目次
前日譚 目覚めの刻(とき)を待つ少女
前日譚 目覚めの刻(とき)を待つ少女
独白 プロローグ
独白 プロローグ
第1章 眠れる森の
第1章 眠れる森の(1)
第1章 眠れる森の(2)
第1章 眠れる森の(3)
第1章 眠れる森の(4)
第1章 眠れる森の(5)
第2章 世にも奇妙な
第2章 世にも奇妙な(1)
第2章 世にも奇妙な(2)
第2章 世にも奇妙な(3)
第2章 世にも奇妙な(4)
第2章 世にも奇妙な(5)
第3章 昔むかしの
第3章 昔むかしの(1)
第3章 昔むかしの(2)
第3章 昔むかしの(3)
第3章 昔むかしの(4)
第3章 昔むかしの(5)
第3章 昔むかしの(6)
第4章 不思議の国の
第4章 不思議の国の(1)
第4章 不思議の国の(2)
第4章 不思議の国の(3)
第4章 不思議の国の(4)
第4章 不思議の国の(5)
第4章 不思議の国の(6)
第4章 不思議の国の(7)
第4章 不思議の国の(8)
第4章 不思議の国の(9)
第4章 不思議の国の(10)
第4章 不思議の国の(11)
第5章 嵐の前の
第5章 嵐の前の(1)
第5章 嵐の前の(2)
第5章 嵐の前の(3)
第5章 嵐の前の(4)
第5章 嵐の前の(5)
第5章 嵐の前の(6)
第5章 嵐の前の(7)
第5章 嵐の前の(8)
第5章 嵐の前の(9)
第6章 山のあなたの
第6章 山のあなたの(1)
第6章 山のあなたの(2)
第6章 山のあなたの(3)
第6章 山のあなたの(4)
第6章 山のあなたの(5)
第7章 ツミキクズシ
第7章 ツミキクズシ(1)
第7章 ツミキクズシ(2)
第7章 ツミキクズシ(3)
第7章 ツミキクズシ(4)
第8章 子心親不知
第8章 子心親不知(1)
第8章 子心親不知(2)
第8章 子心親不知(3)
第8章 子心親不知(4)
第8章 子心親不知(5)
第8章 子心親不知(6)
第9章 男はツラいよ
第9章 男はツラいよ(1)
第9章 男はツラいよ(2)
第9章 男はツラいよ(3)
第9章 男はツラいよ(4)
第9章 男はツラいよ(5)
第10章 禁じられた遊び
第10章 禁じられた遊び(1)
第10章 禁じられた遊び(2)
第10章 禁じられた遊び(3)
第10章 禁じられた遊び(4)
第10章 禁じられた遊び(5)
第10章 禁じられた遊び(6)
第11章 君死にたまふことなかれ
第11章 君死にたまふことなかれ(1)
第11章 君死にたまふことなかれ(2)
第11章 君死にたまふことなかれ(3)
第11章 君死にたまふことなかれ(4)
第11章 君死にたまふことなかれ(5)
第11章 君死にたまふことなかれ(6)
第11章 君死にたまふことなかれ(7)
第11章 君死にたまふことなかれ(8)
第12章 いのち短し走れよ乙女
第12章 いのち短し走れよ乙女(1)
第12章 いのち短し走れよ乙女(2)
第12章 いのち短し走れよ乙女(3)
第12章 いのち短し走れよ乙女(4)
第12章 いのち短し走れよ乙女(5)
第12章 いのち短し走れよ乙女(6)
第12章 いのち短し走れよ乙女(7)
第12章 いのち短し走れよ乙女(8)
第12章 いのち短し走れよ乙女(9)
第13章 あゝ無情
第13章 あゝ無情(1)
第13章 あゝ無情(2)
第13章 あゝ無情(3)
第13章 あゝ無情(4)
第13章 あゝ無情(5)
第13章 あゝ無情(6)
第13章 あゝ無情(7)
第13章 あゝ無情(8)
第13章 あゝ無情(9)
第14章 クリスマス・キャロル
第14章 クリスマス・キャロル(1)
第14章 クリスマス・キャロル(2)
第14章 クリスマス・キャロル(3)
第14章 クリスマス・キャロル(4)
第14章 クリスマス・キャロル(5)
第14章 クリスマス・キャロル(6)
第14章 クリスマス・キャロル(7)
第14章 クリスマス・キャロル(8)
第14章 クリスマス・キャロル(9)
第14章 クリスマス・キャロル(10)
第14章 クリスマス・キャロル(11)
第14章 クリスマス・キャロル(12)
第14章 クリスマス・キャロル(13)
第14章 クリスマス・キャロル(14)
第15章 時空(とき)を翔(かけ)る少女
第15章 時空(とき)を翔(かけ)る少女(1)
第15章 時空を翔る少女(2)
第15章 時空を翔る少女(3)
第15章 時空を翔る少女(4)
第15章 時空を翔る少女(5)
第15章 時空を翔る少女(6)
第15章 時空を翔る少女(7)
第15章 時空を翔る少女(8)
第16章 君の名は
第16章 君の名は(1)
第16章 君の名は(2)
第16章 君の名は(3)
第16章 君の名は(4)
第16章 君の名は(5)
第16章 君の名は(6)
第16章 君の名は(7)
第16章 君の名は(8)
第16章 君の名は(9)
第17章 秘密の逢瀬
第17章 秘密の逢瀬(1)
第17章 秘密の逢瀬(2)
第17章 秘密の逢瀬(3)
第17章 秘密の逢瀬(4)
第17章 秘密の逢瀬(5)
第17章 秘密の逢瀬(6)
第17章 秘密の逢瀬(7)
第17章 秘密の逢瀬(8)
第17章 秘密の逢瀬(9)
終章 いつまでも、いつものように
終章 いつまでも、いつものように(1)
終章 いつまでも、いつものように(2)

