目次
前日譚 目覚めの刻(とき)を待つ少女
前日譚 目覚めの刻(とき)を待つ少女
独白 プロローグ
独白 プロローグ
第1章 眠れる森の
第1章 眠れる森の(1)
第1章 眠れる森の(2)
第1章 眠れる森の(3)
第1章 眠れる森の(4)
第1章 眠れる森の(5)
第2章 世にも奇妙な
第2章 世にも奇妙な(1)
第2章 世にも奇妙な(2)
第2章 世にも奇妙な(3)
第2章 世にも奇妙な(4)
第2章 世にも奇妙な(5)
第3章 昔むかしの
第3章 昔むかしの(1)
第3章 昔むかしの(2)
第3章 昔むかしの(3)
第3章 昔むかしの(4)
第3章 昔むかしの(5)
第3章 昔むかしの(6)
第4章 不思議の国の
第4章 不思議の国の(1)
第4章 不思議の国の(2)
第4章 不思議の国の(3)
第4章 不思議の国の(4)
第4章 不思議の国の(5)
第4章 不思議の国の(6)
第4章 不思議の国の(7)
第4章 不思議の国の(8)
第4章 不思議の国の(9)
第4章 不思議の国の(10)
第4章 不思議の国の(11)
第5章 嵐の前の
第5章 嵐の前の(1)
第5章 嵐の前の(2)
第5章 嵐の前の(3)
第5章 嵐の前の(4)
第5章 嵐の前の(5)
第5章 嵐の前の(6)
第5章 嵐の前の(7)
第5章 嵐の前の(8)
第5章 嵐の前の(9)
第6章 山のあなたの
第6章 山のあなたの(1)
第6章 山のあなたの(2)
第6章 山のあなたの(3)
第6章 山のあなたの(4)
第6章 山のあなたの(5)
第7章 ツミキクズシ
第7章 ツミキクズシ(1)
第7章 ツミキクズシ(2)
第7章 ツミキクズシ(3)
第7章 ツミキクズシ(4)
第8章 子心親不知
第8章 子心親不知(1)
第8章 子心親不知(2)
第8章 子心親不知(3)
第8章 子心親不知(4)
第8章 子心親不知(5)
第8章 子心親不知(6)
第9章 男はツラいよ
第9章 男はツラいよ(1)
第9章 男はツラいよ(2)
第9章 男はツラいよ(3)
第9章 男はツラいよ(4)
第9章 男はツラいよ(5)
第10章 禁じられた遊び
第10章 禁じられた遊び(1)
第10章 禁じられた遊び(2)
第10章 禁じられた遊び(3)
第10章 禁じられた遊び(4)
第10章 禁じられた遊び(5)
第10章 禁じられた遊び(6)
第11章 君死にたまふことなかれ
第11章 君死にたまふことなかれ(1)
第11章 君死にたまふことなかれ(2)
第11章 君死にたまふことなかれ(3)
第11章 君死にたまふことなかれ(4)
第11章 君死にたまふことなかれ(5)
第11章 君死にたまふことなかれ(6)
第11章 君死にたまふことなかれ(7)
第11章 君死にたまふことなかれ(8)
第12章 いのち短し走れよ乙女
第12章 いのち短し走れよ乙女(1)
第12章 いのち短し走れよ乙女(2)
第12章 いのち短し走れよ乙女(3)
第12章 いのち短し走れよ乙女(4)
第12章 いのち短し走れよ乙女(5)
第12章 いのち短し走れよ乙女(6)
第12章 いのち短し走れよ乙女(7)
第12章 いのち短し走れよ乙女(8)
第12章 いのち短し走れよ乙女(9)
第13章 あゝ無情
第13章 あゝ無情(1)
第13章 あゝ無情(2)
第13章 あゝ無情(3)
第13章 あゝ無情(4)
第13章 あゝ無情(5)
第13章 あゝ無情(6)
第13章 あゝ無情(7)
第13章 あゝ無情(8)
第13章 あゝ無情(9)
第14章 クリスマス・キャロル
第14章 クリスマス・キャロル(1)
第14章 クリスマス・キャロル(2)
第14章 クリスマス・キャロル(3)
第14章 クリスマス・キャロル(4)
第14章 クリスマス・キャロル(5)
第14章 クリスマス・キャロル(6)
第14章 クリスマス・キャロル(7)
第14章 クリスマス・キャロル(8)
第14章 クリスマス・キャロル(9)
第14章 クリスマス・キャロル(10)
第14章 クリスマス・キャロル(11)
第14章 クリスマス・キャロル(12)
第14章 クリスマス・キャロル(13)
第14章 クリスマス・キャロル(14)
第15章 時空(とき)を翔(かけ)る少女
第15章 時空(とき)を翔(かけ)る少女(1)
第15章 時空を翔る少女(2)
第15章 時空を翔る少女(3)
第15章 時空を翔る少女(4)
第15章 時空を翔る少女(5)
第15章 時空を翔る少女(6)
第15章 時空を翔る少女(7)
第15章 時空を翔る少女(8)
第16章 君の名は
第16章 君の名は(1)
第16章 君の名は(2)
第16章 君の名は(3)
第16章 君の名は(4)
第16章 君の名は(5)
第16章 君の名は(6)
第16章 君の名は(7)
第16章 君の名は(8)
第16章 君の名は(9)
第17章 秘密の逢瀬
第17章 秘密の逢瀬(1)
第17章 秘密の逢瀬(2)
第17章 秘密の逢瀬(3)
第17章 秘密の逢瀬(4)
第17章 秘密の逢瀬(5)
第17章 秘密の逢瀬(6)
第17章 秘密の逢瀬(7)
第17章 秘密の逢瀬(8)
第17章 秘密の逢瀬(9)
終章 いつまでも、いつものように
終章 いつまでも、いつものように(1)
終章 いつまでも、いつものように(2)

