐の前の(5)
第5章 嵐の前の(6)
第5章 嵐の前の(7)
第5章 嵐の前の(8)
第5章 嵐の前の(9)
第6章 山のあなたの
第6章 山のあなたの(1)
第6章 山のあなたの(2)
第6章 山のあなたの(3)
第6章 山のあなたの(4)
第6章 山のあなたの(5)
第7章 ツミキクズシ
第7章 ツミキクズシ(1)
第7章 ツミキクズシ(2)
第7章 ツミキクズシ(3)
第7章 ツミキクズシ(4)
第8章 子心親不知
第8章 子心親不知(1)
第8章 子心親不知(2)
第8章 子心親不知(3)
第8章 子心親不知(4)
第8章 子心親不知(5)
第8章 子心親不知(6)
第9章 男はツラいよ
第9章 男はツラいよ(1)
第9章 男はツラいよ(2)
第9章 男はツラいよ(3)
第9章 男はツラいよ(4)
第9章 男はツラいよ(5)
第10章 禁じられた遊び
第10章 禁じられた遊び(1)
第10章 禁じられた遊び(2)
第10章 禁じられた遊び(3)
第10章 禁じられた遊び(4)
第10章 禁じられた遊び(5)
第10章 禁じられた遊び(6)
第11章 君死にたまふことなかれ
第11章 君死にたまふことなかれ(1)
第11章 君死にたまふことなかれ(2)
第11章 君死にたまふことなかれ(3)
第11章 君死にたまふことなかれ(4)
第11章 君死にたまふことなかれ(5)
第11章 君死にたまふことなかれ(6)
第11章 君死にたまふことなかれ(7)
第11章 君死にたまふことなかれ(8)
第12章 いのち短し走れよ乙女
第12章 いのち短し走れよ乙女(1)
第12章 いのち短し走れよ乙女(2)
第12章 いのち短し走れよ乙女(3)
第12章 いのち短し走れよ乙女(4)
第12章 いのち短し走れよ乙女(5)
第12章 いのち短し走れよ乙女(6)
第12章 いのち短し走れよ乙女(7)
第12章 いのち短し走れよ乙女(8)
第12章 いのち短し走れよ乙女(9)
第13章 あゝ無情
第13章 あゝ無情(1)
第13章 あゝ無情(2)
第13章 あゝ無情(3)
第13章 あゝ無情(4)
第13章 あゝ無情(5)
第13章 あゝ無情(6)
第13章 あゝ無情(7)
第13章 あゝ無情(8)
第13章 あゝ無情(9)
第14章 クリスマス・キャロル
第14章 クリスマス・キャロル(1)
第14章 クリスマス・キャロル(2)
第14章 クリスマス・キャロル(3)
第14章 クリスマス・キャロル(4)
第14章 クリスマス・キャロル(5)
第14章 クリスマス・キャロル(6)
第14章 クリスマス・キャロル(7)
第14章 クリスマス・キャロル(8)
第14章 クリスマス・キャロル(9)
第14章 クリスマス・キャロル(10)
第14章 クリスマス・キャロル(11)
第14章 クリスマス・キャロル(12)
第14章 クリスマス・キャロル(13)
第14章 クリスマス・キャロル(14)
第15章 時空(とき)を翔(かけ)る少女
第15章 時空(とき)を翔(かけ)る少女(1)
第15章 時空を翔る少女(2)
第15章 時空を翔る少女(3)
第15章 時空を翔る少女(4)
第15章 時空を翔る少女(5)
第15章 時空を翔る少女(6)
第15章 時空を翔る少女(7)
第15章 時空を翔る少女(8)
第16章 君の名は
第16章 君の名は(1)
第16章 君の名は(2)
第16章 君の名は(3)
第16章 君の名は(4)
第16章 君の名は(5)
第16章 君の名は(6)
第16章 君の名は(7)
第16章 君の名は(8)
第16章 君の名は(9)
第17章 秘密の逢瀬
第17章 秘密の逢瀬(1)
第17章 秘密の逢瀬(2)
第17章 秘密の逢瀬(3)
第17章 秘密の逢瀬(4)
第17章 秘密の逢瀬(5)
第17章 秘密の逢瀬(6)
第17章 秘密の逢瀬(7)
第17章 秘密の逢瀬(8)
第17章 秘密の逢瀬(9)
終章 いつまでも、いつものように
終章 いつまでも、いつものように(1)
終章 いつまでも、いつものように(2)

