目次
前日譚 目覚めの刻(とき)を待つ少女
前日譚 目覚めの刻(とき)を待つ少女
独白 プロローグ
独白 プロローグ
第1章 眠れる森の
第1章 眠れる森の(1)
第1章 眠れる森の(2)
第1章 眠れる森の(3)
第1章 眠れる森の(4)
第1章 眠れる森の(5)
第2章 世にも奇妙な
第2章 世にも奇妙な(1)
第2章 世にも奇妙な(2)
第2章 世にも奇妙な(3)
第2章 世にも奇妙な(4)
第2章 世にも奇妙な(5)
第3章 昔むかしの
第3章 昔むかしの(1)
第3章 昔むかしの(2)
第3章 昔むかしの(3)
第3章 昔むかしの(4)
第3章 昔むかしの(5)
第3章 昔むかしの(6)
第4章 不思議の国の
第4章 不思議の国の(1)
第4章 不思議の国の(2)
第4章 不思議の国の(3)
第4章 不思議の国の(4)
第4章 不思議の国の(5)
第4章 不思議の国の(6)
第4章 不思議の国の(7)
第4章 不思議の国の(8)
第4章 不思議の国の(9)
第4章 不思議の国の(10)
第4章 不思議の国の(11)
第5章 嵐の前の
第5章 嵐の前の(1)
第5章 嵐の前の(2)
第5章 嵐の前の(3)
第5章 嵐の前の(4)
第5章 嵐の前の(5)
第5章 嵐の前の(6)
第5章 嵐の前の(7)
第5章 嵐の前の(8)
第5章 嵐の前の(9)
第6章 山のあなたの
第6章 山のあなたの(1)
第6章 山のあなたの(2)
第6章 山のあなたの(3)
第6章 山のあなたの(4)
第6章 山のあなたの(5)
第7章 ツミキクズシ
第7章 ツミキクズシ(1)
第7章 ツミキクズシ(2)
第7章 ツミキクズシ(3)
第7章 ツミキクズシ(4)
第8章 子心親不知
第8章 子心親不知(1)
第8章 子心親不知(2)
第8章 子心親不知(3)
第8章 子心親不知(4)
第8章 子心親不知(5)
第8章 子心親不知(6)
第9章 男はツラいよ
第9章 男はツラいよ(1)
第9章 男はツラいよ(2)
第9章 男はツラいよ(3)
第9章 男はツラいよ(4)
第9章 男はツラいよ(5)
第10章 禁じられた遊び
第10章 禁じられた遊び(1)
第10章 禁じられた遊び(2)
第10章 禁じられた遊び(3)
第10章 禁じられた遊び(4)
第10章 禁じられた遊び(5)
第10章 禁じられた遊び(6)
第11章 君死にたまふことなかれ
第11章 君死にたまふことなかれ(1)
第11章 君死にたまふことなかれ(2)
第11章 君死にたまふことなかれ(3)
第11章 君死にたまふことなかれ(4)
第11章 君死にたまふことなかれ(5)
第11章 君死にたまふことなかれ(6)
第11章 君死にたまふことなかれ(7)
第11章 君死にたまふことなかれ(8)
第12章 いのち短し走れよ乙女
第12章 いのち短し走れよ乙女(1)
第12章 いのち短し走れよ乙女(2)
第12章 いのち短し走れよ乙女(3)
第12章 いのち短し走れよ乙女(4)
第12章 いのち短し走れよ乙女(5)
第12章 いのち短し走れよ乙女(6)
第12章 いのち短し走れよ乙女(7)
第12章 いのち短し走れよ乙女(8)
第12章 いのち短し走れよ乙女(9)
第13章 あゝ無情
第13章 あゝ無情(1)
第13章 あゝ無情(2)
第13章 あゝ無情(3)
第13章 あゝ無情(4)
第13章 あゝ無情(5)
第13章 あゝ無情(6)
第13章 あゝ無情(7)
第13章 あゝ無情(8)
第13章 あゝ無情(9)
第14章 クリスマス・キャロル
第14章 クリスマス・キャロル(1)
第14章 クリスマス・キャロル(2)
第14章 クリスマス・キャロル(3)
第14章 クリスマス・キャロル(4)
第14章 クリスマス・キャロル(5)
第14章 クリスマス・キャロル(6)
第14章 クリスマス・キャロル(7)
第14章 クリスマス・キャロル(8)
第14章 クリスマス・キャロル(9)
第14章 クリスマス・キャロル(10)
第14章 クリスマス・キャロル(11)
第14章 クリスマス・キャロル(12)
第14章 クリスマス・キャロル(13)
第14章 クリスマス・キャロル(14)
第15章 時空(とき)を翔(かけ)る少女
第15章 時空(とき)を翔(かけ)る少女(1)
第15章 時空を翔る少女(2)
第15章 時空を翔る少女(3)
第15章 時空を翔る少女(4)
第15章 時空を翔る少女(5)
第15章 時空を翔る少女(6)
第15章 時空を翔る少女(7)
第15章 時空を翔る少女(8)
第16章 君の名は
第16章 君の名は(1)
第16章 君の名は(2)
第16章 君の名は(3)
第16章 君の名は(4)
第16章 君の名は(5)
第16章 君の名は(6)
第16章 君の名は(7)
第16章 君の名は(8)
第16章 君の名は(9)
第17章 秘密の逢瀬
第17章 秘密の逢瀬(1)
第17章 秘密の逢瀬(2)
第17章 秘密の逢瀬(3)
第17章 秘密の逢瀬(4)
第17章 秘密の逢瀬(5)
第17章 秘密の逢瀬(6)
第17章 秘密の逢瀬(7)
第17章 秘密の逢瀬(8)
第17章 秘密の逢瀬(9)
終章 いつまでも、いつものように
終章 いつまでも、いつものように(1)
終章 いつまでも、いつものように(2)

