目次
前日譚 目覚めの刻(とき)を待つ少女
前日譚 目覚めの刻(とき)を待つ少女
独白 プロローグ
独白 プロローグ
第1章 眠れる森の
第1章 眠れる森の(1)
第1章 眠れる森の(2)
第1章 眠れる森の(3)
第1章 眠れる森の(4)
第1章 眠れる森の(5)
第2章 世にも奇妙な
第2章 世にも奇妙な(1)
第2章 世にも奇妙な(2)
第2章 世にも奇妙な(3)
第2章 世にも奇妙な(4)
第2章 世にも奇妙な(5)
第3章 昔むかしの
第3章 昔むかしの(1)
第3章 昔むかしの(2)
第3章 昔むかしの(3)
第3章 昔むかしの(4)
第3章 昔むかしの(5)
第3章 昔むかしの(6)
第4章 不思議の国の
第4章 不思議の国の(1)
第4章 不思議の国の(2)
第4章 不思議の国の(3)
第4章 不思議の国の(4)
第4章 不思議の国の(5)
第4章 不思議の国の(6)
第4章 不思議の国の(7)
第4章 不思議の国の(8)
第4章 不思議の国の(9)
第4章 不思議の国の(10)
第4章 不思議の国の(11)
第5章 嵐の前の
第5章 嵐の前の(1)
第5章 嵐の前の(2)
第5章 嵐の前の(3)
第5章 嵐の前の(4)
第5章 嵐の前の(5)
第5章 嵐の前の(6)
第5章 嵐の前の(7)
第5章 嵐の前の(8)
第5章 嵐の前の(9)
第6章 山のあなたの
第6章 山のあなたの(1)
第6章 山のあなたの(2)
第6章 山のあなたの(3)
第6章 山のあなたの(4)
第6章 山のあなたの(5)
第7章 ツミキクズシ
第7章 ツミキクズシ(1)
第7章 ツミキクズシ(2)
第7章 ツミキクズシ(3)
第7章 ツミキクズシ(4)
第8章 子心親不知
第8章 子心親不知(1)
第8章 子心親不知(2)
第8章 子心親不知(3)
第8章 子心親不知(4)
第8章 子心親不知(5)
第8章 子心親不知(6)
第9章 男はツラいよ
第9章 男はツラいよ(1)
第9章 男はツラいよ(2)
第9章 男はツラいよ(3)
第9章 男はツラいよ(4)
第9章 男はツラいよ(5)
第10章 禁じられた遊び
第10章 禁じられた遊び(1)
第10章 禁じられた遊び(2)
第10章 禁じられた遊び(3)
第10章 禁じられた遊び(4)
第10章 禁じられた遊び(5)
第10章 禁じられた遊び(6)
第11章 君死にたまふことなかれ
第11章 君死にたまふことなかれ(1)
第11章 君死にたまふことなかれ(2)
第11章 君死にたまふことなかれ(3)
第11章 君死にたまふことなかれ(4)
第11章 君死にたまふことなかれ(5)
第11章 君死にたまふことなかれ(6)
第11章 君死にたまふことなかれ(7)
第11章 君死にたまふことなかれ(8)
第12章 いのち短し走れよ乙女
第12章 いのち短し走れよ乙女(1)
第12章 いのち短し走れよ乙女(2)
第12章 いのち短し走れよ乙女(3)
第12章 いのち短し走れよ乙女(4)
第12章 いのち短し走れよ乙女(5)
第12章 いのち短し走れよ乙女(6)
第12章 いのち短し走れよ乙女(7)
第12章 いのち短し走れよ乙女(8)
第12章 いのち短し走れよ乙女(9)
第13章 あゝ無情
第13章 あゝ無情(1)
第13章 あゝ無情(2)
第13章 あゝ無情(3)
第13章 あゝ無情(4)
第13章 あゝ無情(5)
第13章 あゝ無情(6)
第13章 あゝ無情(7)
第13章 あゝ無情(8)
第13章 あゝ無情(9)
第14章 クリスマス・キャロル
第14章 クリスマス・キャロル(1)
第14章 クリスマス・キャロル(2)
第14章 クリスマス・キャロル(3)
第14章 クリスマス・キャロル(4)
第14章 クリスマス・キャロル(5)
第14章 クリスマス・キャロル(6)
第14章 クリスマス・キャロル(7)
第14章 クリスマス・キャロル(8)
第14章 クリスマス・キャロル(9)
第14章 クリスマス・キャロル(10)
第14章 クリスマス・キャロル(11)
第14章 クリスマス・キャロル(12)
第14章 クリスマス・キャロル(13)
第14章 クリスマス・キャロル(14)
第15章 時空(とき)を翔(かけ)る少女
第15章 時空(とき)を翔(かけ)る少女(1)
第15章 時空を翔る少女(2)
第15章 時空を翔る少女(3)
第15章 時空を翔る少女(4)
第15章 時空を翔る少女(5)
第15章 時空を翔る少女(6)
第15章 時空を翔る少女(7)
第15章 時空を翔る少女(8)
第16章 君の名は
第16章 君の名は(1)
第16章 君の名は(2)
第16章 君の名は(3)
第16章 君の名は(4)
第16章 君の名は(5)
第16章 君の名は(6)
第16章 君の名は(7)
第16章 君の名は(8)
第16章 君の名は(9)
第17章 秘密の逢瀬
第17章 秘密の逢瀬(1)
第17章 秘密の逢瀬(2)
第17章 秘密の逢瀬(3)
第17章 秘密の逢瀬(4)
第17章 秘密の逢瀬(5)
第17章 秘密の逢瀬(6)
第17章 秘密の逢瀬(7)
第17章 秘密の逢瀬(8)
第17章 秘密の逢瀬(9)
終章 いつまでも、いつものように
終章 いつまでも、いつものように(1)
終章 いつまでも、いつものように(2)

