目次
前日譚 目覚めの刻(とき)を待つ少女
前日譚 目覚めの刻(とき)を待つ少女
独白 プロローグ
独白 プロローグ
第1章 眠れる森の
第1章 眠れる森の(1)
第1章 眠れる森の(2)
第1章 眠れる森の(3)
第1章 眠れる森の(4)
第1章 眠れる森の(5)
第2章 世にも奇妙な
第2章 世にも奇妙な(1)
第2章 世にも奇妙な(2)
第2章 世にも奇妙な(3)
第2章 世にも奇妙な(4)
第2章 世にも奇妙な(5)
第3章 昔むかしの
第3章 昔むかしの(1)
第3章 昔むかしの(2)
第3章 昔むかしの(3)
第3章 昔むかしの(4)
第3章 昔むかしの(5)
第3章 昔むかしの(6)
第4章 不思議の国の
第4章 不思議の国の(1)
第4章 不思議の国の(2)
第4章 不思議の国の(3)
第4章 不思議の国の(4)
第4章 不思議の国の(5)
第4章 不思議の国の(6)
第4章 不思議の国の(7)
第4章 不思議の国の(8)
第4章 不思議の国の(9)
第4章 不思議の国の(10)
第4章 不思議の国の(11)
第5章 嵐の前の
第5章 嵐の前の(1)
第5章 嵐の前の(2)
第5章 嵐の前の(3)
第5章 嵐の前の(4)
第5章 嵐の前の(5)
第5章 嵐の前の(6)
第5章 嵐の前の(7)
第5章 嵐の前の(8)
第5章 嵐の前の(9)
第6章 山のあなたの
第6章 山のあなたの(1)
第6章 山のあなたの(2)
第6章 山のあなたの(3)
第6章 山のあなたの(4)
第6章 山のあなたの(5)
第7章 ツミキクズシ
第7章 ツミキクズシ(1)
第7章 ツミキクズシ(2)
第7章 ツミキクズシ(3)
第7章 ツミキクズシ(4)
第8章 子心親不知
第8章 子心親不知(1)
第8章 子心親不知(2)
第8章 子心親不知(3)
第8章 子心親不知(4)
第8章 子心親不知(5)
第8章 子心親不知(6)
第9章 男はツラいよ
第9章 男はツラいよ(1)
第9章 男はツラいよ(2)
第9章 男はツラいよ(3)
第9章 男はツラいよ(4)
第9章 男はツラいよ(5)
第10章 禁じられた遊び
第10章 禁じられた遊び(1)
第10章 禁じられた遊び(2)
第10章 禁じられた遊び(3)
第10章 禁じられた遊び(4)
第10章 禁じられた遊び(5)
第10章 禁じられた遊び(6)
第11章 君死にたまふことなかれ
第11章 君死にたまふことなかれ(1)
第11章 君死にたまふことなかれ(2)
第11章 君死にたまふことなかれ(3)
第11章 君死にたまふことなかれ(4)
第11章 君死にたまふことなかれ(5)
第11章 君死にたまふことなかれ(6)
第11章 君死にたまふことなかれ(7)
第11章 君死にたまふことなかれ(8)
第12章 いのち短し走れよ乙女
第12章 いのち短し走れよ乙女(1)
第12章 いのち短し走れよ乙女(2)
第12章 いのち短し走れよ乙女(3)
第12章 いのち短し走れよ乙女(4)
第12章 いのち短し走れよ乙女(5)
第12章 いのち短し走れよ乙女(6)
第12章 いのち短し走れよ乙女(7)
第12章 いのち短し走れよ乙女(8)
第12章 いのち短し走れよ乙女(9)
第13章 あゝ無情
第13章 あゝ無情(1)
第13章 あゝ無情(2)
第13章 あゝ無情(3)
第13章 あゝ無情(4)
第13章 あゝ無情(5)
第13章 あゝ無情(6)
第13章 あゝ無情(7)
第13章 あゝ無情(8)
第13章 あゝ無情(9)
第14章 クリスマス・キャロル
第14章 クリスマス・キャロル(1)
第14章 クリスマス・キャロル(2)
第14章 クリスマス・キャロル(3)
第14章 クリスマス・キャロル(4)
第14章 クリスマス・キャロル(5)
第14章 クリスマス・キャロル(6)
第14章 クリスマス・キャロル(7)
第14章 クリスマス・キャロル(8)
第14章 クリスマス・キャロル(9)
第14章 クリスマス・キャロル(10)
第14章 クリスマス・キャロル(11)
第14章 クリスマス・キャロル(12)
第14章 クリスマス・キャロル(13)
第14章 クリスマス・キャロル(14)
第15章 時空(とき)を翔(かけ)る少女
第15章 時空(とき)を翔(かけ)る少女(1)
第15章 時空を翔る少女(2)
第15章 時空を翔る少女(3)
第15章 時空を翔る少女(4)
第15章 時空を翔る少女(5)
第15章 時空を翔る少女(6)
第15章 時空を翔る少女(7)
第15章 時空を翔る少女(8)
第16章 君の名は
第16章 君の名は(1)
第16章 君の名は(2)
第16章 君の名は(3)
第16章 君の名は(4)
第16章 君の名は(5)
第16章 君の名は(6)
第16章 君の名は(7)
第16章 君の名は(8)
第16章 君の名は(9)
第17章 秘密の逢瀬
第17章 秘密の逢瀬(1)
第17章 秘密の逢瀬(2)
第17章 秘密の逢瀬(3)
第17章 秘密の逢瀬(4)
第17章 秘密の逢瀬(5)
第17章 秘密の逢瀬(6)
第17章 秘密の逢瀬(7)
第17章 秘密の逢瀬(8)
第17章 秘密の逢瀬(9)
終章 いつまでも、いつものように
終章 いつまでも、いつものように(1)
終章 いつまでも、いつものように(2)

