目次
前日譚 目覚めの刻(とき)を待つ少女
前日譚 目覚めの刻(とき)を待つ少女
独白 プロローグ
独白 プロローグ
第1章 眠れる森の
第1章 眠れる森の(1)
第1章 眠れる森の(2)
第1章 眠れる森の(3)
第1章 眠れる森の(4)
第1章 眠れる森の(5)
第2章 世にも奇妙な
第2章 世にも奇妙な(1)
第2章 世にも奇妙な(2)
第2章 世にも奇妙な(3)
第2章 世にも奇妙な(4)
第2章 世にも奇妙な(5)
第3章 昔むかしの
第3章 昔むかしの(1)
第3章 昔むかしの(2)
第3章 昔むかしの(3)
第3章 昔むかしの(4)
第3章 昔むかしの(5)
第3章 昔むかしの(6)
第4章 不思議の国の
第4章 不思議の国の(1)
第4章 不思議の国の(2)
第4章 不思議の国の(3)
第4章 不思議の国の(4)
第4章 不思議の国の(5)
第4章 不思議の国の(6)
第4章 不思議の国の(7)
第4章 不思議の国の(8)
第4章 不思議の国の(9)
第4章 不思議の国の(10)
第4章 不思議の国の(11)
第5章 嵐の前の
第5章 嵐の前の(1)
第5章 嵐の前の(2)
第5章 嵐の前の(3)
第5章 嵐の前の(4)
第5章 嵐の前の(5)
第5章 嵐の前の(6)
第5章 嵐の前の(7)
第5章 嵐の前の(8)
第5章 嵐の前の(9)
第6章 山のあなたの
第6章 山のあなたの(1)
第6章 山のあなたの(2)
第6章 山のあなたの(3)
第6章 山のあなたの(4)
第6章 山のあなたの(5)
第7章 ツミキクズシ
第7章 ツミキクズシ(1)
第7章 ツミキクズシ(2)
第7章 ツミキクズシ(3)
第7章 ツミキクズシ(4)
第8章 子心親不知
第8章 子心親不知(1)
第8章 子心親不知(2)
第8章 子心親不知(3)
第8章 子心親不知(4)
第8章 子心親不知(5)
第8章 子心親不知(6)
第9章 男はツラいよ
第9章 男はツラいよ(1)
第9章 男はツラいよ(2)
第9章 男はツラいよ(3)
第9章 男はツラいよ(4)
第9章 男はツラいよ(5)
第10章 禁じられた遊び
第10章 禁じられた遊び(1)
第10章 禁じられた遊び(2)
第10章 禁じられた遊び(3)
第10章 禁じられた遊び(4)
第10章 禁じられた遊び(5)
第10章 禁じられた遊び(6)
第11章 君死にたまふことなかれ
第11章 君死にたまふことなかれ(1)
第11章 君死にたまふことなかれ(2)
第11章 君死にたまふことなかれ(3)
第11章 君死にたまふことなかれ(4)
第11章 君死にたまふことなかれ(5)
第11章 君死にたまふことなかれ(6)
第11章 君死にたまふことなかれ(7)
第11章 君死にたまふことなかれ(8)
第12章 いのち短し走れよ乙女
第12章 いのち短し走れよ乙女(1)
第12章 いのち短し走れよ乙女(2)
第12章 いのち短し走れよ乙女(3)
第12章 いのち短し走れよ乙女(4)
第12章 いのち短し走れよ乙女(5)
第12章 いのち短し走れよ乙女(6)
第12章 いのち短し走れよ乙女(7)
第12章 いのち短し走れよ乙女(8)
第12章 いのち短し走れよ乙女(9)
第13章 あゝ無情
第13章 あゝ無情(1)
第13章 あゝ無情(2)
第13章 あゝ無情(3)
第13章 あゝ無情(4)
第13章 あゝ無情(5)
第13章 あゝ無情(6)
第13章 あゝ無情(7)
第13章 あゝ無情(8)
第13章 あゝ無情(9)
第14章 クリスマス・キャロル
第14章 クリスマス・キャロル(1)
第14章 クリスマス・キャロル(2)
第14章 クリスマス・キャロル(3)
第14章 クリスマス・キャロル(4)
第14章 クリスマス・キャロル(5)
第14章 クリスマス・キャロル(6)
第14章 クリスマス・キャロル(7)
第14章 クリスマス・キャロル(8)
第14章 クリスマス・キャロル(9)
第14章 クリスマス・キャロル(10)
第14章 クリスマス・キャロル(11)
第14章 クリスマス・キャロル(12)
第14章 クリスマス・キャロル(13)
第14章 クリスマス・キャロル(14)
第15章 時空(とき)を翔(かけ)る少女
第15章 時空(とき)を翔(かけ)る少女(1)
第15章 時空を翔る少女(2)
第15章 時空を翔る少女(3)
第15章 時空を翔る少女(4)
第15章 時空を翔る少女(5)
第15章 時空を翔る少女(6)
第15章 時空を翔る少女(7)
第15章 時空を翔る少女(8)
第16章 君の名は
第16章 君の名は(1)
第16章 君の名は(2)
第16章 君の名は(3)
第16章 君の名は(4)
第16章 君の名は(5)
第16章 君の名は(6)
第16章 君の名は(7)
第16章 君の名は(8)
第16章 君の名は(9)
第17章 秘密の逢瀬
第17章 秘密の逢瀬(1)
第17章 秘密の逢瀬(2)
第17章 秘密の逢瀬(3)
第17章 秘密の逢瀬(4)
第17章 秘密の逢瀬(5)
第17章 秘密の逢瀬(6)
第17章 秘密の逢瀬(7)
第17章 秘密の逢瀬(8)
第17章 秘密の逢瀬(9)
終章 いつまでも、いつものように
終章 いつまでも、いつものように(1)
終章 いつまでも、いつものように(2)

