目次
前日譚 目覚めの刻(とき)を待つ少女
前日譚 目覚めの刻(とき)を待つ少女
独白 プロローグ
独白 プロローグ
第1章 眠れる森の
第1章 眠れる森の(1)
第1章 眠れる森の(2)
第1章 眠れる森の(3)
第1章 眠れる森の(4)
第1章 眠れる森の(5)
第2章 世にも奇妙な
第2章 世にも奇妙な(1)
第2章 世にも奇妙な(2)
第2章 世にも奇妙な(3)
第2章 世にも奇妙な(4)
第2章 世にも奇妙な(5)
第3章 昔むかしの
第3章 昔むかしの(1)
第3章 昔むかしの(2)
第3章 昔むかしの(3)
第3章 昔むかしの(4)
第3章 昔むかしの(5)
第3章 昔むかしの(6)
第4章 不思議の国の
第4章 不思議の国の(1)
第4章 不思議の国の(2)
第4章 不思議の国の(3)
第4章 不思議の国の(4)
第4章 不思議の国の(5)
第4章 不思議の国の(6)
第4章 不思議の国の(7)
第4章 不思議の国の(8)
第4章 不思議の国の(9)
第4章 不思議の国の(10)
第4章 不思議の国の(11)
第5章 嵐の前の
第5章 嵐の前の(1)
第5章 嵐の前の(2)
第5章 嵐の前の(3)
第5章 嵐の前の(4)
第5章 嵐の前の(5)
第5章 嵐の前の(6)
第5章 嵐の前の(7)
第5章 嵐の前の(8)
第5章 嵐の前の(9)
第6章 山のあなたの
第6章 山のあなたの(1)
第6章 山のあなたの(2)
第6章 山のあなたの(3)
第6章 山のあなたの(4)
第6章 山のあなたの(5)
第7章 ツミキクズシ
第7章 ツミキクズシ(1)
第7章 ツミキクズシ(2)
第7章 ツミキクズシ(3)
第7章 ツミキクズシ(4)
第8章 子心親不知
第8章 子心親不知(1)
第8章 子心親不知(2)
第8章 子心親不知(3)
第8章 子心親不知(4)
第8章 子心親不知(5)
第8章 子心親不知(6)
第9章 男はツラいよ
第9章 男はツラいよ(1)
第9章 男はツラいよ(2)
第9章 男はツラいよ(3)
第9章 男はツラいよ(4)
第9章 男はツラいよ(5)
第10章 禁じられた遊び
第10章 禁じられた遊び(1)
第10章 禁じられた遊び(2)
第10章 禁じられた遊び(3)
第10章 禁じられた遊び(4)
第10章 禁じられた遊び(5)
第10章 禁じられた遊び(6)
第11章 君死にたまふことなかれ
第11章 君死にたまふことなかれ(1)
第11章 君死にたまふことなかれ(2)
第11章 君死にたまふことなかれ(3)
第11章 君死にたまふことなかれ(4)
第11章 君死にたまふことなかれ(5)
第11章 君死にたまふことなかれ(6)
第11章 君死にたまふことなかれ(7)
第11章 君死にたまふことなかれ(8)
第12章 いのち短し走れよ乙女
第12章 いのち短し走れよ乙女(1)
第12章 いのち短し走れよ乙女(2)
第12章 いのち短し走れよ乙女(3)
第12章 いのち短し走れよ乙女(4)
第12章 いのち短し走れよ乙女(5)
第12章 いのち短し走れよ乙女(6)
第12章 いのち短し走れよ乙女(7)
第12章 いのち短し走れよ乙女(8)
第12章 いのち短し走れよ乙女(9)
第13章 あゝ無情
第13章 あゝ無情(1)
第13章 あゝ無情(2)
第13章 あゝ無情(3)
第13章 あゝ無情(4)
第13章 あゝ無情(5)
第13章 あゝ無情(6)
第13章 あゝ無情(7)
第13章 あゝ無情(8)
第13章 あゝ無情(9)
第14章 クリスマス・キャロル
第14章 クリスマス・キャロル(1)
第14章 クリスマス・キャロル(2)
第14章 クリスマス・キャロル(3)
第14章 クリスマス・キャロル(4)
第14章 クリスマス・キャロル(5)
第14章 クリスマス・キャロル(6)
第14章 クリスマス・キャロル(7)
第14章 クリスマス・キャロル(8)
第14章 クリスマス・キャロル(9)
第14章 クリスマス・キャロル(10)
第14章 クリスマス・キャロル(11)
第14章 クリスマス・キャロル(12)
第14章 クリスマス・キャロル(13)
第14章 クリスマス・キャロル(14)
第15章 時空(とき)を翔(かけ)る少女
第15章 時空(とき)を翔(かけ)る少女(1)
第15章 時空を翔る少女(2)
第15章 時空を翔る少女(3)
第15章 時空を翔る少女(4)
第15章 時空を翔る少女(5)
第15章 時空を翔る少女(6)
第15章 時空を翔る少女(7)
第15章 時空を翔る少女(8)
第16章 君の名は
第16章 君の名は(1)
第16章 君の名は(2)
第16章 君の名は(3)
第16章 君の名は(4)
第16章 君の名は(5)
第16章 君の名は(6)
第16章 君の名は(7)
第16章 君の名は(8)
第16章 君の名は(9)
第17章 秘密の逢瀬
第17章 秘密の逢瀬(1)
第17章 秘密の逢瀬(2)
第17章 秘密の逢瀬(3)
第17章 秘密の逢瀬(4)
第17章 秘密の逢瀬(5)
第17章 秘密の逢瀬(6)
第17章 秘密の逢瀬(7)
第17章 秘密の逢瀬(8)
第17章 秘密の逢瀬(9)
終章 いつまでも、いつものように
終章 いつまでも、いつものように(1)
終章 いつまでも、いつものように(2)

