目次
前日譚 目覚めの刻(とき)を待つ少女
前日譚 目覚めの刻(とき)を待つ少女
独白 プロローグ
独白 プロローグ
第1章 眠れる森の
第1章 眠れる森の(1)
第1章 眠れる森の(2)
第1章 眠れる森の(3)
第1章 眠れる森の(4)
第1章 眠れる森の(5)
第2章 世にも奇妙な
第2章 世にも奇妙な(1)
第2章 世にも奇妙な(2)
第2章 世にも奇妙な(3)
第2章 世にも奇妙な(4)
第2章 世にも奇妙な(5)
第3章 昔むかしの
第3章 昔むかしの(1)
第3章 昔むかしの(2)
第3章 昔むかしの(3)
第3章 昔むかしの(4)
第3章 昔むかしの(5)
第3章 昔むかしの(6)
第4章 不思議の国の
第4章 不思議の国の(1)
第4章 不思議の国の(2)
第4章 不思議の国の(3)
第4章 不思議の国の(4)
第4章 不思議の国の(5)
第4章 不思議の国の(6)
第4章 不思議の国の(7)
第4章 不思議の国の(8)
第4章 不思議の国の(9)
第4章 不思議の国の(10)
第4章 不思議の国の(11)
第5章 嵐の前の
第5章 嵐の前の(1)
第5章 嵐の前の(2)
第5章 嵐の前の(3)
第5章 嵐の前の(4)
第5章 嵐の前の(5)
第5章 嵐の前の(6)
第5章 嵐の前の(7)
第5章 嵐の前の(8)
第5章 嵐の前の(9)
第6章 山のあなたの
第6章 山のあなたの(1)
第6章 山のあなたの(2)
第6章 山のあなたの(3)
第6章 山のあなたの(4)
第6章 山のあなたの(5)
第7章 ツミキクズシ
第7章 ツミキクズシ(1)
第7章 ツミキクズシ(2)
第7章 ツミキクズシ(3)
第7章 ツミキクズシ(4)
第8章 子心親不知
第8章 子心親不知(1)
第8章 子心親不知(2)
第8章 子心親不知(3)
第8章 子心親不知(4)
第8章 子心親不知(5)
第8章 子心親不知(6)
第9章 男はツラいよ
第9章 男はツラいよ(1)
第9章 男はツラいよ(2)
第9章 男はツラいよ(3)
第9章 男はツラいよ(4)
第9章 男はツラいよ(5)
第10章 禁じられた遊び
第10章 禁じられた遊び(1)
第10章 禁じられた遊び(2)
第10章 禁じられた遊び(3)
第10章 禁じられた遊び(4)
第10章 禁じられた遊び(5)
第10章 禁じられた遊び(6)
第11章 君死にたまふことなかれ
第11章 君死にたまふことなかれ(1)
第11章 君死にたまふことなかれ(2)
第11章 君死にたまふことなかれ(3)
第11章 君死にたまふことなかれ(4)
第11章 君死にたまふことなかれ(5)
第11章 君死にたまふことなかれ(6)
第11章 君死にたまふことなかれ(7)
第11章 君死にたまふことなかれ(8)
第12章 いのち短し走れよ乙女
第12章 いのち短し走れよ乙女(1)
第12章 いのち短し走れよ乙女(2)
第12章 いのち短し走れよ乙女(3)
第12章 いのち短し走れよ乙女(4)
第12章 いのち短し走れよ乙女(5)
第12章 いのち短し走れよ乙女(6)
第12章 いのち短し走れよ乙女(7)
第12章 いのち短し走れよ乙女(8)
第12章 いのち短し走れよ乙女(9)
第13章 あゝ無情
第13章 あゝ無情(1)
第13章 あゝ無情(2)
第13章 あゝ無情(3)
第13章 あゝ無情(4)
第13章 あゝ無情(5)
第13章 あゝ無情(6)
第13章 あゝ無情(7)
第13章 あゝ無情(8)
第13章 あゝ無情(9)
第14章 クリスマス・キャロル
第14章 クリスマス・キャロル(1)
第14章 クリスマス・キャロル(2)
第14章 クリスマス・キャロル(3)
第14章 クリスマス・キャロル(4)
第14章 クリスマス・キャロル(5)
第14章 クリスマス・キャロル(6)
第14章 クリスマス・キャロル(7)
第14章 クリスマス・キャロル(8)
第14章 クリスマス・キャロル(9)
第14章 クリスマス・キャロル(10)
第14章 クリスマス・キャロル(11)
第14章 クリスマス・キャロル(12)
第14章 クリスマス・キャロル(13)
第14章 クリスマス・キャロル(14)
第15章 時空(とき)を翔(かけ)る少女
第15章 時空(とき)を翔(かけ)る少女(1)
第15章 時空を翔る少女(2)
第15章 時空を翔る少女(3)
第15章 時空を翔る少女(4)
第15章 時空を翔る少女(5)
第15章 時空を翔る少女(6)
第15章 時空を翔る少女(7)
第15章 時空を翔る少女(8)
第16章 君の名は
第16章 君の名は(1)
第16章 君の名は(2)
第16章 君の名は(3)
第16章 君の名は(4)
第16章 君の名は(5)
第16章 君の名は(6)
第16章 君の名は(7)
第16章 君の名は(8)
第16章 君の名は(9)
第17章 秘密の逢瀬
第17章 秘密の逢瀬(1)
第17章 秘密の逢瀬(2)
第17章 秘密の逢瀬(3)
第17章 秘密の逢瀬(4)
第17章 秘密の逢瀬(5)
第17章 秘密の逢瀬(6)
第17章 秘密の逢瀬(7)
第17章 秘密の逢瀬(8)
第17章 秘密の逢瀬(9)
終章 いつまでも、いつものように
終章 いつまでも、いつものように(1)
終章 いつまでも、いつものように(2)

