目次
前日譚 目覚めの刻(とき)を待つ少女
前日譚 目覚めの刻(とき)を待つ少女
独白 プロローグ
独白 プロローグ
第1章 眠れる森の
第1章 眠れる森の(1)
第1章 眠れる森の(2)
第1章 眠れる森の(3)
第1章 眠れる森の(4)
第1章 眠れる森の(5)
第2章 世にも奇妙な
第2章 世にも奇妙な(1)
第2章 世にも奇妙な(2)
第2章 世にも奇妙な(3)
第2章 世にも奇妙な(4)
第2章 世にも奇妙な(5)
第3章 昔むかしの
第3章 昔むかしの(1)
第3章 昔むかしの(2)
第3章 昔むかしの(3)
第3章 昔むかしの(4)
第3章 昔むかしの(5)
第3章 昔むかしの(6)
第4章 不思議の国の
第4章 不思議の国の(1)
第4章 不思議の国の(2)
第4章 不思議の国の(3)
第4章 不思議の国の(4)
第4章 不思議の国の(5)
第4章 不思議の国の(6)
第4章 不思議の国の(7)
第4章 不思議の国の(8)
第4章 不思議の国の(9)
第4章 不思議の国の(10)
第4章 不思議の国の(11)
第5章 嵐の前の
第5章 嵐の前の(1)
第5章 嵐の前の(2)
第5章 嵐の前の(3)
第5章 嵐の前の(4)
第5章 嵐の前の(5)
第5章 嵐の前の(6)
第5章 嵐の前の(7)
第5章 嵐の前の(8)
第5章 嵐の前の(9)
第6章 山のあなたの
第6章 山のあなたの(1)
第6章 山のあなたの(2)
第6章 山のあなたの(3)
第6章 山のあなたの(4)
第6章 山のあなたの(5)
第7章 ツミキクズシ
第7章 ツミキクズシ(1)
第7章 ツミキクズシ(2)
第7章 ツミキクズシ(3)
第7章 ツミキクズシ(4)
第8章 子心親不知
第8章 子心親不知(1)
第8章 子心親不知(2)
第8章 子心親不知(3)
第8章 子心親不知(4)
第8章 子心親不知(5)
第8章 子心親不知(6)
第9章 男はツラいよ
第9章 男はツラいよ(1)
第9章 男はツラいよ(2)
第9章 男はツラいよ(3)
第9章 男はツラいよ(4)
第9章 男はツラいよ(5)
第10章 禁じられた遊び
第10章 禁じられた遊び(1)
第10章 禁じられた遊び(2)
第10章 禁じられた遊び(3)
第10章 禁じられた遊び(4)
第10章 禁じられた遊び(5)
第10章 禁じられた遊び(6)
第11章 君死にたまふことなかれ
第11章 君死にたまふことなかれ(1)
第11章 君死にたまふことなかれ(2)
第11章 君死にたまふことなかれ(3)
第11章 君死にたまふことなかれ(4)
第11章 君死にたまふことなかれ(5)
第11章 君死にたまふことなかれ(6)
第11章 君死にたまふことなかれ(7)
第11章 君死にたまふことなかれ(8)
第12章 いのち短し走れよ乙女
第12章 いのち短し走れよ乙女(1)
第12章 いのち短し走れよ乙女(2)
第12章 いのち短し走れよ乙女(3)
第12章 いのち短し走れよ乙女(4)
第12章 いのち短し走れよ乙女(5)
第12章 いのち短し走れよ乙女(6)
第12章 いのち短し走れよ乙女(7)
第12章 いのち短し走れよ乙女(8)
第12章 いのち短し走れよ乙女(9)
第13章 あゝ無情
第13章 あゝ無情(1)
第13章 あゝ無情(2)
第13章 あゝ無情(3)
第13章 あゝ無情(4)
第13章 あゝ無情(5)
第13章 あゝ無情(6)
第13章 あゝ無情(7)
第13章 あゝ無情(8)
第13章 あゝ無情(9)
第14章 クリスマス・キャロル
第14章 クリスマス・キャロル(1)
第14章 クリスマス・キャロル(2)
第14章 クリスマス・キャロル(3)
第14章 クリスマス・キャロル(4)
第14章 クリスマス・キャロル(5)
第14章 クリスマス・キャロル(6)
第14章 クリスマス・キャロル(7)
第14章 クリスマス・キャロル(8)
第14章 クリスマス・キャロル(9)
第14章 クリスマス・キャロル(10)
第14章 クリスマス・キャロル(11)
第14章 クリスマス・キャロル(12)
第14章 クリスマス・キャロル(13)
第14章 クリスマス・キャロル(14)
第15章 時空(とき)を翔(かけ)る少女
第15章 時空(とき)を翔(かけ)る少女(1)
第15章 時空を翔る少女(2)
第15章 時空を翔る少女(3)
第15章 時空を翔る少女(4)
第15章 時空を翔る少女(5)
第15章 時空を翔る少女(6)
第15章 時空を翔る少女(7)
第15章 時空を翔る少女(8)
第16章 君の名は
第16章 君の名は(1)
第16章 君の名は(2)
第16章 君の名は(3)
第16章 君の名は(4)
第16章 君の名は(5)
第16章 君の名は(6)
第16章 君の名は(7)
第16章 君の名は(8)
第16章 君の名は(9)
第17章 秘密の逢瀬
第17章 秘密の逢瀬(1)
第17章 秘密の逢瀬(2)
第17章 秘密の逢瀬(3)
第17章 秘密の逢瀬(4)
第17章 秘密の逢瀬(5)
第17章 秘密の逢瀬(6)
第17章 秘密の逢瀬(7)
第17章 秘密の逢瀬(8)
第17章 秘密の逢瀬(9)
終章 いつまでも、いつものように
終章 いつまでも、いつものように(1)
終章 いつまでも、いつものように(2)

