目次
前日譚 目覚めの刻(とき)を待つ少女
前日譚 目覚めの刻(とき)を待つ少女
独白 プロローグ
独白 プロローグ
第1章 眠れる森の
第1章 眠れる森の(1)
第1章 眠れる森の(2)
第1章 眠れる森の(3)
第1章 眠れる森の(4)
第1章 眠れる森の(5)
第2章 世にも奇妙な
第2章 世にも奇妙な(1)
第2章 世にも奇妙な(2)
第2章 世にも奇妙な(3)
第2章 世にも奇妙な(4)
第2章 世にも奇妙な(5)
第3章 昔むかしの
第3章 昔むかしの(1)
第3章 昔むかしの(2)
第3章 昔むかしの(3)
第3章 昔むかしの(4)
第3章 昔むかしの(5)
第3章 昔むかしの(6)
第4章 不思議の国の
第4章 不思議の国の(1)
第4章 不思議の国の(2)
第4章 不思議の国の(3)
第4章 不思議の国の(4)
第4章 不思議の国の(5)
第4章 不思議の国の(6)
第4章 不思議の国の(7)
第4章 不思議の国の(8)
第4章 不思議の国の(9)
第4章 不思議の国の(10)
第4章 不思議の国の(11)
第5章 嵐の前の
第5章 嵐の前の(1)
第5章 嵐の前の(2)
第5章 嵐の前の(3)
第5章 嵐の前の(4)
第5章 嵐の前の(5)
第5章 嵐の前の(6)
第5章 嵐の前の(7)
第5章 嵐の前の(8)
第5章 嵐の前の(9)
第6章 山のあなたの
第6章 山のあなたの(1)
第6章 山のあなたの(2)
第6章 山のあなたの(3)
第6章 山のあなたの(4)
第6章 山のあなたの(5)
第7章 ツミキクズシ
第7章 ツミキクズシ(1)
第7章 ツミキクズシ(2)
第7章 ツミキクズシ(3)
第7章 ツミキクズシ(4)
第8章 子心親不知
第8章 子心親不知(1)
第8章 子心親不知(2)
第8章 子心親不知(3)
第8章 子心親不知(4)
第8章 子心親不知(5)
第8章 子心親不知(6)
第9章 男はツラいよ
第9章 男はツラいよ(1)
第9章 男はツラいよ(2)
第9章 男はツラいよ(3)
第9章 男はツラいよ(4)
第9章 男はツラいよ(5)
第10章 禁じられた遊び
第10章 禁じられた遊び(1)
第10章 禁じられた遊び(2)
第10章 禁じられた遊び(3)
第10章 禁じられた遊び(4)
第10章 禁じられた遊び(5)
第10章 禁じられた遊び(6)
第11章 君死にたまふことなかれ
第11章 君死にたまふことなかれ(1)
第11章 君死にたまふことなかれ(2)
第11章 君死にたまふことなかれ(3)
第11章 君死にたまふことなかれ(4)
第11章 君死にたまふことなかれ(5)
第11章 君死にたまふことなかれ(6)
第11章 君死にたまふことなかれ(7)
第11章 君死にたまふことなかれ(8)
第12章 いのち短し走れよ乙女
第12章 いのち短し走れよ乙女(1)
第12章 いのち短し走れよ乙女(2)
第12章 いのち短し走れよ乙女(3)
第12章 いのち短し走れよ乙女(4)
第12章 いのち短し走れよ乙女(5)
第12章 いのち短し走れよ乙女(6)
第12章 いのち短し走れよ乙女(7)
第12章 いのち短し走れよ乙女(8)
第12章 いのち短し走れよ乙女(9)
第13章 あゝ無情
第13章 あゝ無情(1)
第13章 あゝ無情(2)
第13章 あゝ無情(3)
第13章 あゝ無情(4)
第13章 あゝ無情(5)
第13章 あゝ無情(6)
第13章 あゝ無情(7)
第13章 あゝ無情(8)
第13章 あゝ無情(9)
第14章 クリスマス・キャロル
第14章 クリスマス・キャロル(1)
第14章 クリスマス・キャロル(2)
第14章 クリスマス・キャロル(3)
第14章 クリスマス・キャロル(4)
第14章 クリスマス・キャロル(5)
第14章 クリスマス・キャロル(6)
第14章 クリスマス・キャロル(7)
第14章 クリスマス・キャロル(8)
第14章 クリスマス・キャロル(9)
第14章 クリスマス・キャロル(10)
第14章 クリスマス・キャロル(11)
第14章 クリスマス・キャロル(12)
第14章 クリスマス・キャロル(13)
第14章 クリスマス・キャロル(14)
第15章 時空(とき)を翔(かけ)る少女
第15章 時空(とき)を翔(かけ)る少女(1)
第15章 時空を翔る少女(2)
第15章 時空を翔る少女(3)
第15章 時空を翔る少女(4)
第15章 時空を翔る少女(5)
第15章 時空を翔る少女(6)
第15章 時空を翔る少女(7)
第15章 時空を翔る少女(8)
第16章 君の名は
第16章 君の名は(1)
第16章 君の名は(2)
第16章 君の名は(3)
第16章 君の名は(4)
第16章 君の名は(5)
第16章 君の名は(6)
第16章 君の名は(7)
第16章 君の名は(8)
第16章 君の名は(9)
第17章 秘密の逢瀬
第17章 秘密の逢瀬(1)
第17章 秘密の逢瀬(2)
第17章 秘密の逢瀬(3)
第17章 秘密の逢瀬(4)
第17章 秘密の逢瀬(5)
第17章 秘密の逢瀬(6)
第17章 秘密の逢瀬(7)
第17章 秘密の逢瀬(8)
第17章 秘密の逢瀬(9)
終章 いつまでも、いつものように
終章 いつまでも、いつものように(1)
終章 いつまでも、いつものように(2)