閉じる


<<最初から読む

103 / 132ページ

第14章 クリスマス・キャロル(13)

 雪とたわむれている彼女を見て、ボクはふとこんな事を考えてしまった。

 

『今の彼女は、いったい・・・何歳いくつなんだろう』

 

って。正確に言えば、何歳の記憶で今生きているんだろう ──── そう思っていた。ふと思い返せば、さっきの麻衣さんは工藤さんの事を、俊ちゃんではなく『助手さん』と呼んでいた。それに・・・麻衣ちゃん、と言っていた工藤さん。もう、気づいてるのかな・・・。

 

「大丈夫なの?彼女」

 

遠くへ行っちゃったりしない? ──── 思い返せば、初めてボクが『麻衣さん』に会った時からこんな感じでほわほわして、可愛らしい人だなあって印象はあったよ。でも今は、あの時よりもっと幼いような気がして・・・だから余計心配になったんだ。

 

「あ・・・アイツまた裸足だ」

 

言われてみればそうだった。ジーンズと薄いセーターしか着てない上に、手袋もしてないんじゃ・・・

 

「大変だっ、ただでさえ体の調子悪いのに・・・あのままじゃ風邪引いちゃう!!」

 

「・・・大丈夫だよ」

 

なんて、いつも必死になるのはボクばっかり。呼びに行こうとして、そう苦笑する工藤さんに止められて、その瞬間に思い出した。

 

「そうだよね」

 

・・・彼女は、人間じゃなかったんだ。もう分かってるはずなのに、『錯覚』を起こしてしまう。あまりにもそこに熱く尊い『生命』を感じてしまうから、だからなおさら・・・あの音に違和感を覚えていた。ボクのわがままな心は、無機的で冷たい『機械』の音を認めたくなかったのかもしれない。

 

「麻衣さん、すごく楽しそう」

 

「・・・思ってたとおり、記憶の欠落が現れたみたいだけど」

 

アイツには、この方が良かったかな ──── 工藤さんは穏やかに笑っていた。彼女の中では『お父さん』大澤博士は、決して亡くなってはいない。今もノア研究の発展のために外国で頑張っている。たとえ遠く離れていても、ずっと一緒に生き続けている。・・・そうさ。あんな悲しい出来事なんて、もう思い出してほしくない。ボクだって、同じ気持ちだった。

 
 

──── ね、ボクたちも行こうよ?


第14章 クリスマス・キャロル(14)

 あれからボクたちは、空が淡くオレンジに染まる頃まで一緒に遊んでいた。ちょっとした雪合戦に、鬼ごっこ。麻衣さんを追いかける工藤さんも、いつしか昔にタイムスリップしたように・・・子どもみたいにはしゃいでいた。

 

 

 

「はいー、つーかまーえたっ!!!今度は、麻衣ちゃんのオニー」

 

「あん、助手さぁんズルぅいー・・・よーしっ、行っくよー!!」

 

「わーっ、麻衣さんオニなの!!??逃げろ逃げろー」

 

