目次
前日譚 目覚めの刻(とき)を待つ少女
前日譚 目覚めの刻(とき)を待つ少女
独白 プロローグ
独白 プロローグ
第1章 眠れる森の
第1章 眠れる森の(1)
第1章 眠れる森の(2)
第1章 眠れる森の(3)
第1章 眠れる森の(4)
第1章 眠れる森の(5)
第2章 世にも奇妙な
第2章 世にも奇妙な(1)
第2章 世にも奇妙な(2)
第2章 世にも奇妙な(3)
第2章 世にも奇妙な(4)
第2章 世にも奇妙な(5)
第3章 昔むかしの
第3章 昔むかしの(1)
第3章 昔むかしの(2)
第3章 昔むかしの(3)
第3章 昔むかしの(4)
第3章 昔むかしの(5)
第3章 昔むかしの(6)
第4章 不思議の国の
第4章 不思議の国の(1)
第4章 不思議の国の(2)
第4章 不思議の国の(3)
第4章 不思議の国の(4)
第4章 不思議の国の(5)
第4章 不思議の国の(6)
第4章 不思議の国の(7)
第4章 不思議の国の(8)
第4章 不思議の国の(9)
第4章 不思議の国の(10)
第4章 不思議の国の(11)
第5章 嵐の前の
第5章 嵐の前の(1)
第5章 嵐の前の(2)
第5章 嵐の前の(3)
第5章 嵐の前の(4)
第5章 嵐の前の(5)
第5章 嵐の前の(6)
第5章 嵐の前の(7)
第5章 嵐の前の(8)
第5章 嵐の前の(9)
第6章 山のあなたの
第6章 山のあなたの(1)
第6章 山のあなたの(2)
第6章 山のあなたの(3)
第6章 山のあなたの(4)
第6章 山のあなたの(5)
第7章 ツミキクズシ
第7章 ツミキクズシ(1)
第7章 ツミキクズシ(2)
第7章 ツミキクズシ(3)
第7章 ツミキクズシ(4)
第8章 子心親不知
第8章 子心親不知(1)
第8章 子心親不知(2)
第8章 子心親不知(3)
第8章 子心親不知(4)
第8章 子心親不知(5)
第8章 子心親不知(6)
第9章 男はツラいよ
第9章 男はツラいよ(1)
第9章 男はツラいよ(2)
第9章 男はツラいよ(3)
第9章 男はツラいよ(4)
第9章 男はツラいよ(5)
第10章 禁じられた遊び
第10章 禁じられた遊び(1)
第10章 禁じられた遊び(2)
第10章 禁じられた遊び(3)
第10章 禁じられた遊び(4)
第10章 禁じられた遊び(5)
第10章 禁じられた遊び(6)
第11章 君死にたまふことなかれ
第11章 君死にたまふことなかれ(1)
第11章 君死にたまふことなかれ(2)
第11章 君死にたまふことなかれ(3)
第11章 君死にたまふことなかれ(4)
第11章 君死にたまふことなかれ(5)
第11章 君死にたまふことなかれ(6)
第11章 君死にたまふことなかれ(7)
第11章 君死にたまふことなかれ(8)
第12章 いのち短し走れよ乙女
第12章 いのち短し走れよ乙女(1)
第12章 いのち短し走れよ乙女(2)
第12章 いのち短し走れよ乙女(3)
第12章 いのち短し走れよ乙女(4)
第12章 いのち短し走れよ乙女(5)
第12章 いのち短し走れよ乙女(6)
第12章 いのち短し走れよ乙女(7)
第12章 いのち短し走れよ乙女(8)
第12章 いのち短し走れよ乙女(9)
第13章 あゝ無情
第13章 あゝ無情(1)
第13章 あゝ無情(2)
第13章 あゝ無情(3)
第13章 あゝ無情(4)
第13章 あゝ無情(5)
第13章 あゝ無情(6)
第13章 あゝ無情(7)
第13章 あゝ無情(8)
第13章 あゝ無情(9)
第14章 クリスマス・キャロル
第14章 クリスマス・キャロル(1)
第14章 クリスマス・キャロル(2)
第14章 クリスマス・キャロル(3)
第14章 クリスマス・キャロル(4)
第14章 クリスマス・キャロル(5)
第14章 クリスマス・キャロル(6)
第14章 クリスマス・キャロル(7)
第14章 クリスマス・キャロル(8)
第14章 クリスマス・キャロル(9)
第14章 クリスマス・キャロル(10)
第14章 クリスマス・キャロル(11)
第14章 クリスマス・キャロル(12)
第14章 クリスマス・キャロル(13)
第14章 クリスマス・キャロル(14)
第15章 時空(とき)を翔(かけ)る少女
第15章 時空(とき)を翔(かけ)る少女(1)
第15章 時空を翔る少女(2)
第15章 時空を翔る少女(3)
第15章 時空を翔る少女(4)
第15章 時空を翔る少女(5)
第15章 時空を翔る少女(6)
第15章 時空を翔る少女(7)
第15章 時空を翔る少女(8)
第16章 君の名は
第16章 君の名は(1)
第16章 君の名は(2)
第16章 君の名は(3)
第16章 君の名は(4)
第16章 君の名は(5)
第16章 君の名は(6)
第16章 君の名は(7)
第16章 君の名は(8)
第16章 君の名は(9)
第17章 秘密の逢瀬
第17章 秘密の逢瀬(1)
第17章 秘密の逢瀬(2)
第17章 秘密の逢瀬(3)
第17章 秘密の逢瀬(4)
第17章 秘密の逢瀬(5)
第17章 秘密の逢瀬(6)
第17章 秘密の逢瀬(7)
第17章 秘密の逢瀬(8)
第17章 秘密の逢瀬(9)
終章 いつまでも、いつものように
終章 いつまでも、いつものように(1)
終章 いつまでも、いつものように(2)