閉じる


<<最初から読む

60 / 132ページ

第10章 禁じられた遊び(2)

 「やっぱり・・・アンタもグルだったのか」

 

工藤さんは『ヒゲオ』に銃で撃たれたのか、血のにじむ肩を手で押さえながら『警備員』をにらみつけている。大澤博士は、両手を背中でくくられて、『サカナ』に捕まっていた。

 

「ごめん・・・麻衣さん」

 

・・・そう。結局ボクは警備員にウダウダと『お説教』を食らいながら、挙げ句はピストルを突きつけられて、ビックリきょとんとなったまま、まるでウサギか何かみたいに『ヌリカベ』に襟の後ろをつかまれて・・・そのままズルズルと。

 

「お嬢さんあなた・・・嘘をついてたんですね」

 

「・・・」

 

ヌリカベは、ボクから奪った携帯をヒゲオに放り投げた。

 

「携帯電話・・・なるほど。だいたい読めましたよ。お嬢さんあなた・・・こちらのボウヤを使って、警察を」

 

ゆっくりゆっくりこっちに近寄ってきたヒゲオ。妙に優しげな笑顔を見せていたと思ったら・・・

 

「うぐぁっっ・・・!!!」

 

裏拳・・・裏拳で顔を思いっきり殴ってきたんだ。

 

「お嬢さん、これはあなたが嘘をついた罰です。・・・代わりに彼に受けてもらいますので、そのつもりで」

 

そう言ってヒゲオは、勢いあまって転んでしまったボクの体をさらに何度も何度もバカ強く蹴ってきた。遠のく意識の向こうで、カチャリと弾丸の装填される音がかすかに聞こえた。

 

「・・・いやあ大変お疲れ様でした。でも残念、ゲームオーバーです」


第10章 禁じられた遊び(3)

 ──── その時たしかに、2発。サプレッサをつけたような『チュン、チュン』みたいな音は聞こえた。

 
 

「もうやめて」

 
 

──── 彼女の声が聞こえる。・・・いや、それだけじゃない。彼女の温もりも感じる。ってことは、ボクは・・・まだ生きてるのか?

