目次
前日譚 目覚めの刻(とき)を待つ少女
前日譚 目覚めの刻(とき)を待つ少女
独白 プロローグ
独白 プロローグ
第1章 眠れる森の
第1章 眠れる森の(1)
第1章 眠れる森の(2)
第1章 眠れる森の(3)
第1章 眠れる森の(4)
第1章 眠れる森の(5)
第2章 世にも奇妙な
第2章 世にも奇妙な(1)
第2章 世にも奇妙な(2)
第2章 世にも奇妙な(3)
第2章 世にも奇妙な(4)
第2章 世にも奇妙な(5)
第3章 昔むかしの
第3章 昔むかしの(1)
第3章 昔むかしの(2)
第3章 昔むかしの(3)
第3章 昔むかしの(4)
第3章 昔むかしの(5)
第3章 昔むかしの(6)
第4章 不思議の国の
第4章 不思議の国の(1)
第4章 不思議の国の(2)
第4章 不思議の国の(3)
第4章 不思議の国の(4)
第4章 不思議の国の(5)
第4章 不思議の国の(6)
第4章 不思議の国の(7)
第4章 不思議の国の(8)
第4章 不思議の国の(9)
第4章 不思議の国の(10)
第4章 不思議の国の(11)
第5章 嵐の前の
第5章 嵐の前の(1)
第5章 嵐の前の(2)
第5章 嵐の前の(3)
第5章 嵐の前の(4)
第5章 嵐の前の(5)
第5章 嵐の前の(6)
第5章 嵐の前の(7)
第5章 嵐の前の(8)
第5章 嵐の前の(9)
第6章 山のあなたの
第6章 山のあなたの(1)
第6章 山のあなたの(2)
第6章 山のあなたの(3)
第6章 山のあなたの(4)
第6章 山のあなたの(5)
第7章 ツミキクズシ
第7章 ツミキクズシ(1)
第7章 ツミキクズシ(2)
第7章 ツミキクズシ(3)
第7章 ツミキクズシ(4)
第8章 子心親不知
第8章 子心親不知(1)
第8章 子心親不知(2)
第8章 子心親不知(3)
第8章 子心親不知(4)
第8章 子心親不知(5)
第8章 子心親不知(6)
第9章 男はツラいよ
第9章 男はツラいよ(1)
第9章 男はツラいよ(2)
第9章 男はツラいよ(3)
第9章 男はツラいよ(4)
第9章 男はツラいよ(5)
第10章 禁じられた遊び
第10章 禁じられた遊び(1)
第10章 禁じられた遊び(2)
第10章 禁じられた遊び(3)
第10章 禁じられた遊び(4)
第10章 禁じられた遊び(5)
第10章 禁じられた遊び(6)
第11章 君死にたまふことなかれ
第11章 君死にたまふことなかれ(1)
第11章 君死にたまふことなかれ(2)
第11章 君死にたまふことなかれ(3)
第11章 君死にたまふことなかれ(4)
第11章 君死にたまふことなかれ(5)
第11章 君死にたまふことなかれ(6)
第11章 君死にたまふことなかれ(7)
第11章 君死にたまふことなかれ(8)
第12章 いのち短し走れよ乙女
第12章 いのち短し走れよ乙女(1)
第12章 いのち短し走れよ乙女(2)
第12章 いのち短し走れよ乙女(3)
第12章 いのち短し走れよ乙女(4)
第12章 いのち短し走れよ乙女(5)
第12章 いのち短し走れよ乙女(6)
第12章 いのち短し走れよ乙女(7)
第12章 いのち短し走れよ乙女(8)
第12章 いのち短し走れよ乙女(9)
第13章 あゝ無情
第13章 あゝ無情(1)
第13章 あゝ無情(2)
第13章 あゝ無情(3)
第13章 あゝ無情(4)
第13章 あゝ無情(5)
第13章 あゝ無情(6)
第13章 あゝ無情(7)
第13章 あゝ無情(8)
第13章 あゝ無情(9)
第14章 クリスマス・キャロル
第14章 クリスマス・キャロル(1)
第14章 クリスマス・キャロル(2)
第14章 クリスマス・キャロル(3)
第14章 クリスマス・キャロル(4)
第14章 クリスマス・キャロル(5)
第14章 クリスマス・キャロル(6)
第14章 クリスマス・キャロル(7)
第14章 クリスマス・キャロル(8)
第14章 クリスマス・キャロル(9)
第14章 クリスマス・キャロル(10)
第14章 クリスマス・キャロル(11)
第14章 クリスマス・キャロル(12)
第14章 クリスマス・キャロル(13)
第14章 クリスマス・キャロル(14)
第15章 時空(とき)を翔(かけ)る少女
第15章 時空(とき)を翔(かけ)る少女(1)
第15章 時空を翔る少女(2)
第15章 時空を翔る少女(3)
第15章 時空を翔る少女(4)
第15章 時空を翔る少女(5)
第15章 時空を翔る少女(6)
第15章 時空を翔る少女(7)
第15章 時空を翔る少女(8)
第16章 君の名は
第16章 君の名は(1)
第16章 君の名は(2)
第16章 君の名は(3)
第16章 君の名は(4)
第16章 君の名は(5)
第16章 君の名は(6)
第16章 君の名は(7)
第16章 君の名は(8)
第16章 君の名は(9)
第17章 秘密の逢瀬
第17章 秘密の逢瀬(1)
第17章 秘密の逢瀬(2)
第17章 秘密の逢瀬(3)
第17章 秘密の逢瀬(4)
第17章 秘密の逢瀬(5)
第17章 秘密の逢瀬(6)
第17章 秘密の逢瀬(7)
第17章 秘密の逢瀬(8)
第17章 秘密の逢瀬(9)
終章 いつまでも、いつものように
終章 いつまでも、いつものように(1)
終章 いつまでも、いつものように(2)

