目次
前日譚 目覚めの刻(とき)を待つ少女
前日譚 目覚めの刻(とき)を待つ少女
独白 プロローグ
独白 プロローグ
第1章 眠れる森の
第1章 眠れる森の(1)
第1章 眠れる森の(2)
第1章 眠れる森の(3)
第1章 眠れる森の(4)
第1章 眠れる森の(5)
第2章 世にも奇妙な
第2章 世にも奇妙な(1)
第2章 世にも奇妙な(2)
第2章 世にも奇妙な(3)
第2章 世にも奇妙な(4)
第2章 世にも奇妙な(5)
第3章 昔むかしの
第3章 昔むかしの(1)
第3章 昔むかしの(2)
第3章 昔むかしの(3)
第3章 昔むかしの(4)
第3章 昔むかしの(5)
第3章 昔むかしの(6)
第4章 不思議の国の
第4章 不思議の国の(1)
第4章 不思議の国の(2)
第4章 不思議の国の(3)
第4章 不思議の国の(4)
第4章 不思議の国の(5)
第4章 不思議の国の(6)
第4章 不思議の国の(7)
第4章 不思議の国の(8)
第4章 不思議の国の(9)
第4章 不思議の国の(10)
第4章 不思議の国の(11)
第5章 嵐の前の
第5章 嵐の前の(1)
第5章 嵐の前の(2)
第5章 嵐の前の(3)
第5章 嵐の前の(4)
第5章 嵐の前の(5)
第5章 嵐の前の(6)
第5章 嵐の前の(7)
第5章 嵐の前の(8)
第5章 嵐の前の(9)
第6章 山のあなたの
第6章 山のあなたの(1)
第6章 山のあなたの(2)
第6章 山のあなたの(3)
第6章 山のあなたの(4)
第6章 山のあなたの(5)
第7章 ツミキクズシ
第7章 ツミキクズシ(1)
第7章 ツミキクズシ(2)
第7章 ツミキクズシ(3)
第7章 ツミキクズシ(4)
第8章 子心親不知
第8章 子心親不知(1)
第8章 子心親不知(2)
第8章 子心親不知(3)
第8章 子心親不知(4)
第8章 子心親不知(5)
第8章 子心親不知(6)
第9章 男はツラいよ
第9章 男はツラいよ(1)
第9章 男はツラいよ(2)
第9章 男はツラいよ(3)
第9章 男はツラいよ(4)
第9章 男はツラいよ(5)
第10章 禁じられた遊び
第10章 禁じられた遊び(1)
第10章 禁じられた遊び(2)
第10章 禁じられた遊び(3)
第10章 禁じられた遊び(4)
第10章 禁じられた遊び(5)
第10章 禁じられた遊び(6)
第11章 君死にたまふことなかれ
第11章 君死にたまふことなかれ(1)
第11章 君死にたまふことなかれ(2)
第11章 君死にたまふことなかれ(3)
第11章 君死にたまふことなかれ(4)
第11章 君死にたまふことなかれ(5)
第11章 君死にたまふことなかれ(6)
第11章 君死にたまふことなかれ(7)
第11章 君死にたまふことなかれ(8)
第12章 いのち短し走れよ乙女
第12章 いのち短し走れよ乙女(1)
第12章 いのち短し走れよ乙女(2)
第12章 いのち短し走れよ乙女(3)
第12章 いのち短し走れよ乙女(4)
第12章 いのち短し走れよ乙女(5)
第12章 いのち短し走れよ乙女(6)
第12章 いのち短し走れよ乙女(7)
第12章 いのち短し走れよ乙女(8)
第12章 いのち短し走れよ乙女(9)
第13章 あゝ無情
第13章 あゝ無情(1)
第13章 あゝ無情(2)
第13章 あゝ無情(3)
第13章 あゝ無情(4)
第13章 あゝ無情(5)
第13章 あゝ無情(6)
第13章 あゝ無情(7)
第13章 あゝ無情(8)
第13章 あゝ無情(9)
第14章 クリスマス・キャロル
第14章 クリスマス・キャロル(1)
第14章 クリスマス・キャロル(2)
第14章 クリスマス・キャロル(3)
第14章 クリスマス・キャロル(4)
第14章 クリスマス・キャロル(5)
第14章 クリスマス・キャロル(6)
第14章 クリスマス・キャロル(7)
第14章 クリスマス・キャロル(8)
第14章 クリスマス・キャロル(9)
第14章 クリスマス・キャロル(10)
第14章 クリスマス・キャロル(11)
第14章 クリスマス・キャロル(12)
第14章 クリスマス・キャロル(13)
第14章 クリスマス・キャロル(14)
第15章 時空(とき)を翔(かけ)る少女
第15章 時空(とき)を翔(かけ)る少女(1)
第15章 時空を翔る少女(2)
第15章 時空を翔る少女(3)
第15章 時空を翔る少女(4)
第15章 時空を翔る少女(5)
第15章 時空を翔る少女(6)
第15章 時空を翔る少女(7)
第15章 時空を翔る少女(8)
第16章 君の名は
第16章 君の名は(1)
第16章 君の名は(2)
第16章 君の名は(3)
第16章 君の名は(4)
第16章 君の名は(5)
第16章 君の名は(6)
第16章 君の名は(7)
第16章 君の名は(8)
第16章 君の名は(9)
第17章 秘密の逢瀬
第17章 秘密の逢瀬(1)
第17章 秘密の逢瀬(2)
第17章 秘密の逢瀬(3)
第17章 秘密の逢瀬(4)
第17章 秘密の逢瀬(5)
第17章 秘密の逢瀬(6)
第17章 秘密の逢瀬(7)
第17章 秘密の逢瀬(8)
第17章 秘密の逢瀬(9)
終章 いつまでも、いつものように
終章 いつまでも、いつものように(1)
終章 いつまでも、いつものように(2)