閉じる


<<最初から読む

112 / 132ページ

第15章 時空を翔る少女(8)

 「あ・・・だから、嬉しそうだったんだね」

  

あの3年前の『クリスマスの日』、工藤さんは料理をちゃんと麻衣さんの分まで作ってあげていた。華やかな料理の盛られたお皿が目の前に並べられた時のキラキラした瞳に、満面の笑顔。・・・ただでさえ『満身創痍』の、いつ停止するとも知れない体で、もしかすると故障してしまうかもしれないのに、幸せそうにお肉を頬張ったり、ケーキをパクッと口に運んだり、ジュースを美味しそうに飲んだりする姿は・・・ますますボクを勘違いさせるほど、そこには決して『変な気遣い』なんか感じなかった。本当に、ただ彼女は『オジちゃんの手料理』を食べたかっただけなんだ。

 

「でも、麻衣のヤツ・・・『美味しかった』って言ってくれて。お世辞でも、嬉しかったよ」

 

「きっと本当に美味しかったんだよ」

 

人間として暮らしていた頃の『味の記憶』みたいなものが呼び覚まされたとしたら、ひょっとして彼女の『脳』・・・ニューロ・チップがそれを『味覚』として認識する事もあるんじゃないかな! ──── なんて言ったら、まんざらでもなさそうに笑みを浮かべて

 

「さあ・・・どうだろうな。もしそんな事があるとすれば興味深いけど、もちろん皆が皆そうなってくれるとは限らないだろ?だから・・・」

 

実は、今こんなのも開発中なんだ ──── 楽しそうにそう言った工藤さんは、またポンッとキーを押してモニターに別の設計図を表示させた。最初のヤツが、まあ言ってみれば『胃と腸』だとすると、次のは・・・その形からして、思いっきり『舌』だった。

 

「今まで、舌はハッキリ言って『らしく見せるための飾り』に過ぎなかった。そんなのなくたって、ノアは『話せる』からね。でも、せっかく動力炉を新しくして、今度はどんな食べ物でも燃やしてエネルギーに変換できるようになるんだから・・・」

 

じゃあ、どうせなら『味』も分かってもらいたいって事で ──── その機能は、ヒトのそれに近いものらしい。部位に応じて大まかに4つの味覚(甘さ・辛さ・苦さ・酸っぱさ)を識別して、ニューロ・チップに伝達する仕組みになっているんだそうだ。

 

「・・・そっか、とにかく今はそういうのを作ったり他にも色々しなきゃなんないから」

 

「そーゆー事!だから、もうしばらく待ってて。キミには寂しい思いさせ・・・あっ、別に寂しくはないか。たまに今日みたくここで作業してるし、いつでも覗いて ──── 」