閉じる


<<最初から読む

22 / 132ページ

第4章 不思議の国の(4)

 ノア ──── 彼女が事前に登録されていない人間に対して警戒レベルを解く事はまずないらしい。でも話を聞いていると・・・

 

『単独では処理できないような状況に陥っているノアに対して、それを補助したり命令を遂行するために有益な情報などを提供する』

 

そんな『協力』をする事で段階的にレベルが下がる可能性がある・・・そう工藤さんは言った。

 

「これが、今のに当てはまるか・・・分かんないんだけど」

 

ボクは、倒れていた彼女を見つけてから一緒に行動するまでの経緯を話した。

 

「 ──── それで、とりあえず彼女が起動した場所に行ってみようって・・・」

 

工藤さんは深く何度もうなずきながら、ボクの話に耳を傾けていた。

 

「なるほど・・・いや、ありがとう!よく水を飲ませてくれたね。ホントなら、しっかり補給しておくべきだったんだけど・・・何せ急だったから」

 

その時、ほんの一瞬かな・・・工藤さんが少し寂しげな表情をしたんだ。さっきまでとは、あまりに雰囲気が違ったから、ドキッとして言葉に詰まってしまった。


第4章 不思議の国の(5)

 ──── グゥゥゥゥ・・・キュルルルゥゥ~・・・

 
 

でも、ボクのお腹はそんな『はりつめた場の空気』なんて読んでいなかった。まあ、そのおかげで工藤さんにも笑顔が戻ったけれど。かなり大きな音だったから、さすがに恥ずかしかった。思い起こせば、昨日の昼から何にも食べていなかったんだ。

 

「これ、食べる?」

 

工藤さんはそう言ってパンを差し出してくれた。・・・ほら、やっぱり『いいひと』じゃないか。その微笑みはひときわ輝いているように見えたよ。

 

「いや、イイですっ!大丈夫・・・」

 

「子どもが、遠慮するもんじゃないぞ?」

 

無理やり持たされたパンを見つめながら、迷っていたボクの頭の中では・・・

 

『マジな話、食いたいんだろ?』『でも、工藤さんのぶんがないよっ!?もし食べちゃったら、工藤さんが・・・』

 

・・・なんて、悪魔と天使が舌戦を繰り広げていた。

 

『とか言いながらお前、よだれダラダラなんですけど』『・・・』

 

結局、二人は意気投合しちゃって・・・

 

『食っちゃえ!』『よし、食べちゃおう!』

 

って。

  

  

 「でも・・・これ、工藤さんのじゃ」

 

「俺は、また買うからいいよ。袋の中に缶コーヒーも入ってるから、良かったらどうぞ♪」

 

・・・もう、涙が出ちゃう。

 