閉じる


<<最初から読む

97 / 132ページ

第14章 クリスマス・キャロル(7)

 やっぱり工藤さん、笑顔のまま固まっちゃった。しばらくして柔らかくなったと思ったらバンッ、てテーブル叩いてふて腐れながら

  

「それなんだよなー!・・・俺さ、そんなのKBYクソバーコード野郎が勝手に言ってるだけだと思ってたの!!したら、次の日に所長にも呼び出し食らって・・・」

  

工藤さんの話では、所長さんって『メッチャクチャいい人』なんだそうだ。博士との関係も、麻衣さんを亡くした事も知っていて・・・お葬式の時にも顔を合わせたらしい。でも工藤さんってば、ぜんぜん覚えてないんだって。

 

「この際もう麻衣の事も洗いざらい全部話して、『きっと上手くいきますから』って言ったら・・・一応納得はしてくれたんだけどさ」

 

しかし、それだけ複雑で繊細なシステムです。では、お聞きしますが・・・何らかの不具合やエラーは一つもなかったんですか? ──── もしKBYにそんな事言われたら、ぶん殴ってたかもしれない・・・そう明るく言った工藤さん。でも内心はハッとしてたんだ。

 

「えっ、不具合なんかあったの?」

 

「いや、キミも見たろ?勝手に再起動して俺たちを助けに来たり・・・」

 

アイツを殺しそうになったり ──── 工藤さんもその『謎の再起動』の原因はまだ分からないらしい。ボクたちの場合はアレで良かったと言えばそうなんだけれど、『暴走』には違いなかった。もし、それが製品化された際に起きてしまったら・・・取り返しのつかない事にもなりかねない。もちろん不安要素は、それだけにとどまらなかった。

 

「ニューロ・チップは熱に極端に弱いんだ。・・・まあ、普通に動いてる分にはクーリングをきっちり施してるからまずそんな事はないんだけど・・・」

 

もし何らかの形で負荷が掛かって急激に温度が上がってしまうと、メモリーログを損傷してしまう可能性がある・・・ ──── 工藤さんがますます厳しい顔つきになっていく。

 

「そしたら、どうなるの・・・?」

 

「保存されているデータが欠落して・・・そうだな、分かりやすく言うと『記憶喪失』になってしまうかもしれないって事」

 