閉じる


<<最初から読む

80 / 132ページ

第12章 いのち短し走れよ乙女(8)

 ・・・そうして、およそ1時間が経過した頃だった。さっきの看護師が、私を捜していたのか嬉しそうに駆け寄ってくる。

 

「あっ、やっぱりここにいたのね。はい、無事に終わりましたよ」

 

「・・・そうですか。良かった」

 

「行ってあげないの?・・・まあ、まだ麻酔が良く効いてるみたいで眠ってるけど」

 

・・・それなら、なおさら都合がいい。私は首を振った。

 

「私にとっては、彼をここに連れて来る事が至上命令でした。ですから・・・それ以上の事は」

 

訝しげにこちらに視線を向けつつも少し残念そうに息をつく彼女。ふと、私のほうを見てポカンと口を開ける。

 

「何か・・・よく見たら、あなたもあちこち傷だらけね。服も泥だらけだし・・・大丈夫?」

 

消毒液、持ってこようか? ──── その気持ちは、とても嬉しかった。しかし私にそのような応急処置は必要ない。

 

「大丈夫です、ご心配なく」

 

「ホント?・・・さっきから気になってたんだけど、右足。そっちも痛めてるんじゃないの?」

 

足、引きずってたから・・・ ──── さすが、年の頃は40代後半のベテラン看護師といったところか。その観察眼には驚かされる。そう、たしかにあの時研究室から落下した際に、複数の妙な金属音がしたのはログに記載されているが・・・どうやら、脚部油圧系統の破損らしい。今頃ディスプレイに警告がデカデカと表示された。

 

「これくらい、何の問題もありません。通常行動における支障をきたすものでもないかと思われます」

 

「・・・」

 

看護師の女性は、何故か難しい顔をして何かを考え込んでいるようだった。では、失礼します ──── 聞いていたのかいなかったのか、久しぶりに緩やかな速度で歩き始めた私の背中に、また彼女が声を掛けてきたのだ。


第12章 いのち短し走れよ乙女(9)

 「あのっ!・・・あなた、もしかして」

  

「・・・」

  

振り向いた私に駆け寄ってきた彼女は、私の顔を凝視していた。

 

「・・・うん。よく似てるわ・・・ホントそっくりだけど、でもきっと違う人よね。ごめんなさい」

 

だって、あの子がこの病院に運ばれてきたのはもうかれこれ20年?・・・くらい前だもの ──── と言って笑って頭を下げ、彼女はその場を去ろうとした。

 