閉じる


<<最初から読む

118 / 132ページ

第16章 君の名は(6)

 「・・・おいっ、どこ行くんだよ!抜け駆けはナシだぞ!?」

 

・・・最後のほうはほとんど聞かないままで、教室を飛び出した。でも、きっと間違いないよね。

 
 

──── 『マイちゃん』ときて、アイツの尊敬する・・・『かの大先生』とくれば。

 
 

だからあの日ボクの通ってる高校を知った時、工藤さん様子が変だったんだ。なるほどね・・・それでボクにも、あの『腕時計』を。それよりも・・・陽平って、何組だったっけ。『科学者になる!』なんて言ってるわりに、アイツもたしか文系だったから・・・ウチ以外の、後半3クラスのどこかだな。・・・クラス分けの日に聞いてたのに、すっかり忘れちゃった。

 

「おい、待てって!そんなに慌てなくたって・・・オレが呼んできてやるよ」

 

「なあ陽平、お前何組・・・ ──── えっ」

 

意外な展開に固まっていたボクをよそに、陽平はそのまま走っていってしまった。

 

「親友への優しさも、しっかりアピールしとかなきゃな!今連れてきてやっから、ちゃんとそこで待ってろよ!!」

 

そう言って、いちばん向こうのクラスへと走っていった陽平。そうか、アイツ8組だったんだ。教室の中に消えていった瞬間から、何かもう緊張しちゃって・・・握り締めていたこぶしは汗でえらく不安定になって、何度もズボンで拭いていた。

 
 

──── 次に出てくる時には、彼女も・・・。

 
 

と、その時教室から再び陽平が姿を現した。中にいる誰かとえらく親しげに喋っている。アイツ・・・彼女の天真爛漫さにつけ込んで、ある事ない事吹き込んでるんじゃないだろうな・・・。

 

「ホラあそこ。・・・アイツがさ、どうしても『まいっぺ』に会いたいって言うから ──── 」

 

そうこうしているうちに、陽平の手がこっちへ伸びてきた。ついで顔が向き、いよいよ彼女が身を乗り出して・・・

 

「あああぁぁ~っっ!こぉんにぃちはぁ~!!!」

 

「は・・・?」

 

「はじめまぁしてぇ~!・・・あなたが、ヨーちゃんの親友さぁ~ん?」

 

「は・・・ハハハ・・・ハハ。はじ、初めまして・・・」

 

でも・・・こっちへ駆け寄ってきた『まい』さんは、彼女とは似ても似つかない。どういう事なんだ、これは・・・!!!見た目からしてまったく違うし・・・しゃべり方も声も、とにかく何もかもが違う・・・こんな・・・・

 
 

──── こんなのは、彼女じゃないっ・・・!!!!

 
 

「わたぁしぃが~・・・『オーサワ マイ』でぇ~す♪ヨ・ロ・シ・ク・ねっ!!」


第16章 君の名は(7)

 ・・・結局あの後は何故か名刺を渡されたんだけど、話が変な方向に行かないうちに『まいっぺ』には丁重にお引き取り願いました。ちょっと待ってよ・・・それにしたって、大澤麻衣じゃなくて

 

逢佐和おうさわ 摩維まい

 

だなんて、とんだ『オーサワ』違いだよ。彼女の名前、先に陽平にメモって

もらえばよかった・・・。

 

「な?カワイーだろ・・・」

 

「何で・・・」

 

「ん?」

 

「何で高校生が名刺なんか持ってんの」

 