閉じる


<<最初から読む

89 / 132ページ

第13章 あゝ無情(8)

 「直して・・・くれたんじゃないの?」

  

ボクは彼女に駆け寄って、すっかり元通りキレイになった頬っぺたに触れた。そのあまりの冷たさに一瞬手を引っ込めてしまった。

  

「とりあえず、『応急処置』はしたよ。もちろん完全停止からのブートもしてある」

 

でも・・・こんな状態さ ──── 工藤さんの言葉もそこそこに、ボクは我慢できずに何度も何度も彼女の名前を呼び続けて、体を揺らし続けていた。

 

「ねえ、リモコン持ってきて」

 

「無駄だよ。・・・そんな事くらい、俺だって何回も試した。指が、痛くなるくらいな」

 

「でもそれって、だいぶ前でしょ!?」

 

ドアノブ、部屋のプレート・・・それだけじゃなくて彼女にも。うっすら白く積もっていた時の移ろい ──── 『溶けない雪』だけは、ごまかせなかった。この時、どこかでボクは逆に

 

そうか。彼女も・・・『機械』なんだ。それだったら・・・

 

そんな期待を寄せていた。ゲームマシンやパソコン、どんなコンピュータだって使い続けていれば起動や読み込みが遅くなったりする事がある。ゲームソフトにはお馴染み『魔法の息』、電源を切ったり入れたり、叩いて『刺激』を与えたりすれば・・・根拠はなくても復活するかもしれないんだ。

 

「・・・じゃあさ、お願いがあるんだけど」

 

今度はそれと同じ事をコンピュータからやってみたら・・・ ──── って提案してみた。そしたら『なるほどね・・・。たしかに、それは考えた事がなかったなあ』なんて意外に好感触でさ、慌てて出てった工藤さんは数分後自分のノートPCを小脇に抱えて戻ってきたんだ。


第13章 あゝ無情(9)

 「じゃあ、やってみるよ?」

 

と、パソコンを操作する工藤さんに手で合図して、ボクは彼女のお腹に耳を当てて『音』を聞いていた。体を揺らし、叩いて『刺激』を与えつつ目を開けるかどうかも確認しながら。

 

「・・・もう切った?」

 

うなずく工藤さん。・・・おかしい。何の音もしなかった。ハードドライブの駆動音のような『唸り』もなければ、それが静まるきっかけすらも。

 

「うん。・・・じゃあ、もっかい再起動して」

 

カタカタとキーボードを叩く音。『はい、後1分・・・』高まる緊張感でドキドキしすぎて、邪魔で仕方なかった。だって、自分の鼓動か、彼女の『鼓動』か分からなかったんだもの。けれど、それを抜きにしても・・・やっぱり何の反応もなかった。

 