とかって、もう息が切れるくらい。・・・楽しい時間って、ホントに早く過ぎていくんだよね。先に捕まっていたボクは、ちょっと疲れてデッキに腰を下ろしていた。ふと現実に戻ると、『しばしのお別れ』がだんだん近づいている事に気づいた。眩しい夕焼けを背に手をつないでこっちに戻ってくる二人を見て、ボクはまた泣きそうになった。この幸せな時間がいつまでも続けばいいのに ──── いつしか手を胸に組んで、見えない流れ星にお願いしていたんだ。

  

  

 「じゃあ・・・そろそろ帰ります。また、母さんが心配しちゃうとアレだし」

 

ボクは立ち上がって言った。

 

「えーっ、もう帰っちゃうのー!?まだ早いよぉ・・・。今冬休みなんでしょ?だったらそんな、慌てて帰んなくってもいいじゃ~ん・・・!!」

 

こっちに駆け寄りボクの腕をつかんで揺らしながら、寂しげな顔をして彼女はまるで駄々っ子のようにそう言ってきた。

 

「ゆっくりしていきなよ。俺が送ってってあげるからさ。何なら晩メシも一緒に・・・そうだ、今日はせっかく3人揃ってるし」

 

ひと足早いクリスマス・パーティーでもやりますか! ──── ・・・というわけで、みんなで色んなクリスマスソング歌ったり、

 

 

 

ケーキ囲んで写真撮ったり、何だかんだで結構盛り上がっちゃって。帰りも工藤さんの車にみんな乗ってボクんちの前まで。・・・結局、時刻は午後9時を回ったところ(笑)。

 

 

 「また、一緒にあそぼーねっ!」

 

って開けたドアのところに身を乗り出して、見送ってくれた麻衣さん。

 

「うんっ・・・またね!」

 

寒空の下、後ろの窓ガラスからずっと手を振っていた彼女が見えなくなるまで、ボクは手を振り続けていた。・・・もちろん、さよならなんて言わなかったよ?

  

  

 ──── 2009年12月23日午後10時56分、別荘2階麻衣の部屋。

 
 

「今日は、楽しかったぁ・・・」

 

「ああ、そうだね」

 

「・・・あの、助手のオジちゃん」

 

「ん?何だい」

 

「オジちゃんの作ってくれたお料理、とってもおいしかったよ」

 

「・・・そうか。そりゃ良かった」

 

「そうだ。今日ね、一緒に遊んだ男の子の事なんだけど・・・」

 

「どうした?」

 

「あの子・・・誰?」

 

「えっ・・・」

 

「・・・麻衣、あの子の事何も知らないの。何も分からないのに・・・」

 

「・・・うん」

 

「でもっ・・・でも、知ってる・・・知ってるんだよ?会いたかったんだ、すっごく・・・」

 

「そりゃあ、もちろん・・・あの子だって、メチャクチャ麻衣ちゃんに会いたがってたよ?」

 

「ホント・・・?」

 

「ああ、ずっとずっと・・・ホントにずっと前から」

 

「そーなんだぁ・・・ヘヘ、何か嬉しいな。・・・ねえ」

 

「ん?」

 

「じゃあオジちゃんは、あの子の事・・・知ってるんだよね?」

 

「ああ、知ってるよ」

 

「教えて?」

 

「・・・あの子はね、君を ──── いや、俺たちみんなを救ってくれた・・・

とっても優しくてカッコいい男の子なんだ」

 

「そっかぁ・・・やっぱり、優しいんだね」

 

「・・・さあ、もうお休み」

 

「うん、お休み・・・。 ──── オジちゃん?」

 

「ん?」

 

「また明日も・・・麻衣と一緒に・・・あそボゥ ──── 」

 

「!!・・・麻衣?・・・麻衣っ!!!」

 

「・・・」

 

「・・・ああ、遊ぼうな。約束だ」

 
 

──── いつか、きっと・・・また、みんなで。


第15章 時空(とき)を翔(かけ)る少女(1)

 ──── From : 工藤さん携帯

 

お久しぶりです。お元気ですか?あれからなかなかこっちに顔を見せてくれないし、メールもないから、どうしてるかなーと思っていたんですが、たしかキミは、いつかのメールで『復活の日』を待ってるって言ってましたね。3年前も、わざと来るのを遅らせたって。まあ、結局あの日はキミの期待には添えなかったんだけど・・・。だから今日こそは、それに応えようと思い久々にメールしました。まあね・・・その間こっちでも色んな事があってさ。メールだと長くなりそうだし、ネタバレになっても何だから、今日はとりあえずヒントだけ!ヒントは・・・

 

『足音が、近づいてきた』

 

