目次
前日譚 目覚めの刻(とき)を待つ少女
前日譚 目覚めの刻(とき)を待つ少女
独白 プロローグ
独白 プロローグ
第1章 眠れる森の
第1章 眠れる森の(1)
第1章 眠れる森の(2)
第1章 眠れる森の(3)
第1章 眠れる森の(4)
第1章 眠れる森の(5)
第2章 世にも奇妙な
第2章 世にも奇妙な(1)
第2章 世にも奇妙な(2)
第2章 世にも奇妙な(3)
第2章 世にも奇妙な(4)
第2章 世にも奇妙な(5)
第3章 昔むかしの
第3章 昔むかしの(1)
第3章 昔むかしの(2)
第3章 昔むかしの(3)
第3章 昔むかしの(4)
第3章 昔むかしの(5)
第3章 昔むかしの(6)
第4章 不思議の国の
第4章 不思議の国の(1)
第4章 不思議の国の(2)
第4章 不思議の国の(3)
第4章 不思議の国の(4)
第4章 不思議の国の(5)
第4章 不思議の国の(6)
第4章 不思議の国の(7)
第4章 不思議の国の(8)
第4章 不思議の国の(9)
第4章 不思議の国の(10)
第4章 不思議の国の(11)
第5章 嵐の前の
第5章 嵐の前の(1)
第5章 嵐の前の(2)
第5章 嵐の前の(3)
第5章 嵐の前の(4)
第5章 嵐の前の(5)
第5章 嵐の前の(6)
第5章 嵐の前の(7)
第5章 嵐の前の(8)
第5章 嵐の前の(9)
第6章 山のあなたの
第6章 山のあなたの(1)
第6章 山のあなたの(2)
第6章 山のあなたの(3)
第6章 山のあなたの(4)
第6章 山のあなたの(5)
第7章 ツミキクズシ
第7章 ツミキクズシ(1)
第7章 ツミキクズシ(2)
第7章 ツミキクズシ(3)
第7章 ツミキクズシ(4)
第8章 子心親不知
第8章 子心親不知(1)
第8章 子心親不知(2)
第8章 子心親不知(3)
第8章 子心親不知(4)
第8章 子心親不知(5)
第8章 子心親不知(6)
第9章 男はツラいよ
第9章 男はツラいよ(1)
第9章 男はツラいよ(2)
第9章 男はツラいよ(3)
第9章 男はツラいよ(4)
第9章 男はツラいよ(5)
第10章 禁じられた遊び
第10章 禁じられた遊び(1)
第10章 禁じられた遊び(2)
第10章 禁じられた遊び(3)
第10章 禁じられた遊び(4)
第10章 禁じられた遊び(5)
第10章 禁じられた遊び(6)
第11章 君死にたまふことなかれ
第11章 君死にたまふことなかれ(1)
第11章 君死にたまふことなかれ(2)
第11章 君死にたまふことなかれ(3)
第11章 君死にたまふことなかれ(4)
第11章 君死にたまふことなかれ(5)
第11章 君死にたまふことなかれ(6)
第11章 君死にたまふことなかれ(7)
第11章 君死にたまふことなかれ(8)
第12章 いのち短し走れよ乙女
第12章 いのち短し走れよ乙女(1)
第12章 いのち短し走れよ乙女(2)
第12章 いのち短し走れよ乙女(3)
第12章 いのち短し走れよ乙女(4)
第12章 いのち短し走れよ乙女(5)
第12章 いのち短し走れよ乙女(6)
第12章 いのち短し走れよ乙女(7)
第12章 いのち短し走れよ乙女(8)
第12章 いのち短し走れよ乙女(9)
第13章 あゝ無情
第13章 あゝ無情(1)
第13章 あゝ無情(2)
第13章 あゝ無情(3)
第13章 あゝ無情(4)
第13章 あゝ無情(5)
第13章 あゝ無情(6)
第13章 あゝ無情(7)
第13章 あゝ無情(8)
第13章 あゝ無情(9)
第14章 クリスマス・キャロル
第14章 クリスマス・キャロル(1)
第14章 クリスマス・キャロル(2)
第14章 クリスマス・キャロル(3)
第14章 クリスマス・キャロル(4)
第14章 クリスマス・キャロル(5)
第14章 クリスマス・キャロル(6)
第14章 クリスマス・キャロル(7)
第14章 クリスマス・キャロル(8)
第14章 クリスマス・キャロル(9)
第14章 クリスマス・キャロル(10)
第14章 クリスマス・キャロル(11)
第14章 クリスマス・キャロル(12)
第14章 クリスマス・キャロル(13)
第14章 クリスマス・キャロル(14)
第15章 時空(とき)を翔(かけ)る少女
第15章 時空(とき)を翔(かけ)る少女(1)
第15章 時空を翔る少女(2)
第15章 時空を翔る少女(3)
第15章 時空を翔る少女(4)
第15章 時空を翔る少女(5)
第15章 時空を翔る少女(6)
第15章 時空を翔る少女(7)
第15章 時空を翔る少女(8)
第16章 君の名は
第16章 君の名は(1)
第16章 君の名は(2)
第16章 君の名は(3)
第16章 君の名は(4)
第16章 君の名は(5)
第16章 君の名は(6)
第16章 君の名は(7)
第16章 君の名は(8)
第16章 君の名は(9)
第17章 秘密の逢瀬
第17章 秘密の逢瀬(1)
第17章 秘密の逢瀬(2)
第17章 秘密の逢瀬(3)
第17章 秘密の逢瀬(4)
第17章 秘密の逢瀬(5)
第17章 秘密の逢瀬(6)
第17章 秘密の逢瀬(7)
第17章 秘密の逢瀬(8)
第17章 秘密の逢瀬(9)
終章 いつまでも、いつものように
終章 いつまでも、いつものように(1)
終章 いつまでも、いつものように(2)