「さあ、よく分かんねーけど・・・何か大企業の社長の『ゴレージョー』だって自分から言ってたし。やっぱ育ちが違うとそーなんじゃねーの?とりあえず名刺渡して、みたいな」

 

「そうなんだ・・・。やっぱり、彼女とは大違いだったよ」

 

「彼女って?・・・あっ!おいまさかお前、もう誰かと・・・!!!」

 

「なあ陽平、さっきの勝負だけど・・・」

 
 

──── もう、お前の『不戦勝』でいいよ。

 
 

・・・なんて言ったら、『ほら見ろ誰なんだよお前の彼女って!!??』『なあ今度オレにも紹介してくれよ!絶対だぞ!』『オレだって仕方なくお前にまいっぺと会わせてやったんだぜ!?この借りは必ず返してもらうぞ!約束だからな!!』・・・そう強引に『指きりげんまん』までさせられちゃってさ。それから後は、もう・・・何ていうか、一気に無気力状態。いや、この際こんな『約束』のことは別に・・・いいんだ。陽平には、いつだって彼女に会ってもらったって構わないよ。・・・だって、もう会ってるもんだと思ってたもの。そしたら、よりによってあんな『ケバい子』だったし。・・・っていうか

 

「ホントに・・・来るのかなあ、麻衣さん」

 

でも、よく考えたら・・・『ここに来る』とかもそうだけれど、それ以前に『高校に通う』なんてのはボクが勝手に思い込んでるだけだし。実のところは

 
 

──── 彼女が、本当にもう元気になってるのか。

 
 

って、それすらも・・・分からないんだよな。・・・あーあ。何なんだろ、このモヤモヤした気持ちは。

  

  

 ・・・なんて思いつつ。気づいたら、放課後になってました。机の上には、現代文の教科書が。

 

「ああ、さっきの授業国語だったのか・・・」

 

ぜんぜん覚えてない。ふとグラウンドに目をやると、サッカー部の連中がぼちぼち練習を始めていた。・・・そう言えば、昼休みが終わってからずーっとこうやって外ばっか見てた気がする。

 

「おーい、部活行こーぜ!」

 

と、そこへラケットを手に陽平が現れた。 ──── よしっ・・・分からない事考えてたって、どうしようもないか!ボクは

 

「おう」

 

そう言って、腰を上げたんだ。


第16章 君の名は(8)

 こうやってテニスの練習をしてると、4年前の夏を思い出す。ちょうどあの日は部活が早めに終わって、家に帰る途中だったんだよな。

 
 

──── もし、あの日にあの『音』が聞こえていなかったら。今頃どうなってたんだろう。

 
 

転がってきたボールを拾いながら、ふとそんな事を考えていた。たまたまあの時は、車通りが少なかったから聞こえたようなくらいのかすかな音。もし、あのままあそこを通り過ぎていたら。・・・まあ、もともとここには通うつもりだったし、テニスもとりあえず続けようと思ってたから、今とおんなじような事をやってるんだろうけれど。でも、ひょっとすると・・・

 
 

──── 『彼女』は、存在していないかもしれない。

 
 

いや、それどころか大澤博士や、工藤さんさえも今生きていないかもしれない。ニューロ・チップや設計図はN.A.R.P.主任の策略によって、『組織』の手に渡り、あそこで倒れたままの彼女も遅かれ早かれ奴らに回収されてしまっているだろう。そうして責任者のいなくなった『ノア計画』は葬り去られ、全てはあのKBY有珠家の思うがままになっていた?・・・その可能性は、じゅうぶんある。

  

  

 ──── 2013年3月17日午後1時40分、市内某所。

 
 

「そのスイッチは『Presetプリセット』、つまりもともと入ってる基本行動プログラムPMPに制御をシフトさせるスイッチなんだ。様子が変だからって、いきなり人前で止めるのもマズいだろ?だから、まずはこのスイッチを押して管理責任者マネージャに従わせて、その後人目に付かないところで停止させて、回収するってわけさ」

 

「・・・あのさ工藤さん、ヘンな事聞くけど。その・・・『基本行動プログラム』に、人格が生まれる事はあるの?」

 