閉じる


<<最初から読む

44 / 132ページ

第7章 ツミキクズシ(1)

 眩しいほど明るいその連絡通路のつきあたりに、またドアがあった。通路を挟むようにして左右それぞれの壁にドアが2つずつ、プレートを見ると倉庫や工藤さんの研究室や仮眠室などいろいろな部屋が並んでいる。とその時一番奥の『Neo Organic Automated Humanoid研究開発部 大澤研究室』と記されたプレートのついたドアが開いて白衣を着たオジさんが姿を現した。『この人が、大澤博士・・・?』工藤さんにもホッと安堵の表情が浮かんだところを見ると、どうやらそのようだ。たしかに、髪の毛は白髪混じりでヒゲも生やしていたけれど、面影は20年前のあの写真のままだった。・・・この人が『彼女』の生みの親 ──── 麻衣さんの父親、なのか。

 

「こっちだ」

 

手招きをして、ドアを開け放った博士の言葉に促されるままボクは工藤さんの後について博士の研究室へ入った。そこに広がる光景には見覚えがあった。別荘の地下のあの研究室によく似ていたんだ。手術室にあるような大きなライトに、金属製のベッドみたいなデッキもある。並んでいた大きなコンピュータのサーバも、大きなロボットアームも、あそこをほうふつとさせた。ニオイもどこか懐かしくて・・・だからもう、あんまり驚かなかった。ただ、奥の方にずんと置かれていたシリンダーのような装置はちょっと気になった。

  

  

 高さ3メートルくらいの強化ガラス製の筒は、綺麗な水色の液体で満たされていた。その土台からは大小さまざまな太さのケーブルやパイプが引かれコンピュータに接続されている。

 

「珍しいかね」

 

ぼんやりといろいろ眺めていたボクに、おもむろに博士が声を掛けてきた。

 

「あの、シリンダーは・・・」

 

「おお、あれはね。ノアの外皮を定着させるための培養槽だよ」

 

と、博士はボクにシャーレに入ったサンプルを見せつつピンセットを手に取ると

 

「面白いものを見せよう」

 

そう言ってボクに手招きをした。博士はピンセットを使って皮膚を裂くと、それを電子顕微鏡にセットする。

 

「ホラ、覗いてごらん」

 

肩をグッと引き寄せられ、そのままボクはレンズを覗き込んだ。

 

「これって・・・生きてるんですか?」

 

てっきり何かの処置を施さないと治らないと思っていた皮膚が、その『細胞』を分裂させて自分から引っ付こうとしていたんだ。これには、さすがにちょっと驚いた。

 

「そう。それがノアの外皮を形成している『活性細胞』の自己修復能力だよ」

 