 

「いいよ!待ってる。ボクが、そうするヤツ・ ・ ・ ・ ・ ・だって・・・知ってるでしょ?だって・・・」

 
 

──── 今度会う時は、同い年になってるんだもんっ。

 
 

何年もの時を経て、ますます『人間らしく』なっていく彼女。・・・1年後が、今から楽しみだ。


第16章 君の名は(1)

 ──── 2013年4月18日午後3時2分、NBATCL所長室。

 
 

「・・・はい」

 

「工藤です。所長、よろしいですか。長らくメンテナンス及び新システム導入に伴うバージョンアップ作業中だったプロトタイプNHP-001が、ようやく稼動可能となりましたので ──── 」

 

「ほっ、それは本当ですかっ!?・・・はいっ、すぐ!今行きますっ!!」

 

「大丈夫ですよ。連れて来てますから。 ──── さ、入って。ちゃんとご挨拶するんだぞ?

 

はぁ~い・・・おじゃま、あっ・・・しつれーしまぁ~す!」

 

「はいはいっ、どうぞ入って・・・ ──── !!??ハッ・・・ぐむっ。ふぉぉぉぉっっ・・・!!」

 

「えっ、所長?・・・あの、大丈夫・・・ですか?」

 

「俊介オジちゃん、あの人・・・どうしちゃったの?」

 

「麻衣ちゃん。・・・近くに行って、慰めてあげて」

 

「うんっ」

 

 

 

「よしよし♪」

 

 「・・・ああっ、すみ・・・すみません、頭まで撫でていただいて。いやぁ、私としたことが・・・つい、昔の事を思い出してしまって」

 

「むかしのことって・・・なぁに?」

 

「いえ、何でもないんです。あなたのお父さんは、つくづくスゴい人だなぁと・・・そう思っただけですから」

 

「・・・ズルい人ですよね」

 

「ええ、まったく。・・・本当に『極秘』、私にも何一つ教えてくれませんでしたからね」

 

「えっ、そうだったんですか?」

 

「ええ。・・・それだけあの人は、お嬢さんを大切に思っておられたんでしょう。 ──── ねえ、お嬢さんっ!あなたは・・・」

 

「・・・?」

 

「あなたは・・・本当に幸せ者だ。ぜひ、その・・・お父さんから与えられた『二度目の人生』を、大切にしてくださいね」

 

「うんっ・・・あっ、ハイッ!」

 

「おっ、いい返事です!」

  

  

 「来月から、いよいよ試験運用ロケテストに入る予定です。麻衣・・・あ、いやNHP-001には、これまでとまったく変わらない形で日常生活を送ってもらい、社会における適応能力と問題点をチェックします。そのデータはコンピュータに逐一送信され、今後のプロジェクト運営に活用されます」

 

「なるほど。・・・あ、そうそう。それはそうと、学校には通わせるおつもりですか?」

 

「はい、同じく来月から市内の高校に編入させる事が決まっています」

 

「その際の先生方への説明は?」

 

「それはもう、普通どおりに済ませてあります。私が、彼女の『保護者』として」

 

「ヒューマノイドだとは?」

 

「それは、伝えていません。そこはプロジェクト発展のため、あくまでも『人間』ということで」

 

「うむ・・・そのほうがいいでしょうね。やはり・・・奇異な目で見られてしまっては、どうしてもプロジェクトに支障が出てしまいますから。・・・ですが」

 

「はい」

 

「もし、何か問題が起きてしまいますと・・・ちょっと厄介ですね。大きなトレーラーで乗り込んで修理するわけにも行きませんし・・・」

 

「その点は、ご安心ください。すでにその高校には、プロジェクトの『関係者』が通っています」

 

「ほう・・・さようですか」

 

「彼にも、非常用の『緊急停止デバイス』を持たせてありますので」

 

「・・・まあ、そのような装置は使わないに越したことはありませんが。それなら、大丈夫ですね」

 

「ええ。・・・とはいえ」

 
 

──── 今日まで・・・ノアと共に乗り越えてきた彼には、まったく必要のない代物かもしれませんが。


第16章 君の名は(2)

 ──── 2013年3月17日午前11時14分、市内某所。

 
 