です。今度の日曜、どーですか。もし、ご都合がつくなら、ぜひ別荘へいらして下さい。

 

・・・麻衣と二人で、待ってるぜ。

  

  

 ・・・あの『いちばん輝いていたクリスマス』から早くも3年が経ち、時は2012年。もちろん、どこかの映画で語られていた世界の終わりが来る事もなく、少なくともボクの周りでは穏やかな毎日が続いていた。特にこれといって変わった事もなかったけれど、しいて挙げるとするなら

 

『謎の中学生』から『謎の高校生』にジョブチェンジ

 

した事くらいかな。それでも、パーティーメンバーの中には相変わらずアイツ・・・嶋野陽平がいた。腐れ縁もここまで来たら、ヴィンテージものだ。まさか高校まで一緒になるとは思わなかった。おまけに、クラスまで同じだなんて。

 

「・・・おい」

 

「何だよ」

 

「返してくれよ」

 

「何を?・・・別にお前に何も借りてないだろ」

 

「オレの涙だよ!お前ずーっと黙ってたろ、どこの高校に行くかって」

 

「ああ」

 

「ホントお前ずりぃわー。卒業式の日に、あんなしんみり『これでお前ともお別れだな・・・』なんて言うからよぉ」

 

「何、お前泣いたの?だって笑い飛ばしてさ『何言ってんだよ、いつでもメールできんじゃん!』って言ってたくせに」

 

「目ぇ見たろ!?もうウルウルで、お前に聞かされた時も一瞬固まってただろーが!」

 

「おい陽平・・・ちょっ、おい泣くなって・・・」

 

「泣いてねぇぇーし!・・・花粉症なんだよオレ」

 

「ゴメン・・・あの時は悪かったと思ってるよ。それに、まさかお前がこの ──── 」

 

「ああっ!!何だよバカにすんなよ!そりゃ、ちょっとはお前のほうがデキる奴かもしんねーけど、オレだって・・・やる時ゃやる男なの!目指せ『アキバ系ロボット科学者』!・・・ロボットにも、萌えをっ!!!ですよ」

 

「・・・まあ、頑張んなよ」

 

たしかに陽平のヤツ、理科は結構得意らしいんだけれどね。でも・・・数学苦手でもなれるのかな、科学者って。

 

「いずれは、でっかい研究所に就職して・・・あっ!あそこはどうかな、『NBATCL国立生体工学応用技術総合研究所』!!・・・でもなぁ、最近あそこ不祥事続きだし・・・」

 

たしか3年前にも、オレの『心の師匠』大澤センセーが ──── 『尊敬してたのに・・・まさか殺されちまうなんて』ひとり盛り上がってるかと思ったらガックリ肩を落としたりしてとっても忙しい陽平くん。いつから博士が彼のセンセーになったのか、それはさて置き。・・・そう。実は、ついこの間もそこで『ある不祥事』が起こったんだけれど・・・

 
 

──── どうやら、それが麻衣さんの・・・『ノア計画』の復活のカギを握っているみたいなんだ。


第15章 時空を翔る少女(2)

 ──── 2012年3月26日午前9時24分、NBATCL所長室。

 
 

「おはようございます、所長。お呼びですか」

 

「ああ、おはようございます。工藤博士、実は今日あなたに『いいお知らせ』が・・・」

 

「はあ・・・何でしょう」

 

「来年度より、長らく凍結してきた『ノア計画』を再開したいと思いまして」

 

「えっ、そんな・・・マジっすか!?」

 

「ええ、マジです。ですから、あなたにも以前同様に大澤博士の研究室で他の研究員の皆さんと共に・・・博士の遺志を継いで、プロジェクトの実現に向けてさらに頑張っていただきたいと ──── 」

 

「はいっ、それはもう!お任せ下さい!!・・・ですが」

 

「はい?」

 

「何でまた、急に?」

 

「ええ、そこなんですがね?・・・今度は逆にN.A.R.P.自体の存続が危ぶまれておりまして。あなたも、主任がこのところいらっしゃらないのにお気づきだと思いますが・・・」

 

「ええ、だから最近はもー楽しくって楽しくって。・・・海外に長期出張なんですよね、いつまでです?」

 

「・・・すみません。実はアレ、嘘なんです」

 

「またまた~。エイプリルフールには早いですよ所長・・・」

 

「いやいや、ホントなんです」

 

「ちょっと・・・どっちなんですか」

 

「いや、だから・・・嘘っていうのが、ホントなんです」

 

「何か・・・こんがらがってきた。じゃあ、もっかいお尋ねしますけど・・・主任は、『ただの出張』なんですよね?」

 