閉じる


<<最初から読む

40 / 132ページ

第6章 山のあなたの(2)

 「そんな、素直に正面から行けるはずないっての」

 

「えっ、そうなの?」

 

何やら『裏道』を探しながらうなずく工藤さん。聞くところによれば、ここに大澤博士がいるとはいえプロジェクトについては機密レベルが高いらしくて、事情を詳しく知っている人は博士の研究室のある最上階のフロアの、それもごくわずかなんだそうだ。だから、動けない彼女を安全に運ぶためには、まず地下の職員専用の駐車場に車を停めてから、さらにそこの奥にある資材搬入用のエレベータで上がらなきゃいけないんだって。

 

「じゃ、もしスイッチを切ってなかったら普通に行けた?」

 

「・・・無理だろうな。俺一人ならまだしも、キミとノアは難しいと思うよ。部外者は展示フロア以外には行けないからね」

 

工藤さんは、駐車場の端、ひと気のない暗く奥まった場所へ車を停めた。ボクにここで待っているように言うとどこかへ走ってっちゃったんだ。『何しに行ったんだろ・・・?』とりあえず車を降りて、眠っている彼女を見守っていると、しばらくしてボクの耳にゴロゴロとうるさい音が飛び込んできた。振り向くとそこには、台車に大きな木箱を載せて押してくる工藤さんの姿があった。

 

「お待たせ~」

 

「それを取りに行ってたんですか?」

 

「ああ。やっぱりその・・・何ていうか、そのままおんぶして行くのもアレだから。いろいろ探したんだけど、ちょうどいいのがこれしかなくって」

 

それは、人がひとり座って入ることの出来るくらいの大きさだった。その箱を開けると、中にはマシュマロかマユみたいな白い緩衝材がたくさん入ったままになっていた。

 

「・・・まあ、頑丈には出来てるんだけど。一応くくりは『精密機械』って事になってるし ──── 」

 

その一つをつまみ上げて、工藤さんは苦笑いした。


第6章 山のあなたの(3)

 ボクは工藤さんと二人で彼女を抱え上げて、そっと箱の中に下ろした。

 

「そこのハンカチって、キミが巻いてくれたんだろ?」

 

腰に手を当てて少し背伸びをしながらふと工藤さんがそう言った。

 

「うん。皮膚が、破れてたから。バレちゃうと・・・マズいでしょ?」

 

「そうかそうか」

 

二人とも彼女の顔を眺めて、ささやくように話していた。別れのときが少しずつ迫っていたのに、穏やかに瞳を閉じている彼女の顔を見ていたら、ちょっとだけ・・・ほんのちょっとだけ寂しさが紛れる気がしたんだ。