閉じる


<<最初から読む

38 / 132ページ

第5章 嵐の前の(9)

 「博士は、もうノアを・・・壊すつもり、なんだよ。そうすれば連中に利用される事もなくなるからね。だからせめて、麻衣の・・・自分の娘の記憶が呼び出される前にスクラップにしてしまいたいって」

 

博士は、アンドロイドとはいえ『娘』を組織に奪われたくなかった。だからこそ彼女を

 

ただのロボット

 

として壊したかったんだ。そうでなければ、二度も自分の娘を死に追いやる事になってしまうから。

 

「でも・・・麻衣さんは、目覚めてしまった」

 

彼女が立っていたのは、20年前あの忌まわしい事故の起きた交差点だった。工藤さんは、目の前に広がる光景に愕然とした。それは、まるでデジャヴュのように生々しかった。このままじゃ、あの日のようにまた事故が起きてしまう。それも今度は・・・自分の見ている前で ──── そんな事に耐えられるはずのなかった工藤さんは、とうとう彼女の名前を叫んで・・・

 

「だから、スイッチを切ったんだ。もうこれ以上、麻衣を苦しめられない。・・・俺だって、もう・・・もうたくさんなんだよ!!!」

 
 

──── どんな事したって、死んだ人間は戻ってこないんだから。

 
 

「・・・それは、本心なの?」

 

ねえ、工藤さん ──── でも、もう何も答えてはくれなかった。長い沈黙は、ボクにこれまでの彼女との出来事を思い出させた。あの森で初めて彼女と出会ってから、いろいろな事があった。大変だったけれど、楽しかった。疲れたけれど・・・嬉しかった。そう、今思えばボクは彼女と一緒にいられるだけで良かったのかもしれない。ボクにとって、彼女は・・・『彼女』だった。不器用だったけれど、きっと彼女は彼女なりの優しさでボクに接してくれた ──── そんな、気がするんだ。

 

「どうかしたのかい?」

 

「!!・・・ううん、別に」

 

ボクは、零れた涙を慌てて拭き取った。


第6章 山のあなたの(1)

 舗装された道路の両脇に背の高い青々とした木々が生い茂り、そこを走っているとまるで森の中を滑っていくような感覚をおぼえた。長いトンネルを抜けると、広大な敷地一面に発電用の大きな白い風車が立てられているのが見えた。風を受けてゆっくりと回る『風車の森』をしばらく行くと