博士によれば、彼女が完成するまでの20年間で『ニューロ・チップのバージョンアップ』に3年、『ボディ本体の製作』に8年、『活性細胞の開発・応用』に9年費やされているそうだ。ほとんど人間と変わらない動作を可能にする本体よりも時間を掛けて作り出された科学技術の結晶がこの

 

自然治癒力

 

だった。人の肌と全く同じ触り心地に驚くのは、今思えばちょっと早かったのかも知れない。


第7章 ツミキクズシ(2)

 「キミにもいろいろ、面倒をかけたね」

 

博士は工藤さんと二人でデッキに彼女を横たわらせると、そんな事を言ったんだ。

 

「え・・・」

 

「まず、いっと最初にノアに水を補給してくれた事。・・・ありがとう、礼を言わせてもらうよ」

 

「ああ、はい」

 

って言いながらも頭の中じゃ

 

何で知ってるんだろ?

 

って。ボクは首をかしげながら、工藤さんに尋ねるような眼差しを送っていた。

 

「後は・・・そうだな、オバちゃんもそうだけど。ああ、電車の!あの男は、全くもってけしからんヤツだ」

 

「ひょっとして・・・見てたんですか?」

 

どういう仕組みで・・・とか、そんな事は全然考えていなかったけれどこの言葉が口をついた。それがドンピシャだったのかどうかは定かじゃないけれど、急に博士・・・何だか歯切れが悪くなったんだ。

 

「・・・やっぱり、ちょっと気になったもんでな。私のパソコンに、ノアのCCD・・・ああ、つまり『眼』だ。そこから映像が送られるようになっていて・・・それでちょっとね」

 

「ずっと・・・見てたんですか?」

 

別にそれがイヤだったとかじゃなかったのに、また博士は慌てて首を振って弁解するように

 

「いやいや、一部始終というわけじゃないぞ?何よりノアがキミを信頼していたんだ。・・・だから私も、キミたちが別荘に着いたのを工藤くんに知らせた時点でモニターを切った」

 

と、その時工藤さんが何かを思い出したかのようにハッとして顔を上げた。


第7章 ツミキクズシ(3)

 「そうだ、博士・・・彼の話によると、ノアはどうやら『新規の命令』に従って行動していたようなんです」

 

「新規の?・・・どんな」

 

「!!えっ、ボク?・・・ええと、その・・・たしか、『博士の捜索』だったかな」

 

いったん工藤さんのほうへ視線を向けたから安心してたら、クルッとボクを見てきてビックリした。心の準備が出来てなくて、ちょっとしどろもどろになっちゃったけれど博士はそんなのそっちのけで、難しい顔して腕組みしながらうなずいている。

 

「やはり、そうか。・・・いや、まさかこんな事になるとは思わなかったからね。どうにかしてノアを逃がす必要があったんだよ。まあ、もとから私の居場所を知らせるつもりはなかったんだが・・・それが、裏目に出るとは」

 

「あの、工藤さんに聞いたんですけど。何か・・・命を狙われてるって」

 

博士はため息をつくと、暗幕の引かれた窓に近づいた。少しそれを開けて光を入れる。

 

「その通りだよ。まったくみっともない話だが・・・だから、こうして隠れているというわけなんだ」

 

「その・・・『組織』って、一体何をしようとしてるんですか?」

 

博士は、息を吸い込んでゆっくりと吐き出した。デッキに横たわる彼女を見つめ、そこへ近づくと周りを歩きながら

 

「・・・奴らは、ノアに使われている『ヒューマノイド・アセンブリ設計図』、それと『ニューロ・チップ』を盗むつもりなんだよ」

 

・・・そんな事を口にしたんだ。


第7章 ツミキクズシ(4)

 「組織・・・それが、産業スパイの類なのか何なのかさっぱり見当もつかん。しかし妙なのは、奴らが脅迫電話を掛けてきた時の事なんだが ──── 奴ら・・・組織の連中は、何故か私がノアを公表するつもりのない事を知っていたんだよ」

 

博士が彼女を公にしない事は、組織にとって好都合だった。ノアの技術を丸ごと盗んでしまえば ──── ちょっと変な言い方になるけれど

 

『盗んだ事には、ならない』

 