「ダメかい?」

 

「もっかいっ、もっかいやってみてっ!!」

 

工藤さんは、お愛想で笑いかけてはくれた。でも、あらかた諦めてるのがもう見え見えだったから、ボクは何だか申し訳ない気持ちでいっぱいになった。

 

「・・・ダメ?」

 

「いやぁ、そんな事ないよ。・・・キミの気が済むまでトコトン付き合うさ」

  

  

 ・・・そんな無駄にも思えるやり取りが数十回続いた。時間にして2時間くらい経った頃かな。

 

「・・・はい、1分ね」

 

さすがにお互いに疲れが見え始めて、注意力も散漫になっていた。でも、そんなボクの耳にハッキリと目の覚めるような澄んだ電子音と金属をこすり合わせるシャリシャリシャリシュワー・・・みたいな心地の良いモーター音が飛び込んできたんだ。

 

「聞こえる・・・動いてるよ!?」

 

ガンバレッ・・・麻衣さん起きて・・・お願い ──── ボクは、必死で体を叩いたり頭を揺らしたりした。その時、バチンッと音がしてパソコンを畳んだ工藤さんが

 

「はい起動完了!・・・どうだい?」

 

こちらに駆け寄って彼女の顔を覗きこんでいた。でも、まだ目を開けてはくれなかった。・・・と思った次の瞬間

 

「麻衣っ!!!!」

 

彼女は、ついにカッと目を見開いた。『俺が分かるかい?麻衣・・・この子も来てくれたぞ?』・・・けれど、飛び跳ねて覗き込んだボクに見向きもせず、彼女は真っ直ぐ天井を見つめたまま口を半開きにして

 

「ア゛・・・ア゛ア゛ア゛ァァ・・・ァァァ・・・ ──── 」

 

喉の奥をカリカリ鳴らすようなそんな『ビープ音』を、ただただか細く漏らすばかりだった。

 

「麻衣さんボクだよ・・・ねえ、こっち見て。こっち見てよ!まっ ──── ノアさんッ!・・・ノォォォアァァァさぁぁんっ・・・!!」

 

無理やり体を起こして、いくら揺すっても・・・どれだけ叫んでも・・・その瞳にボクが映る事はなかった。傍らで工藤さんは静かにパソコンを開き、カチッとキーを押した。すると・・・ゆっくり穏やかに、その苦しげな『息』は聞こえなくなって、麻衣さんは『停止』した。もう、やめておこう ──── 工藤さんは、彼女を抱きかかえもう一度ベッドに寝かせ、故障の影響で開いたままになっていた目蓋と口に、そっと手をかざしてまた彼女を『眠らせる』と、そうつぶやくように言った。何か分からなかったけれど、『とても重いもの』が首にぶら下がっているみたいにうつむきっ放しだったボクは、優しく肩に手を掛けてくれた工藤さんに、吸い寄せられるようにして抱きついていた。我慢しようと思って、唇を思い切り噛み締めていたけれど・・・そんな時に限って思い出しちゃうんだ、今まであった色々な事を。そしたらもう、洪水みたいに一息に押し寄せてきて ──── 。


第14章 クリスマス・キャロル(1)

 ・・・ひとしきり泣いて、ふと思ったんだ。きっとボクなんかより、工藤さんのほうがずっとずっと辛いはずだって。1階に戻った後、時間も時間だったからボクたちはダイニングでお昼ご飯 ──── 工藤さんお手製のミートソーススパゲッティを食べながら、こんな話をしていた。

 

「キミにメールしてて、麻衣の葬式の日の事を思い出したんだ」

 

俺も、おじさんとおんなじような事言ってるなって ──── 悲嘆に暮れていた工藤さんの肩を抱いて、大澤博士は力強い口調で、『麻衣は決して死んではいないよ、俊介くん。きっと・・・必ずまたあの子に会わせてあげるからね』そう言っていたそうだ。

 

「おじさんが『ロボットつくるひと』・・・エンジニアだって事は麻衣に聞いて知ってた」

 

もともと機械やロボット、それらと人との関わりに人一倍興味を持っていた工藤さんは、小学生の頃たまたまテレビで『最先端の科学技術』を特集した番組を見ていた。その中でも、まるでSF映画やアニメから飛び出したかのようなロボットの映像にひときわ目の色を輝かせていた工藤さんは、製作チームの代表者のインタビューを見てビックリ。