閉じる


<<最初から読む

47 / 132ページ

第7章 ツミキクズシ(4)

 「組織・・・それが、産業スパイの類なのか何なのかさっぱり見当もつかん。しかし妙なのは、奴らが脅迫電話を掛けてきた時の事なんだが ──── 奴ら・・・組織の連中は、何故か私がノアを公表するつもりのない事を知っていたんだよ」

 

博士が彼女を公にしない事は、組織にとって好都合だった。ノアの技術を丸ごと盗んでしまえば ──── ちょっと変な言い方になるけれど

 

『盗んだ事には、ならない』

 

から。分解するなり何なりして、一部のシステムや技術だけを応用して何か別のものを作ったとしたら・・・それはもう、『オレノモノ』だ。連中が何食わぬ顔で大々的にマスコミに公表してしまえば、博士に打つ手は無くなってしまう。

 

「そんなの、先に博士が発表しちゃえばいいじゃないですか!そしたら、連中だってヘタに動けなくなる。それに、いずれは『支援用ロボット』とかって実用化するつもりなんでしょ!?・・・だったら ──── 」

 

でも博士は、うつむいたまま首を振った。

 

「・・・申し訳ないが、それは出来ない」

 

「何でっ!?」

 

「このNHP-001を、娘の・・・麻衣の姿にしてしまった以上、私にそんな事は出来ない。ただでさえ私は、一度あの子を裏切っているんだ。その上、見せ物のようにするなど・・・私には」

 

博士は彼女の髪を撫でて、指先でそっと頬に触れていた。その寂しげに揺れる眼差しは、まさに娘を思う父親のそれだった。だからこそボクは、博士の『本当の気持ち』が知りたかった。今こそ聞くべきだって、そう思ったんだ。

  

  

 「・・・それなのに、『彼女』を壊すんですか」

 

驚いたような顔でボクを見た博士は、少しして、穏やかな表情を浮かべしっかり深くうなずいて言った。

 

「うむ・・・そうだな。もとはと言えば、ノア・・・いや、この『プロトタイプ』は麻衣の運命を受け止められなかった私の弱さが生み出した、本来ならば存在してはいけないものなんだ。麻衣は、20年前に亡くなった。私が、殺したも同然だがね。・・・何だか、『罪滅ぼし』のつもりで作ったノアにまでその事を責められているような気がしてならないんだ。もうこれ以上、あの子の幻影に悩まされたくないんだよ。・・・すまない」

 

ボクを見てきたその瞳には、何の迷いもないように思えた。だから、何か・・・ボクは悲しさや寂しさより、一番大切な事を忘れていた博士に腹が立って、悔しくてたまらなかったんだ。

 

「・・・そんなの、勝手すぎるよ」

 

「・・・?」

 

キッとにらみつけたボクに、博士は気まずそうな笑みを見せていた。工藤さんが肩に手を掛けてくれようとしたけど、そんなの知らずに突っかかっていた。

 

「会いたいと思ったから、彼女を作ったんだろ!?・・・それなのに何だよ!!」

 
 

──── 麻衣さんの・・・自分の娘の気持ちも知ろうとしないくせに、何が父親だよ!!!

