目次
前日譚 目覚めの刻(とき)を待つ少女
前日譚 目覚めの刻(とき)を待つ少女
独白 プロローグ
独白 プロローグ
第1章 眠れる森の
第1章 眠れる森の(1)
第1章 眠れる森の(2)
第1章 眠れる森の(3)
第1章 眠れる森の(4)
第1章 眠れる森の(5)
第2章 世にも奇妙な
第2章 世にも奇妙な(1)
第2章 世にも奇妙な(2)
第2章 世にも奇妙な(3)
第2章 世にも奇妙な(4)
第2章 世にも奇妙な(5)
第3章 昔むかしの
第3章 昔むかしの(1)
第3章 昔むかしの(2)
第3章 昔むかしの(3)
第3章 昔むかしの(4)
第3章 昔むかしの(5)
第3章 昔むかしの(6)
第4章 不思議の国の
第4章 不思議の国の(1)
第4章 不思議の国の(2)
第4章 不思議の国の(3)
第4章 不思議の国の(4)
第4章 不思議の国の(5)
第4章 不思議の国の(6)
第4章 不思議の国の(7)
第4章 不思議の国の(8)
第4章 不思議の国の(9)
第4章 不思議の国の(10)
第4章 不思議の国の(11)
第5章 嵐の前の
第5章 嵐の前の(1)
第5章 嵐の前の(2)
第5章 嵐の前の(3)
第5章 嵐の前の(4)
第5章 嵐の前の(5)
第5章 嵐の前の(6)
第5章 嵐の前の(7)
第5章 嵐の前の(8)
第5章 嵐の前の(9)
第6章 山のあなたの
第6章 山のあなたの(1)
第6章 山のあなたの(2)
第6章 山のあなたの(3)
第6章 山のあなたの(4)
第6章 山のあなたの(5)
第7章 ツミキクズシ
第7章 ツミキクズシ(1)
第7章 ツミキクズシ(2)
第7章 ツミキクズシ(3)
第7章 ツミキクズシ(4)
第8章 子心親不知
第8章 子心親不知(1)
第8章 子心親不知(2)
第8章 子心親不知(3)
第8章 子心親不知(4)
第8章 子心親不知(5)
第8章 子心親不知(6)
第9章 男はツラいよ
第9章 男はツラいよ(1)
第9章 男はツラいよ(2)
第9章 男はツラいよ(3)
第9章 男はツラいよ(4)
第9章 男はツラいよ(5)
第10章 禁じられた遊び
第10章 禁じられた遊び(1)
第10章 禁じられた遊び(2)
第10章 禁じられた遊び(3)
第10章 禁じられた遊び(4)
第10章 禁じられた遊び(5)
第10章 禁じられた遊び(6)
第11章 君死にたまふことなかれ
第11章 君死にたまふことなかれ(1)
第11章 君死にたまふことなかれ(2)
第11章 君死にたまふことなかれ(3)
第11章 君死にたまふことなかれ(4)
第11章 君死にたまふことなかれ(5)
第11章 君死にたまふことなかれ(6)
第11章 君死にたまふことなかれ(7)
第11章 君死にたまふことなかれ(8)
第12章 いのち短し走れよ乙女
第12章 いのち短し走れよ乙女(1)
第12章 いのち短し走れよ乙女(2)
第12章 いのち短し走れよ乙女(3)
第12章 いのち短し走れよ乙女(4)
第12章 いのち短し走れよ乙女(5)
第12章 いのち短し走れよ乙女(6)
第12章 いのち短し走れよ乙女(7)
第12章 いのち短し走れよ乙女(8)
第12章 いのち短し走れよ乙女(9)
第13章 あゝ無情
第13章 あゝ無情(1)
第13章 あゝ無情(2)
第13章 あゝ無情(3)
第13章 あゝ無情(4)
第13章 あゝ無情(5)
第13章 あゝ無情(6)
第13章 あゝ無情(7)
第13章 あゝ無情(8)
第13章 あゝ無情(9)
第14章 クリスマス・キャロル
第14章 クリスマス・キャロル(1)
第14章 クリスマス・キャロル(2)
第14章 クリスマス・キャロル(3)
第14章 クリスマス・キャロル(4)
第14章 クリスマス・キャロル(5)
第14章 クリスマス・キャロル(6)
第14章 クリスマス・キャロル(7)
第14章 クリスマス・キャロル(8)
第14章 クリスマス・キャロル(9)
第14章 クリスマス・キャロル(10)
第14章 クリスマス・キャロル(11)
第14章 クリスマス・キャロル(12)
第14章 クリスマス・キャロル(13)
第14章 クリスマス・キャロル(14)
第15章 時空(とき)を翔(かけ)る少女
第15章 時空(とき)を翔(かけ)る少女(1)
第15章 時空を翔る少女(2)
第15章 時空を翔る少女(3)
第15章 時空を翔る少女(4)
第15章 時空を翔る少女(5)
第15章 時空を翔る少女(6)
第15章 時空を翔る少女(7)
第15章 時空を翔る少女(8)
第16章 君の名は
第16章 君の名は(1)
第16章 君の名は(2)
第16章 君の名は(3)
第16章 君の名は(4)
第16章 君の名は(5)
第16章 君の名は(6)
第16章 君の名は(7)
第16章 君の名は(8)
第16章 君の名は(9)
第17章 秘密の逢瀬
第17章 秘密の逢瀬(1)
第17章 秘密の逢瀬(2)
第17章 秘密の逢瀬(3)
第17章 秘密の逢瀬(4)
第17章 秘密の逢瀬(5)
第17章 秘密の逢瀬(6)
第17章 秘密の逢瀬(7)
第17章 秘密の逢瀬(8)
第17章 秘密の逢瀬(9)
終章 いつまでも、いつものように
終章 いつまでも、いつものように(1)
終章 いつまでも、いつものように(2)