  

  

 「さあ、行こうか」

 

工藤さんの言葉で空気がピリッと引き締まり、ボクはまた現実に引き戻された。彼女の姿が他の人に見えないように慌ててフタをして、工藤さんを待った。車から持ち出したカバンを肩に掛けてゆっくりと台車を押し始める工藤さんの後ろについて歩く。ふと前を見るとエレベータがあった。だからボクは先に走っていってボタンを押しておいた。ドアが開いたから、中に乗り込んだボクはそれが閉まって動き出さないように『開』のボタンを押したまま、工藤さんが来るのを待っていたんだ。

 

「ありがとう」

 

台車を押し込むようにしてエレベータに乗った工藤さんは30階へのボタンを押した。静かなエレベータの中でボクたちはお互いに目を合わせる事はなかった。ボクは、たどり着く前にもう一度だけ工藤さんに聞いておきたい事があった。けれどなかなか口に出せなくて、ただ増えていく赤い数字を見つめていたら、それはまるでカウントダウンのようにボクを焦らせた。

 

「・・・工藤さん」

 

「ん?」

 

「本当に彼女・・・壊しちゃうの?」

 

唇が少しだけ震えていた。前を向いたら工藤さんの顔が見えそうで怖かった。だからボクは、ずっとうつむいていたんだ。

 

「分からないよ。・・・それは、博士が決める事だから」

 

でも優しい口調でそう答えてくれた。それでボクはまた見失いかけた『希望の光』を見つけた。固く閉ざされた工藤さんの心の扉をこじ開けて、もう一度彼女を目覚めさせたいって思った。けれど、あふれそうな気持ちは・・・

 

「ボクは、絶対にイヤだ・・・!!!」

 

この言葉になるのが、やっとだった。


第6章 山のあなたの(4)

 「 ──── そりゃ、ホントは俺だってイヤだよ」

 

「えっ!?・・・なら何でヤだって ──── 」

 

乾いた笑いを漏らして、工藤さんは天井を見上げた。自分ひとりで熱くなっていたボクを諭すようにこう言ったんだ。

 

「ノアは、博士の『子供』だから。やっぱりホラ、尊重しなくちゃならないのは・・・その『親』の気持ちなんじゃないかな」

 

親の気持ち ──── か・・・。それを聞いちゃったら、ボクはもう何も言えなくなってしまった。その時、静かにエレベータが止まった。

  

  

 ボクたちは古ぼけた蛍光灯が点滅している薄暗い通路へ出ると、そこを抜けて一転明るい廊下へ。工藤さんは通りすがる職員に会釈していた。そんな中で、会う人会う人みんながやっぱりボクの事を気にしている・・・そんな気がして仕方がなかった。

 

「・・・大丈夫かな」

 

「大丈夫大丈夫。・・・自然に自然に」

 

そうして廊下を歩いていくと、工藤さんは何も書かれていないドアの前に立ち止まった。よく見ると、そのドアだけカードロック式になっていない。ポケットからカギを取り出してドアに差し込む工藤さん。キィ・・・と開いたその向こうに続いていたのは、さっきよりもさらに真っ暗な通路だった。


第6章 山のあなたの(5)

 「こんなトコにあるの?」

 

「表向きは、『閉鎖』って事になってるんだ。組織の連中に気づかれちゃマズいだろ?」

 

・・・たしかに、ただでさえ公にしていないプロジェクトだから、堂々と部屋を構えるのもヘンだ。『ガードマンを雇えば ──── 』言おうと思って、やめた。そんな事したら、

 

何か重要なモノがある

 

って、逆にバレバレだしね。工藤さんは、すぐ近くの壁に備え付けの懐中電灯を手に取ってドアを閉めた。前を向いたまま手探りでロックした後、懐中電灯のスイッチを入れる。

 

「工藤さん・・・顔コワい」

 

「ごめんごめん・・・」

 

工藤さん、ライト顔のほうに向けててさ。笑ったら、余計に怖かった。ともあれボクたちは、そのわずかな光を頼りに歩いた。さすがに慣れているのか、工藤さんは台車を押しながらもスッスッと早足で進んでいく。何回か角を曲がって、先に見えた通路のつきあたりには小さなライトでボンヤリと浮かび上がっている大きな鋼鉄製の扉が見えた。