 
 

・・・何かもう、止まんなくなって。博士に言いたい事言うだけ言って、ボクは逃げるみたいに部屋を飛び出したんだ。


第8章 子心親不知(1)

 「麻衣の、気持ち?・・・工藤くん、彼はいったい何を」

 
 

──── 工藤さんが止めようとしてくれたのは分かっていた。でも、とにかく今は独りになりたかった。

 
 

「・・・実は、チップのロックが解除されたようなんです」

 
 

──── こんな、わけの分からない場所で迷うのもイヤだったから、結局ボクは駐車場に戻ってきちゃったんだけれど。

 
 

「何だって!?それはっ・・・それは本当なのかね!!・・・という事は、まさか ──── 」

 
 

──── もともとは、おせっかいが原因なんだ。もしもあの時、彼女の『声』が聞こえなかったら。彼女を見つけなかったら・・・ボクは今頃、こんなトコにはいなかったし、こんな気持ちにもならなかった。

 
 

「はい。・・・ノアの中には、麻衣ちゃんが」

  

  

 「あっ、やっぱりここにいたんだ」

 

「・・・工藤さん」

 

30分くらい経った頃かな、ボクの後ろで聞き覚えのある声がした。振り向くとそこには、工藤さんが立っていたんだ。手を振りながら駆け寄ってくるその顔は、笑っていた。久しぶりに見たけれど、どこかすっきりしている感じで今までで一番いい顔をしてた気がするな。

 

「博士がね、何か『キミに見せたいものがあるから』って」

 

「えっ・・・ボクに?」

 

・・・巻き戻し。ボクは状況がよく飲み込めないまま、工藤さんに肩を押されつつ博士の研究室へと戻る事になってしまった。


第8章 子心親不知(2)

 研究室は、さっきまでとは明らかに音も、雰囲気も変わっていた。その正体は、やっぱり・・・あのシリンダーだった。

 

「・・・おかえり」

 

「うわ」

 

工藤さんはそっちへ促そうとしてくれたんだけれど、行けなかった。ボクはくるっと1回転して、体ごとシリンダーから目をそらしたんだ。だって、なみなみと満たされた綺麗なライトブルーの液体の中には彼女がいた。長い黒髪を幻想的に揺らしながら瞳を閉じてプカプカと浮かんでたんだから。

 
 

──── それも真っ裸、スッポンポンで。

 
 

・・・ん?ちょっと待って。素っ裸?・・・あれ、たしか

 

「・・・博士、彼女」

 

「ああ、今皮膚を定着させているところだよ。・・・どうかしたかね?」

 

「いやその・・・ハダカ」

 

「あっ、すまんすまん!服を着せたままだと、どうしても定着が不完全になってしまうんだ。もうちょっと待ってておくれ。じきに終わるからね」

 

・・・ボクが言いたいのは、そういう事じゃなくって

 

「たしか彼女って、体は何か黒いビニールみたいなヤツが被さってて・・・。その、皮膚はなかったような気がするんですけど」

 

「おお、よく知ってるじゃないか。そうなんだ。実を言うと、完成した当初は培養が間に合わなくてね。それで、とりあえず体だけは強化プラスチックで覆っていたんだよ」

 

博士は、シリンダーの後ろへ回り込んだりして皮膚の定着具合を確かめているみたいだった。『博士が見せたいもの』って、彼女の事なのかな。でも、壊すつもりなら何でわざわざこんな事を?それこそ麻衣さんと面影がダブッてさ、ますます壊しづらくなっちゃうんじゃあ・・・?