 
 

「フッ・・・。ところで博士、ただの『支援用ロボット』にこんな瞬発力と強度って必要ですかね」

 

「麻衣さん・・・」

 

彼女はうずくまっていたボクを抱きこむようにして盾になってくれたんだ。思いつめた表情で唇をかみ締め立ち上がると

 

「関係のない男の子にまで、どうしてこんなヒドい事をするの?あなたは・・・あなたたちは、私が欲しいだけなんでしょ!?」

 

すると突然ヒゲオが笑い出した。

 

「どうですか?博士そして、そこの助手くん。聞きましたか今の言葉を。・・・何ということだ、結局ご本人が一番聞きわけがいいじゃないですか」

 

・・・彼女は、もう奴らの要求に応じるつもりだった。

 

「・・・分かった。行くわ」

 
 

──── この体は、あなたたちに預けます。


第10章 禁じられた遊び(4)

 「麻衣さん、ダメだよそんなの・・・!!!」

  

でも彼女は、ただ微笑んでボクを見下ろしていた。

  

「いいよね、お父さん?・・・俊ちゃん」

  

「今すぐ・・・今すぐその子を連れてここから逃げなさい!麻衣・・・麻衣お前は、今度こそ生きなきゃいかん。早く、早く行くんだ!」

  

不安げな視線を投げる彼女に工藤さんはしっかりうなずいた。・・・ボク?ボクは、彼女と一緒に逃げられるなら・・・そりゃあ ──── !ダメだダメだ。うっかりF・・・最低ランクの選択肢を選ぶところだった。・・・でもなあ、このままじゃ彼女は・・・

  

「ううん、生きなきゃいけないのは・・・お父さんたちだよ。だって、私はもうとっくに事故で死んじゃってるんでしょ?」

  

大澤博士は愕然としてうつむき、工藤さんは悔しそうに唇を噛み締めて天井を仰いだ。

  

「すまん麻衣・・・私は ──── 」

  

彼女は首を振った。努めて笑顔で明るく話そうとしていた。

  

「いいの。お父さんの気持ちは分かってる。・・・ハァ、私も何で事故になんか遭っちゃったのかなあ・・・。あんな事さえなかったら、きっと今も・・・みんな幸せに」

  

でもやっぱり、うつむいて泣きそうになってた。もう泣けなかった彼女は切なそうに唇を噛んでいた。

  

「でもね、安心して?ホントの私は、多分あの日からずっと・・・」

  

みんなの、“ここ”にいるから ──── 彼女は自分の胸に手をかざして、そう言ったんだ。


第10章 禁じられた遊び(5)

 ヒゲオは何を思ったのか大澤博士に歩み寄ると、手首の縄をはずしながら

 

「では博士、そろそろ・・・この『オモチャ』の電源を切ってもらえませんか。万一暴れられでもしたら、面倒ですからね」

 

アゴで彼女を指して、高飛車な態度でそう言った。博士は苦虫を噛み潰したような表情で、机の引き出しからリモコンを取り出すと

 

「・・・君が、自分でやればよかろう」

 

ヒゲオにそれを差し出した。

 

「これで、スイッチを切れるんですか。・・・ほう ──── 」

 

ヒゲオは自分をにらみつけていた彼女のほうへニヤニヤと嬉しそうにリモコンを向けて・・・スイッチを押した。シュゥゥン・・・とかすかに機械の停止する音が聞こえた。彼女はヒゲオに静かな怒りをぶつけたまま立ち尽くしていた。『そんな・・・』不安、寂しさ、悲しさ、怖さがごっちゃになっていたボクに、工藤さんは『大丈夫』そう口だけ動かしてみせた。負傷した腕の痛みに顔をゆがめながら、ポケットに手を突っ込む。工藤さんの指の間にチラリと見えたもの、それは・・・もうひとつのリモコンだった。

  

  

 ヒゲオは彼女に近づくと、目の前に手をかざしたり、指を鳴らしたりしていた。

 

「なるほど・・・たしかに止まっているようだが」

 

工藤さんはあと少しで、リモコンを押せそうだった。

 
 

──── 念のために、テストをしておきましょう。

 
 