「基本的には、ありえない。何でかって言うと、普通は起動後すぐに、例の『コンパニオン認証』 ──── 」

 

「ああ、『顔見せて、名前を呼ぶ』ってヤツ・・・」

 

「そうそう。それを経て、すぐにニューロ・チップ出力で行動させる事になるからね。あー、なるほど。キミの言いたい事は分かるよ。・・・たしかに、そのPMPチップにもニューロ・チップと同じA.I.を使ってるから、今回の麻衣の場合のように、もしPMP主導で稼動していた時間が長い場合は、色々な事を学習して行動に反映させていく過程で ──── 」

 

「人格が生まれることがある?」

 

「・・・それに近い事は起こる、かもしれないね」

  

  

 ──── 2013年5月13日午後5時26分、県立四ッ葉第二高校テニスコート。

 
 

「どうしたんだよ?難しい顔して」

 

「あ・・・いや、何でもないよ。・・・行くぞ?」

 

もちろん、麻衣さんには早く会いたかった。でも、ボクはいつしか『彼女』にも、もう一度会って話したいと思い始めていたんだ。会って、どうしても『あの日のお礼』が言いたかった。

 

「ちょっ、タイムタイム!!・・・トイレ、行ってくる」


第16章 君の名は(9)

 ──── 2013年5月13日午後5時29分、県立四ッ葉第二高校クラブハウス前。

 
 

「はあぁぁぁ・・・スッキリスッキリ」

 

「あの・・・」

 

「えっ?・・・おっ、どうした1年こんなトコで。道にでも迷ったか?」

 

「あのっ、『優しいお兄ちゃん』・・・どこにいるか知りませんかっ」

 

「はい?優しい・・・お兄ちゃ ──── ・・・誰のことかな?」

 

「俊オジちゃ・・・あっ、お父さんから『ここにいる』って聞いて!たぶん、テニスしてるんじゃないかって・・・」

 

「・・・!!・・・オホンッ、ンンッ・・・♪」

 

「・・・?」

 

「・・・もしかして、それってオレの事?・・・いやあ、まいったね。まさか、こんな所にまでオレの噂が広まってるなんて・・・

 

「ううん、違いますっ!・・・ねえ~お兄さ~ん、知らない?」

 

うわ、思いっきり否定された!!で、そっこー話題変えられたし・・・。ってかさ、お前は何でその・・・『優しいお兄ちゃん』を捜してるわけ?」

 

「クリスマスに、一緒に遊んだんだよ!・・・その時からね、ずっとずぅぅぅっと会いたかったの!またみんなで一緒に遊ぼーねって、約束したんだもん!」

 

「ずっと会いたかったって・・・お前さ、それ・・・言っても去年のクリスマスの話だろ?すげー必死だけど・・・」

 

「ううん、違~うっ。2009年12月23日・・・だよ?その日のね~、午後1時53分から午後4時57分まで一緒に遊んで、それからね ──── 」

 

「ちょっ、待った待った!オイ、4年も昔のことなのに、何かすげー詳しいな。・・・で、その日からその『お兄ちゃん』には会ってないの?」

 

「うん・・・」

 

「1回も?」

 

「だって麻衣、その日の午後11時8分に寝て・・・起きたら2013年4月18日の午前10時49分だったんだもん」

 

「ちょっ、4年も!!??・・・いや、ありえねーありえねー・・・事故か何かで意識不明とかにでもなってなきゃ・・・あっ、お前さ、ひょっとして病気してたりした?」

 

「・・・分かんない。でも、お父さんが『もうすっかりナオッたから大丈夫・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・だよ』

って言ってたし・・・」

 

「じゃあ、やっぱ入院してたんだな!うん、間違いねーや」

 

「そうかな・・・うんっ、きっとそーだよね!」

 

「でも、ホントにその・・・『優しいお兄ちゃん』って、ここに通ってんのかよ?」

 