「あの子・・・とは?」

 

「ううん、何でもないの何でも・・・ ──── ・・・聞きたい?」

 

舌の根も乾かないうちに、手のひらを返すように満面の笑みを浮かべてそう尋ねてきた彼女。私が彼女の話に関心がある・・・そんな風に見えたのだろうか。おしゃべりが好きそうなこの看護師は、私の返答を待たずに話し始めた。

 

「いえね、ちょっとした大事件?・・・みたいなのがその頃にあったのよ。20年前の・・・ちょうど今くらいの時期だったかしらね。ひき逃げに遭ったっていう女の子がこの病院で手術を受けたんだけど、そりゃもう相当ひどい状態で・・・やっぱりずっと昏睡状態が続いててね。それで・・・その子の父親が」

 

と、彼女は両手の人差し指をこめかみ付近に添えて鬼の角のように突き出した。

 

「それでさあ、何か知らないけど・・・いきなり病室に怒鳴り込んできたと思ったら、変な機械を彼女にくっつけてそのまま無理やり連れてっちゃったわけ!・・・可哀想にねぇ。それからどうなったかは聞いてないんだけど・・・きっと彼女、助からなかったと思うわ。・・・だって、いくら父親だからってあんな勝手な事されちゃったら・・・ねえ。あの頃私まだ駆け出しだったから何も言えなくて、ただオロオロして泣いてただけでさー」

 

今だったら、あんな父親張り倒して追い返してやるところだけど ──── と、最終的に彼女は明るく笑みを浮かべて話してはいたものの、私にはどう反応すればいいのか分からなかった。ただ、少なくとも・・・

 
 

──── 笑う気には、なれなかったが。


第13章 あゝ無情(1)

 ──── 2009年8月23日午後2時17分、深山市立総合病院703号室。

 
 

目が覚めると、そこは病室のベッドの上だった。『やっぱり、いないか・・・麻衣さん』あれから、いったいどれだけの時間が経ったんだろう。ボクは手のひらに今も残っている温もりに、彼女を思い描いていた。そばのチェストに置かれてあった時計は午後2時を回っていた。・・・母さん、怒ってるだろうな。2日前に部活で家を出たっきり帰らないで、おまけに知らない町の病院に入院してるなんて知ったら、何て言うかな。

 
 

コン、コン ────

 
 

「はい」

 

その時、ドアをノックする音が聞こえた。あっ、来てくれたんだ・・・なんて思ってたら

 

「よう」

 

と、手を上げて入ってきたのは工藤さんだった。まあ、ガッカリしなかったって言ったらウソになるけれど・・・でも、やっぱり何となく嬉しかったな。色々聞きたいこともあったしね。

 

「どうだい、体の調子は」

 

「まだ動いたらヒビくけど、大丈夫だよ」

 

安心したようにうなずいた工藤さんは撃たれた腕を固定されているからか、煩わしそうに近寄ってきた。


「工藤さんは?」

 

どう見たってボクより『ケガ人』っぽかったから、何か申し訳なくて。・・・聞かずにはいられなかったんだ。バタバタと、逆にこっちが心配になるくらい動かしながら苦笑して言った。

 

「大げさだろ?・・・別に骨にも異常はなかったのに、こんなカッコさせられてさ」

 

「それくらいでいいの!だって、工藤さんにはキチンと体治してもらわなくちゃ」

 

「・・・どうして?」

 

「だって、彼女にはもう・・・工藤さんしか ──── 」

 

「キミは?・・・アイツの、唯一の『協力者』がいるじゃないか」

 

「でもっボクなんかじゃ、もしもの時に彼女を直せないもん・・・!!」

 

ハハハ・・・冗談だよ ──── 自分でも不思議なくらい必死になってたら、工藤さんに優しく頭をなでられてしまった。


第13章 あゝ無情(2)

 「・・・あっ、そうだ!ハイこれ」

 

と、不意に声を上げた工藤さんがポケットから取り出したもの。それは・・・ボクの携帯だった。

 

「なるべく早くと思ってね、キミの携帯から番号調べさせてもらってさ。お母さんに連絡しておいたよ」

 