 

国立生体工学応用技術総合研究所National Bionics & Applying Technologies Comprehensive Laboratory

 

そう深くクッキリと刻まれた鋼鉄製の大きな看板が、鈍い光を放ちながらどっしりと構えていた。正面ゲートには警備員が二人立っていて、すぐ横には詰め所があった。やっぱりその厳重さは半端じゃなく、いたる所に監視カメラが設置されて睨みを利かせていた。工藤さんがスピードを落としてゲートに近づくと、警備員が車のほうへ近寄ってきたんだ。

 

「どうもご苦労さまです。IDカードの提示をお願いします」

 

工藤さんはカバンから財布を取り出して、その中に忍ばせていたカードを渡す。警備員はそれを読み取り装置にかざし・・・

 

「はい結構です。・・・あの、失礼ですがそちらの方は ──── 」

 

カードを返そうとした警備員はボクのほうをじっと見つめていた。絶対聞かれると思ってたけれど、やっぱりちょっとドキッとしたな。

 

「甥っ子ですよ。もう夏休みも終わりだから、ちょっと見学させてやろうと思って」

 

ボクは軽く頭を下げた。納得してるのかしてないのか、ちょっと不服そうに見えなくもない顔でコクコクッとうなずいた警備員はさらに続けて、今度は彼女の事をペンで差しながら聞いてきた。

 

「それじゃあ・・・後ろの方も?」

 

「そうそう、ちょっと疲れて寝ちゃったみたいだけど」

 

作り笑顔も微妙にひきつり始めた工藤さんは、窓から身を乗り出すと警備員の手にあったカードを自分で取り返したんだ。

 

「少々お待ちいただけますか」

 

と、その警備員は何を思ったのかゲートに立っていたもう一人と険しい表情でこちらに視線を向けつつ、二言三言相談するように言葉を交わした後、詰め所に入り何やら連絡を取っていた。

 

「・・・こんな子どもが何かするって、本気で思ってるのかな?」

 

工藤さんはあきれたように笑いながら、ため息混じりにそう言った。・・・たしかに、それもそうだ。こっちにしてみれば『いい迷惑』だったけれど、ただ真面目で仕事熱心なだけなのかもしれない。数分後、ようやく警備員がこちらに戻ってきた。

 

「お通り下さって結構です。受付でビジターパスをお受け取りになって ──── 」

 

「はいはい」

 

工藤さんは話もそこそこに空返事をすると、車をゆっくりゲートの中へ進めた。


第6章 山のあなたの(2)

 「そんな、素直に正面から行けるはずないっての」

 

「えっ、そうなの?」

 

何やら『裏道』を探しながらうなずく工藤さん。聞くところによれば、ここに大澤博士がいるとはいえプロジェクトについては機密レベルが高いらしくて、事情を詳しく知っている人は博士の研究室のある最上階のフロアの、それもごくわずかなんだそうだ。だから、動けない彼女を安全に運ぶためには、まず地下の職員専用の駐車場に車を停めてから、さらにそこの奥にある資材搬入用のエレベータで上がらなきゃいけないんだって。

 

「じゃ、もしスイッチを切ってなかったら普通に行けた?」

 

「・・・無理だろうな。俺一人ならまだしも、キミとノアは難しいと思うよ。部外者は展示フロア以外には行けないからね」

 

工藤さんは、駐車場の端、ひと気のない暗く奥まった場所へ車を停めた。ボクにここで待っているように言うとどこかへ走ってっちゃったんだ。『何しに行ったんだろ・・・?』とりあえず車を降りて、眠っている彼女を見守っていると、しばらくしてボクの耳にゴロゴロとうるさい音が飛び込んできた。振り向くとそこには、台車に大きな木箱を載せて押してくる工藤さんの姿があった。

 

「お待たせ~」

 

「それを取りに行ってたんですか?」

 

「ああ。やっぱりその・・・何ていうか、そのままおんぶして行くのもアレだから。いろいろ探したんだけど、ちょうどいいのがこれしかなくって」

 

それは、人がひとり座って入ることの出来るくらいの大きさだった。その箱を開けると、中にはマシュマロかマユみたいな白い緩衝材がたくさん入ったままになっていた。

 