閉じる


<<最初から読む

27 / 132ページ

第4章 不思議の国の(9)

 画面上の光点が少しずつ近づいてきた。あと数十メートルというあたりでふと顔を上げたボクは

 

「あっ、あそこ!!!」

 

交差点のど真ん中に立って、フラフラと行き交う車のすれすれに立ち尽くしていた彼女を見つけたんだ。クラクションを鳴らそうと怒鳴ろうと動じない少女にぶつからないように、車のほうがよけていた。だから別方向から来る車と衝突しそうになって、あわや大事故という場面が何度となくあった。

  

  

 「アイツを止めないと・・・!!」

 

工藤さんはすぐそばの道路の脇に車を停めて、彼女のもとへと駆けていった。もちろんボクも急いで後を追った。

 

「ノアーッッ!!!もうやめるんだっ!こっちへ・・・こっちへ戻っておいで!」

 

こっちを向いた彼女は、工藤さんの顔を見て一瞬ひるんだ。でも、動こうとはしなかった。それどころか、また逃げるように後ずさりしたんだ。

 

「博士を見つけるんじゃなかったの!?」

 

大澤博士の捜索 ──── それは彼女に与えられた唯一絶対の命令のはずだった。だからこそ、残りのエネルギーさえも関知する事なく博士を捜そうとして・・・倒れてしまったんだ。なのにその『プログラム』が、今おかしな事になっていた。たしかに彼女はボクが叫んだのを見つめていた。でもやっぱり、動こうとはしなかった。・・・というよりは、まるで何かにジャマされているみたいに

 

動けなかった

 

ようにも見えた。

 

「ねえっ、どうしちゃったんだよ!?」

 
 

──── 麻衣まいっ!!