しかもヒトの脳とは違って、その記憶は二度と取り戻す事が出来ない・・・そういった事も含めて何もかも所長に聞いてもらった工藤さんは、とりあえず一旦計画を『凍結』という形にして、今はとにかくそれらの不具合の改善に努めるように『お願い』されたそうなんだ。

 

「じゃあ、麻衣さんは・・・」

 

工藤さんは微笑んでうなずいた。

 

「もちろん今日明日っていうわけにはいかないけどね。ちゃんと原因を解明して、プロジェクト再開のメドが立ったら・・・真っ先に復活させるよ。あっそうそう、所長もなるべく早く麻衣に会いたいって ──── 」

 

「シッ・・・!!!」

 

その時だった。ボクの頭上、天井のほうからギシッ・・・と板がきしむような音がしたんだ。

 
 

──── まさか・・・!!!


第14章 クリスマス・キャロル(8)

 「どうした?」

 

「今の音聞こえなかった!?ミシッて・・・」

 

「ああ、家鳴りってヤツだろ。今日ほら外寒いから・・・」

 

「違うよっ、ココ!・・・ココから」

 
 

ギシィッ・・・ミシッ ────

 
 

『ホラまた・・・!!』ボクが麻衣さんの部屋のほうを指差した直後、また同じ音が。微妙な笑顔になっていた工藤さんには、きっとボクの言いたい事が分かってるはずだった。

 

「・・・いや違うよ、違う違う。だって、俺が今までどれだけやっても全然ダメだっ ──── 」

 

「リモコンで、でしょ!?今日は、だってホラ『主電源』をいじったじゃない!叩いたり揺らしたりして『刺激』も与えたし・・・だから」

 

目も開けてくれた!何か・・・何か言おうとしてたじゃんかっ!! ──── でも工藤さんは首を振るばっかり。

 

「・・・ありがとう。キミがそれほどまで麻衣を人間みたいに思ってくれてるのは、本当に嬉しいよ。おかげでますますノアの『力』に自信を持つことが出来る。でも・・・でもね、今のアイツは動けないんだよ。いくら『魂』が動きたいって思ってても、その気持ちを受け止めて、それに応えるための『体』が・・・壊れちまってるんだ。そうなったら、もうどうする事も出来ない・・・分かるよな」

 

哀れむような表情で微笑んだ工藤さんは、そばに畳んで置いていたパソコンをポンポンと叩いて見せた。・・・そうか。よくよく考えてみたら『主電源』すら、もうOFFにしてあるんだった。

・・・なんて、納得しようと思ってもゼッタイ無理だよ。

 
 

──── でも・・・もし、『不具合』が起きてたら?

 
 

これまでの経験上、彼女が『素直に言うこと聞く』わけないって分かってるもん。だったら・・・

 

「また勝手にスイッチ入ってるかも知れないよ」

 

「えっ・・・」

 

「見てみてよパソコン」

 

「いやあ・・・だけど、いくら何でも ──── 」

 

「いいから早くっ!」

 

どうかなあ・・・ ──── しぶしぶパソコンを開いてアプリケーションを操作していく工藤さん。面倒くさそうにキーを叩いたその直後、工藤さんの目はモニターに釘付けになって、口からは・・・

 

「アァッチッ!!!あっつい・・・!!!」

 

くわえていたタバコがポロリと落ちて太ももへ。床に落ちたタバコを慌てて踏み消しながら・・・

 

「参ったな・・・キミの言ったとおりだ」

 
 

──── アイツ・・・起きてるかもしれない。


第14章 クリスマス・キャロル(9)

 【STATUS状態 : ACTIVE稼動中

 

BATTERY REMAINバッテリー残量 : 30.56%】

 

OPERATING TIME REMAIN稼働時間残り : 10:58:47】■

 
 

──── 2009年12月23日午後1時2分、別荘2階廊下。

 
 

ボクたちはパソコンもフォークも放っぽりだして、ドタドタと2階へ駆け上がった。競走してるわけでもないのに、まるで我先にと『まい’s room』を目指す2人のオトコノコ。工藤さんがドアノブを握って、グイッと思いっきり手前に開け放ち、慌てて部屋の明かりをつける。その光景は、数時間前とほとんど変わらなかった。ただ今回は、明らかに温度が高いような気がした。それは、決して興奮していたボクや工藤さんの体温が上がってたからとかってだけじゃなくて・・・上手く言えないけれど、入った瞬間、部屋の中に何ともいえないほのかな温もりというか・・・