「・・・まあ、頑丈には出来てるんだけど。一応くくりは『精密機械』って事になってるし ──── 」

 

その一つをつまみ上げて、工藤さんは苦笑いした。


第6章 山のあなたの(3)

 ボクは工藤さんと二人で彼女を抱え上げて、そっと箱の中に下ろした。

 

「そこのハンカチって、キミが巻いてくれたんだろ?」

 

腰に手を当てて少し背伸びをしながらふと工藤さんがそう言った。

 

「うん。皮膚が、破れてたから。バレちゃうと・・・マズいでしょ?」

 

「そうかそうか」

 

二人とも彼女の顔を眺めて、ささやくように話していた。別れのときが少しずつ迫っていたのに、穏やかに瞳を閉じている彼女の顔を見ていたら、ちょっとだけ・・・ほんのちょっとだけ寂しさが紛れる気がしたんだ。

  

  

 「さあ、行こうか」

 

工藤さんの言葉で空気がピリッと引き締まり、ボクはまた現実に引き戻された。彼女の姿が他の人に見えないように慌ててフタをして、工藤さんを待った。車から持ち出したカバンを肩に掛けてゆっくりと台車を押し始める工藤さんの後ろについて歩く。ふと前を見るとエレベータがあった。だからボクは先に走っていってボタンを押しておいた。ドアが開いたから、中に乗り込んだボクはそれが閉まって動き出さないように『開』のボタンを押したまま、工藤さんが来るのを待っていたんだ。

 

「ありがとう」

 

台車を押し込むようにしてエレベータに乗った工藤さんは30階へのボタンを押した。静かなエレベータの中でボクたちはお互いに目を合わせる事はなかった。ボクは、たどり着く前にもう一度だけ工藤さんに聞いておきたい事があった。けれどなかなか口に出せなくて、ただ増えていく赤い数字を見つめていたら、それはまるでカウントダウンのようにボクを焦らせた。

 

「・・・工藤さん」

 

「ん?」

 

「本当に彼女・・・壊しちゃうの?」

 

唇が少しだけ震えていた。前を向いたら工藤さんの顔が見えそうで怖かった。だからボクは、ずっとうつむいていたんだ。

 

「分からないよ。・・・それは、博士が決める事だから」

 

でも優しい口調でそう答えてくれた。それでボクはまた見失いかけた『希望の光』を見つけた。固く閉ざされた工藤さんの心の扉をこじ開けて、もう一度彼女を目覚めさせたいって思った。けれど、あふれそうな気持ちは・・・

 

「ボクは、絶対にイヤだ・・・!!!」

 

この言葉になるのが、やっとだった。


第6章 山のあなたの(4)

 「 ──── そりゃ、ホントは俺だってイヤだよ」

 

「えっ!?・・・なら何でヤだって ──── 」

 

乾いた笑いを漏らして、工藤さんは天井を見上げた。自分ひとりで熱くなっていたボクを諭すようにこう言ったんだ。

 

「ノアは、博士の『子供』だから。やっぱりホラ、尊重しなくちゃならないのは・・・その『親』の気持ちなんじゃないかな」

 

親の気持ち ──── か・・・。それを聞いちゃったら、ボクはもう何も言えなくなってしまった。その時、静かにエレベータが止まった。

  

  

 ボクたちは古ぼけた蛍光灯が点滅している薄暗い通路へ出ると、そこを抜けて一転明るい廊下へ。工藤さんは通りすがる職員に会釈していた。そんな中で、会う人会う人みんながやっぱりボクの事を気にしている・・・そんな気がして仕方がなかった。

 

「・・・大丈夫かな」

 

「大丈夫大丈夫。・・・自然に自然に」

 

そうして廊下を歩いていくと、工藤さんは何も書かれていないドアの前に立ち止まった。よく見ると、そのドアだけカードロック式になっていない。ポケットからカギを取り出してドアに差し込む工藤さん。キィ・・・と開いたその向こうに続いていたのは、さっきよりもさらに真っ暗な通路だった。



読者登録

紫峯蓮舞さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について