閉じる


<<最初から読む

57 / 132ページ

第9章 男はツラいよ(4)

 「事故のこと?」

 

彼女はうなずいた。・・・待てよ?ひょっとして、あの3人組の中の誰かが彼女を ────

 

「私・・・あの日、たしかに黒い車にはねられた。運転してたのは、さっきのヒゲ生やした男の人」

 

そっくりだった。間違いないよ ──── もう1回問いただそうと思ったら、そう言ったんだ。

 

「殺されたんだ・・・」

 

「えっ・・・」

 

また彼女は、ボソッと低い声でそんな事をつぶやいた。『だって、車にはねられたって言ってたもん!それも・・・黒い車だったって!!!』ボクの肩をつかんで揺さぶりながら、泣きそうな顔で悲痛に訴えてくる。

 

「そんな・・・まさか、君のお母さんが」

 

考えてみれば、ほんの数ヶ月の間に博士に近しい2人がどちらも事故に遭うなんて、偶然にしては出来すぎてる。もし仮に2つの事故に絡んでいる『黒い車』が同じものだったとしたら・・・

 
 

──── 麻衣さんと彼女のお母さんは、意図的に命を狙われた!?

 
 

「麻衣さんっっ!!!」

 

ボクと同じ『ゴール』にたどり着いて、さらに一歩先へと進んでいた彼女は駆け出した。そう・・・博士と工藤さんの命を救うために。


第9章 男はツラいよ(5)

 ボクらがエレベータホールから廊下に戻った時には、真っ暗な廊下へ続くあのドアはもう開け放たれていた。

 

「危険だから、あなたはここにいて」

 

「そんなっ、無茶だってば!」

 

・・・ん?何が無茶なんだろ。いや、たしかに彼女は『頑丈なアンドロイド』だから、大丈夫な気はした。したんだけれど、いくら強くたって・・・女の子だもの。そりゃあ、ボクのほうが年下だし、背だって低いよ?でもやっぱり男としては放っとけなかったんだ。

 

「大丈夫。そうだ、いちおう警察に電話しといてくれる?」

 

「分かった。・・・気をつけてね」

 

彼女はにっこり微笑んで、そのまま暗闇の中へ消えていった。ボクはカチャカチャ携帯をスライドさせて不安を紛らせていた。

  

  

 「何してるの?来ちゃダメって ──── 」

 

暗いからと思ってさ、ちょっと間してから気づかれないようにすり足でついてったのに・・・ほんの2、3歩歩いただけで見つかっちゃったんだ。これが彼女の『センサー』ってやつか。でもね、ボクはもう開き直ってズンズン近寄っていった。

 

「だって・・・やっぱり、心配なんだよ」

 

「警察には、電話したの?」

 

「まだ・・・」

 

・・・それどころじゃなかった。ボクの耳に、彼女のため息が痛かった。顔はよく見えなかったけれど、きっとあきれちゃってるだろうな。

 

「・・・そっか。だからあなたは、ずっと私と一緒にいてくれたんだもんね」

 

「え・・・」

 

その時、彼女の手がボクの両肩にかけられた。

 

「でも、今は大丈夫。・・・ありがと」

 

『・・・!!』そうして次の瞬間に感じたのは、顔に触れた彼女の頬っぺた。で、ドキッとしてギュッと目を閉じたら、待ったなしに・・・

 
 

──── ボクのくちびるに、ぷるっとしてあったかい感触が。

 
 

「・・・俊ちゃんには、内緒だよ?」

 

フリーズしてたボクの耳元にそうささやいて、『つれない乙女』は行ってしまった。

 
 
 

       ・・・熱いキッスで、凍っちゃうフリーズするとはこれ如何に(笑)。


第10章 禁じられた遊び(1)

 「俊ちゃんっ!!!」

 
 