閉じる


<<最初から読む

73 / 132ページ

第12章 いのち短し走れよ乙女(1)

 【SYSTEM OVERRIDE】■

 

 

 「お前だ・・・小僧、全部お前のせいなんだよ!」

 

オーバーライドモードで緊急起動した私は、腕の中に『協力者』の少年を抱きとめていた。

 

「麻衣さん ──── 」

 

ゆっくり涙を流して見上げる彼は、目の前にいる髭を生やした男にナイフで腹部を刺されていた。私は、バイタルの低下が著しい少年の出血を止める事を第一に考え、傷口を圧迫した。そう・・・この男、私があれほどダメージを与えたにもかかわらず、今もなお少年より高いバイタルを維持していたのだ。・・・さっきまでの弱々しくしおらしげな態度は、カモフラージュに過ぎなかったのか。

 

「・・・!!なっ!?」

 

男は、私が起動したことに気づかず再び少年を刺そうとした。軌道を予測し、腕で防御する。私の体は、銃やナイフで損傷するほど脆弱ではない。そのまま私は手首を返してナイフを奪い取ると、男の肩を貫通させて壁に打ちつけた。男は情けない叫び声を上げたが、事前のデータ解析のとおり死に至るほどのバイタル低下はなく、抵抗の脅威だけを排除する事に成功した。

 

  

 その当時私に与えられていた指令は、制御システムの不具合により支援用ヒューマノイドとして本来は決して実行されるはずのないプロトコルである『人に危害を加える、あるいはそれに準拠する行動』に該当する ────

 

【1989年に大澤紀子・麻衣両名および、2009年に大澤征夫を殺害した男の抹殺】

 

であった。しかし、再起動した時には正常なプロトコルに準じた

 

【『協力者』の救助と、その生命活動の維持】

 

という新規の指令が加わり、さらに優先順位が入れ替わっていた。なおかつクラスBの指令内容が『抹殺』から『排除』へと変更されていたので、当然ながら殺害までには至らなかった。・・・ただ理解不能なのは、さっきクラスBを実行しようとした時に

 
 

君に、人殺しになんかなってほしくないんだ!!!! ────

 
 

そう叫ぶ『協力者』の記録映像が瞬間的にフラッシュバックして、その直後に指令が変更された事だ。


第12章 いのち短し走れよ乙女(2)

 研究室の入り口付近が何やら騒がしい。と、次の瞬間特殊部隊のような重装備の警官が数名なだれ込んできた。

 

「・・・っこれは・・・!!いったい誰がやった!?」

 

そのうちの一人が、おそらく警備員と大澤征夫の殺害?・・・あるいは倒れていた大男について誰に聞くともなく声を上げた。

 

「おぉっ、お巡りさん!よく・・・よく来てくれましたぁっ!!助けっ・・・助けて下さいぃっ・・・!!!」

 

あの男だ。あの男の悲痛な叫び声は、興奮状態だった彼らを容易に騙すことが出来たらしい。

 

「大丈夫ですか!この傷・・・いったい誰がこんな ──── 」

 

男は震えながら私を見上げ、アゴで指しながら

 