 

「あっ、おじちゃんだ!・・・ってね。それからはもう、ヒマさえあれば勝手に『校外学習』、『社会見学』さ。アポなしで研究室に押しかけてはそこら辺にあるものを勝手にいじったりして、よく怒られたよ」

 

いつしか『おじちゃん』は工藤さんの憧れの存在になった。いつかきっと同じ現場で働きたい、一緒にスゴいロボットを作りたい・・・そんな熱い夢に向かって頑張っている背中を見守っていたのは、もちろん麻衣さんだった。

 

「そりゃあ、大学出てすぐにでもおじさんの研究室で働きたかったけど・・・」

 

世界的にも超がつくほど有名だった大澤博士、その研究室で働きたいという夢を描いていた『科学者の卵』はごまんといた。結局工藤さんはあちこちの機械・製造系の開発会社を転々とする事になった。そうして今から7年前の2002年4月、ようやく総合研究所に就職した工藤さんはこれまでの経験を買われN.A.R.P.研究開発部に配属される。当初は何故か現場に大澤博士の姿がない事に落胆していた工藤さん。

 

「何か違う・・・って思ってたんだよね。こう・・・驚きがないって言うか、オーソドックスって言うか」

 

四角い頭にマジックハンドのような丸くゴツい手・・・明らかにロボットだと分かるような製品の開発でも、確かにエキサイティングな仕事には違いなかったが

 
 

おじちゃんなら、もっとスゴいのを作れるはず ──── !!!

 
 

幼き日に抱いた憧れをどうしても忘れられなかった工藤さんは、あろうことか少しずつグレ始めていく(笑)。だんだんと作業にも身が入らず、ミスも目立ち始め、髪の薄いイヤミな上司とは事あるごとに口論になっていた。

 

「だってアイツ、何でもかんでも自分の手柄にして所長に報告すんだぜ!?みんな後々が怖いから黙ってるけど・・・出張でいない時なんか、文句タラタラ。見学者用のパンフにも落書きしまくってたもん」

 

でも・・・そんなある日のこと。工藤さんは独り会議室へ呼び出され、そこで『クソバーコード野郎』N.A.R.P.主任から、『入ったら二度と戻ってこられない』・・・そう、かねてから噂されていた謎の部署、その名も

 

洞窟

 

への異動を命じられてしまう。


第14章 クリスマス・キャロル(2)

 「そこが、大澤博士の研究室だったんだ?」

 

でも工藤さん、最初は追い返されそうになったんだって。『私に助手なんぞ必要ない』ってね。

 

「まあ、それも無理なかったかもしれないな。だって、麻衣が亡くなってからはこっちも受験とか色々忙しくなってきたってのもあったし、たまに年賀状とか出すくらいでほとんど会わなかったからさ」

 

あの博士の穏やかさからは想像できないくらい、当時のその頑固っぷりはすさまじかったらしく『工藤です』には『どこの工藤か知らんが、帰ってくれ』と言い、おまけに『工藤俊介ですよ!』になると、ちょっと好感度アップ?を匂わせつつ『ああ、たしかに昔そんな名前の子が近所におったが・・・』と懐かしそうに話すものの

 

「『とにかく私は1人でじゅうぶんなんだ。こんな辺鄙なところまでわざわざご足労感謝するが、どうかお帰り願いたい。以上!!!』って、ブチッ・・・だよ」

 

・・・じゃあ、どうして一緒に働けるようになったのか?それは、工藤さんが博士と交わしたあの『約束』を口にした時だった。

  

  

 ──── 2002年11月20日午後1時40分、『洞窟』N.O.A.H.研究開発部ドア前。

 
 

「おじさん・・・おじさん俺です」

 

「まだいたのか・・・もう、いい加減にしてくれないかね。それより何だ、君はいきなり・・・馴れ馴れしいにもほどがあるぞ!」

 

「待ってくださいっ!俺は・・・俺は昔おじさんが言ってくれた言葉をずっと信じて、やっとここに来ることが出来たんです」

 

「私の言葉?・・・どういう事だね」

 

「『麻衣は・・・」

 

「・・・!!」

 

「『麻衣は決して死んではいない。きっと・・・必ずまたあの子に会わせてあげる』・・・今日は、それを確かめさせてもらいに来ました」

  