 
 

どうすればいいのか分からなくて、泣きそうになって、空を仰ぐしかなかったボクの耳にその時突然、工藤さんの悲痛な叫びが突き刺さったんだ。


第4章 不思議の国の(10)

 えっ、麻衣・・・? ──── 彼女の様子は、これまでとは全く違っていた。今にも涙を零して泣き出しそうなほど、顔をクシャクシャにして、何かを言いたげに唇を震わせて工藤さんを見つめていたんだ。ボクは、彼女がいきなり『人間』になったかのような錯覚をおぼえていた。

 

「やっぱり麻衣なんだろっ!?・・・俺だよ。俊介・・・工藤俊介だよ!!」

 

工藤さんはいよいよメガネをはずして、訴えかけるように叫んでいた。彼女はおびえたように目を見開いて、自分の腕や体を何度も確かめている。

 

「私・・・何で、まだここにいるの?イヤ・・・怖いよ・・・!!ねえ俊ちゃん、教えてよ!!!」

 

ボクはめまぐるしく変わっていく『ふたり』の関係を、ただ唖然と見ているしかなかった。それは明らかに

 

科学者と、その作り上げたロボット

 

といったある種の『主従関係』の枠を超えていた。何か特別な『絆』のようなものが、ヒシヒシと伝わってきた。工藤さんは優しく微笑んで手を伸ばす。

 

「大丈夫、今度は・・・今度は俺がいるから!君を守ってあげる!!さあ、早くっ!!!」

 

まだ少し不安そうな彼女に、工藤さんはしっかりうなずいていた。その眼差しに惹かれるように、ゆっくりと一歩ずつ確実に近づいてくる彼女。その姿はこれまでボクが見てきた無機的な感じとは違っていた。そこに・・・凛とした力強さはなかった。目の前にいた彼女は、決してアンドロイドなんかじゃなく、孤独にもがき苦しんでいたか弱い少女に過ぎなかったんだ。恐る恐る手を伸ばした彼女の震える指先に触れた工藤さんは、そのまま小さな手をつかんでこちらに引き寄せ、腕の中にしっかりと彼女を抱きしめていた。


第4章 不思議の国の(11)

 「ごめんな麻衣・・・また君に、つらい思いさせて」

 

「俊ちゃん、私・・・」

 

顔を上げて、そう言った彼女。その表情はまだ固くて、不安が拭いきれていないようだった。工藤さんはそんな彼女の両肩にそっと手を添えて、じっと目を見て言った。

 

「大丈夫、何も怖がらなくていいよ。もう俺は、ずっと君のそばにいる。・・・だから、一緒に帰ろう」

 

『・・・?おや』その時、ボクは彼女の背中に回っていた工藤さんの手に何やら小さなリモコンのようなものが握られているのに気づいた。やっと安心した様子で嬉しそうに微笑んでいた彼女は、そのボタンが押されようとしている事など知るはずもなく・・・

 

「工藤さん・・・」

 
 

──── いつの間にか『幸せそうな笑顔』を浮かべたまま固まっていた。

  

  

 「・・・スイッチ、切ったんですか?」

 

工藤さんは、ボクの言葉を無視するようにもう一度同じボタンを押した。すると次の瞬間、彼女から笑顔が消えて、まぶたも閉じられてしまったんだ。その体を工藤さんに預けてぐったりしているように見えた。

 

「麻衣 ──── ・・・ノアは、まだ不安定なんだ。このままじゃ、いつ暴走するか分からない」

 

少しボンヤリとした虚ろな様子で彼女を見下ろす工藤さんは、まるで眠っている子どもをなだめるようにポンポンと優しく背中を叩いていた。

 

「暴走って・・・そんな風には見えなかったけど」

 

「とにかく、大澤博士のところへ行こう。・・・それからだよ」

 

息を吸って、そう声を張った工藤さんは、一人で彼女を運ぼうとした。ボクは彼女の重さを知っていた。だから手伝おうとしたんだけれど、工藤さんはそれを拒んだんだ。

 

「もう慣れてるから」

 

って、彼女の腕を肩に回して腰を持ったまま持ち上げつつ、ちょっぴり引きずるようにしてゆっくりと歩いていく。でも、それが強がりだってことはすぐに分かった。動かなくなった彼女を抱きとめていた時だって、少しフラついていたんだもの。・・・でも、何となくボクにはその時の工藤さんの気持ちが分かる気がした。たとえスイッチを切ったとしても、今『彼女』にしてあげられる事を精一杯やるんだ・・・って。きっと、自分が後悔しないようにね。