閉じる


<<最初から読む

49 / 132ページ

第8章 子心親不知(2)

 研究室は、さっきまでとは明らかに音も、雰囲気も変わっていた。その正体は、やっぱり・・・あのシリンダーだった。

 

「・・・おかえり」

 

「うわ」

 

工藤さんはそっちへ促そうとしてくれたんだけれど、行けなかった。ボクはくるっと1回転して、体ごとシリンダーから目をそらしたんだ。だって、なみなみと満たされた綺麗なライトブルーの液体の中には彼女がいた。長い黒髪を幻想的に揺らしながら瞳を閉じてプカプカと浮かんでたんだから。

 
 

──── それも真っ裸、スッポンポンで。

 
 

・・・ん?ちょっと待って。素っ裸?・・・あれ、たしか

 

「・・・博士、彼女」

 

「ああ、今皮膚を定着させているところだよ。・・・どうかしたかね?」

 

「いやその・・・ハダカ」

 

「あっ、すまんすまん!服を着せたままだと、どうしても定着が不完全になってしまうんだ。もうちょっと待ってておくれ。じきに終わるからね」

 

・・・ボクが言いたいのは、そういう事じゃなくって

 

「たしか彼女って、体は何か黒いビニールみたいなヤツが被さってて・・・。その、皮膚はなかったような気がするんですけど」

 

「おお、よく知ってるじゃないか。そうなんだ。実を言うと、完成した当初は培養が間に合わなくてね。それで、とりあえず体だけは強化プラスチックで覆っていたんだよ」

 

博士は、シリンダーの後ろへ回り込んだりして皮膚の定着具合を確かめているみたいだった。『博士が見せたいもの』って、彼女の事なのかな。でも、壊すつもりなら何でわざわざこんな事を?それこそ麻衣さんと面影がダブッてさ、ますます壊しづらくなっちゃうんじゃあ・・・?


第8章 子心親不知(3)

 「ちょっとっ、何で今さらこんな人間みたくしちゃうんですか!・・・どうせ壊すくせに」

 

ボクは博士と工藤さんをじっと見つめた。ちょっとずつちょっとずつ縮こまるみたいにうつむく二人を見てたら、何か立場が逆転したみたいな気持ちがして。・・・これじゃあ、まるでボクが悪者みたいじゃないか。

 

「その事なんだが・・・キミに、謝らなければならん」

 

その時、不意に博士が消え入るような声でそう言った。

 

「・・・いいですよもう。どうせボクには関係ないもん、もう壊すなり何なり好きにしたらいいじゃんっ・・・!!」

 