「いえ、違います」

 

「・・・では、いったい何なんです?主任がいない理由は」

 

「はい、『いらっしゃらない理由』・・・それはですね」

 

「それは?」

 

「なんと、有珠家うすけ主任が・・・」

 
 

──── エエエエェェェッッッ!!!!・・・ま、マジっすか・・・。


第15章 時空を翔る少女(3)

 ──── 2012年4月15日午前11時8分、深山市内別荘。

 

「久しぶり・・・おおっ、えらく背が伸びたなあ」

 

出迎えてくれた工藤さんは、メガネを掛け例の緑色のエンジニアっぽい格好でたたずんでいた。それはちょうど、3年前ここで初めて会った時の姿をほうふつとさせた。

 

「麻衣さんは?」

 

あのメールを読んだら、『期待するな』ってほうがムリだ。ボクは人差し指をクイッと上に向けて、彼女の部屋のほうを指した。そしたら工藤さんニンマリ嬉しそうに笑って、地面のほうを指差したんだ。

 

「・・・とりあえず行こう」

  

  

 ちょうど一週間くらい前かな。『次世代ロボットプロジェクト責任者、殺人幇助ほうじょ容疑で逮捕』・・・工藤さんの直接の上司にあたる人物が3年前に研究所で起きた襲撃事件に関与しているというそのニュースは、所長さんを始めとする研究所の関係者たちに衝撃を与えた。博士の書斎の地下、ラボに繋がる長い階段を歩きながら工藤さんがポツリポツリと話し始めたんだ。

 

「所長に聞かされた時はビックリしたよ。・・・まさか、あのKBYが逮捕されちまうなんて」

 

出勤していない理由、それは決して出張などではなく何故か所長さんも驚いた・・・

 

『とある重要機密の漏えい』をKBY自ら暴露し、進んで数ヶ月もの間自宅謹慎中

 

だったからだ。当初の逮捕理由もその事に関するものと思われていた。しかし実際にはそんな事実すら存在せず、本当のところは、3年前の事件を手引きした疑いでの逮捕だった。しかも、それだけでは済まなかった。捜査が進むにつれ、何と23年前のあのひき逃げ死亡事故にも関わっていたという事が明らかになったそうだ。そう・・・23年前に『組織』に対して大澤博士の奥さんと麻衣さんを殺害するように仕向けたのも、ノア計画の『秘密』を脅迫のネタとして提供したのも・・・

 
 

──── あの、クソバーコード野郎だったんだ。

 
 

「ったく、アイツ『謹慎中』に何をやってたのか知らないけど・・・」

 

「逃げるつもりだったのかな?」

 

「・・・さあな。ま、もーどーでもいーや!」

 
 

 ・・・でも、その『逮捕の真相』を知ってショックを受けていたのは・・・工藤さんだけじゃなかった。

 

「大丈夫なの?・・・所長さん」

 

「ああ、また今日も昼からお見舞いに行くつもりだけど・・・ひどく、落ち込んじゃっててね」

 

私が、もっと早くに気づいていれば、征夫さんの奥さんもお嬢さんも・・・征夫さんだって、あんな事にはならなかったのに・・・!! ──── 涙ながらにそればかりを繰り返して、工藤さんが顔を見せるたびに謝りどおしなんだそうだ。

 

「でも、所長になんて分かるはずないんだよ。あんにゃろの一番近くにいた俺だって全然気づかなかったんだから・・・」

 

『もう元気出してください。博士・・・おじさんだって、分かってくれてますよ。だって・・・だって何よりもプロジェクトの再開を一番喜んでるのは、おじさんなんですから!』そう所長さんを励まし続けていた工藤さん。聞けば、大澤博士と所長さんはもともと同期なんだそうで、お互いの夢だった『ロボットと人間が共存する社会』の実現に向けて、今から約40年前に独立して立ち上げたのが現在の研究所の前身となる『ミヤマ・ヒューマイコン製作所』だった。

 

「だから・・・今はとにかく、まずNHP-001をきちんと完成させてプロジェクトを形にしなきゃ」

 

工藤さんはラボに繋がるドアに手を掛けて奥へ押し開けた。

 
 

──── 所長にも、早く麻衣に会ってもらわないとな。

 
 

3年ぶりだった。ボクの目の前に、頭をケーブルでコンピュータに繋がれて、サイバーでテカテカなあの『歯医者の椅子』に腰を下ろしていた彼女が姿を現したんだ。



読者登録

紫峯蓮舞さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について