「何だ、引っ越したなら引っ越したって言ってくれればすぐにでも手伝いに来たのに・・・」

 

「いやあ、何せ『重要機密』ばっかりで誰かに手伝ってもらうわけにもいかない。それに・・・」

 

キミはたしか、『そうするその時まで待ってるヤツ』じゃなかったっけ? ──── 工藤さんは、あふれんばかりに資料の詰め込まれたダンボール箱を積み上げながら、いたずらっぽく笑って言った。

 

「んなこと言ったって、もうじゅうぶん色んな意味で『怪しまれてる』から、ボクが来てあげなきゃしょうがなかったんじゃないか。『あっ、おじさーん』って・・・」

 

何やら夜中に奇妙な物音のする家がある・・・って『評判』だった工藤さんの新居。ボクはそこに荷物の整理に来ていた。今年に入って、工藤さんから近々引っ越す予定だというメールが届いたんだ。まさか、それがボクんちの近所だとは思いもよらなかったけれど。

 

「とにかく君が来てくれて、色々と助かったよ。・・・昨日のうちに、メンテ用の可動イスは何とか運べたんだけどね」

 

そのせいで、背中を痛めちまって・・・このザマだよ ──── ポンポンと背中を叩きながら、おじさんならぬ『おじいさん』みたいにゆっくりと奥の部屋へ入っていく工藤さん。分厚く厳重な扉の奥、防音設備が施されたその部屋に広がる光景は、まるっきり別荘の地下、あのラボと同じだった。

  

  

 「ハハ、そりゃそうだよ。あそこの設備をそっくりそのまま、こっちへ『引越し』たんだから」

 

やっぱりあのままにしてたらさ、どうしても維持費がかさんじゃって・・・ ──── だからもう、あのラボは取り壊してしまうんだって。

 

「じゃあ、別荘は?」

 

「それは、大丈夫。俺が責任を持って守っていくから。だってあそこは・・・みんなの思い出がいっぱい詰まった場所じゃないか」

 

「そうだよね、良かった。・・・よし、じゃあ置くよ?この辺でいいかな・・・ヨイショ」

 

ボクは、パソコンを置くための机をあのラボのように可動イスのそばに運んだ。

 

「ああ、ありがとありがと。助かったよ ──── ・・・いや、違うんだ。あのラボはさ、思い出っつったって・・・」

 

な~んか、イヤな思い出しかないんだよな ──── きっと、このときの工藤さんの頭の中には彼女を置き去りにしていた日々の記憶がめぐっていたに違いない。もともとは『機密保持』という名目で、あれだけの距離を置いて作られたラボ。でも、いつしかそれは・・・彼女との『心の距離』になっていたんだ。

 

「それに・・・これなら、俺はいつも麻衣のそばにいてやれる」

 

「そっか・・・。工藤さん、『お父さん代わり』だもんね。さあっ、次は何運んだらいい?」

 

「えっ、いいのかい?せっかくの日曜なのに・・・」

 

「いいのいいの!・・・ボクも何だかんだ言って、その・・・来たくて来て、やりたくてやってるところもあるし」


第16章 君の名は(3)

 ・・・そうして2時間くらい経って。あらかたの作業が終わってリビングでひと休みしていると、奥の部屋から工藤さんが出てきて、

 

「いやあー、お疲れさん!今日はホントに助かったよ、ありがとう。その・・・いつか渡すつもりだったし、別に今日のお礼って言うわけでもないんだけど・・・」

 

はいコレ ──── ボクに、黒い腕時計のようなものを手渡したんだ。

 

「これって・・・」

 

もうその時には無意識のうちに『期待に満ちた眼差し』でニタ~ッと笑って工藤さんを見ていたに違いない。今のボクには、それが『ただの腕時計じゃない』事なんて、簡単に想像がついた。

 

「腕時計だよ?カッコいいだろー」

 

「またまたー、そんな事言って・・・。これは『ただの腕時計』じゃないんでしょ?」

 

「そりゃあ・・・モチロンそうさ。タダじゃないよ。結構高くついたし・・・」

 

「違うよ、そうじゃなくて・・・これは、『フツーの腕時計』じゃないんだよねっ!?」

 

「ううん・・・ごくごく普通の腕時計」

 

「・・・まさか」

 