──── ボクは、携帯電話のディスプレイの明かりだけを頼りに暗い通路を進んでいく。入り組んだ造りが音を遮っているのか、誰の話し声も聞こえない。

 
 

「逃げろっ・・・来ちゃダメだ!!!」

 

「そんな失礼な事は、言うもんじゃありませんよ。彼女が来てくれたお陰で、あなたは命拾いしたんですから。・・・おや?お嬢さん。あなたの『お友達』は、どうしたんです」

 
 

──── ・・・連絡通路に入ると、開け放たれた研究室のドアの奥から話し声がした。彼女の声だ。どうやら3人組のうちの誰かと会話しているらしい。

 
 

「帰った」

 

「ふぅむ・・・まあ、いいでしょう」

 
 

──── !!!・・・危なかった。でっ、でっかい男がこっちを覗きに来たんだ。ボクの話になったからヤバいと思って仮眠室に隠れたら、ギリギリだった。・・・ひょっとしたら、ドアロックした音聞かれちゃったかも・・・!?

 
 

「やっぱりあなただったんですね。・・・髪の毛が長かったので、さっきは気がつきませんでしたが。それにしても、わざわざそちらから出向いていただけるとは、ラッキーだった・・・。 ──── どうしたっ、さっきからウロチョロと・・・」

 

「いやその・・・誰かがいるみたいなんですがね」

 
 

──── 『ヤバイッ!!!』ボクは慌ててドアを開けて走った。必死で走りながら、『何で彼女の言いつけを守らなかったんだろう』って何度も後悔してた。『あのガキだっ、捕まえろ!!』こっちに気づいた男たちの怒号に怯えながら、壁に体をぶつけながら、どうにかボクはいつもの明るい廊下へ。

  

  

 「ああっ、警備員さん!!」

 

「キミッ、何でこんな所にいるんだね!?ここは関係者以外立ち入り禁止 ──── 」

 

「てっ、テロリスト・・・中に、テロリストがっっ!!!はっ早く警察を・・・」


第10章 禁じられた遊び(2)

 「やっぱり・・・アンタもグルだったのか」

 

工藤さんは『ヒゲオ』に銃で撃たれたのか、血のにじむ肩を手で押さえながら『警備員』をにらみつけている。大澤博士は、両手を背中でくくられて、『サカナ』に捕まっていた。

 

「ごめん・・・麻衣さん」

 

・・・そう。結局ボクは警備員にウダウダと『お説教』を食らいながら、挙げ句はピストルを突きつけられて、ビックリきょとんとなったまま、まるでウサギか何かみたいに『ヌリカベ』に襟の後ろをつかまれて・・・そのままズルズルと。

 

「お嬢さんあなた・・・嘘をついてたんですね」

 

「・・・」

 

ヌリカベは、ボクから奪った携帯をヒゲオに放り投げた。

 

「携帯電話・・・なるほど。だいたい読めましたよ。お嬢さんあなた・・・こちらのボウヤを使って、警察を」

 

ゆっくりゆっくりこっちに近寄ってきたヒゲオ。妙に優しげな笑顔を見せていたと思ったら・・・

 

「うぐぁっっ・・・!!!」

 

裏拳・・・裏拳で顔を思いっきり殴ってきたんだ。

 

「お嬢さん、これはあなたが嘘をついた罰です。・・・代わりに彼に受けてもらいますので、そのつもりで」

 

そう言ってヒゲオは、勢いあまって転んでしまったボクの体をさらに何度も何度もバカ強く蹴ってきた。遠のく意識の向こうで、カチャリと弾丸の装填される音がかすかに聞こえた。

 

「・・・いやあ大変お疲れ様でした。でも残念、ゲームオーバーです」


第10章 禁じられた遊び(3)

 ──── その時たしかに、2発。サプレッサをつけたような『チュン、チュン』みたいな音は聞こえた。

 
 

「もうやめて」

 
 

──── 彼女の声が聞こえる。・・・いや、それだけじゃない。彼女の温もりも感じる。ってことは、ボクは・・・まだ生きてるのか?

 
 

「フッ・・・。ところで博士、ただの『支援用ロボット』にこんな瞬発力と強度って必要ですかね」

 

「麻衣さん・・・」

 

彼女はうずくまっていたボクを抱きこむようにして盾になってくれたんだ。思いつめた表情で唇をかみ締め立ち上がると

 

「関係のない男の子にまで、どうしてこんなヒドい事をするの?あなたは・・・あなたたちは、私が欲しいだけなんでしょ!?」

 

すると突然ヒゲオが笑い出した。

 

「どうですか?博士そして、そこの助手くん。聞きましたか今の言葉を。・・・何ということだ、結局ご本人が一番聞きわけがいいじゃないですか」

 

・・・彼女は、もう奴らの要求に応じるつもりだった。

 

「・・・分かった。行くわ」

 
 

──── この体は、あなたたちに預けます。



読者登録

紫峯蓮舞さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について