第8章 子心親不知(3)

 「ちょっとっ、何で今さらこんな人間みたくしちゃうんですか!・・・どうせ壊すくせに」

 

ボクは博士と工藤さんをじっと見つめた。ちょっとずつちょっとずつ縮こまるみたいにうつむく二人を見てたら、何か立場が逆転したみたいな気持ちがして。・・・これじゃあ、まるでボクが悪者みたいじゃないか。

 

「その事なんだが・・・キミに、謝らなければならん」

 

その時、不意に博士が消え入るような声でそう言った。

 

「・・・いいですよもう。どうせボクには関係ないもん、もう壊すなり何なり好きにしたらいいじゃんっ・・・!!」

 

プイッってしたと思ったら、目の前には工藤さんが立ってて。無視しようと思ったんだけれど、妙にキラキラとした少年のようなその瞳は何かを言いたげだった。『工藤さん・・・?』次の瞬間、ボクに満面の笑みを浮かべてうなずいたんだ。

 

「うそ・・・!」

 

丸めて捨てかけていた希望を慌ててもう一度広げながら、ボクはまるでリスか何かみたいにキョロキョロと二人を見ていた。

 

「工藤くんが、すべて話してくれたよ」

 

そんな博士は、何かつきものが取れたみたいにすがすがしい顔をしていた。ボクはとたんに全身の力が抜けて、床にヘナヘナと座り込んでしまったんだ。

 

「・・・キミのおかげだよ?俺もさ、今日だけは思いっきり言わせてもらったんだ。部下なんかじゃなくて、アイツの・・・麻衣の『幼なじみ』としてね」

 

工藤さんは、茫然として見上げるボクの肩にポンと手を掛けて、目覚めを待つ彼女を嬉しそうに眺めていた。これで彼女は、ようやっと人間になれるのかな?・・・もちろん、嬉しいよ。嬉しくなくはなかったけれど・・・何かちょっとだけ、寂しい気もしたんだ。


第8章 子心親不知(4)

 その時、シリンダの横にあった機械のランプが赤から青に変わってブザーが鳴った。それが鳴り止むか止まないかというところで、中の液体が勢いよく排出され始めた。渦が彼女の体を撫でながら、グングン水位が下がっていく。ゴボゴボという音がして液体が全部抜けた後、博士は椅子に腰を下ろして備えつけのコンピュータを操作しだしたんだ。前面のハッチが手前にずれて大きく開くと、彼女を固定していた装置がゆっくりとせり出す。押し出された体は、まるでお風呂上がりみたいにツヤツヤで、ちょっと湯気も立ち上っていた。と、今度はデッキの真上から伸びていたロボットアームが大きな音を立てて動き始めた。先端の太い2本のグリップが、一方はわきの下の辺りから、もう一方は腰の辺りをガッチリとつかむ。それに反応して、彼女を固定していた装置のロックがはずれると、アームはもとの長さに戻るようにして彼女をデッキまで運び始めた。ボクはただただボーっと、きっちり整然とした『機械の動き』を眺めていた。無事に彼女を運び終えると、アームはグリップを開いて天井に収まり動きを止めた。

 

「後は、水を補給するだけだな」

 

椅子から立ち上がって背伸びをしながら博士が言った。

 

「そうですね」

 

棚から取り出した真っ白なタオルで彼女の体を念入りに拭きながら、工藤さんが答える。

 
 

──── うわぁ、ダメだダメだ。今までは、どっちかって言うと『彼女を機械で運び出す作業』のほうが気になってたところもあって、『彼女がハダカである事』をすっかり忘れてた。でも、彼女が再びデッキに横たわる今となっては・・・

 
 

「・・・服。早く着せてあげてよっ」

 

そっぽを向いていたボクの『心の声』に気づいたのか、工藤さんはケラケラ笑いながら

 

「やっぱ恥かしいか。ごめんごめん、大丈夫だよ。ちゃんと着せるから」

  

  

 ・・・というわけで、次にボクが目にした時には、彼女はもうすっかりおなじみの『白いワンピース』を身に着けていた。もちろん、それだけじゃなくて、今度はちゃんとあのミュールも。そばへ近寄ると、ボクの脳裏に初めて出会った時のあの光景がよみがえったんだ。



読者登録

紫峯蓮舞さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について