第5章 嵐の前の(1)

 ボクたちは一路、大澤博士がいるという研究施設へと向かった。あんな事があって、いくらスイッチを切っただけとはいっても、瞳を閉じて『眠ったままの』彼女を後ろに乗せていたら、工藤さんもボクも何だか口数が少なくなっちゃって。ずっと車の中には重っ苦しい空気が充満していた。

 

「・・・彼女の名前、麻衣さんっていうんだね」

 

今いちばん近いところから絡まった糸を解きほぐしていこうと、思い切って声を掛けてみたんだ。でもまだ工藤さんはチラッとこっちを見るだけだった。

 

「ずっと一緒にいたのにさ?・・・名前、分かんなくて。『キミ、キミ』って」

 

やっと少しだけ笑顔を見せてくれた。おかげで、ちょっぴり空気が軽くなったような気がして、胸を締めつけられるようなイヤな感じもなくなった。

 

「・・・そうだ、彼女にそっくりな女の子が大澤博士と一緒に写ってる写真があったんだけど」

 

「写真?・・・どこにあったの」

 

「博士の部屋の本の中に挟まってた」

 

さらにボクは、それが20年前にあそこで撮られたものらしいと付け加えた。

  

  

 「・・・その子は、博士のお嬢さんだよ」

 

「じゃあ、やっぱりその・・・彼女 ──── ノアは、博士の娘さんがモデルなんだ」

 

工藤さんはうなずいた。その顔は、とても寂しそうだった。それが妙に気になって、頭から離れなかった。

 
 

博士の部屋にあったあの『異質な』本

 

その中に挟まれていた20年前の写真に写る、博士と・・・その娘

 

彼女に瓜二つの、アンドロイド

 

工藤さんが、それを『麻衣』と呼んでいたこと ────

 
 

今までバラバラだったパズルのピースが、ゆっくりとはまり始めた。そうして全てがよどみなく繋がった時、ボクはそれが嘘であってほしいと心から願っていた。あれほどに知りたいと思っていた事を、知らなければ良かった・・・そう本気で思っていた。


第5章 嵐の前の(2)

 「20年前、麻衣はあの交差点で事故に遭って・・・」

 
 

──── 死んだんだよ。

 
 

工藤さんは、あまり悲しそうな顔を見せずに淡々とそう言った。

 

「・・・だから、博士は彼女を?」

 

ボクの言葉にも黙ったままだったけれど、しばらくして工藤さんは『ノア計画』について静かに語り始めた。

 

 

 ノア計画 ──── それはもともと『不慮の事故や病気などで命を失った人と、その家族を救う』目的で、本来の支援ロボットプロジェクトとは別に極秘で進められていた研究だった。最先端の技術を使って亡くなってしまった大切な人と寸分違わないアンドロイドを提供する。でも、そのためには外見だけでなく記憶も完全に再現する必要があった。いくら姿かたちがそっくりでも、前もってプログラムされたような機械的な行動をしたり、一緒に過ごした家族や、その思い出を忘れていては意味がなかった。そこで大澤博士は、ヒトの脳に蓄積された全ての記憶を吸い出してデータ化するシステムと、そのデータを90パーセント以上の割合でスムーズに行動に反映させる事の出来る高性能なA.I.を搭載した『ニューロ・チップ』と呼ばれるものを開発したんだ。もちろん、そのチップには起動後のデータも『記憶』として保存される。そうしてノアと共に今までとほとんど変わらない生活を送る事によって、家族の悲しさや寂しさが少しでも和らげられるように ──── というのがこの計画の主旨だった。

 
 

・・・けれど、ある悲しい出来事がきっかけとなってノア計画に狂いが生じ始める。



読者登録

紫峯蓮舞さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について