「ああ・・・そうなんですか?すみません、何か」

 

・・・何か、ちょっとずつまた現実に戻り始めていた気がして。安心したというか、逆にやる気がなくなるみたいな・・・妙に脱力感を覚えてしまったんだ。

 

「あっ、何か・・・マズかったかな」

 

「いやいや、そんな事ないですっ!ホッとしてたんです、ホッと。・・・やっぱ怒ってましたか?」

 

「いや・・・そんなに怒ってはなかったけどねー。ビックリしてたよ」

 

別荘お持ちなんですねーって ──── ・・・ん?いったい工藤さん何て電話したんだろう。

 

「ひょっとして、『工藤さん』で電話したの?」

 

そしたらフルフルッて首を振って否定したんだ。

 

「まさかまさか!・・・そんな事したら、下手すりゃ『誘拐』まがいになっちゃうよ」

 

「じゃあ、何て?」

 

そしたら何か工藤さん、すっごく得意げな顔しちゃって『携帯見ろ』って促してさ

 

「そりゃモチロン、アドレス帳『ともだち』フォルダに名前があって、なおかつ受信メール数が比較的多かった・・・」

 

嶋野しまの陽平くんの、『父親』としてね ──── 久しぶりに聞いた名前だった。・・・ああ、ますますいつもの日常、2学期が近づいてくるぅぅぅ~。

 
 

──── あの日、ボクは部活帰りに『陽平んちの別荘』へ遊びに行って・・・そのまま泊まってたんだって。で、最終日。いざ帰ろうかという時に?・・・何だっけ、遊んでた『アスレチック』から転落しちゃって。おなかを深く切っちゃったから、市内の病院に入院しなきゃならなくなった・・・

 
 

工藤さんの話によると、そういう事らしい。アスレチックねー、あったあった(笑)。・・・こんな話で、本当に信じたのかなあ。自信たっぷりなところを見ると、どうやら怪しまれずに済んだみたいだけれど。っていうか陽平のヤツ、いきなりリッチになっちゃったよ。

 

「メールしてやろっかな。『お前んち、別荘持ってんだー』って」


第13章 あゝ無情(3)

 「ねえ・・・アイツら、どうなったの?」

 

捕まったかどうかなんて、正直そんな事はどっちでも良かった。ただボクが知りたかったのは・・・

 

ちゃんと生きてるか

 

って事。たとえ『正当防衛』として扱われたとしても、彼女には余計な十字架を背負ってほしくなかったから。

 

「ああ、捕まったよ。最後まで、しらばっくれてたけど・・・調べが入ったら、思いっきり『宝の山』だもん」

 

警備員も大澤博士も、明らかに銃で撃たれていた。しかも落ちていた二挺のピストルには、まったく指紋が付いてなかったんだ。それが決め手になった。博士にしても、工藤さんにしても、彼女にしても、当然・・・ボクにしても。それを使ったのなら、確実に指紋が付くはずだ。となると、二人を殺害した犯人はそれぞれご丁寧に手袋をしていた

 

3人のうちの誰か

 

という事になるわけ。

 

「でも、ここだけの話『指紋』に関して言うなら・・・」

 

麻衣も、容疑者の一人になりかねなかった ──── 工藤さんが冗談めかしてそんな事を言ったんだ。

 

「どうして?」

 

「アイツの指には、指紋がないんだ。人の肌触りを完璧に再現する活性細胞にも、ぷるつや肌を形成するが故の欠点があってね・・・」

 

一見して、紛れもなく『人間』に見えた事と『素手』だった事から容疑者扱いにはされなかった。・・・えっ?という事は ────

 

「あのナイフは?ヒゲの男の肩に刺さってた・・・」

 

「ああ、だから結局ヤツの言い分は信用されてないみたいだよ。『彼女に刺されたのなら、柄に指紋が残ってなきゃヘンでしょ』って。それに、肩を貫通して5センチくらい壁に埋まってたから・・・」

 

『女の子』の力じゃ到底無理だと。だからガタイの大きいヌリカベがやったんじゃないかって。アンタらが、金の取り分か何かで仲間割れでもして・・・ ──── って事になったようだ。



読者登録

紫峯蓮舞さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について