そう言うや否や、ヒゲオは銃口を向けて・・・引鉄ひきがねを引いたんだ。


第10章 禁じられた遊び(6)

 「おじさん・・・!!!」

 

工藤さんの手から、リモコンが滑り落ちた。カラカラ、と乾いた音はヒゲオの注意を引くのに十分過ぎた。

 

「・・・なるほど、そういう事でしたか。入れますか?スイッチ。どうぞ、私は構いませんよ。ただ・・・・」

 

父親の変わり果てた姿を見せる事になるかもしれませんがね ──── 憎たらしく高笑いをするヒゲオは、突然ピストルを持っていたその手で彼女の頬を思い切り殴りつけたんだ。ガンッという重い金属音がして、無理やり首を動かされた彼女は、その勢いのままドサッと床に倒れこんでしまった。

 

・・・いつまでも、こっちをにらんでるんじゃないっ。ハアァァッッ、痛たたた・・・所詮機械なんてモノは、動いていなければこんなに無意味な代物なんですね」

 

おお痛い・・・ヒゲオは傷めた手を振りながら、彼女を足蹴にしてそんな事を口走った。目線と身振りだけで面倒くさそうに指図すると、ヌリカベがあの『黒い寝袋』を持ち出した。その中に頭から乱暴に入れられて、彼女は床にゴツッと頭を打ちつけてしまった。はみ出したつま先から剥ぎ取るようにミュールを脱がせたヌリカベは、足を強引に押し込むと袋を軽々抱え上げた。

 

「よし、お前たちは先に行け。・・・運び終えたら知らせるんだ」

 

男たちはヒゲオと警備員を残して、部屋を出て行った。サカナの不気味な笑い声が廊下に響いて、それもいつしか聞こえなくなった。

  

  

 「・・・なあ、もういいだろ!?俺も、アンタらが金をくれるって言うから協力したんだ。これで成功じゃないのか!早く報酬を ──── 」

 

警備員の愚痴を、ヒゲオはピストルのマガジンに弾丸を込めながら聞いていた。・・・ちょうどそのあたりから、ボクはヤツの死角にいた事に気づいたんだ。だから、座りこんだままで少しずつ工藤さんの落としたリモコンを取りに行こうと・・・

 
 

チュンッ!チュンッ!・・・チュンチュンチュンッ!チュン、チュンッ! ────

 
 

機械の火花やガラスの割れる音がして、次の瞬間ボクの目に飛び込んできたのは・・・虚ろに目を見開いて口から血を垂らしながら、服を真っ赤に染めてずり落ちる警備員の姿だった。

 

「まだ、最後の仕事が残ってますよ。あなたは抵抗する不法侵入者と、その仲間との銃撃戦の末・・・」

 

名誉の殉職 ──── ボクは、不気味に目をギラつかせたヒゲオと面と向かってしまった。ハッと我に返ってリモコンに手を伸ばそうとした時には

 

「まだ死にたくないだろ!?・・・なら、そんなバカな真似はよしたほうがいい。 さあ、それをこっちによこしなさい」

 

・・・ボクの視線の先には銃口が。ヒゲオはこっちを向いたままボクの滑らせたリモコンを拾うと、警備員のズボンのポケットからピストルを抜き取った。

 

「工藤さぁん・・・!」

 

唇の震えが、涙が止まらなかった。ただ、うなずく事しか出来なかった工藤さんの歯がゆい気持ちだって痛いほど伝わってきた。でもっ・・・でもぉ~

 
 

──── 助けてよ誰かぁぁぁぁっっ!!

 
 

「・・・そんなに怖いんだったら、そうだボウヤ。じゃあ、いっその事キミから先に楽にしてあげようか」

 

ヒゲオはそう言って、ついに引鉄に指をかけた。もう・・・もう、ダメだ ────

 
 

ピー、ピー、ピー・・・ ────

 
 

いよいよ諦めてギュッとまぶたを閉じたその時だった。ヒゲオの無線が、高くて細い『声』で、わめき散らしたんだ。



読者登録

紫峯蓮舞さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について