「・・・ん?何期待してたの」

 

「えっ・・・ウソ」

 

「ホントホント」

 

・・・何なんだ?この・・・妙にうすら寒い感じは。そんな・・・工藤さんは、ちょっとカッコいいだけの『フツーの腕時計』をボクに・・・?何で・・・何のために ──── 。

 

「ああっ、ゴメンゴメンうそうそッッ!!!そんな顔しないでっ……ホラッよく見てごらんよっ!?普通の腕時計よりちょっとゴツくて、デッカイだろ!?……液晶画面の下……下っ……!!!」

 

ちょっと、そこのボタン押して開けてみて ──── 困惑した表情の工藤さんが必死に指で示したところには、たしかに小さなスイッチのようなものがあった。ボクは、それをそっと押してみたんだ。

 

「!!・・・やっぱり、そうだったんだ」

 

パカッと開いたその下に、その『腕時計』の本性が隠れていた。そこには、あのリモコンと同等かそれ以上の機能が備わっているように思えた。これは・・・スゴイ・・・ちょっとスゴイぞっ ──── !!!!

 

「ゴメンなぁ・・・すぐ気づいてくれるかと思ったんだけど」

 

「えっ、何の話?」

  

  

 ・・・そんなこんなで、ボクはこの後工藤さんのパソコンから、この『腕時計』が他人に使われないようにするための『ユーザー登録』をしたんだ。こんなコンパクトなのに、使用するためには『網膜』と『指紋』の2つの認証をクリアしなきゃならないんだそうだ。その2つを登録したら、後は名前とか生年月日なんかの個人データを入力していく。

 

「今年で17ってことは・・・えっ!?・・・今度、高2になるのか!!」

 

「・・・去年言ったじゃない。今度会う時には、同い年になってるって」

 

「いやいや・・・月日の経つのは早いもんだなぁ~なんてね」

 
 

──── で・・・どこの高校だっけ?

 
 

「えっ、言ってなかった?・・・ここの近くの」

 

「えっ?・・・ああ、あそこか!四ッ葉よんば第二だろっ!?」

 

「そうそう・・・どっかのダムみたいだけど」

 

「よつばのクローバーじゃないんだねーって感じだけどな!」

 

「・・・何か今日は、やけにテンション高いね。どうしたの?」

 

「あ、いや・・・別に。ただ・・・」

 

「ただ?・・・何」

 
 

──── もうすぐだな・・・って。

 
 

「うん・・・もうすぐだね」

 

・・・いよいよ今年、生まれ変わった『同い年』の彼女に会えるんだ。


第16章 君の名は(4)

 「・・・今までのヤツと違って、これだけで完全停止と再起動が出来るようになったんだ。もし何かあれば、そのスイッチを押すことで動きを止められる」

 

「工藤さんも持ってるんでしょ?・・・って事は、これから先ノアと一緒に暮らす家族の人にもコレを渡すんだね?」

 

「いや、これはプロジェクトの関係者、管理責任者だけが持つことになってる」

 

「えっ、何で?」

 

「誰も、家族をオン・オフしたいなんて思わないだろ?・・・もし何かがあった時は、俺たちが現場に行って対処する」

 

「それじゃあ・・・このスイッチは」

 

「とりあえず今は、もちろん麻衣だけにしか効かないけど・・・将来的に周波数は共通のものにする予定だよ」

 

「そっか・・・。でもさ、もう不具合は出ないんだし、使わなくても済みそうだね?」

 

「・・・だといいけどな」

 

「ねえ、工藤さん。ちょっと、気になってたんだけど・・・こっちのスイッチは?」

 

「ああ、それは・・・」

 

 

 ・・・あれからさらに2ヶ月近くが経って、もうとっくに新学期がスタートした5月。いくらボクが『そうするヤツ』だとはいえ、こうも音沙汰なしではちょっぴり不安になる。忙しいのかメールにもまったく返信がない。とにかく今は、工藤さんにもらったこの『腕時計』だけが何よりの頼りだった。だって、こんなのが完成してるって事は・・・

 
 

いつか、彼女が動き出す ────

 
 

って事でしょ?・・・っていうかさ

 
 

──── これ、レプリカじゃないよね・・・。



読者登録

紫峯蓮舞さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について