から。分解するなり何なりして、一部のシステムや技術だけを応用して何か別のものを作ったとしたら・・・それはもう、『オレノモノ』だ。連中が何食わぬ顔で大々的にマスコミに公表してしまえば、博士に打つ手は無くなってしまう。

 

「そんなの、先に博士が発表しちゃえばいいじゃないですか!そしたら、連中だってヘタに動けなくなる。それに、いずれは『支援用ロボット』とかって実用化するつもりなんでしょ!?・・・だったら ──── 」

 

でも博士は、うつむいたまま首を振った。

 

「・・・申し訳ないが、それは出来ない」

 

「何でっ!?」

 

「このNHP-001を、娘の・・・麻衣の姿にしてしまった以上、私にそんな事は出来ない。ただでさえ私は、一度あの子を裏切っているんだ。その上、見せ物のようにするなど・・・私には」

 

博士は彼女の髪を撫でて、指先でそっと頬に触れていた。その寂しげに揺れる眼差しは、まさに娘を思う父親のそれだった。だからこそボクは、博士の『本当の気持ち』が知りたかった。今こそ聞くべきだって、そう思ったんだ。

  

  

 「・・・それなのに、『彼女』を壊すんですか」

 

驚いたような顔でボクを見た博士は、少しして、穏やかな表情を浮かべしっかり深くうなずいて言った。

 

「うむ・・・そうだな。もとはと言えば、ノア・・・いや、この『プロトタイプ』は麻衣の運命を受け止められなかった私の弱さが生み出した、本来ならば存在してはいけないものなんだ。麻衣は、20年前に亡くなった。私が、殺したも同然だがね。・・・何だか、『罪滅ぼし』のつもりで作ったノアにまでその事を責められているような気がしてならないんだ。もうこれ以上、あの子の幻影に悩まされたくないんだよ。・・・すまない」

 

ボクを見てきたその瞳には、何の迷いもないように思えた。だから、何か・・・ボクは悲しさや寂しさより、一番大切な事を忘れていた博士に腹が立って、悔しくてたまらなかったんだ。

 

「・・・そんなの、勝手すぎるよ」

 

「・・・?」

 

キッとにらみつけたボクに、博士は気まずそうな笑みを見せていた。工藤さんが肩に手を掛けてくれようとしたけど、そんなの知らずに突っかかっていた。

 

「会いたいと思ったから、彼女を作ったんだろ!?・・・それなのに何だよ!!」

 
 

──── 麻衣さんの・・・自分の娘の気持ちも知ろうとしないくせに、何が父親だよ!!!

 
 

・・・何かもう、止まんなくなって。博士に言いたい事言うだけ言って、ボクは逃げるみたいに部屋を飛び出したんだ。


第8章 子心親不知(1)

 「麻衣の、気持ち?・・・工藤くん、彼はいったい何を」

 
 

──── 工藤さんが止めようとしてくれたのは分かっていた。でも、とにかく今は独りになりたかった。

 
 

「・・・実は、チップのロックが解除されたようなんです」

 
 

──── こんな、わけの分からない場所で迷うのもイヤだったから、結局ボクは駐車場に戻ってきちゃったんだけれど。

 
 

「何だって!?それはっ・・・それは本当なのかね!!・・・という事は、まさか ──── 」

 
 

──── もともとは、おせっかいが原因なんだ。もしもあの時、彼女の『声』が聞こえなかったら。彼女を見つけなかったら・・・ボクは今頃、こんなトコにはいなかったし、こんな気持ちにもならなかった。

 
 

「はい。・・・ノアの中には、麻衣ちゃんが」

  

  

 「あっ、やっぱりここにいたんだ」

 

「・・・工藤さん」

 

30分くらい経った頃かな、ボクの後ろで聞き覚えのある声がした。振り向くとそこには、工藤さんが立っていたんだ。手を振りながら駆け寄ってくるその顔は、笑っていた。久しぶりに見たけれど、どこかすっきりしている感じで今までで一番いい顔をしてた気がするな。

 

「博士がね、何か『キミに見せたいものがあるから』って」

 

「えっ・・・ボクに?」

 

・・・巻き戻し。ボクは状況がよく飲み込めないまま、工藤さんに肩を押されつつ博士の研究室へと戻る事になってしまった。



読者登録

紫峯蓮舞さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について