「じゃあ・・・お言葉に甘えて」

 

というわけで、遠慮なく頂いちゃいました。・・・もうね、美味しかったの何のって。それこそCMに使えそうなくらいの

 

おいしー顔

 

が出来たんじゃないかなあ。

 

「よっぽど、お腹が空いてたんだね。・・・なら良かった。あげた甲斐があったよ」


第4章 不思議の国の(6)

 お腹も落ち着いて、ボクはそろそろ車の行き先が気になり始めた。そばに置かれていた携帯を覗くと、画面上にはこの辺りの地図が表示されていて、そこを点滅しながらゆっくりと動く赤い光点があった。

  

「彼女、どこに行くつもりなんだろ・・・」

  

「うん・・・」

  

その工藤さんの様子は、どこか違和感があったんだ。彼女の行こうとしている場所が分かっていないんじゃなくて、何か他の事を考えているような・・・そんな感じだった。

  

「・・・ひょっとして、彼女がどこに行くか分かってるんですか?」

  

えっ? ──── おかしいな、ロックは解除してないはずなのに。でも俺を見た時のあの反応は・・・

  

・・・何かブツブツ言ってたんだけれど、よく聞こえなかった。『・・・?』こうなったら、単刀直入に聞いてみようか。

  

「どこに行くんですか?」

  

ああ、うん ──── もしあそこだとしたら、かなり危ないな。落ち着かせないと、また・・・

  

どうしたんだろう、また少し工藤さんの様子がおかしい。頻繁に携帯の画面に目をやっては、唇をかんでハンドルを指でトントンと叩いている。そうするうち、次第に道路から目を離す時間が長くなっていった。


第4章 不思議の国の(7)

 「工藤さんちょっと、前見ないと危ないよ?」

 

「分かってる」

 

「ボクが見てるよ。何かあったら工藤さんに教え ──── 」

 

ボクは、サッと携帯を取り込んだんだ。そしたら・・・

 
 

──── キミに何が出来るって言うんだっ!!アイツの行くところは、俺にしか分からないんだよ!!

 
 

そう工藤さんはいきなり声を荒げて、ボクの手から携帯を奪い返そうとした。・・・もちろん、前なんて見ていなかったから

 

「危ないっっっ!!!」

 

向こうの車のクラクションが、ボクの声をかき消した。急ブレーキのせいで、二人とも前のめりになっちゃって。ボクなんかダッシュボードで頭打っちゃったよ。『どうしたんだろう、工藤さん・・・?』やっぱり、ショックだった。だから、そんなに強く打ってないのにさ、ものすごく痛いような気になって

 

「イッタぁ・・・!!痛ててて・・・」

 

「・・・ごめん。俺ちょっと、どうかしてた」

 

ハンドルにおでこをつけたまま、工藤さんはか細い声で呟くように言った。その目には涙が浮かんでいるように見えた。


第4章 不思議の国の(8)

 『工藤さん・・・?』その理由とかをいろいろ考えようとしたけれど、後ろにいた車という車からやかましくクラクションを鳴らされて、それどころじゃなかった。

 

「マズいっ、早く出さないと・・・」

 

再びアクセルを踏み込んでゆっくりと車を発進させた工藤さんは、足元に落ちていた携帯を拾い上げるとボクの手にギュッと握らせてくれたんだ。

 

「・・・しっかり見ててくれよ?」

 

「うんっ」

 

ボクの手の中で、彼女はまるで逃げるようにして遠ざかっていく。どうして、彼女はまた一人で出てっちゃったのかな?・・・いったい、彼女はどこへ行こうとしてるんだろう ──── と、その時画面上の光点の動きが少し鈍った。それは、今ボクたちが走っている場所からしばらく行った所にある交差点のあたりでウロウロしていたんだ。

 

「彼女、この先の交差点で止まってる!」

 

「やっぱりそこだったのか!急いで連れ戻さないと・・・!!!」

 

やっぱりそこ・・・?急いで連れ戻す・・・?ボクにはその言葉の真意が全く分からなかった。でも、それはどうやらこれまでの『違和感』に関係しているみたいだ。あとは・・・二つ目の言葉

 
 

急いで連れ戻さないと ────

 
 

きっと・・・何か良くない事が起こるのだけは、たしかな気がした。



読者登録

紫峯蓮舞さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について