 

人がいる気配

 

みたいなものをはっきり感じたんだ。目の前には、体を起こし、足を伸ばしたままでチョコンとベッドに座っていた彼女の姿が。

 

「あ・・・おはよう」

 

と、まだ少し眠たそうなボンヤリとした眼差しをこちらに向けて、笑顔を浮かべていた。

 

「ずいぶんグッスリだったじゃないか・・・」

 

駆け寄ろうとしたボクをサッと腕で静止して、工藤さんが言った。『えっ、何で・・・』意地悪されたみたいな気になって、ちょっとムッとして見上げたら、マジメな顔でうなずくだけだった。ボクの肩を持って、2人一緒にゆっくり近づいていく。・・・何だろ、そんなに慌てるなってことなのかな。

 

「大丈夫かい?・・・おかしな所はない?」

 

そっとベッドに腰を下ろした工藤さんは、優しく彼女の頭をなでていた。

 

「うん、だいじょーぶ。・・・でも、ちょっと寝すぎちゃったかなぁ。何か、体が重ぉい・・・」

 

と、抱きついて・・・というよりは、胸の中にもたれていく彼女を柔らかく包み込んでいる。

 

「麻衣・・・麻衣、大丈夫かい?」

 

「うん、だいじょーぶ・・・」

 

背中に静かに手を這わせるだけの工藤さん、何度となく彼女を気遣うその切なげな表情を見てボクはようやく、さっきの行動の真意に気づいた。だってさ、ホントはギュッと思いっきり抱きしめたいはずなのに・・・それをしない。したくても、出来なかったんじゃないか・・・って。本来なら、目覚めるはずのなかった彼女が『不具合』で再起動してしまった。出来ることなら、このままいつまでも暮らしていたい。でも、それは叶わない事だと思っていた工藤さんにとっては、もはや過ぎていく1分、1秒すら惜しかったに違いない。だからこそ、考えなしに彼女に飛びつこうとしていたボクをとがめたんだ。たったそれだけの事が余計な衝撃を与えて、再び彼女を停止させてしまわないように。・・・優しすぎる何処かの誰かが掛けてくれた『魔法』が解けて

 
 

──── また彼女が・・・物言わぬ人形に戻ってしまわないように。


第14章 クリスマス・キャロル(10)

 工藤さんが腕を広げると、彼女は不思議そうに顔を見上げていた。工藤さんが微笑むと、彼女も天使のように笑顔をとろけさせる。

 

「ほら・・・」

 

その時、工藤さんに視線を促されおもむろにこっちへ顔を動かす彼女。さっきの事を気にするあまり、ボクは当然ベッドにも上がっていく事が出来なくて・・・それに、二人を見てたら何となく後ずさりしちゃって、ほとんどドアのとこに。ドキドキするくらい、じっと真っ直ぐボクを見つめていた彼女。でもやっぱりね・・・ゆっくり首をかしげるのを見ちゃうと、『もう、ボクのこと・・・忘れちゃってるかな』何て言ったらいいか分かんなかったから、とりあえず小さく手ぇ振ってたんだ。そしたら、

 

「ああっ、久しぶりだね!元気してた?」

 

って笑ってくれた。そんな事言われたら、もちろん嬉しかったよ。嬉しいに決まってるけれど、何となく・・・『大丈夫かなあ』って不安になる自分もいた。だからなかなか動けずにいると

 

「こっちおいでよ!」

 

って工藤さんに、文字通り『背中を押されて』急接近させられちゃってさ。

 

「・・・久しぶり。麻衣さんは?・・・元気?」

 

『うんっ!』・・・って、声には出さなかったけれど明るくコクッとうなずいた彼女。と、思ったら『あっ!』みたいに目を丸くして人差し指でボクの口元をサッとなでて

 

「美味しいものがついてる♪」

 

指先についたミートソースをペロッと舐めたんだ。しまったっ、慌ててて口拭いてくるのすっかり忘れてた・・・!!!キャー何かもう、恥ずかしくて顔がポッポしてきちゃった。

 
 

──── あれ?