「・・・この、この女ですよ。私だけじゃない・・・ここに倒れている人間はみんな・・・みんな」

 

この化け物が殺したんだ!! ──── この発言の信憑性は、当初は40パーセント程度だった。たしかに私は制御システムの異常によって再起動した後、プロトコル上ありえない『自衛行動』を起こし2名の男の脅威を排除した。しかし、背の低い痩せた男も、ここに倒れている恰幅の良い大男も決して死に至るほどのバイタル低下はない。警備員『風』の男と大澤征夫に関して、二人は38から40口径のピストルで殺害されている。それは、この男の所持していたものと同じだ。

 

「私は、この女を止めようとしたんです!そうしたら、このように腕を折られ・・・」

 

挙げ句はこんなヒドいことに ──── この発言によって、信憑性に数パーセントの低下が生じた。たしかに私は、指令に従いこの男に相当量のダメージを与え抵抗を排除した。しかし、この男は決して私を制止しようとはしなかった。私を制止したのは・・・

 

「違います!・・・そんなのまったくのデタラメだ!!全部・・・全部その男が ──── 」

 

そう反論する工藤俊介博士だった。

 

 「ああっ、早く!お巡りさんその男の子も!彼もその女にお腹を刺されたんですよ!?ふぅ、危ないところだった・・・。しかも、そいつは彼を刺し殺そうとしただけではなく・・・ほらっ、そうやって抱きかかえて窓から投げ落とそうとしてたんですからね・・・」

 

ついにその信憑性は0パーセントになった。だから私は、なるべく円滑に『協力者』を守るという指令を遂行するために、根も葉もない真っ赤な嘘を否定するために・・・叫んだのだ。

 
 

──── 違う!!・・・私は、そんな事はしていない!!!


第12章 いのち短し走れよ乙女(3)

 「私は、この少年をナイフで刺してなどいない・・・!!!」

 

何も理解しようとしない警察官は、私から『協力者』を奪おうとする。速度は遅かったが、少年のバイタルは低下し続けていた。このまま少年を渡してしまえば、彼の命はまず助からないだろう。

 

「さあ、早くその子を放しなさい」

 

「しかも窓から投げ落とすなんて・・・そんな事は、絶対にしない!私は、この少年の命を救うよう指令をインプットされている!!!」

 

「?何をおかしな事を言ってるんだ!・・・だから我々も今救急隊を要請した!じきに、こちらに到着する。だから安心しなさい!さあ、こっちに渡すんだ!!」

 

いよいよ警官がおそるおそる腕を伸ばして、私から『協力者』を奪いにきた。・・・間に合わない。研究所から最短距離にある病院でも往復で1時間近くかかるはずだ。

 

「ヘリコプターを呼んだの?」

 

「えっ?・・・いや、それは」

 

・・・要領の悪さにもほどがある。それならば、なおさら彼を渡す事などできない。やはり当初のデータ解析のとおり、私がここからフルスピードで連れて行くのが最も効率的なプランのようだ。しつこく迫ってくる警官の黒い魔の手。その他にも数名の警官が姿を見せ、私が

 

少年を投げ落とそうとする

 

のを防ぐためか、窓を埋め尽くすように並んでいた。当然入り口にも『見張り』が。身動きが取れない。急がなければ、彼の命が危ない・・・!!!!

 

「お願い・・・私を、ここから出して」

 

「それはダメだ。君には事情を聞かなきゃならん。それに・・・その子も助けなくては」

 

「私は・・・私は何もして ──── 」

 

「いい加減に観念しないか!このぉ・・ヒトの皮をかぶった悪魔めっ!!!」

 
 

──── それはお前だっ・・・!!!

 
 

髭の男の嘘を突然の高い声が切り裂いた。思わず私は少年の顔を見下ろしていた。彼は青白い顔で苦しそうに息をしていたが、こちらに微笑んでいたのだ。

  

  

 「・・・ねえ、刑事さん。こっ・・・こんな時くらい、ちゃんと話を聞いてあげて・・・」

 

私から彼を奪おうとした警官が、慌てて覗き込む。

 

「ま・・・麻衣さんは・・・ボクを・・・みんなを助けようとしてくれたんだよ?」

 

「何だって・・・!!!」

 

「でも・・・助けられなかった。彼女の・・・彼女のお父さんは・・・!!」

 

アイツに・・・銃で撃たれて ──── 痛みに顔をゆがめ、ボロボロと大粒の涙を零し、顔をグシャグシャにして唇を震わせながら・・・少年はあの男を力強く指差していた。しかし、その直後・・・