プイッってしたと思ったら、目の前には工藤さんが立ってて。無視しようと思ったんだけれど、妙にキラキラとした少年のようなその瞳は何かを言いたげだった。『工藤さん・・・?』次の瞬間、ボクに満面の笑みを浮かべてうなずいたんだ。

 

「うそ・・・!」

 

丸めて捨てかけていた希望を慌ててもう一度広げながら、ボクはまるでリスか何かみたいにキョロキョロと二人を見ていた。

 

「工藤くんが、すべて話してくれたよ」

 

そんな博士は、何かつきものが取れたみたいにすがすがしい顔をしていた。ボクはとたんに全身の力が抜けて、床にヘナヘナと座り込んでしまったんだ。

 

「・・・キミのおかげだよ?俺もさ、今日だけは思いっきり言わせてもらったんだ。部下なんかじゃなくて、アイツの・・・麻衣の『幼なじみ』としてね」

 

工藤さんは、茫然として見上げるボクの肩にポンと手を掛けて、目覚めを待つ彼女を嬉しそうに眺めていた。これで彼女は、ようやっと人間になれるのかな?・・・もちろん、嬉しいよ。嬉しくなくはなかったけれど・・・何かちょっとだけ、寂しい気もしたんだ。


第8章 子心親不知(4)

 その時、シリンダの横にあった機械のランプが赤から青に変わってブザーが鳴った。それが鳴り止むか止まないかというところで、中の液体が勢いよく排出され始めた。渦が彼女の体を撫でながら、グングン水位が下がっていく。ゴボゴボという音がして液体が全部抜けた後、博士は椅子に腰を下ろして備えつけのコンピュータを操作しだしたんだ。前面のハッチが手前にずれて大きく開くと、彼女を固定していた装置がゆっくりとせり出す。押し出された体は、まるでお風呂上がりみたいにツヤツヤで、ちょっと湯気も立ち上っていた。と、今度はデッキの真上から伸びていたロボットアームが大きな音を立てて動き始めた。先端の太い2本のグリップが、一方はわきの下の辺りから、もう一方は腰の辺りをガッチリとつかむ。それに反応して、彼女を固定していた装置のロックがはずれると、アームはもとの長さに戻るようにして彼女をデッキまで運び始めた。ボクはただただボーっと、きっちり整然とした『機械の動き』を眺めていた。無事に彼女を運び終えると、アームはグリップを開いて天井に収まり動きを止めた。

 

「後は、水を補給するだけだな」

 

椅子から立ち上がって背伸びをしながら博士が言った。

 

「そうですね」

 

棚から取り出した真っ白なタオルで彼女の体を念入りに拭きながら、工藤さんが答える。

 
 

──── うわぁ、ダメだダメだ。今までは、どっちかって言うと『彼女を機械で運び出す作業』のほうが気になってたところもあって、『彼女がハダカである事』をすっかり忘れてた。でも、彼女が再びデッキに横たわる今となっては・・・

 
 

「・・・服。早く着せてあげてよっ」

 

そっぽを向いていたボクの『心の声』に気づいたのか、工藤さんはケラケラ笑いながら

 

「やっぱ恥かしいか。ごめんごめん、大丈夫だよ。ちゃんと着せるから」

  

  

 ・・・というわけで、次にボクが目にした時には、彼女はもうすっかりおなじみの『白いワンピース』を身に着けていた。もちろん、それだけじゃなくて、今度はちゃんとあのミュールも。そばへ近寄ると、ボクの脳裏に初めて出会った時のあの光景がよみがえったんだ。


第8章 子心親不知(5)

 「工藤くん」

 

博士が水道の蛇口につけた専用の給水チューブの先を持って工藤さんに手渡した。それは先端が笛やピアニカの吹き口のように平べったくなっていた。

 

「OKです」

 

工藤さんはサッとそれを彼女にくわえさせると、ポケットから例の『黒いリモコン』を取り出し赤外線を当てる。歩きながら見せてくれたその表面には、起動・停止スイッチの他にも色々なキーが並んでいて、液晶のディスプレイもあった。ちょうど今、彼女と接続されているみたいで画面には補給状況が表示されていた。

  

  

 音から判断して、あの日の公園のようにすごい勢いで流し込まれているのは分かった。10分もしないうちに、工藤さんが50パーセントを超えたのを知らせる。

 