「だから、麻衣がここにヘンニューしてきたの!お父さんが『その子はここの2年生なんだ』って言ってたもん!!麻衣だってホントは『同い年』なんだって言ってたから、お兄ちゃんとおんなじ2年生が良かったのにぃ・・・」

 

「まあまあ落ち着けって。・・・はは、たしかに編入は2年からじゃ無理らしいし。そっか、コイツも17ってことは・・・フッ『お兄ちゃん』に『同い年の後輩』って、こっちも何か結構『萌える』シチュエーションじゃ・・・あれっ?それより今お前自分のこと『麻衣』って・・・」

 

「そうだよ?だって麻衣は麻衣だもんっ!!」

 

「えっ!?ちょっ・・・!!まさかコイツが、アイツの言ってた・・・『彼女』か?・・・えー、オホンッ!それでは、ここに立っている嶋野センパイに、もう一度大きな声で自己紹介をしてくれるかな!」

 

「何年何組とかも言う?」

 

「好きにしなさいっ」

 

「うんっ!・・・あっ、ハイッ嶋野センパイ!行きまーす。・・・えっと・・・県立四ッ葉第二高校1年3組、出席ばんごー6番・・・」

 
 

──── 大澤・・・麻衣ですっ!!よろしくお願いしまーす!!!


第17章 秘密の逢瀬(1)

 あれからしばらくして、向こうのほうから用を足したはずの陽平が何故かスッキリしてないような厳しい顔で歩いてきた。

 

「何やってたんだよ陽平、遅いぞ!・・・あっ、お前ひょっとして大きいほう ──── 」

 

笑わせようと思って言ったのに、口を真一文字に結んだままボクの腕をつかんで

 

「来い」

 

「何だよ、まだ練習が ──── 」

 

「いいから来いって!」

 

そのままボクは半ば強引に、どこかへと連れて行かれてしまったんだ。

  

  

 ──── 2013年5月13日午後5時52分、県立四ッ葉高校旧焼却炉前。

 
 

ボクは陽平に引っ張られるまま、事もあろうに薄暗くヒト気のない・・・おまけに、イヤな臭いのするこんな所に連れてこられてしまった。

 

「だから何なんだよ・・・こんなトコ、わざわざ部活サボってまで来る所じゃ ──── 」

 

「ゴメンな後輩!待たせちゃって。もうこっち出てきていいぞ」

 
 

──── そんな偉そうなこと・・・『彼女』見ても、言えんのか?

 
 

「何だよお前、またアイツ・・・ ──── !!!!」

 

その時ボクの目の前には、軽やかな足取りで手を振りながらこっちへ駆けてくる、ひとりの少女がいた。暗くてよく分からなかったけれど、その子はたしかにヨンバの制服を身につけていた。弾けんばかりの笑顔が、頭で認識するよりも速いスピードでグングン近づいてきたんだ。そして・・・

 
 

──── お兄ちゃーんっ!!!!

 
 

 

 

「やったーお兄ちゃん!お兄ちゃんだぁーっ!!!キャハッ、会いたかった・・・会いたかったよぉっ!!」

 

固まったままのボクに、思いっきり・・・痛いほどの力で跳ねるように抱きついてきた彼女は・・・

 

「麻衣・・・さん?麻衣さんなの・・・!!??」

 

一度そうなってしまえば、もうボクをがんじがらめにしていた鎖が弾け飛ぶのに、そう時間は掛からなかった。ボクは彼女の両肩をガッとつかんで、もう一度その顔をしっかりと確かめた。

 

「うんっ!・・・麻衣だよ?」

 

柔らかで暖かいその言葉を耳にした瞬間、ボクは4年前にタイムスリップした。目が回りそうになるくらいのスピードで、また色んな思い出が浮かんでは消え、頭がいっぱいになって爆発しそうになった時・・・

 
 

──── 元気になったんだね・・・。

 
 

口が勝手にそう呟いて、我慢できずに彼女を抱きしめていたボクの頬を、ゆっくりと涙が伝っていったんだ。



読者登録

紫峯蓮舞さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について