 

「・・・!!おいっ、キミ!しっかりしろ!!」

 

腕は力なくダラリと垂れ、彼は意識を失ってしまった。バイタルが急激に危険値まで低下していたのだ。もはや選択の余地はなかった。私は窓に駆け寄り、そこに立ちはだかっていた警官を横へ押しのけ・・・

 

「何をするっ!!??やめなさいっ!!やめろぉぉぉぉっっっ!!!」

 

ガラスを割って外へ飛び出したのである。


第12章 いのち短し走れよ乙女(4)

 最短距離の計算は、高低差を考慮しない。つまり、N.O.A.H.研究室から病院までをほぼ一直線で結ぶため

 

窓から飛び出す

 

という結果になった。一定の強度を備えた鋼鉄製とはいえ、私は支援用ヒューマノイドのプロトタイプだ。外部からの衝撃にはある程度耐えられるとしても、180メートルからの落下は想定して作られていない。とにかく私はこの少年にだけは極力影響のないよう包み込むように抱え、数秒間自由落下。さすがにバランスを保つことが難しかったが、何とか足から着地できるようにジャイロを調整しつつ

 

「ヒイッ!!??」

 

自転車置き場の屋根を突き破り、停めてあった自転車をなぎ倒したものの、とりあえず地上に到達する事が出来た。将棋倒しになっていた自転車の3.5メートル先に、清掃員の女性が腰を抜かして倒れていたが、若干血圧の上昇と発汗が見られただけで外傷などはなかった。

 

「・・・う・・・ん、どうしたの・・・?」

 

轟音が功を奏したのか、少年が意識を取り戻したようだ。依然低い数値ではあったがわずかにバイタルが上昇していた。

 

「大丈夫、何でもないわ」

 

ホッとした様子で疲れた笑みを浮かべて再び眠る少年。腹部を圧迫していた私の指の間から少しずつ血がにじんでいた。刻一刻とタイムリミットが迫っている。私はブロック塀を乗り越えて研究所を後にした。


第12章 いのち短し走れよ乙女(5)

 私は駆動部ギアの回転数をオーバーヒート寸前にまで上昇させて駆け出した。秒間のバイタル低下値および出血量と、少年の体力を考慮してはじき出されたタイムリミットは8分54秒。私はルートに沿って走っている間も、通過が可能な薄い壁やガラス窓、ドアなどを瞬時に分析して時間の短縮に努めた。指令の完遂を第一に考えた場合、多少の不法侵入や器物損壊はやむを得ない。また、それ以外の固定された大型の障害物なら事前に感知して回避することも可能だった。止まっている車はもちろん、走っている車も・・・

 
 

「ねえ見てあの子!車の上・・・跳んでる」「あり得ねえ・・・何なんだアリャ」「・・・これは、夢だ」「うわっ、こっちに来るぞ!」

 
 

車間距離とタイミングさえ計算すれば、『浮き石』のようにして飛び移る事で大幅なショートカットが出来る。ただ・・・

 
 

「ウソだろ・・・?何でこんなトコに立ってんだよぉぉぉっっ!!!!!」

 
 

やはり危機管理プロセッサの並列処理能力の限界により、その後道路に着地した際に高速で現れる想定外の後続車に対処できないことも、ごく稀に生じてしまう。もちろんアンドロイドである私は、もはやどれだけはねられようと大して問題はなかったが、当然ながら少年への影響や・・・対向車のドライバーに被害があってはならない。従って私はまず衝突時の衝撃を少年を抱えている外側の腕で受け、あえて抵抗せず背中からボンネットに乗り上げ・・・

 
 

「うわうわうわうわ、やっちまった・・・」

 
 

しっかりと両腕で少年をカバーしたまま車の上を転がり・・・

 
 

「救急車・・・救急車呼ばなきゃ ──── 」

 
 

どうにか無事に両足でリア側から着地、その勢いすら有効利用してそのまま再び走り出したのは言うまでもない。私は少年の髪に付着していた泥を払った。

 
 

「ああっいっ、今人をはねちゃったんですっ!・・・えっ、被害者ですか?ええ、僕の車に乗り上げて後ろに。ちょっ、ちょっと待って下さい!今見て・・・」

 
 

──── あの・・・すみません。何か・・・ハハ。ゴメンなさい、僕の勘違いだったみたいです。         ・・・寝不足かなぁ。



読者登録

紫峯蓮舞さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について