 
 

「工藤さん、食べもの・・・」

 

・・・なんて、うつむいてばかりもいられないような事をいきなり思い出した。そうだ、たしか彼女は水しかダメだったんじゃ・・・ボクの小声につられて、工藤さんもささやくように

 

「ああ、うん。いい、いいよ別に・・・ちょっとくらいなら。大丈夫大丈夫」

 

『・・・?』二人が急にシリアスな顔をしたもんだから、彼女キョトンとしちゃって。

 

「くっ、工藤さんがスパゲッティ作ってくれたんだ!」

 

ボクは急いで作り笑いして、そう言ってごまかした。

 

「へー、俊ちゃん料理できるんだ?」

 

クルッと顔を見つめて尋ねてきた彼女に、工藤さんは若干咳き込みながら

 

「えっ!?・・・ああ。まあ・・・少しはね。・・・これでも独り暮らししてるし」

 

そっかぁ・・・ふぅん、いいなあ ──── 感慨深げにそう言った彼女は、

 
 

──── 一度でいいから、食べてみたかったな。俊ちゃんの手料理。

 
 

どこを見るともなく少し寂しげに遠くへ視線を投げて、そう呟いたんだ。


第14章 クリスマス・キャロル(11)

 「食べられるよ!・・・いつか、きっと」

  

そうでしょ? ──── 工藤さんには、まだまだ頑張ってもらわなきゃいけないけれど。今よりも科学がもっともっと進歩すれば、彼女みたいにノアという新しい体で暮らす事になった人たちも、ボクたちと同じように料理を味わえる日が来るかもしれない。・・・来るといいな。

  

「そろそろ、下りようか。・・・立てるかい?」

  

「うん、大丈夫・・・」

  

工藤さんが肩を貸して彼女をゆっくり立たせる。ウィィィ・・・と、今まで一度も聞こえた事のなかった関節のギアのような音がかすかに聞こえた。ボクは彼女の手をギュッと握っていた。

  

「あ・・・雪」

  

窓の外の景色に目をやって、彼女がポツリと言った。あの日のように、ピントを合わせるサーボの音やお腹あたりから聞こえるブゥゥゥン・・・という低い振動の音がいつもより大きく聞こえるのは、あたりが静かすぎるから・・・空気が冷たかったからだって、それはまだ勝手に納得できた。でも、ボクが手を放せば簡単にほどけそうなくらい弱々しく絡んでいた彼女の細い指、そこから伝わってくる『震え』だけは何なのか分からなくて少しだけ怖くなった。どれだけ強く握ってもそれは決して止まらない。いつしか工藤さんの『焦り』が伝染していたボクの心にも気づかずに、ただ彼女は雪をボンヤリと眺めて微笑んでいた。

  

「・・・ありがと俊ちゃん、もういいよ。私ひとりで歩けるから」

  

と、しばらくして不意に彼女は工藤さんの肩から腕を下ろし振り向いて、そう言った。

  

「でも、まだ足が・・・」

  

止めようとする工藤さんに首を振って、ゆっくりゆっくり入り口のほうへ進む彼女は、右足を引きずっていた。その度にか細いモーター音を漏らしながら。

  

とりあえず『応急処置』はしたよ ────

  

それがどういうものかなんて知らなかったけれど、もう彼女のボディは、今の工藤さんの力じゃどうする事も出来ないほど壊れてしまっている・・・それだけは分かった。

  

「どうしたの?二人とも・・・そんな顔して」

  

もたれるように手を掛けた彼女は、ボクたちがじっと立ち尽くしていたのに気づいてこっちを向いた。不思議そうな顔をして首をかしげている。

  

「行こ・・・?」

  

コマの少ない古い映画みたいに、ちょっぴりぎこちなく笑顔になる。こっちへゆっくり下から腕を伸ばす。とにかく周りが静かだったから、今はもう彼女が何をしても・・・乾いた『機械の音』、そのノイズが耳について離れなかったんだ。



読者登録

紫峯蓮舞さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について