「すごいや、もう90いくよ?」

 

と、博士はボクの言葉で少し蛇口を閉めた。

 

「95パーセント・・・96、97 ──── 」

 

工藤さんは表示を見つつチューブを手に持った。『はい100パーセント、満タンです』サッと口からはずすと同時にそう言うと、博士が水を止める。

 

「やった、完了だ。・・・じゃあ、いよいよ?」

 

何かさ、みんな結構冷静だったのにひっとりだけワクワクして、はしゃいじゃって。早くスイッチ入れよ~、早く早くっ・・・てピョンピョン飛び跳ねてる自分は、やっぱりコドモだった。

 

「いよいよだね」

 

と、工藤さんもさっきまでの真剣な表情とはうって変わってすごく嬉しそうに笑顔を見せた。


第8章 子心親不知(6)

 「じゃあ、起こしても・・・いいかな」

 

博士は優しい『パパの顔』で、彼女の頬を・・・髪を撫でて、ポンポンと眠る子どもをあやすようにそっと体をたたく。黙ってうなずく工藤さん。・・・静かな室内は言いようのない緊張に包まれ、もう一度パソコンの前に腰を下ろした博士の咳払いだけが妙に響いていた。

 

「・・・あれ、リモコン使わないの?」

 

工藤さんもゆっくり深呼吸しながらポケットにしまっちゃうし、博士はいよいよキーを打ち込もうと腰を据え直してたから、ちょっと気になったんだ。

 

「完全停止からのリブートは、博士のOSからしか出来ないんだ」

 

聞くところによると、皮膚を全身に被せるためのメンテナンスの際に、博士がもう一度コンピュータから彼女のシステムを切ったんだそうだ。と、そんな話をしているうちに彼女の体から、あの日ボクが水をあげた時のような低く振動するような音が聞こえてきた。

 

「あと1分だ」

 

そう言って慌てて立ち上がった博士が、こっちへ戻ってきた。あの時は聞こえなかった電子音や動作音が、さらに緊張感を高める。握り締めた手がジットリと汗ばんできた。

  

  

 「・・・!止まった」

 

ついに何の音もしなくなったかと思うと、彼女のまつげがピクピクと動いたんだ。博士と工藤さんは、ガバッと身を乗り出して顔を覗き込んでいた。

 

「・・・?」

 

まるで本当の寝起きみたいにゆっくりとまぶたを上げた彼女は、眩しそうに目を細めて天井を眺めている。

 

「麻衣っ・・・分かるか?」

 

「・・・お父さん?」

 

彼女は自分の体を揺さぶった博士の顔をじっと見つめていた。そうして、飛び起きるようにして抱きついた彼女を博士は何の戸惑いも、ためらいもなく、強く強く抱きしめていた。その瞳からは、大粒の涙をボロボロと零しながら。

 

「私・・・どうしてこんな所にいるの?たしか、買い物の帰りに・・・車に ──── 」

 

「違うっ・・・!!!それは夢だ。麻衣お前は・・・ただ、悪い夢を見ただけなんだよ。もう何も心配はいらん」

 

不安げな表情を浮かべる彼女の言葉をさえぎるようにして、博士は声を上げた。『お前だけは、何があっても必ず父さんが守るから』・・・けれど彼女は体をこわばらせたまま、切なそうにうつむいてばかりだったんだ。

  

  

 「・・・麻衣」

 

「!俊ちゃん・・・!!」

 

工藤さんの声にハッと息を呑んだ彼女は、デッキを降りると今にも泣き出しそうな顔で力なく寄りかかっていった。

 

「今まで、ごめんな・・・」

 

眠りから覚めた『お姫様』をその腕の中にしっかりと受け止めた『王子様』は、目を潤ませながら微笑んでいた。良かったなあ・・・こうやって、みんなが素直になれて ──── そう。博士のしてきた事は、間違ってなかったんだ。だって、今こうして目の前にはちゃ~んと麻衣さんがいるんだもの。たとえ、もう『人間』ではなかったとしても、彼女の姿かたちと記憶を持って生まれた

 

新しい生命

 

を否定できる人はいない。みんなの涙と、笑顔が・・・何よりの証拠だ。



読者登録

紫峯蓮舞さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について