 

「さあ、着いたよ」

 

扉の横にはインターホンがあった。すぐ上にはやっぱり・・・監視カメラだ。

  

  

 「工藤です。ただいま戻りました」

 

「おお、君か。ご苦労だったね。・・・なるほど、そちらの男の子が例の ──── 」

 

おおっ、これが待ちに待った大澤博士の・・・

 

 

あの写真で見た印象どおりの、優しい感じだった。でもやっぱり、ちょっと寂しそうな暗い感じにも聞こえたんだ。

 

「ええ、ノアの『協力者』です」

 

協力者だなんて・・・ボクは、何だか照れくさかった。

 

「そうか。まあ、とりあえず中へ入りなさい」

 

重い音がして、扉が少し手前に開いた。工藤さんは太くてしっかりした半円状の取っ手を持つとそれを引っ張るようにして扉を開けた。漏れていた細く白い、明るい光が一気にかぶさってきた。あまりの眩しさに目を細めて顔に手をかざしたまま、ボクは工藤さんについて研究室の中へ入っていった。


第7章 ツミキクズシ(1)

 眩しいほど明るいその連絡通路のつきあたりに、またドアがあった。通路を挟むようにして左右それぞれの壁にドアが2つずつ、プレートを見ると倉庫や工藤さんの研究室や仮眠室などいろいろな部屋が並んでいる。とその時一番奥の『Neo Organic Automated Humanoid研究開発部 大澤研究室』と記されたプレートのついたドアが開いて白衣を着たオジさんが姿を現した。『この人が、大澤博士・・・?』工藤さんにもホッと安堵の表情が浮かんだところを見ると、どうやらそのようだ。たしかに、髪の毛は白髪混じりでヒゲも生やしていたけれど、面影は20年前のあの写真のままだった。・・・この人が『彼女』の生みの親 ──── 麻衣さんの父親、なのか。

 

「こっちだ」

 

手招きをして、ドアを開け放った博士の言葉に促されるままボクは工藤さんの後について博士の研究室へ入った。そこに広がる光景には見覚えがあった。別荘の地下のあの研究室によく似ていたんだ。手術室にあるような大きなライトに、金属製のベッドみたいなデッキもある。並んでいた大きなコンピュータのサーバも、大きなロボットアームも、あそこをほうふつとさせた。ニオイもどこか懐かしくて・・・だからもう、あんまり驚かなかった。ただ、奥の方にずんと置かれていたシリンダーのような装置はちょっと気になった。

  

  

 高さ3メートルくらいの強化ガラス製の筒は、綺麗な水色の液体で満たされていた。その土台からは大小さまざまな太さのケーブルやパイプが引かれコンピュータに接続されている。

 

「珍しいかね」

 

ぼんやりといろいろ眺めていたボクに、おもむろに博士が声を掛けてきた。

 

「あの、シリンダーは・・・」

 

「おお、あれはね。ノアの外皮を定着させるための培養槽だよ」

 

と、博士はボクにシャーレに入ったサンプルを見せつつピンセットを手に取ると

 

「面白いものを見せよう」

 

そう言ってボクに手招きをした。博士はピンセットを使って皮膚を裂くと、それを電子顕微鏡にセットする。

 

「ホラ、覗いてごらん」

 

肩をグッと引き寄せられ、そのままボクはレンズを覗き込んだ。

 

「これって・・・生きてるんですか?」

 

てっきり何かの処置を施さないと治らないと思っていた皮膚が、その『細胞』を分裂させて自分から引っ付こうとしていたんだ。これには、さすがにちょっと驚いた。

 

「そう。それがノアの外皮を形成している『活性細胞』の自己修復能力だよ」

 

博士によれば、彼女が完成するまでの20年間で『ニューロ・チップのバージョンアップ』に3年、『ボディ本体の製作』に8年、『活性細胞の開発・応用』に9年費やされているそうだ。ほとんど人間と変わらない動作を可能にする本体よりも時間を掛けて作り出された科学技術の結晶がこの

 

自然治癒力

 

だった。人の肌と全く同じ触り心地に驚くのは、今思えばちょっと早かったのかも知れない。



読者登録

紫峯蓮舞さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について