  

 しばし二人の間に漂っていた張り詰めた空気はインターホン越しにかすかに聞こえてきた博士の嗚咽でほぐされていった。もちろん、博士は本当はボクが会った時のまんまの優しい人なんだって。

 

「おじさんも、研究が忙しくて連絡が出来なかった。俺は、そんな事分かってたし・・・ぜんぜん気にしなかったのに。逆に、おじさんのほうが俺に嫌われたとか思ってたらしくて」

 

『死んでない、会わせてやる』なんておかしな事言っちゃったから・・・って ──── 強がりは、そんな苦悩の裏返しだった。もはや『助手』を断る理由が見つからなかった博士は、分厚い『タイムワープ』の扉を開け、1人の『優しい近所のおじさん』として、『娘の幼なじみの少年』を招き入れたんだ。研究室の中には、胴体・・・その胸元あたりの滑らかな曲線を描いていた保護パーツから『女性型』と思われる自律二足歩行タイプのロボットが置かれてあった。奇妙なことに、そのロボットには頭部がなかった。

 

「あれっ?と思ってさ、おじさんに聞いたんだ。そしたら・・・ ──── ハハ、今思えばあの時の俺まるっきりキミと一緒だったよ」

 

その時のことを思い出したのか恥ずかしそうにうつむいて笑う工藤さんは、『俺はさ、恥ずかしい話・・・ボロ泣きしちゃったんだけど』博士が手で指し示すほうを目にした途端、くるっと180度そっぽを向いてしまった。目の前にあるものを直視出来なかったんだ。

 

「えっ、どうして?」

 

「あったんだよ、そこに。・・・今にも目を覚まして、『久しぶりだね、元気だった?』って言ってきそうな・・・」

 

 
  

──── 13年前のあの頃のまま何も変わってない、麻衣の・・・穏やかな寝顔が。


第14章 クリスマス・キャロル(3)

 ・・・こうして工藤さんと麻衣さんは、意外な形で再会する事になった。

 

「たしかに目にした瞬間はメチャクチャ泣けたし、俺もどっかで『おじさんなら・・・』なんてある程度予想・・・っていうか期待してたところもあって、やっぱ初めはちょっとワクワクしたよな」

 

でも、落ち着いて冷静になればなるほど、工藤さんは『違和感』を覚えていった。

 

「ホント、どこからどう見たって麻衣だったけど・・・。一瞬でも、ロボット ──── 機械なんだって思っちゃったら何か、だんだん気持ち悪くなってきて」

 

その時に、博士は麻衣さんの全てを詰め込んだ青くて小さなキラキラした『ひとかけのチョコ』を見せた。・・・それが、ニューロ・チップだったんだ。

 

「俺の手のひらに置いてさ、『今・・・麻衣はここで眠っている状態なんだ』って。そのとき初めてチップを見せてもらってね」

 

私は、ただの支援用ヒューマノイドを作っているわけではない。こちら側に残された者の深い心の傷を少しでも早く癒したい・・・その手助け支援をするためのヒューマノイドを作っているんだよ ──── 『ノア計画』について聞かされた工藤さんは、麻衣さんを蘇らせるために博士と共にノアを作り上げる決心をした。とはいえ、理論上ノアを麻衣さんたらしめる全ての要素はニューロ・チップに収められていたので、実質的な作業としてはやっぱり『らしさ』のキモとなるモデリングはもちろん、人工皮膚の精製・培養と内骨格ロボット部のより滑らかで人間的な動きの追求・・・あとは『声』の作成だった。

 

「やっぱ、記憶だけだと曖昧で。こんな声だったかな、もっと高かった?・・・とか話し合いばっかで肝心の合成作業がなかなか進まなくて」

 

で、博士が用意したもの・・・それは麻衣さんが15歳の頃に弁論大会に出場した時の音声テープだった。

 

「じゃあ、今の声は麻衣さんが中3の時の?」

 

「ちょっとだけ経年エフェクトを掛けてるから、まったく一緒ってわけじゃないけどね」

 

たしかに、時々メチャクチャかわいい声になったりしてたかと思えば、病院に連れてってくれた時みたいにちょっぴり低い大人っぽい声になったりも。ひょっとすると、それが『2年の差』だったりするのかな。



読者登録

紫峯蓮舞さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について